スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今年も楽しく書けました。

(2007-12-30)
ブログを始めて2年?3年?・・・もう忘れるくらいですが(←ボケ入ってます。)たらたらと好きな事を書き散らして、それにコメントくださる方がいらっしゃるなんて事は本当に幸せなことだと思います。

今年の書き納めですのでご挨拶をば。

みなさまありがとうございました!
どうぞ良いお年をお迎え下さい!

スポンサーサイト


全日本フィギュア選手権 女子シングル プチ感想

(2007-12-28)
いつもはリアルタイムで見たとしても(最近は殆どリアルタイムで見てないけど^^)、録っておいたのを平日、子供の居ない時間にじっくり見てから感想を書くんですが、今回は寄生虫・・・もとい、帰省中なので、リアルタイムでながら見した感想。

最終グループの時に電話がかかってきたので、真央ちゃんの後2、3人見てないし^^
自宅に帰ってからじっくり見ます。

まず今回印象に残ったのが太田由希奈さん。「ジャンプが無くても見入ってしまう」と言ったのは実況の人だったか国分だったか^^

今日の実況もまーファンタジックと言うか、何と言うかとんちんかんな得体の知れない言葉の羅列でしたが、この言葉だけは言いえて妙。

本当に、心に響く、残る演技でした。インパクトがあった。見ていて感動しました。
彼女に、本当に、ジャンプがあれば、と思ってしまいます。まだまだいける年なので、化けて欲しい!

最終グループは村主さんとか見ていないのでなんですが、やっぱりレベル高!気迫が違う。
空気が変わると言うその空気を、じかに感じたかった・・・!
じつは今日見に行ってるはずのまみさんに、誘ってもらったのよー。女子フリー、見に行かない?って。仕事だったので断腸の思いで断ったんですが、テレビ放送を見て、やっぱり悔しい思いが・・・(笑)!
仕事はどーにもならないし、実際問題、大熊がまだ休みじゃない上に実家が遠い私には、子供を置いて平日出かけると言う事が無理なので、どう考えても無理は無理だったんですが、でも。
いつか生で公式戦!と思うのでした^^

まみさんの感想、楽しみにしてるわ!

真央ちゃんは昨日のSPもすばらしかったけど、今日もまた良かった。本当にジャンプが軽くて、真央ちゃんらしい演技。最初のアクセルジャンプだけが心残りだったけど。

そして中野さん。中野さんはもういっつもこぶしを握り締めて応援してしまいます。
真央ちゃんはある程度安心して見ていられる、と言うか、ほうっておいても大丈夫と言うか(笑)←お前が何ができると言うんじゃ^^
でも中野さんは、何と言うか、めっさ、勝って欲しい、努力が実って欲しいとこちらが願ってしまうような、応援してしまうような雰囲気があるんですね。

珍しく感極まる中野さん。もう本当に良かったと。心の底から思いました。

ミキティはいいミキティだった(笑)好不調の波のある人だから、この人はこの人で、始まる前は見ている私まで不安^^
でも3-3コンビが決まった時点で、「あ、よかった!いいミキティだ!」と安心に。

3人が3人とも、本当にすごかった。
すばらしかったです。

見てるのが本当に楽しい、いい試合でした。

帰ってから見れなかった人の分と、男子も見よう^^



高校デビュー 10 マンガ感想

(2007-12-27)
高校デビュー 10 河原和音。



2桁のりましたねー。この人の前作が20巻いってるから、そのくらいにはなるんでしょうか。
話は相変わらずでございます。

体育祭の話。
朝岡VSヨウ・・・なんですが、それは置いておいて(メインテーマを置いておいていいのか!?)、私はスプーンリレーの松坂さんがもうツボでツボで^^
さあこい!ばっちこーーーい!
この燃える闘魂、松坂さん、大好きです。

がんばるヨウはかわいかったです。
朝岡さんも本気なのかそうでないのか・・・と思わせつつ。最後はキュッと。まみちゃんフラグでないといいなと思いつつ。何となくね^^

ヨウが晴菜のおうちに行きますよの話。

これはすごかった。私は他人様には無関心のB型一家で育ったので(もちろん私もB^^)、こんなおうちに連れて行かれたら、ストレスで死ぬ(笑)!
でもはたで見てたら面白い^^

唯一マトモっぽかった弟も、ヨウのズボンはいてみてるし。おい。

予備校の話。

そういえばヨウは3年でしたね。←忘れてました。

すごいビジュアルのおねーさんが絡んできましたよ、と。そんでもって次の巻まで繰り越しでんな。
予告のメールはこのおねーさんが絡んだものでしょうか。晴菜、前松坂さんにやられてたしね^^今度はヨウがこのおねーさんにやられるのでしょうか?

