スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フュギュアスケート 世界選手権 女子SP

(2010-03-27)
正直、どうしたの、何があったのーーーーっ!?・・・と言うSPでしたね・・・。
男子のSPはあんなにミスの少ない、レベルの高い戦いだったのに、女子はなんだかどうしたの?魔物がいるの?と思うようなミスの連鎖で・・・。
娘達は「氷の下のわかさぎの呪いだ!」と言ってましたが・・・・。←いません。

印象に残った人だけ。

真央ちゃん、素人さんは真央ちゃんの点が低すぎるようにも思えましたが、どうなんでしょう。
3Aが回転不足、3回転を含むコンビネーションとして成り立ってないと言う事での減点????にしても、丁寧に丁寧にすべてをこなして、「よかった!」と見えた演技だったのに・・・。

ううむ、男子にはバンバン高得点が出てたのに、素人さんには分からない何かがあるんでしょうか。あるんでしょうね。

その点長洲未来ちゃんには納得。

未来ちゃん、本当に素晴らしかった!!あの子のあの年でのあの優雅さは、特筆すべきものがあると思うわ。
エレガント!それに尽きる。ジャンプもシャープに綺麗に飛ぶし、ほんまに4年前の真央ちゃんみたいに、怖いもの知らず、難なくいけちゃう、そんな勢いを感じます。

大好きなのよねえ。彼女のスケート。これからが楽しみです。

ミキティ。

・・・語弊があるかもしれないし、言い方でお気を悪くされる方がいたらごめんなさい。
と、前置きして言わせていただければ、なんだろう、もう彼女に上を目指す気持ちを感じない。「中の上」でいいや、みたいな、ある種もう自分の位置に満足しちゃってるように思えてしまうのです。

悔しいか悔しくないかなんて本人にしか分からないし、他人がどーこー言う事でもありませんが。

演技前の表情は本当に落ち着いて凛として、綺麗だなあと思うのに。
なんだかちょっと残念に思えてしまうのでした。個人的にね。

そしてキム・ヨナさん。

気持ちがもう切れちゃってるのね、そうなのか。でも出ないといけないのか。
どうしたのっ!?って、本当に本当にびっくりしました。

それでも明日のフリーは立て直してくると思うし、そうなって欲しいなと思います。

鈴木さんーーーーっ!

ああ、鈴木さん。まさかのSP。一番びっくりで一番ショックだったのはやっぱり彼女のSPでした。
どうしたんだ、ほんまに魔物がすんでいるのか!

フリーには進めるのかな?どうなのかな?ウェストサイド、見たいよーー。

そしてあと1人、レオノワさんがいたと思うんですけど、放送無しですか?時間ありましたよね??どう言う事????
上位にはいらっしゃらなかったようですし、そうだったのかもしれないけど、演技、流しましょうよ・・・。ほんまに。

さて、明日のフリー。
今度こそ、皆が悔いの無いような納得のいく演技が出来るといいなと祈るような気持ちでございます。
スポンサーサイト


フィギュアスケート 世界選手権 男子シングルFS

(2010-03-26)
朝練のない日は6時50分起きの私。
今日は「10分早く起きたら高橋くんが見れるよ」と大熊が起こしに来てくれました^^なので、高橋くんだけライブで拝見。

・・・よかったーーーーー!!本当に良かった。

お昼間に録っておいた分を拝見。

小塚くん、残念だったねー、いろいろ。でもこれも経験。こうやって上がったり下がったりしながら強くなっていくのでしょう!

ジュベール、4回転2回はさすが。彼はやっぱこういう攻める姿勢で行くのが合ってる^^
ストレートラインの見せ方とか、本当に上手いなあと思います。その分いろんなミスがもったいなかったなあ。
かっこいいよね、パワフルで男らしい。同年代のトップの方たちがいなくなってきておりますが(寂しいよねえ・・)、彼にはまだまだいて欲しいなあ。

チャン。
良かった、けど、やっぱり細かいミスが。今シーズンはあんまり良くなかったけど、終わりに近づくにつれどんどん良くなってきたので、来シーズンにいい風につながっていくのではないかと。

