スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


鴨川ホルモー 映画感想

(2009-04-30)
鴨川ホルモー。



見終った後の第一声。
大熊「・・・レッドクリフ!」
私「いや、あれはクローズゼロでしょ!」

そんな映画でした(笑)。いやまぢで!これ1本で、3粒美味しい感じです^^

今日はワーナー感謝デーで、誰でも1000円で映画を見られる日です。大熊は昨日からGW、私も今日は仕事がなく、子供たちは学校。
じゃ、映画でも見るかっ!と言う話になり、「おっぱいバレー」か「鴨川ホルモー」かで、こちらになりました。

時間直前にフードコートで軽く昼食を食べたんですが、ご夫婦でいらっしゃる方たちの多い事!みんな今日は子供が学校行ってる間に夫婦で出かける日だったのかもしれません^^

さて、鴨川ホルモーは原作未読、前知識もまるでなし。
大熊が予告編を見たんだかネットで情報を仕入れたんだかで、「結構面白そう」と言っていたので、みる事にしました。

ゲロンチョりー!!

これに尽きる・・・(笑)
これがめっちゃツボにはまりました。
家に帰って、既に学校から帰ってた下娘の前で「ゲロンチョリ!」「ゲロンチョリ!」と振り付きで踊りだす夫婦。
下娘の凍りついた目線が痛かったです。←夫婦って似るよねー・・・。ってこんな馬鹿な夫婦はうちだけか^^

阿部は2浪して京都大学に晴れて入学。最初は嬉しくて嬉しくて仕方なかったものの、その時期を過ぎるとテンションも下がり、何だか5月病?な雰囲気。
友人と葵祭(だったかな)のバイトをして帰る途中、怪しげな2人組から「京大青龍会」なる謎のサークルに誘われる。

新歓コンパに行くものの、結局何のサークルかよく分からず、入会は止めようとするのだが、そのコンパでめちゃめちゃかわいい早良京子に一目ぼれ。
彼女がこのサークルに入ってみると言うので、つい入会してしまう。

最初は飲み会ばかりの活動だったが、祇園祭宵山にいきなりそろいの浴衣姿で現れた先輩達。四条烏丸交差点での儀式を行うと言う。
そこには同じような浴衣に身を包んだ、京都産業大学玄武会、立命館大学白虎会、龍谷大学朱雀会の面々が集まっており、彼らのサークルが、京都に1000年続くホルモーと言う式神(鬼)を操る戦い(祭?)の会だと言う事が分かる。

それから1回生たちは「鬼語」の特訓をさせられ、2回生になった時、神社で儀式を行う事で、鬼を従えるようになる。

で、その鬼を操って、4校対抗の戦い?ゲーム?を行う訳でございます。

この鬼ってのが、リアルできもくてかわいかったー^^
ビジュアルは基本、一緒なんだけど、それぞれ従える人間のカラーになってて。
一人100体だっけかな。従えるの。1校10名で戦うので、1000対1000の戦い。これを大熊は「レッドクリフ」と称し、私は「クローズZERO」と称したわけです^^

先ほどのゲロンチョリ!はこの鬼語ですね。「ぶっつぶせ!」とかそんな言葉だったと思います。振りが最高!

レナウン娘があんな場面で使われるとは(笑)あーーーほーーーやーーーーっ^^!

私実は昨日、上娘の宿題に4時まで付き合わされておりまして、寝たのは2時間・・・半くらい?下手な映画なら迷わず爆睡ですが、これは程よく笑える部分もあり、全体的にはほのぼのとした雰囲気ではあるもののテンポがよく、2時間しっかり楽しめました。

面白かった!

ただ、最後の神様の怒りは、叫んだ事によって治まったのか??そこだけが唯一、よく分からなかったわ。

それにしても、京都大学百万遍寮・・・。ほんまにあるのかは存じ上げませんが、・・・すごいですね。
あのカオスな空間。
学校内(ほんまの学校内かは分かりません)にしろ、阿部のお宅にしろ、・・・すごい・・・!
歴史を感じるだけでなく、恐ろしい空間でございます。

原作はこちら。

図書館にて予約20人目でございますー^^
スポンサーサイト


パン教室の日^^

(2009-04-27)
上娘が幼稚園の時からだから、9年くらい?続いたパン教室。パンが美味しいのはもちろん、お料理やデザートまで教えてくれて、それをランチにおしゃべりがまた楽しくて。
大好きな時間だったのですが、今回を最後にとりあえず1年お休みー・・・。