さて、やっと名前と台詞が出た城宝くん。
こっちは晴菜に絡むのか、意外なところでおねーさんに絡むのか。意外に意外といい子でびっくりしました。

さて、コンスタントにこれは面白いです・・・と思います。ヨウが最初の頃とは別人だけど、ま、それはそれでいいのよ^^
続きも楽しみにしたいと思います。


フィギュアスケート グランプリファイナル 女子

(2007-12-26)
もう今日から全日本が始まっていると言うのに、今更ですが、自分の覚書程度に。

真央ちゃん

さすがに一番滑走初めて見ます・・・と思ったら、自分で言ってましたね。「一番滑走は始めて」って。・・・さすがだ・・。

よかった。そう、フリーはいっつもいいんだよねえ。ショートがよくて勝てるのかどうかは別として。でも銀はさすが。

マイズナー

うーん、ちょっとおいていかれた感ありだけど、でもアメリカ大会くらいの出来であれば、銅くらいはいけたのでは?贔屓目かな^^?
こんなジャンプの決まらないフリーははじめて見ました。痛々しいほど。あのサビ(と言うのか?)に乗せる3連続ジャンプが大好きなんですが、それも入らず。ステップもいつものきびきびした動きはどこへ行ったのか。

最後「がっくり肩を落とす」と言う文字をこれほどまでに体で現した姿があっただろうか・・・な、姿がかわいそうだった・・・。

中野ゆかりん

スピン速!!気合は充分だったと思います。スピードに乗っててよかった。3トウループで失敗したのはちょっと意外だったけど。
でも彼女の実力は出せたと思います。これが今の世界での彼女の位置。現実ですね・・・。

コストナー

この人の演技って、いっつもあんまりいい印象がなかったんですが(可もなく不可もなくみたいな)、今大会は非常によかったですね。
スパイラルでちょこっとバランスを崩しかけるような場面もありましたが、でも出来としては今まで見た中で一番よかったと思います。

ジャンさん

コストナーの後に見ると、本当に、ちっちゃい!!
いつも大崩もなく、ちゃんと自分の技術を表現で来てるのがすごい度胸だと。
個人的にはもうちょっと元気のいい曲が合ってるような気もするけど、このアベマリアも充分表現できてます。

ヨナさん

とにかくスピードがすごかった。カッ飛んで行って、ジャンプ。これがまた見事に高くてクリーン。すばらしいね。
上向くポジションのスピンがすごい好きです。この人はスピンのバリエーション(?と、言うのかな?)が多くて、非常に見ていて飽きず楽しい。
結構みんなおんなじスピンを何度も何度も繰り返しません?それが点が取れる形なんだろうなあと素人ながらに思っておりますが、純粋に見るだけの側からすると、ちょっと飽きちゃう。
その点でもこの人のいろんな形のスピンは見ごたえあり!

そしてこのプログラムのストレートラインステップが大好きなんですが、テレビの映し方があまりにもへたくそ!!びっくりしましたよ。本当に。魅力を伝えようと本当に思ってるのか!?どんな角度で撮ったら綺麗なのか分かってないでしょ。

今大会、カメラがへたくそなのが非常に残念でした。・・・一番残念なのは放送がテレ朝だった事だけどね^^
さて、全日本はフジか?まーまたヘンな枕詞つけてきますかね?またTOKIO出して的外れなコメントばかりさせるんでしょうか?←TOKIOは好きですよ^^でもスケート放送には全く不必要。

恐る恐る見たいと思います。
でも織田くん、欠場なのね。ちょっと残念です。やっぱり彼がいると大会のレベル、上がるからね・・・。


おおきく振りかぶって 9 マンガ感想

(2007-12-25)
おおきく振りかぶって 9 ひぐちアサ。



もう今日、BOで見ましたよ。9巻。金曜に出たとこじゃん!びっくり。連休に堪能してさっさと売ったって事でしょうか。すごいなあ。

あ、私はちゃんと金曜に新刊で買ってますよー^^

さて。待ちかねた9巻。でもやっぱこれはまとめ読みしたいな。でもこの調子で行くと夏大会だけで50巻(大笑)、行きませんか?そんでもって、コミック出るのが年に2回だとすると・・・。がくがく。
死ぬまでに完結させてくださいね。

呂佳さんって大学生なん?お金なんであんなにないんだろう^^自宅生じゃなかったのか。
モモカンみたいな事はないでしょう?バイト代全部野球につぎ込んでなんて。

この二人の会話は結構ほのぼの。呂佳って、あんまり好きなキャラではなかったぽいけど、この巻ではよろし。
「野球部なんて馬鹿ばっかじゃん」・・・そうなん^^!?

しのーかのかわいさ加減にリキはいってる気がしました。
でもマネジャとの関係、いいよね。普通に喋ってるんだけど「仲いいねー!」って言いたくなる気持ちが分かります。
もしこの先色恋絡みになるんだったら誰とがいいかなー・・・。←どーでもよろし。

サッカーでの三橋がかわいいです。ぐー!

カントクの「オンナ」を匂わす発言を嫌う彼らがちょっと潔癖(とは又違うのかな?)でかわいかった。
でもカントクの過去を匂わす発言が花井ママから出ましたね。是非飲み会で聞き出して欲しいと思います。でもいつだ?飲み会。51巻か^^?