ブレジナ。
ピンクいベストを見ると、「春日?」と思ってしまう私がダメダメです。
すんごいよかったのに!ねえ。お顔立ちも綺麗だし、これから楽しみだな・・。ふふふ。

高橋くん。

4回転フリップできました。残念ながら回転不足両足着氷となってしまいましたが、本当に、こういうところが一番好きなのよ。チャレンジし続ける事。真央ちゃんとも重なるけど。

前半がめちゃめちゃ良くて、後半、足にこないかなあ・・と、ちょっと心配になるくらいでしたが、細かいところでちょこちょこ、ジャンプの着氷が少し乱れたり、スピンがちょっとぶれたりありましたが、もう本当に、素晴らしかった。

演技を見て、ジーーーン・・・となる人って、限られてますもん。
彼の演技は彼のあの柔らかい手の動きややさしい表情を見てるだけで泣ける^^。やさしくて切ない雰囲気がほんまのほんまに素晴らしいと思うのです。

あの演技構成点の高さ(技術点も高いですけど^^)。誰にも真似できない世界観。
何度も見たくなります。

金メダル、本当に本当におめでとう!!文句なし、誰よりも素晴らしい演技でした!


世界フィギュア選手権 男子シングル SP

(2010-03-25)
寒くなってくると、てき面にブログ更新頻度が落ちる^^
早く暖かくならないですかねえ・・。

と言う間に、世界選手権が始まってしまいましたね。

またなんかちゅーーーと半端な時間に放送してましたね、男子シングル。でも放送ナイよりマシか!最近は例え深夜でも男子を放送してくれるだけでもありがたいと思うわ。

さて、アボットさんを見損ねてしまいましたが、そこ先は見ました。

小塚くん良かったね!いやすんごいこなれて来たなあと思った。
段々彼らしい雰囲気の色がはっきりしてきたような気がします。いいよ、これからほんとに楽しみ。

ただ、最後の決めポーズ時に選手でなくコーチの顔をアップで映すのはどないなものか。演技中は選手をうつして欲しいものであります。
イヤ、ほんまにここでは目を疑いましたね^^

それにしても、何かカメラ下手くそすぎる気がしませんか?
足のアップだって、そんなもんは後でスロー再生のときに見ればよろしい。演技中は演技の分かる角度で撮って欲しいなあ・・・。

目を疑ったのは織田くん。
どうしたんでしょう、一体。すんごいスピードに乗って見えたのに。逆にスピードが出すぎたのか???素人さんには分かりませんが、ちょっと本当に、今シーズン前半の好調具合からしたら信じられない結果に、私までぼうぜんとしてしまいました。

チャンは良かったねー。ちょっと今シーズン良くない彼ばかり見てたので、すんごい彼らしい、綺麗なスケートでよかった。もちろん高橋くんを応援しておりますので、怖い点差、位置ではありますが、でもやっぱりチャンの最高の演技も見たいのです^^。

高橋くん、ほんまに解説の方も言っておりましたが、貫禄があるよね。もうね。オーラと言うか。
練習で不調でも本番できっちり決めてくる彼の姿を見ると、本番弱かった昔の彼がそれを克服した過程と思って、感慨深いものがあります。ものすごい努力だよね、ほんまに。生半可なものじゃなかったと思う。

今度こそ、フリーで4回転決めて、彼のパーフェクトな「道」を見たいです。

ジュベールも・・・。ううう。
ほんまに信じられない順位にいる彼を見て、それこそ唖然ぼうぜんだったオリンピックでしたが、4-3もきっちりきめて、帰ってきた!って言う演技でしたね。

ちょっと大味な感はありましたが、でもいい、それでもガッツポーズができる彼はかっこいい^^

いやー、面白かった。ほんまに見ごたえありました。
フリーが楽しみです^^


ちょこっとハウル

(2010-03-16)
何故か突然ハウルが見たくなったので、仕事が休みだった今日、じっくり拝見いたしました。
なんか急に見たくなるものってあるよね^^

これは曲がまず好き。ピアノで弾けたらいいけど・・・。楽譜がどこかにあったような^^

話としては、結局なんだったの?と思わないでもないんですが、でも雰囲気が好き。景色とか色とか、キャラクター。そして世界観と曲。
そういうものが好きだから、このアニメが好きって言うのはもちろんアリなんでしょう。