今年は自治会、自治会絡みの防犯、更に中学のPTA役員(それも最も忙しいといわれている広報!)に当たってしまったので、フルのパートではないけれど、それでもそこまで休みばっかとってるとクビになってしまうので(涙)、パンを一年お休みする事にしました。・・・寂しい・・・。

さて、今日はお料理がメイン。
パンは生地にクリームチーズを練りこんだチーズパン、そして桜ご飯と卵のお澄まし、エビのオイスターソース炒め、春雨のサラダと言うメニューでした。

090427_120235.jpg


桜ご飯は、ご飯にもち米を混ぜたところに、塩漬けの桜を刻んだで一緒に炊き込むんですが、これがもっちもっちしていて、さらりとした塩味と酸味(梅干がちょこっと入ってる)、何よりもほんのりピンクの色合いがすんごい綺麗で華やか。お祝い事にしたい一品でございました。

春雨のサラダはかにかま、ささみの裂いたの、きゅうり、錦糸玉子、ハムが入って、ボリューム満点なれど、するするっと食べられちゃう曲者^^
ま、春雨だしいっか。

エビのいためたのも美味しかった^^

メインの?チーズパンは、チーズ好きにはたまらない一品。
これは家でまた焼きたいなあ。

おしゃべりもの楽しく、あっちゅー間のお時間でございました。
来年、復帰できるといいなあ・・・。それには今年はまず踏ん張らねば^^


さくら河 VOLLEY-BOYS マンガ感想

(2009-04-20)
さくら河 バレーボーイズ 全2巻 真崎総子。


<まみさん蔵>

BOYSエステの方ですね。


これも結構好きだった。これ見て、エステにめっちゃ行きたくなった^^

そんな作者さんの新しい話。まみさんが買ってくれたので、楽しく拝見いたしました。

独特のペースとテンションで進む話。
相変わらず女の子は惚れっぽい。でもかわいい^^
男の子達はめっちゃ個性的で、且つかっこいい。

里子のオタク具合が最高に面白かったけど、でも上娘の未来図を見るようでちょっと怖かった・・・(笑)
そしてアオリイカ作戦はもう・・・ツボに入りまくり^^

里子と獅子尾もいい感じになりつつ・・・チームとしても、まとまってきてこの先が楽しみになりつつ、あー、続きが楽しみだなあと非常に満足して、本を閉じようとしたその矢先。
裏表紙の折り返しの部分が目に入り・・・。

2巻・・・・ってなにっ!?こんで仕舞い!?まぢで!?ありえないでしょっ!・・・とかなりショックを受けてしまいました。

だってココからがめっさ面白そうなのに・・・。もったいない!ああ、もったいない・・・。非常に残念です。


フィギュアスケート 国別選手権

(2009-04-19)
なるものを見ておりました。木曜から延々と^^。
もっと・・・なんつーか、エキシビジョンとショーの間みたいな、もっとお遊び要素の強いものかと思っておりましたら、意外に意外とちゃんとした「競技会」だったので、非常に楽しく拝見しておりました。

・・・思ったより時間もきちんと取って放送してくれてたしね。・・・でも時間はたっぷりあるのに、相変わらずプロモーション、真央ちゃんミキティの演技を何度も何度も放送、と、相変わらずな使い方で、正直「そんなもん流す暇があったら、他の選手の演技をきちんと放送してくれーーーーー!!」と、思いながら見てましたけどね^^

NHKみたいに余分なものは一切省いて、淡々と選手の演技を放送してくれるのが一番いいのに・・・。
特に今回なんて6カ国しか出てないんだからさ。

それでも久しぶりにペアとアイスダンスが見れた事が本当によかった・・・。
アイスダンスのアメリカのペアが好きだったなあ。スピーディーでいろいろアクロバティックなのもいいのかも知れないけど、私はアメリカのペアみたいな「ちゃんとダンス」な演技の方が好きです。
すんごい楽しげで、それでいて上品だった。

ペアは相変わらず迫力があるしね。
普段シングルの放送しかしてくれないテレビが多いので、めっさ真剣に見てました。だからこそ6組くらい全部放送して欲しかった・・・。

しかしそれでも今回は真央ちゃん!だったね!もう本当に素晴らしかった。
あんなSP、久しぶりに見た・・・。あのやり方で、いいのよ。真央ちゃんは。あれこそが真央ちゃんの真骨頂。