さて。ダイチ。またおもろい子が出てきましたよー!笑える笑える。おばかさんで。

さて。阿部は相変わらず三橋とコミュニケーションをとるのに必死。大きな声を出さないよう、せかさないよう・・・。母でも出来んって^^!私だったら「はっきり言いなさーい!」パンパン(往復びんた)!だよ!阿部は偉いのう・・・。でもそれが報われているかどうかは不明。この辺りが阿部の不憫さを物語っておりますね・・・。

さて。崎玉との試合。なんだかちょっとなめてかかってる気がして不安。この先どうなることやら。
ぱっぱとテンポよく出るなら、1試合終わるまで我慢してざっとまとめて読むのが楽しそう。・・・おお振りでは到底無理だけれども!

それにしても、野球する子の親って大変なのね。
小学生の野球から既に大変そうだけど!休日に変わりばんこでお昼も作って(鶏肉2キロから揚げ作ったー!とか聞きますもん)、車提供して1時間もかかる小学校まで遠征するからって、おくり迎えして。

女の子の習い事ってこんな大変なのあまり聞かないので(せいぜい年に数回の発表会程度。自分の子さえ連れて行けばいい)、男の子の習い事って大変なんだなあと、他人事で思っておりましたが、高校入っても、ビデオ係りとかするのか!すんごいな^^

でもこのおかーさん達が楽しそうなのがまたリアル。
私も一度、息子さんが野球してるママ友に「大変だね。イヤだと思った事、ない?」と、素朴に思ったのでそのまま聞いてみた事がありますが、「だって出てるの自分の子じゃん。自分の子の姿見てるのはめっちゃ楽しい」と即答されたことがあります。
何でそんな「大変そう」ばっか思うの?って感じで言われて、目からうろこ。

楽しいんだよね。なるほど。花井ママ見てれば分かるか^^←そういうところが本当にいつもリアルだなあと思うのです。

次巻はいつかな。春くらいには出るといいな。

・・・ところで。アニメは全話録ったので、わざわざDVD買う気なんてさらされなかったんですが、なんとびっくり最終巻に「基本のキホン!」が収録されるとか・・・?テレビ未放送だって!?
なんとーーーー!!
・・・基本のキホンって・・・榛名の話だよね・・・?←榛名好き^^
あああ、どうしやう。買う気なかったのにー!しかもこの最終巻の発売日がうれしはずかし2月27日。奇しくも私の誕生日なのよっ!!
買ってもらえと。そういう事か・・・?あこぎな・・・(笑)。

せいぜい悩ませていただきます。


黒執事 1 マンガ感想

(2007-12-22)
こないだ「執事様のお気に入り」でムー家のKりんに遅れをとったので(←私が1巻を買ったら、既にKりんは2巻まで買っていた)、こっちは大人コミックだし大丈夫だろうと(笑)買ってみました。

ムーはん、別にエロくなかったよ^^!

黒執事 1 枢やな。



こっちが競り負けた^^方


内容は全く知らずに購入。表紙の絵の綺麗さに惹かれて、いわゆる表紙買い。
でも買った後にちょっぴり不安に。
BLだったらどうしよう・・・。←BL苦手。
いや、BL本って結構綺麗な絵の人多くない(個人的な感想です)?どっきどっきしながら帰宅、読んでみました。

違いました、ね。今のところ。
えーと現在3巻まで出てるそうなので、今後はどうだから知りませんが、1巻はそんな感じではないです。おなごとの色恋のかけらも出てこないけど。この先色恋沙汰が絡んでくるならどっちかっつーと、おなごとよりも男同士色が強そう・・・かな?と言う不安はありますが^^

仕事の休憩時間に買いに行ったんですが、「黒執事買ってくる」と言ったら「くろひつじ?」と言われ、帰って、大熊にも「え?くろひつじ?」と言われました。
いや、羊でもいいんだけど、一応燕尾服来てるから執事です。

話は、まさに執事の話。
英国名門貴族、ファントムハイヴ家当主シエル(ビジュアルは小学生くらい?)に仕える執事は何をやらせても天下一品。庭作りから食事から、そしてSPの役目まで。
1巻は人物紹介的な話。事件は起こるけど、最初のチュートリアルみたい。

スーパーマンな、そんな人間いるかっ!!な、執事。その正体が1巻の最後で分かります。

もっとなんと言うか、重そうな話かなと思ってました。「黒」執事だし。でもなんか読んでたら「戦う!セバスチャン」(ムーさん蔵)を思い出しちゃった^^
ヘイジはさすがに出てこないけど、何となく匂うものが似てる。名前も「セバスチャン」だし。←執事と言えばセバスチャンなのか。それはデフォルトなのか。もしデフォルトなら顔はサル顔でなくともよいのか。うーむ。



内容は、1話2話ははっきり言って、つまらないです。
ただのエピソード。何が起こるでもなく、これから何かが起こる気配もない。こんな感じで続く話なら無理だ・・・と思った、3話目。
シエルがさらわれて、セバスチャンが助けに行くんですが、このあたりの飄々としたセバスチャンの超人ぶりは結構面白いです。

そして。ギアスキターーーーー!