ところでこれ、初回特典のを買ったので、「特典映像」ディスクがついてるんですが、見た事あったかのう・・・^^?初回好きの割りにはあんまり特典映像には興味がない私。初回!とか限定!とか言われると買わないと損した気になるのよー。でもほとんどその「特典」を堪能した事がないので、通常版(大抵安い)を買えばいいのに・・・、と、後で後悔します^^

ま、いいや。

何度も見たアニメなので、内容は前にも書いたので割愛しますが^^今回ふと思ったのが、ソフィーってちょっとクリス(@ヴィクトリアンローズテイラー)に似てる・・・と思ったのです。

いや、あの紺のドレスといい、三つ編み(ソフィーはひとつでクリスはふたつだけど)といい、仕立て屋さん(ソフィーは帽子でクリスはドレスだけど)といい。

おお!なんかにてる・・・と思いながら見ておりました。
ちょっと出だけど、ベティー(妹)とパメラも似てるかも。

しかしハウルとシャーロックは似てないか(笑)
いやいや、かっこつけな所とヘタレな所は似てるか!

などなどなんか新しい楽しみを発見しながら拝見いたしました。面白かった。
そしてやっぱり見終わったあと、ほんわりやさしい気持ちになれます。これは結構好き。


ホワイトデーのケーキ

(2010-03-14)
エビで鯛を釣る美味しい企画、ホワイトデー。

うちの娘どもは友チョコメインなので(これはこれで大変!数が半端ない)、ホワイトデーは身内^^のみですが、大熊からは会社帰りにMAIMONのシュークリームを、じーさんからはお金をもらっていたので、私が見繕ってケーキを買って来ました。

MAIMONのシュークリームはミルククリーム?で真っ白のクリーム。すんごいミルクっぽくて、それでいてあっさりした感じ。
大きさも食べやすく、ふたつずつ買って来てくれたんですが、ふたつなんてぺろリ^^でした。
おいしかった!

もうひとつ何とか餅・・・名前忘れてもーた。わらび餅みたいにきな粉をかけて食べるのも買って来てくれて、これまたもっちもっちとあっさりした味わいで、んまーーーい^^

すんごい並んで買って来てくれたらしいです。ありがたう!
写真はすぐ食ってしまったので、ない(笑)

そして今日は私の独断で^^、Le Fruitierのケーキ。

ここは「ショコラdeショコラ」と言うケーキが有名なので、すっごくすっごく悩んだんですが、上娘はチョコ嫌い。でも、チョコ生クリームのケーキとかガトーショコラ系は食べられるけど、ザッハトルテは無理、とか、微妙なさじ加減があるらしく、その辺が本人に聞かないと分からない!

じーさんにチョコをあげたのは娘達(私はあげてない)なので、やっぱ娘達の好きなものでないとダメでしょう!と言う事で、ホールのスフレチーズにしました。

そしてこっそり私と大熊の分の和三盆ケーキも買う、と^^
これも実はロール1本で買おうかどうか悩んだんですが、ロールで買ったら、全部今日食べちゃうよなあ・・・。それっていいのか?人としてどうよ^^!?と、しょうもなくも真剣にショーウィンドーの前でもんもんと悩み、カットケーキの方をふたつ買いました。

夜、ホールケーキは娘達が山分けに。私と大熊は和三盆ロールを1カットずつ。

チーズケーキはちょこっとだけ上娘が分けてくれたのを食べましたが、美味しかったー。結構濃厚目。
そして和三盆ロール。

100314_200027.jpg

真ん中にあんこが入ってるんだよー。
和三盆糖を入れた生地なので、ちょっと褐色。これがまた、ふんわり、もふもふって感じで、めっちゃボリュームがあって美味しい!そしてクリームはあくまで軽く、しつこくない。あんこの、これまたしつこくない甘さがきいてて、このロールケーキ、めっちゃんまいーーーーーーっ!これはちょっと私のツボにはまりました。

大好きだった今は無きぽんぽこロールにかわって、是非是非贔屓にしたいものでございます。

・・・1本で買えばよかった^^
でも今度こっそり1本買って恵方巻きで食べたい・・・。←やめなはれ!!