フリーも2回目がダウングレードされちゃったのは残念だったけど、今期の中ではピカイチでしたよね。
キムヨナを越すような点数が出るか!とか、アナウンサーの方がワーワー言ってらっしゃったけど、点なんて試合毎に違うじゃん^^。違う試合で高い点を出す事に、そんなわーわー言うほどの価値があるとはあんまり思えず。

今回キムヨナよりも低い点だからまだ足りないなんて思わなかったし。
本当に、真央ちゃんの今までのプログラムでもダントツに好きな仮面舞踏会で、こんな満足そうな真央ちゃんを見る事が出来た事が、見てる私も幸せでした。

ミキティは、途中演技を止めちゃうのかと思った・・・。それくらい辛かったのか、スピードもなかったですよね。なかなかに怪我の多い彼女、最近調子がよかったので、ちょっと残念。

それにしても「豆しば」の看板に目が釘付け。あれと「かぶちゃん農園」。
このふたつの看板のインパクトはダントツでした・・・。
ダントツ過ぎて、つい看板を見ちゃうのがマイナスだったな^^

今日のエキシビジョンはまだ見ておりませんが、来週、しっかり拝見しようと思います。


マザハラなる言葉を初めて知りました^^

(2009-04-16)
今はいろんなハラハラがあるんだねえ。

今朝の新聞についてたマザハラ。・・・まあ、子連れのママさんに対する世間の冷たい目っちゅー事でございますか。

確かにね、ある^^

記憶にあるのは里帰り出産から自宅に戻って、お天気のいい平日に、2ヶ月の上娘をベビーカーに乗せて近所のスーパーに行ったら、通りすがりのおばさんに「こんな小さい子をこんな所に連れてきて!かわいそうに」と。
・・・通り魔っ^^!?若かった私は(っつっても20代後半だけど^^)がびーーーーん・・・!と、ちょっとショック。

ネットも普及しておらず、今みたいにスーパーがホイホイ宅配もしてくれなかった時代よ!買い物しなかったら食べるものがないでしょっ!買いだめつっても限度があるでしょっ!
じゃあ2ヶ月の子供を家において買い物に行くべきなの?そっちの方が100倍怖くて、私には出来ませんよーう。
・・・と、通りすがりのおばさんに反論したくとも出来ず。

1歳になって電車に乗れば、泣いたりはしてなかったけど、やっぱり年配のサラリーマン風おじさんにすっごい睨まれたりもしました。

通りすがりのおばさん(何故おばさんは通りすがりに何か言っていくのだ^^?)に、詰問調で「その子、母乳?」といきなり聞かれたり。
見た事もない人だよ!?たまたま母乳で育てていたので、「母乳ですけど?」と答えると、「ならいいのよ」と、さっさと行ってしまったり。

母乳じゃなかったら、何を言われていたんだろう・・・。あれは責める口調だった・・・^^

とにかく若いお母さんの(私はたいして若くなかったけど)アラを探して、「だから最近の母親は」と言いたい人が、世間には意外に意外と多いのです・・・。

こういうのを今ではマザハラと言うんでしょうか。

でも、逆もいっぱいありましたよ。

電車の階段(当時はエレベーターのない駅が多かった)で、荷物を肩に背負って、片手に子供、片手にたたんだベビーカーを持って降りようとしてたら、ヤンキー風の(失礼^^)若いにーちゃんがベビーカーを運んでくれたり(人を見かけで判断するのはよくないなあとその時思った^^)、30代くらいの男の人が電車で席を変わってくれたり(上娘が1歳の時)、幼稚園くらいの男の子が、自動ドアでないスーパーのドアを、ベビーカーが通りやすいように、私が通ってしまうまでずっと手で支えてくれたり。

そして同じ母として、・・・それは注意したら?と思うような事ももちろんいっぱいあるし^^

私がびっくりするのは、スーパーの食料品売り場のカートに、くつを履いたままの子供を乗せてる人!赤ちゃんとかじゃなくて結構大きい子が多いかな。ちゃんとカートの子供を座らせるようになってる部分に乗せるんじゃなくて、カゴとか、直接モノを置くスペースに。

マイカートなら好きにすればいいと思うけど、他の人も使うんでしょ?土足で子供を乗せた後に食料品置くのって(食料品じゃなくても)、私は個人的に物凄く抵抗あるんですけど、平気な方が多いんでしょうか?