と、言う所で次巻へ。

さて、うーん、買うほどに好きかと聞かれたら、この巻ではまだ「微妙」です。
続きを買うかどうかは保留で。


フィギュアスケート グランプリファイナルFS 男子

(2007-12-21)
昨日に続き、エキシビまで!と思ったんですが、男子フリーを見るのが精一杯。終業式なので、あっちゅー間に帰ってきやがりましたよ。子供たち^^

それにしても、冗談で書いた昨日の心配が冗談でなかった事に、腹が立つやら呆れるやら。

ファイナル、ですよ。
グランプリシリーズで、優勝、もしくは3位までには入らないと、出場することすら出来ない、まさに頂点を決める大会なのに。
その上、アイスダンスとペアって言う部門はなくなったのかと思うようなシングル偏重、にもかかわらず、そのシングルに出場してる、たかが6人すらうつさない・・・。

なんじゃあこりゃあ!!

と、叫びたくなりますよね。あのかわいらしいチャンさんはどこへ行ったの?影も形も見えませんでしたけど。バンデルペレンさん・・・出てたと思ったのは間違いですか。
ウィアーは去年のNHK杯に引き続き、フリー棄権ですか。なんですか、それ。


テレビ朝日、本当に本当に、嫌いになりましたね。スケート放送する権利を持つ権利すらないことに気づけ!ばかもんが。

悲しい3人だけの一言感想。

男子シングル

ライサチェック

相変わらず豪快。ものすごい気迫。毎回毎回この気迫を見せられるこの人もすごい^^松岡と話が合うかも。熱いのねえ。
一回こけちゃったけど、高い点。

「これまでの3人とは違う高い点」と、実況の人がおっさった、「これまでの3人の演技」だがどんなもんだったのか、見たかった・・・。

ランビエール

バリではなかった。ジャンプでところどころミス。このプログラム大好きなのに、本当に「会心の出来」って言うのを見てないのが残念。
世界選手権では見れるでしょうか。
どーだ!?な、ランビのこのプログラムが本当に見たいです。

でもそれでもグランプリシリーズのよりははるかによかったです。
きびきびとスピーディなステップはもう絶品。惚れます。

高橋くん

4回転を意地でも入れてきた彼の挑戦心に拍手。
うーん、これも今まで見た中で「いい高橋くん」ではなかったなあ。ステップはもう見るからにお疲れのご様子。

それにしても、佐野、大コーフンなのが笑えました^^
クリーンに飛んだ3アクセルの解説、「トリプルアクセルって言うのはこうやって飛ぶんだよ!ランビエール!って3アクセルでしたね!」って・・・おい。ランビ名指しかよ。

キスクラでわずかな点差で2位だった時、「悔しそうな顔」とか言ってたけど、あれは見えないから目を細めてるだけでしょ。いっつもキスクラではあんな顔だよ。

でもインタビュー終わった後、やっとこみ上げてきたみたいに「くやしーーー!!」と言ってたのが、なんとも彼らしくて、不謹慎ですがかわいいなあと思ってしまいました。

そう、本当に、自滅だからね。自分が足りなかった、だから勝てなかった。彼が一番分かってること。
そんな上を上を目指す彼は必ず、もっと強くなる。
なんだか「ガラスの・・・」なんて言われてた彼からは信じられないほど、どんどんかっこよくなっていきますね。

男子のシングル、本当にめっさ面白いし見ごたえあるんですよ!!テレ朝さん!分かってる^^?・・・って、教えたくなるこの扱い、何とかしてください。


フィギュアスケート グランプリファイナルSP

(2007-12-20)
やっと見ました・・・!
2時間っつー時間が中々取れなくて。何でこんな事に^^まだNHK杯も見てねえだよ・・・。とほほ。

今日はとりあえずSPだけー。
明日FS、見られるかな・・・?

それにしても、今回も前回までと同じく(NHK杯除く)地上波はスパッと無視して、BSの放送しか録ってなかったんですが、見てびっくり。
何で女子は6人全員放送してるのに、男子は3人しか放送しないの!?しかも上位3人とかそういう選択でもなかったでしょ?男子のこの軽い扱いは何?こんなん日本だけでしょ。

いや、私は今回出場してる6人の中では、たかはっしー、ランビ、ウィアーの3人が飛びぬけて好きだけど(こういうおなごが多いからか・・・^^?)でも6人全員見たいよ!だって6人だけでしょ?30人も出場してるなら時間の関係ではしょられても仕方ないとは思うけど、6人だよ!?