2月末からはケーキを食べる機会が集中する我が家ですが^^、ちなみに私の誕生日(2月27日)はLe Patissier Yamadaのホールケーキでした^^

「思いっきり食べたい」との私の希望で、いつもは6号サイズ(18センチ)を買うのですが、7号サイズ(21センチ)を買ってもらいました。

100227_213344.jpg

生クリームが軽いのが良かった。軽いクリームが好きー。
写真はちょっとめんどくさいので後日^^

7号サイズ、我が家の4人にかかればぺろりでございます。4分の1ずつ・・・。

そして3日はレアチーズケーキ。これは家で焼きました。・・・焼いたと言うか固めたと言うか^^
6号サイズ。簡単レシピなのに美味しいのがグー。

10日は上娘の誕生日なので、これまた私が焼きました。

6号サイズ。

で、今日、チーズケーキですよ。

んまー・・・。食べも食べたり。この季節は(笑)。

太るのもしょうがない・・・かな(大笑)


ファイナルファンタジー13 やっと終わりまし・・・た

(2010-03-11)


長かったー・・・。こんなに長くかかったFFもなかったわ。
ま、前回までは専業主婦だったので、時間をひねくりだそうと思えばいつでもひねくりだせた(笑。家事を犠牲にして)と言うのが大きいですけれども。

今回は年明けてからは週1がいいとこ、下手したら半月も間が開く事も。
結局トータル時間は72時間とかそんなもんです。12よりは短いですね。でも期間がもうこんなに長くかかってしまって、最初の方の話なんて忘れちゃったよ・・・。←おい。

72時間の半分近くはあの大平原で過ごしたような気もしますが^^

ミッションはでも、半分もしてないかも。とにかく今までに無く広かった事ないですか?マップ。
間の山道なんて、行けども行けども・・・って感じで^^いや広ーーーーい所にいる開放感みたいなものも感じられてそれはそれでよかったんですが。

とりあえずエンディングネタバレ(たいしたネタバレじゃないですが)あり。

ストーリーとしては、結局最後まで「よー分からんかった」って言うのが正直なところです。
ファルシやらバルトアンギラス・・・アンデラス?やら、ダイスリーのおっさんは結局なんなん?とか。
個人的な都合で間延びしちゃったのももちろんあるでしょうが、間のあの平原でやる事が多すぎて、そこで一旦話が中断しちゃったような感もあり。

今までみたいに感情移入できる部分が少なかったなあと。

今日一日ラストに向って突っ走り、結局子供達が学校に行ってる時間でラスボスを倒す事が出来なかったものですから^^、夕食前後までもつれ込み、エンディングは習い事から帰って来た娘達と一緒に見る事になってしまいました。

いやー、今までの私なら許せない出来事なんですけどね。
FFのエンディングはもう、いつもいつも感動的で泣かされてきたものですが、私、自分以外の人間がいると泣けないんですよ。気が散って。
なので、よし、エンディングまでいけるな!と思ったら、絶対子供達のいない時間にするようにしてたんですが、今回のFFは、話としてどー考えても泣けそうにない(笑)
なので、ま、いっかって^^

今まではアルティマニアが出るまでに終わっちゃうので、基本1周目は見ずにするんですが、今回はとっくに手元にあるので、後半はトレジャーボックスももれなく取り^^、改造もできる限りはし、ラスボスはねー、2個目のオーファン、2時間くらいかかっても倒せなくて、バトルアルティマニアで確認してから対戦いたしました。




何回?4、5回リトライしたのではないでしょうか。
前までのだったら今レベルはなんとか、武器は何とか、とか書くんですが、今回レベルないしねえ。

一旦アルカキルティ平原まで戻って、また鍛えなおそうかとも思ったんですが、鍛えなおすってどうやって?レベル無いのに?