店の中、電車の中で走り回っても注意しない、公共の場で大声を出しても注意しない、本屋で本を地べたに座って読む、本の上に座って読むなんて事も注意しない・・・等々。

もちろん私自身、他の人から「注意しろよ」と思われてた事も多々あったかと思うので^^、えらそうな事も言えませんが、でも、やれ「マザハラだ!マザハラだ!」とか、「だから最近の母親は」とか、どっちもがお互いの事情を思いやらないのがちょっと悲しいですよねえ・・・。

子連れを電車で冷たい目で見るおじさん、自分だって子供の頃あったでしょ。自分のおかーさんだって、そんな目で見られて悲しい思いしてたかもしれないんだよ?

通り魔発言のおばさん、思うのは自由。言いたかったら自分の娘に言って下さい。他人には他人の事情があるのです。

そして冷たい目で見られてるお母さん。混んでる電車でベビーカー、たたんでますか?子供、騒いでませんか?子供の声が癇に障るほど、疲れてる人なのかもしれません。

子どもを産んで、育てるって言うのは本当に本当に大変だと思うのですよ。
その大変な最中のお母さん達が、嫌な想いをする事が少なくなるといいのに、と、心の底から思います。


レッドクリフ パート2 映画感想

(2009-04-13)
bnr_redcliff_m2.jpg

以下多分ネタバレあり。未見の方はご注意ください。


1も見たので2も^^
今日お付き合いいただいたのはぴろろん。午前に用事があって、午後の部で見たので、ほんまに映画見るだけ!だったのが残念^^

さて、1も雄大で面白かったですが、2もさすがなスケールで大迫力。
こないだのジェネラルルージュは面白かったけど、まあ家で見てもいいかな・・・って感じでしたが、これはやっぱり映画館向きの映画でしょう。あの船が炎に包まれていく大迫力はスクリーンで見てみたいもの。

パート1のときの感想にも書きましたが、私、三国志は未読です。大体の話の流れも知りません。
それでも何らかの形で触れる三国志のイメージとして、劉備は徳のある、いろんな英雄に好かれた人物、曹操は本当に強いが残虐な人物・・・みたいな前知識・・・じゃないな、前イメージみたいなものがありました。

さて、1でも思いましたが、劉備は・・・三国志ではこういう人物なのか????
今回も、周ゆが「敵を欺くにはまず・・・」みたいな言い方をしていたので、あれは戦略としての撤退だったのか???でも、戻ると言ったのは趙雲、そして趙飛でしょ?劉備は最後まで「おれはお前達の事を思って・・・」とかうだうだ言ってたのも、あれも作戦?????えーーー???

とにかく劉備が義理よりも正義よりも保身の人物に見えてしまって、好きになれませんでした。
私の勘違いでしょうか。

尚香はかわいかったけどね^^!でも君が呼び止めなければ彼も死ななくて済んだかも・・・と思えば、ちょっと恩をあだで返した感もあり。

みんなのところへ戻って、帽子をとったら、さらーーーりと結った髪でなく^^長い髪がこぼれるシーンとか、その後の巻きつけくるりのシーンとか、めっちゃ漫画的だけど面白くてビジュアルが好き。

孔明は相変わらず飄々としつつ大活躍。そして最後の決戦では後方から。軍師の仕事はそこまでなのね。戦うのは彼らに任せて。
周ゆと孔明の信頼と友情と、そして最後はまた敵味方となり分かれる・・・って言う関わり方が、かっこよかったです。

そして最後。炎の大迫力。
戦いは圧倒的。すんごいスケールです。

面白かった・・・!
エンターテイメントとしてはとってもよかったと思いました。


・・・あの戦いの最中の、盾を持ってる人がめちゃめちゃ熱かったのではなかろうか・・・と、どーでもいい事が気になってしょうがなかったです^^


ぷちお花見

(2009-04-11)
毎年お城の方にお花見に行くんですが、今年はもう上娘の都合もあわないし、めんどくさいのもあって行っておりません。

でももう散りぎわでしょ。何となく惜しくなって、急遽、下娘と徒歩5分の公園にお花見に行って来ました。・・・お花見と言えるのか^^

バザーとかやる体育館の前の広場ね^^

090411_114442.jpg

満開!めっさ綺麗だったー。やっぱ桜は特別ですな。
もう散り初めなので、ちょっと風が吹くと、さーーーーっと、まるで雪のように花びらが散っていくのがまたいい感じ。
8分とかの頃よりもこの時期が一番好き。あと数日たって、葉っぱが目立つまでのほんの一瞬の今の時期。

いいお天気だったので、5分で超ありあわせ弁当を作り、お茶を持って行って、お外でランチ(笑)
気持ちよかったー!