そんな放送時間すら取れないテレビ局が放映権なんて取るな!!
ふんとにむかつく。
・・・でも、普通に真央ちゃんプライベートショットとか省いて、演技とキスクラだけ放送してれば12人余裕だったのでは・・・?真央ちゃんは大好きだけど、私ははしょられた男子3人の演技が見たかったです。だってファイナル出るような人達なのにーーー!!がくり。

それにしても、本当に「ファイナルなんだな」と見ていてひしひし思いました。レベル高!!めっちゃ見ごたえありましたね。素晴らしいです。

とりあえず一言感想。

男子

ランビエール

ひさびさに「いいランビを見た!」と思いました!最近ジャンプでこけてるランビしか見た記憶がなかったから、見てるほうもめっさ嬉しかったー。
中国杯の、あの悪夢のようなキスクラの彼とは別人。

ステップの動きがきぱきぱしていて、めっちゃかっこいい。惚れます^^

ウィアー

アクセルでこけるとは!びっくり。得意なんだよね?アクセルジャンプ。いっつもふうわりと降りる彼が、こんな所で・・・!って感じ。
流れるようなステップはもう彼ならでは。本当に美しい。

高橋くん

よかった!今シーズン見た中では一番いい!と思いました。
コンビ、アクセル、トリプル、ジャンプがもうことごとくクリーンに決まって、本当に綺麗でした。
シャープなステップは真骨頂。

ところで、カメラ・・・・下手??選手がはみ出たり、チューハイみたいにぐらぐらこそしなかったけど、・・・???
音も妙に悪く聞こえたけど、これはうちの録画のせいか^^

女子

ジャンさん

ジャンプも綺麗、スパイラルの足も高!彼女の持ってる力を存分に発揮。こんなファイナルと言う大会ですごい心臓。
でも何となく、おととしの真央ちゃんをちょっと思い出したかな^^。まだまだ怖いもの知らずなんだなあと。

この後「美しい舞姫たち」と5人の選手が紹介されるんですが、・・・・・ジャンさんも入れてやれよ・・・。

中野ゆかりん

スピンはほんまに綺麗。ただこの中で3-3を持ってないのは彼女だけか。22歳で最年長と言うことを考えたりすると、努力だけでは報われない何かもあるのかとちょっと切ない。

気迫はいっつもブラウン管を通してまで伝わってくるのに。そういう一生懸命さが非常に好きです。
・・・インタビューではいっつも愛想ないけどね^^

コストナー

すんごいノッってる。これまた彼女の演技を今まで見た中で一番いいかも!・・・と、思った矢先にアクセルがシングルになっちゃって。
本当に、何が起こるか分からない。調子よくても気が抜けないのね。
ステップも、スピンも、長い手足にうっとり。体型もよく生かされた振りに見えます。

マイズナー

3-3頑張ったけど、回転不足か。
ステップは体をいっぱいいっぱいに大きく使ったきっぱりした動きが非常にいい。

真央ちゃん

まさか、まーさーか・・・と、言うべきか。やっぱりと言うべきか。
今シーズンの彼女なら、何となく納得できるSPだったかも。
スピードにも乗ってて、いい!と思ったのに。
その後のスピン、スパイラル、ステップはさすが。

ヨナさん

これまたまさか、まーーーさーーかーーー・・・と、言うべきか。やっぱりと言うべきか。
彼女も完璧かと思いきや、結構ポカしますよねえ。
スパイラルもちょっとぐらついたように見えたんですが、でもその後はさすがの優雅さ。曲がいいですよね。スピンもめっさ美しい。

ジャンプミスしてあの点ですよ。もう空恐ろしい・・・。

もう本当に誰も彼もが素晴らしくて、うっとりして見てました。
ここのミキティいたら、日本人3人だったのにね!
ま、それはそれ、これはこれ。

FSが又楽しみです。・・・男子、FSすらはしょられてたらどうしよう・・・(涙)


コネタその2 クラムボンとは

(2007-12-15)
今娘Aが国語で宮沢賢治の「やまなし」をしています。
その中に出てくる「クラムボン」とはなんぞや。

「宮沢賢治の造語で、意味は分からない」と書かれてあったように思いますが、これって私たちの子供の頃の教科書にもついてたよね?

「クラムボンが笑ったよ」
「クラムボンがぷかぷか笑ったよ」
「クラムボンが殺されたよ」
↑娘の教科書を見ずに、私のソラで覚えてる言葉を書いているので、間違っているかもしれませんが、娘と同じ小6で習ったとしたならば、かれこれもう二十うん年(笑)
それでも多分その時にしか読んだ事のないこの話の、部分部分をくっきりを覚えてる、そのくらい印象深い話でした。

で、クラムボンとはなんぞや。

私は「あわ」だと思ったんだけどなあとか言う話しを昨日お風呂でしていて、娘も「あわかなあ。でも殺されたって、どういうことだろう」とか。
急な波かなんかに消されたから「殺された」とか?なんていろいろ。

「でも何かの名前かもしれないよ!クラムボン・・・どこかで区切るとか・・・。」
「クラムって貝の身の事じゃない(後で調べたら蛤のことでした。)?」
「じゃあボンは?」
クラム・坊ん」←訳:ハマグリ坊ちゃん^^?