クリスタルはメインじゃない奴はやってないのもありますが、基本メインの3つはすべて上まで埋めたし。
メンバーはもう平原以降は不動の、ライトニング、ファング、ホープ。一番使い安いので。
武器はマグナムブレイズ、スカイスラッシャー、グレイブランス。最大レベルまで目いっぱい。

普通に雑魚と戦ったら勝手に強くなっていった今までのとはシステムが違う・・・んですよね?←未だに良く分かっていない^^
じゃあこれ以上強くしようと思ったら、武器くらいしか弄りようが無いのでは?じゃあトラベゾヘドロンたらゆう改造アイテムを手に入れるしかないじゃんっ!

カメさん達が1パーセントの割合で落としてくれるか、お金を200万ギルためるか。
アダマンタイマイ100匹倒して1回・・・。一体何時間かかる事か・・・。←遠い目。この金の溜まらんゲームで200万ギル。・・・一体何時間かかる事か・・・。

ちょっと気が遠くなりかけたんですが、いや、ちょっとまて。アイテムも改造できるようだ。今メンバーさんがつけてらっしゃるパワーグローブやら何やらを改造してみてはいかがじゃろう。
お金はそれなりにかかるけど、プラチナインゴットを2つほど売れば(1個15万ギルくらいだったかと)何とかなりそう。

と言うわけで、小手先とは思いつつ、アイテムを全部出来る範囲でレベル目いっぱいにし、再度チャレンジ。
何とかエンディングを迎えられたのでした^^

疲れたー・・・。

2回目と3回目の間の長いこと長いこと。
アルティマニアがあるので、3つ倒せば良いって分かってるからね^^
さっさと戦わせて終わりにさせてよっ!って!

結局なんだ、うーん。コクーンを守ろう!仲間達の絆・・・って話でしたね。人間なら諦めちゃいけない・・・みたいな^^

一緒に見てた上娘は、「FFで主人公がラブラブにならないなんて、あり得ない!!」とご立腹(笑)
いや、ごもっとも。

今回どーなるのかなあとは思ってたんだけどね。だって今までなら「ああ、この二人がくっつくんだな」って最初から分かってたじゃないですか。

結局セラとスノウ・・・だけ、かな。なんかちょっと残念。
そもそも今回お気に入りの男キャラがいなかったのが、あんまり気持ちがの乗らなかった原因かも。スノウはなー、どーにもこーにも好きになれないし、ホープはショタ過ぎるし(笑。幾つ設定なんでしょう?中学生くらいかなあって娘たちと言ってたんですが。13、14歳くらい?)、サッズ・・・いいんだけどね、サッズ。

敵方に妙齢の殿方が二人ほどいたようですが、これまたイマイチ。

女の子はみんな好きだっただけに、非常に残念。

でもメンバーの家族的な感じは好きだったなあ。
ファングがおかーちゃん、サッズがおとーちゃん、ライトニングとスノウがお姉ちゃんお兄ちゃんで、ヴァニラとホープが末っ子。

ファングとサッズって言う組み合わせも意外といいんじゃない?とか、ホープとヴァニラもいいかもとか思ってたんですが、無理になっちゃったしねえ。残念!!

エンディング自体はあんまり長くは無かったかな。映像は綺麗だったし、曲もあってて、ちょっとしんみりできて、でも良かったねって感じで、FFのエンディングだなあ・・・とは思えたんですが、何度も言いますが^^、今までのFFみたいに気持ちが入ってなかったので、泣けなかったのが、個人的に残念。

エンドロールが出るところの映像、これから、が少し欲しかったなあ。
私は8のエンドロールの場面が一番好きなので(FFのテーマとその映像だけで泣ける^^)、ああいう、本編以外の映像が少し欲しかったです。

ま、いろいろ言いましたが^^でもやっぱり待って待ってやっと出たゲーム。面白かったです。

とりあえず残ってるミッション・・・?
でも最初から、今度は違う武器でやるほうがそそられるかな。ライオンハートとかアルテマウェポンとか使ってみたいー!・・・単に名前が好きだから。

それにしても召喚獣の使い勝手の悪さよ。
あれ、役に立つんですかいね、上手く使えば。

・・・これからのゲームはオンラインメインになっていくんでしょうか。
だとしたら、私はしなくなるかな・・・^^こうやって1人でちまちま進めるのが好きなんですけどねえ。