090411_114615.jpg

小さな子供を3人連れた家族と、私達が食べ始めてしばらくして60代くらい?のご夫婦がバスケットにお弁当を持ってお花見。
屋台のいっぱい出てるお花見も好きだけど(屋台大好き^^)、こういうのんびりしたお花見もいいものでございます。

090411_115438.jpg

下娘所属の小学校、卒業した幼稚園の子供達が植えたチューリップも今が盛り。
色とりどりのお花が真っ青の空に映えてめっちゃ気持ちよかったです。

まん前の高校から聞こえる、吹奏楽のBGM付き。ノリのいい学園天国^^

ご飯を食べて、ちょっとのんびりして、アイスが食べたくなったけど、お金を持ってなかったので(笑)、家に取りに帰って、近所のスーパーにアイスを買いに行きました。

大熊(仕事)も上娘(部活)もいない、下娘とまったり過ごす休日。こういう日だってもう下娘が中学に入るまでの2年だけの事だと思うと、貴重だよなあ・・・。
子どもと一緒にいられる時期なんて本当に一瞬だよなあ・・・と、その期限があと2年となった今、しみじみ思うのでした。


ちょこっと思ったこと クックパッド

(2009-04-10)
クックパッドはよく見ます。非常によく見ます。

家には結婚した時に買った千趣会の料理シリーズが3セットくらいありますが(各12冊セット)、見てたのはせいぜい子供が生まれるくらいまで。
見る事自体は楽しいんだけどね。実際に使うのはやっぱりネットのが断然便利。

家に豚肉と大根がある・・・。これで何か出来ないかな?と言う使い方をする事が圧倒的なので、本だと「豚肉」のページを見ても「大根」とセットのレシピが見つからなかったりするし。
クックパッドみたいなところで「豚肉 大根」と検索すれば、それこそ一瞬でレシピが山のように出てきますもんね^^

その検索項目に「簡単」と足せば、それこそ本当に目からうろこのように楽ちんなレシピ(でも美味しい)が検索できるし。
こういう楽チンな料理レシピは、プロの本よりクックパッドの方が多いように思えます。実際毎日毎日ご飯作る側が、どういう物を求めてるのかって分かってる。痒い所に手が届くとはまさにこのこと。

あと重宝するのがお菓子作り。
お菓子を作るのも結構好きで、それこそ学生の時からちょこちょこ作ってはいるんですが、昔のお菓子の本はとにかく面倒な手順が多かった!ほんまに。

1回作るともういいやって思ってしまうような^^

最近はかなり簡単に作れるレシピが増えてきて、それは非常にうれしい事なんですが、本に書いてあるレシピ、昔から、「何でこんなに甘いんだろう」って思う事が本当に多くて。
これは最近の本でも思います。お菓子の本の砂糖の量ってすごくないですか?・・・でもまあ・・・好みか^^その辺は。

とにかく私には甘すぎるので、大抵目分量で減らしてしまいます。砂糖100グラムって書いてあったら60から70くらいに。120グラムだったら80グラムくらいかなって。でもそのくらいなら普通にちゃんと甘いですよ。
簡単なレシピなら何度も何度も作って、その度に砂糖を減らして限界に挑戦します^^・・・自分の好みの砂糖の量を知るのは理科の実験のようで面白いです。

スポンジ系だと砂糖を減らしすぎると膨らまなくなったりするので、加減が難しい!