「クラム・ボンじゃなくて、ク・ラムボンとか?」
「中国の人の名前みたい」と言ったのは娘B(中国人のお友達あり)。
「おかーさんはどっとかっつーと、フランス語っぽい感じがするなあ。」
クラムボンは中国かフランス関係!?

「クラ・ムボンとか」
「蔵・無謀?」←すでに意味を成してませんから!

「クラムボ・ン」
「ンってなんだよ!ンって!!」

お風呂でギャハギャハ笑いながら、40分くらいこんな事して遊んでました・・・。もちろん結論はでず。←当たり前だ!!

なんだかもう宮沢賢治さんスミマセン。
でも結構いろんなご家庭で「クラムボンって何?」って話になってそうな気がするんけど^^
だって不思議に思うでしょ?皆さん、いかが?


ママがサンタにキスをした コネタ^^

(2007-12-14)
さて、クリスマス、近づいてきておりますが、サンタさん、そろそろ準備体操してる頃でしょうか。

小人さんも突貫工事で大変でしょうね。←娘たちが言うには、プレゼントは小人さん達が手づくりしてるんだそうです。なので値段が高いとかは関係ないと主張。←確信犯で言ってるんじゃないのが怖い所^^4、5年前に、娘Aが発売されたばかりの「PSP」を要求。値段もさることながら、手に入りにくい事と言ったら半端じゃなかったので、「さすがに無理じゃない?」と言ったらこう返されたのも今ではいい思い出・・・・・なわけあるかい!!大変だったわよ^^!

そう、今年もいろんなサンタさんがヨドバシカメラやジョーシンに並ぶのでしょうか・・・(笑)でも今年はそんな手に入りにくいものもないか。


さて。タイトルの「ママがサンタにキスをした」。
今日娘Bがお友達からこの歌詞カードをもらってきました。←何故?
英語教室に行ってらっしゃるそうで、英語の歌詞にカタカナで振り仮名がうってあったので、私でも歌えそうです。

で、私、この曲が大好きなんですよ。もうめちゃめちゃかわいい曲じゃないですか?
聞くだけで微笑ましくて、思わず嬉しくなっちゃうような。

で、この曲に対する娘達の反応^^

「あ、おかーさん、この曲好きー!サンタがママにキスをする」←間違えました^^
娘「えっ!?サンタさんがママにキスするの!?それってセクハラじゃん!」

・・・そうか、サンタがママにキスをすると言うのはこどもから見て微笑ましい光景ではないのか・・・。

「間違えた間違えた。「ママがサンタにキス」をするんだ!」
娘「えっ!おかーさんがサンタにキスをするの!?それって不倫じゃん!」

不倫・・・・そうなのか。
でもママがサンタにキスをするって事は不倫じゃないんだけどね^^
ねえ?
この意味が分かった時に、この曲がどれだけ微笑ましい曲か分かると思うんだけどね^^

ちなみにわたくし、英語の曲で、もうひとつ大好きな曲があります。
「Take Me Out To The Ball Game」
すっごい有名なこの曲。
これも聞くだけで嬉しくなる曲ですよね。
クリスマスと関係ない話になっちゃった^^オチなし^^


きのう何食べた? 1巻 マンガ感想

(2007-12-13)
きのう何食べた? 1巻 よしながふみ。


<まみさん蔵>

これ少女漫画ってくくりでいいんだろうか。掲載誌はモーニング。モーニングって青年誌だよなあ・・・とか思いつつ、少女漫画のくくりで^^

よしながふみさんのお話を読むのはこれが初めてです。前にドラマ化された漫画を書かれてましたよね?ケーキ屋さんの。
私は漫画も未読、ドラマも未見なので内容は知りませんが、あれも、いわゆるゲイの人の話なんでしょうか。
このマンガはその人たちの話でした。

私はBL本が苦手です^^
花とゆめに載ってる様な、少女漫画の分野で、いわゆるおもきしホモじゃなくても、におうのでも苦手なものもあります。
でも平気なのもある・・・。この辺りの線引きが自分でもよく分からないのですが。

で、この本は大丈夫。全く違和感なく読めました。
あ、多分ねー、女役(ネコと言うのか^^??)が文字通り女の代わりみたいなキャラだとダメなのかも。
なよっとしてて、女顔で華奢でお目めがキラキラ・・・みたいな男の子って言うのが苦手なだけかもしれません^^

この本の主人公、43ですよ(大笑)!その年齢が素敵。

筧史朗。弁護士で、硬派っぽいいい男で、全く華奢でもないふつーの殿方で(あえておっさんとは言わん!武士の情けじゃ。)、でもお金にめっさ細かくてスーパーの安売りが大好きで(理由:こどもに面倒見てもらうなんて未来のないゲイだから、金が大事^^←渋!!)、「どちらかと言うとネコってくらいのネコ(本人談)」。
もーこのギャップがたまらん!最高に、いい。