モラタメ ささくれベール

(2010-03-09)
初タメ^^
もらうばっかで「小額で試せる」って言うのをした事がなかったのですが、これは見た瞬間試してみたい!と思ったので。

某薬用クリームの宣伝の「繰り返すパックリ!傷」なんて、いかにも特殊メイクかCGかって言うあかぎれの手。あれ、私を手タレに使ってくれたら素で大丈夫なのに・・・と思うくらい、冬の私の手はひどいです。

片手に10個のあかぎれ・・・なんて事もザラ。
つい先日もイオンのレジのおばちゃんに(もちろん知らない人^^)「かわいそうに!ひどい手ね!」なんて言われる始末。←慣れてます・・・(涙)

なのであかぎれグッズにはつい惹かれてしまうのです。

100309_222142.jpg

やってきたこれは4個組。写真のものが4つ入ってました。
早速使用。貼るべきところはいーーーーっぱいあるのよ!

モノはかなり薄いので(0.01ミリ?)、表にも裏にもシールと言うか固い紙がついていて(プラだったかな)、コンビニおにぎりみたいに1、2と、剥がすべき順番が書いてあります。

でもそれでも最初は難しい!とにかくうっすいので、くしゃ!!となってしまいます。
それでも3度目くらいには綺麗に貼れるように。

まずその薄さは確かにフィット感が素晴らしい。そして見た目も確かにばんそうこうのような自己主張がない^^
これはいいかも!と思ったんですが。

普通に日常生活をしていますと、回りからすぐにくしゃくしゃとはがれてきてしまいます。
服を着たりだとか、何か触ると。

これは・・・。うーーーーん。
もう少しはがれ難くはならないものか。せっかく貼った感触はとてもいいのに。

何もしない、触らない(せいぜい本を読むとかその程度)の動作しかしないなら、長時間耐えられそうな気もしますが、どこにそんな主婦がいるのか(笑)
あかぎれに困ってるのは、家事にいそしむ主婦ではないのか。家事をしたら確実にすぐにはがれてしまいます。

・・・惜しい!!非常にもったいない感じがします。
改良されたらまた使ってみたいのにな・・・と言う感想でございました。


花咲く丘の小さな貴婦人 荒野へ、心に花束を抱いて-後編ー

(2010-03-05)
リトルレディ シリーズ最終巻。谷瑞恵。



この年になってコバルトを発売当日いそいそと買いに行く事になろうとは^^

で、仕事が終わって5時過ぎにいそいそと言うかノコノコと言うか、近所のイオンのショッピングモールに入ってる本屋さんへ。
ところがヴィクトリアンローズテイラーはあるのに、こっちがない!なんで!?とあちこち探しても、なくて。

仕方なく恋ドレだけ買って帰宅し、手洗いうがいが済むや否やパソコンを立ち上げてアマゾンでぽちっとな。
週末に別の本屋と言う手もあったけど、でもアマゾンのがきっと早いよな・・・と思ったら、案の定。2日の夕方頼んで、昨日とどきました。

少冊数しか入らない田舎住まいの悲しさよ。でも今はアマゾンがあるからラッキーか^^

それにしても、先に買った恋ドレの中に挟み込まれてたチラシみたいなの(新刊案内)をみた時の衝撃と言ったら・・・。
だってなんか、すごくない?表紙(笑)

今までの、少女マンガっぽいけどちょっと大人しめと言うか普通な表紙から比べたら、なんなん!?花も星も飛びまくりみたいな^^、ジェラルド乙女になっちゃってどないしたん!?みたいな^^

いやいや・・・。本屋でレジに持って行くのはちょっと恥ずかしかったかも。アマゾンでよかったかも^^

は、おいておいて。
終わっちゃいました・・・ね。
うん。寂しいような・・・。

あとがきでも書いてありましたが、正直「駆け足」だったなあと。話の展開が上っ面い(勝手に作りました)感じがしました。総じて。
面白いには面白かったんだけど、とにかく先へ先へ突き進むぞーーー感。今までの3冊分の愛情があるから「あり」かな、とも思えましたが、この話をもし一番最初に読んだとしたら、ここまで好きにはならなかったよなあ・・・^^