ところが。
結構クックパッドのレシピって、砂糖を減らさなくてもちょうどいいものも多いんですよ。
レシピに「このくらいまで減らしても大丈夫」って書いてあったり。

甘味が少ない方が好きって言うのは少数派だと思っているので(甘いレシピが王道って事はそういう事なんでしょう・・・ね・・・?)、ちょっとうれしかったりするのです^^
同じように減らして減らして限界にチャレンジしてる人もいるんだなあとか思って^^

今日作ったレアチーズケーキが非常に美味しかったので(甘すぎない^^)、こんな事を書いてみました。


会長はメイド様! マンガ感想

(2009-04-06)
会長はメイド様! 7 藤原ヒロ。



どーでもいいですが、さり気にコミック、値上がりしてますよね?410円だったのは420円に、講談社が一番高いのかな?440円とかしません?・・・うぬう・・・こっそりと上げましたね・・・。

さて、メイド様。
話が大きく動いた巻でした。
今までもエピソードに次ぐエピソードと言った、私が苦手な展開になりかけてはいたんですが、主軸(時間軸)は一応進んでいる感じがしましたので、おっけーでございました。

んが、ここに来て、おお!やっと^^な展開に。
これ以上引き延ばすときっとかっくーンとテンションが下がってしまうと思いますので、ぎりぎりセーフ?
やっぱ無駄に引き延ばすとダメですよね。ダラダラは読んでるほうが飽きてしまいます。ある程度のところで美味しい部分を見せておかないと^^

つーわけで、陽向がいい具合に主人公2人の仲を刺激、この巻の流れは非常に好き^^
ツンデレ美咲さんが非常にかわいいです。

そしてここから、だよねえ。
どこまで続くのかは知らないけど、ここからダラダラにならず、いいテンションで進めて、きりのいい所で終わってくれたら最高ですが。

・・・ところでキリのいいところってどこよ^^?

まあ碓氷のご家庭の事情(二人の障害となりそうな)が出てきそうなので、そういう危機があって、やっぱりくっついて、終わり、かな。
・・・と、こっそり予想しておきます。
ありきたりでもいいの。展開は。下手に期待を裏切るよりは、ありきたりでも美味しい味付けで楽しませて欲しいのです^^


ようかんとクリームチーズ!?

(2009-04-04)
090404_194633.jpg
下娘が何で見たんだか、こないだから「ようかんとクリームチーズを買ってくれ」とうるさいうるさい。なんだかね、それを挟むんだって。そうすると新感覚のスイーツになるんだって。

ようかんとクリームチーズだよ!?普通一緒に食べんでしょ。

で、たいして興味もない私は、買い物に行く度に買うのを忘れてしまい、今日、下娘と上娘がケロロの映画を見にイオンに行ったので、「自分で買って来い!」と指令を出しました。

ちょうど今朝、実家のじーさんがお菓子のセットを送って来て、それがモチ入り最中と塩ようかんのセットだったのね。
ま、塩じゃいかん分けでもあるまい、と。ようかんはあるからクリームチーズだけ買って来い、と。

フィラデルフィアのカットされたクリームチーズを買って来たので、ようかんの上に乗せて食べてみました。

下娘が見たテレビ番組では、5ミリの厚さに切ったようかんの間に、同じ厚さのクリームチーズをはさんでサンドイッチみたいにして食べるんだって。
でもいいじゃん、のせのせでも^^おんなじ事じゃん・・・と、上のせ方式で。

だまされた気持ちで一口パクリ。

・・・これが意外といけてびっくり。
塩ようかん、めっちゃ塩って感じもしないんだけど、ぺロッとなめた感じが薄らしょっかい感じで、甘さがちょっと控えめなのね。
チーズのそこはかとないすっぱさと、あう。美味しい。いける^^

結局私と大熊と上娘はおかわり^^
言い出しっぺの下娘は「おいしい」とは言ったけど、「もういい」って^^・・・お前と言う奴は。

だまされたと思って食べた、プッチンプリンとしょうゆも意外といけた・・・。決してうにではない。あれはウニとは全くどこもかすりもしない、味、食感だけど、でも普通に美味しいと思いました。
・・・あなどりがたし。

最初にトライしたつわもの達に、敬意を!

・・・そんなこんなで、最近、ねこまんまだっけ?どんぶりを作る本、あるんでしょ?のり塩のポテチと何かをご飯にかけて食べる、とか。
・・・あれもちょっと惹かれております。誰か食べた人、いない^^?


プロフィール

くまきち

  • Author:くまきち
  • くまきち
    ゲームと読書と映画と、その感想を書くことを愛するそこら辺の主婦。基本的にはネタバレありです!ご注意ください。
    ブログ記事に全く関係のないトラックバックは削除させていただきます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。