同居してる恋人はケンちゃんは、美容師で、見た目ちょっとなよっとしてて、筧に怒られるとメソメソ泣いて、でも「どっちかというと、タチ」なところが笑える。

でもそういう生々しい場面は全く出てこないのが、このマンガが好きだと思えた一番の理由だと思います。

内容はそのもの。「きのう何食べた?」なご飯の話。
食事作りの担当は筧さん。
手間をかけすぎず、材料は近所のスーパーで手に入れた普通の食材。でも「きっちりおうちご飯」を実践していて、その工程がまた事細かで非常に食欲をそそる内容になってます。

美味しんぼとかみたいな、「見るだけ」の食事じゃなくて(こだわりまくった食材なんてパンピーの食卓にのぼるかい^^!)、「あ、これ今度作ってみよう」と思える食事なのがポイント高し。

筧さんの流れるような手つきと言うか、「省ける所は省く」「煮てる間にもう一皿の準備」みたいな、非常にリアルな時間の使い方や食材の使い方に、親近感と尊敬を感じました。

そしてこの2人をめぐる人々。
筧ママンも大好きー^^
「お母さん、三輪アキ○ロは僕の未来の姿じゃないですから」って言う筧さんの台詞には思わず噴出してしまいました。

ケンちゃんの仕事っぷりとか、筧さんの仕事っぷり。筧さんのメル友。
どの話も淡々としてますが、非常に面白いです。

これは結構いけますよ!まみさん。
1巻表記があって嬉しかったです。続きもよろしく^^


おらがうちにWii Fitがやってきた!

(2007-12-12)
発売前はさほど興味があるように思えなかったのに、発売されてからテレビで宣伝されてるCMを見て、俄然欲しがり始めた大熊。

ええ、去年のWii本体の時も、今年も、欲しがるのは大熊。おまへは子供か!!
そして走らされるのは私。

去年・・・そう、もう去年の事なのね・・・。あれは寒い朝だった・・・。とか、語り始めると投稿文字制限を越えそうなので止めておきますが、でもこれはさほど危機感を感じることなく手に入れることが出来ました。

先週の水曜にとりあえずジョーシンへ行く用事があったので、大熊に「見てきて」と頼まれ、チェックしたものの、売り切れ。
店員さんも「入荷未定」としか言ってくれず。

で、帰宅後、アマゾンを見たら、「1週間から3週間以内に発送」との事だったので、もうこれでいいじゃん、遅くともクリスマスには来るって!とポチりと注文。
ま、気長に待ってりゃよかったんだけどね。

金曜に娘Bの友達のママと喋ってたら、「え?私、昨日(木曜)、ジョーシン行ったら、普通に売ってたよ?」って。
1日差かーーーー!なんかすごく損した気分。でもまたジョーシンまで行くのもめんどくさかったので、ま、それはそれで諦め。

そして土曜日。ムーはんから電話。「今ジャスコにいるけど、売ってるよ?買う?」と。
「え?欲しい欲しい!アマゾンも16日以降発送ってなってたから、今ならまだキャンセルできると思う!」と、でも一応電話口で待ってもらって、ネットで確認。
ところがこの時点で「まもなく発送します」になってて、すでにキャンセルはできなくなってたの!

またもや惜しかったけど、でも「まもなく」なら明日か、遅くともあさってには発送されるだろうと高をくくってたら、月曜になっても「まもなく」のままで発送される気配もナシ。

「まもなく」っちゅーのは何日間を言うんじゃーーー!おらーーー!

昨日の夜8時ごろ確認した段階ではまだ「まもなく」のままだったので、もう発送されるのは最初の予定通り16日以降なんだわとあきらめかけていたら(なら「まもなく」表示をもっと後にすればいいのにと思いつつ)、今日いきなりきました。どん!
びっくりした(笑)
もう週明けまで無理だろうと思ってたから。宅急便ってすごいね!働き者だね!←あくまでアマゾンでなく^^

で、さっき早速登録だけしました。娘ーずと3人分^^
これだけですでに面白かった!


ウィーフィット^^
(うわ!今もうマーケットプレイス商品しかないじゃん!今日だって普通にイオンに売ってたのに^^)

Wiiも2月くらいまでは遊んでたけど、めっきりしなくなっちゃって(ソフトがないからね。今でも欲しいと思うものがナイ。WiiスポとはじめてWiiくらいでしょ。)、ほこりをかぶっていたんですが、また注目を浴びそうです。←我が家限定か?他のご家庭では充分に遊ばれているのでしょうか^^

夏にマリパ8を買ったけど、でも娘達もほとんどしてないしなー・・・。

でもこれは面白い。ダイエットと思えば1ヶ月くらいは遊びそう^^
ゲームにそんな長い楽しみを求めていないので、そのくらいもてばいいと思う^^それ以上もつなら、それは非常にいい買い物だよね。

身長登録して、体重・・・。怖かったですよ^^!
一応着てる物は「厚着」設定^^こどもらは「薄着」にしたのに!