それでもちゃんと「完結」としてくれたのは本当に本当に嬉しいです。すみれの季節で終わってしまったとしてもいいのかもしれないけど、やっぱり物足りない。この「荒野へ」の話があって、本当に良かったとおもいます。

チラシを見てびっくりした(前の3冊の中で、もしかしたら・・・みたいに思ったことはありますが)のはなんと言っても後ろにこっそりいらっしゃるユージーンとイザべラ。
この二人の展開も!?と、結構わくわくしながら読み始めたので、この辺りが一番物足りないと思ったのかも。

イザべラは好き。まさかそんな人生を歩いてるなんて想像もしませんでしたが、それはそれで彼女らしいなと思うし。
ただユージーンとのかかわりは、もう少し丁寧に書いて欲しかったなあ・・・。番外編でも良かったのに(笑)←1冊丸まるね^^
結局表紙のような展開にはなってないわけだし、ちょっとジャロに電話したくなりました。

それにしても、ロジャー・・・。これは読んでる最中、そうする必要があったのか?と思いました。なんだかあまりにもあっさり、に思えたし、唐突にも思えたので。
あの後の展開からしたら、確かに・・・なんだけど。

読んでるときはびっくり、が大きかったんですが、じわじわ、今になって悲しくなってる私。何でだ!?
なんか今までの3冊を読み返すのが悲しい。彼の言葉とか、エリカに対する態度とか、そういうのをこの展開を知った後で読むのは非常に辛い。
いやまぢで泣きそう・・・。←おい。

そしてエリカとジェラルド。君の名はのようなすれ違い(←知らないくせに^^)。気持ちの上でだけど。

ジェラルドがいろいろ、何かこう・・・男らしくないと言うか、せこい部分があって(昔からこんな人だっけ。確かにジャイアンではあったけどさー)、ううん・・・と思う部分もあったんですが、でも最後が求めるラストだったからいいや。王道。でもこれこそが欲しかった結末。

「俺のだ」発言が好きなのよねー・・・と、しみじみ思う私。某シャーロックさんとかね^^・・・と言うことはジャイアンが好きなのかっ!?そういう事なのかっ!?

ジェラルドはやっぱり「すみれ」のジェラルドが一番好きだ。あの場所(パブリックスクール)にいる、と言うことも大事。



エリカと、イザべラと、ドロシーの3人が三者三様な道を歩みつつ、お互いを認め合ってる、みたいなスタンスが非常に良かったなあ。きっとこれからもずっと、厳しい事も言い合える、そんないい仲でいられるんだろうなあ。

そしてこの話は完結。
マザーグースの使い方が本当に本当に、素晴らしかった。
思わずマザーグースの本を図書館で借りて読んじゃったくらい。

面白かった。このシリーズは好き。
内容、スライマーンの場面とかちょっと乙女にはヘビーかなと思う部分もありますが、でも子供達にも是非是非読ませたい、大好きなシリーズでございました。

終わっちゃったなあ・・・。



恋のドレスと聖夜の求婚

(2010-03-03)
恋のドレスと聖夜の求婚



最初にパソコン君が変換したのが「故意のドレスと聖夜の球根」・・・。
故意のドレスは当たらずとも遠からず(笑)

いやそんな事はどうでもよいのであった。

昨年11月頃から一気にこのシリーズを読み初め、最新刊が前作、聖夜の迷宮。



それまではずっと手を伸ばせは次の巻次の巻と読み進める事が出来たのに、よりにもよって最新刊がこれかっ!!と。
生殺し状態で待ちましたとも。長かった・・・。

さて、前巻ラストでのこのことクリスの元にやってくるシャーロック。謝ってお仕舞い、程度の認識で。前しか見ない人だから。

そしてクリスとの再会でこの巻は始まります。

心に決めたもののベクトルの方向がまるで違う二人の再会はある種滑稽なようであり、切ないようであり。

この場面のクリスが今までの中で一番好きかも知れない。
「だめ」とシャーロックをはねつけるクリス。
そして「放しなさい、××!」ですよ!!ジャレットに(笑)。

最初読んだ時はびっくりしましたが、この時のクリスは本当に何と言うか・・・。自分を覆う殻すら忘れた素のままだったのでしょう。

話はシャーロックとクリスを軸に、モアティエ家メインで進んでいきます。
リンダがリンダの名のまま、ドロシアに絡んできます。彼女の目的はいったん語られますが、それがすべてではないよう。目的のひとつは分かったけど、返って謎が増えたようにも思えます。

リンダがしたい本当のことは何?クリスに何をさせたいの。本当に闇になってしまったのか。
でもリンダがクリスを闇に落とすような事はないと思うんだけどなあ・・・。

そして次の巻でとうとうヒューが出てきそうな感じ。
ラスボス(笑)!?
そう、話は急展開、先はもう見えてきているのかと言う感じ。

求婚、誰が誰に、と思ったのですが、普通に考えたらビアードがコーネリアに、でしたね^^
でも最初のシーンのおもちゃの指輪、あれもひとつの暗示。そしてシャーロックとコーネリアっちゅーのもありか。

壊れていくドロシア、シャーロックとコーネリアが画策する計画、この辺りはもう本当に、緊迫感があり、ドキドキしながら読みました。
本当に面白いと思うのよ、この話。コバルト、小中高生向きなどと侮るなかれ。

そして意外な4人組。クリスとパメラ、そしてアディルとコーネリア。この4人が・・・ね^^
特にクリスとアディル。
この二人の関係がものすごく良かった。アディル、本当にいい子だよ、この子は。きりりとしていて。潔い。

この4人の場面みたいに柔らかい部分と、緊迫感のあるスピーディな部分とが上手く織り交ぜられていて、一気に読みきりました。

さて、クリスとシャーロック。
この巻のクリスは今までのはかなげーな彼女とはちょっと違う。
他のものを切り捨てて、今まで逃げてた母の問題にちゃんと向き合おうとしてる。ちょっと不安だけどね。1人で戦おうとしてるから。

シャーロックはもうね。
この鼻持ちならないお坊ちゃん^^をこれほど愛しいと思ったことはないってくらい、最後の手紙は本当に、うるっときました。

傲慢で何でもできると思ってる。でもそれを力でプラスの方向にもっていっちゃえるのが彼の魅力なんでしょう。
ジャレットも取り込んじゃったしね^^

さて、二人の心のベクトルはたぶん同じ方向に向かい始めたんだと思います。
でも問題が解決したわけでもないので、まだ障害はありますからねえ。

アメリカに行っちゃえよー・・・と思ったこともあったんですけどね。
ラリーと車関係の仕事しちゃえばいいじゃん(笑)って。クリスはどこでも生きていけるしね。手に職があるから(大笑。今の時代にも大切な事です^^)
でもシャーロックはやっぱり逃げないで、自分の世界で地に足をつけて、生きて欲しいな。どっちかを選ぶんじゃなくて。力でどっちも手に入れちゃうそうな人だからね^^


巻末あきさんのページは相変わらず秀逸です。
今回挿絵の雰囲気がちょっといつもと違う感じはしたんですが、巻末は健在でした。

た・・・食べちゃ・・・。

アントニー。最高です。

今回は前ほど生殺しっぽくなく^^、楽しみに夏、もしくは秋まで次巻を待つ事が出来そうです。




ひとつだけ。
シャーロック、口をぬぐうのはさすがにレディに対して失礼どころではありません。ナニーに教えてもらわなかったのでしょうか^^。
もうちょっとクリス以外の人にも気を使いましょう(笑)大事な人、それ以外って笑えるほどきっぱり分けてるよねえ、この人は。←でもまあその辺がシャーロックのシャーロックたる所以か。


プロフィール

くまきち

  • Author:くまきち
  • くまきち
    ゲームと読書と映画と、その感想を書くことを愛するそこら辺の主婦。基本的にはネタバレありです!ご注意ください。
    ブログ記事に全く関係のないトラックバックは削除させていただきます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。