標準のど真ん中だったけど、このBMIってのは、女の人の感覚と大分差があるから、「まん中だわー!」と純粋に喜べないのが玉に瑕^^
やせぎみに近い所までいって、はじめて「女の人の標準体重(それでも決して「やせて」はいない)」くらいだよ。これは私の感覚がずれてる訳ではないと思います。
目指しますよ!わたしゃ!

とりあえず1ヶ月でマイナス2キロに設定しました。これなら無理ないよね^^?目標は8キロ減くらいなので!

重心は後ろ左より。まん中に重心を持ってこようとすると、かなり自分の感覚では前のめりな感じがしますが、普段どれだけ態度でかいか(後ろに重心^^)って事なんでしょうね^^

左右にバランスをずらすのは第5問がギリギリ間に合わず(2秒まではいったのに!後1秒ーーー!)、「バランス悪いですね。普段けつまづいたりしませんか?」とか言われちゃった・・・。何故知っている!?←しょっちゅう転ぶ人・・・。

さて、明日から少しずつ踏み台昇降運動でもしましょうか。いきなりスキーのジャンプ(CMであった)なんて出来ないのかな?
まだ全然説明書も読んでないので、わかりませんが。

大熊も帰ってからするのかな?彼のBMI値が楽しみです。うひひ。

当分遊べそうなおもちゃをゲットしましたの記録でした^^


101人目のアリス 1 マンガ感想

(2007-12-10)
101人目のアリス 1 かわい千草。


<まみさん蔵>

アマゾーーン、画像がないぞよ。

さて。
アリス学園に・・・って、まみさんと同じ事言ってちゃだめっすね。
名門音楽学校に入学を許される定員は100人。なのに今年は101人目の特別枠が許された。
その特別枠で入学したアリスは基礎がまるで出来ていないのに、ある曲を弾かせるととんでもなく人を魅了する音を出す。
そんな彼が全寮制の学園で、いい人やら悪い人やら変な人やら^^に囲まれて、さて、どんなバイオリン奏者になっていくのか・・・って話。

まず絵がきれい!非常に丁寧に描かれた絵。どこか線が太くて、非常に新書館的。あるでしょ、カラーが。白泉的な絵とか^^
綺麗だけど、ちょっとごちゃごちゃしたいっぱい書き込まれた絵とか。白泉はどっちかっつーと、白っぽい印象。

話しもテンポがよく、出て来るキャラもどこかアナクロな感じはするけど、非常に魅力的。
二ールいいよ、二ール。←リシャール!
最初、このリシャールとコルトーとマクシミリアンの区別がいまいちつきにくかったけど、1巻読んだらつくようになりました。よかったよかった。

おもろい先輩ではあるけど、裏がありそげなコルトー先輩もいい。
最初このコルトー先輩に女の子と間違われたアリス。基本的にこういう外見の男の子って苦手なはずなんだけど(おんな顔の男の子)、このアリスは全然苦手意識を感じさせませんでした。
不思議と線の細さを感じさせないからかな?←吹けば飛ぶような線の細い殿方も苦手^^。

話はそれますが、「私はホスト系よりガテン系の方が好きだ」とか言ってたら、9歳の下娘まで「ああいう人はガテン系?」とか聞いてくるようになりました・・・。あなたはまだそんな区別はしなくていいんです!少なくとも小島よしおはガテン系ですらありませんから!!

閑話休題。
アリスがど下手なんも、ど上手いんも、全部彼の実力なので、魔法のヴァイオリンのような「それってどうなん?」と思わなくて済むのがいいです。
所在不明なヴァイオリン探しも関わってきそうだし、非常にこれからが楽しみです。

面白いです。まみさん、ありがたう^^!


キスよりも早く 2巻 マンガ感想

(2007-12-07)
キスよりも早く 2巻 田中メカ。



帯が恥ずかしいマンガシリーズ第2弾^^←なんじゃそら。

これまた相変わらずの水戸黄門話。ま、それはそれで。
それにしても、首にちゅーしても、乳ちょい上にちゅーしても、口にさえちゅーしなきゃ手を出してない事になるのかのう・・・?
そんなことを思いつつ、読む私。

ある面「それってどうよ?」と思いながらも、でも、シチュエーションとかはやっぱり好きなんですね^^
メイド様の方が、「どうよ?」部分が少ないかな。すんなりシチュエーションにときめける感じはします。

最初の話の「シップ貼りましょうか」な場面は真剣ビビリました。だって「前」だと思ったんだもん。なんてセクハラ!と、ぎょっとしましたが、前ではありませなんだね。よかったよかった・・・・と言うか、このシーンは、でも前じゃなくても(前前うるさい奴だな)、ちょっとイヤ。

まさおくん・・・もとい、黒沢くん、いいよ。黒沢くん。なんだか普通に黒沢くんとの恋愛話っていうのも読んでみたいな。イヤ、別の話でね。

花火大会の教室でのシーンなんて、あの浴衣の裾の開き具合と言い、めちゃめちゃエロくさいよね。
そういうのが好き(笑)。ちょっとドキドキしてしまいます。
でも少コミみたいな即物系はイヤなのよ!見ても全然ドキドキもしないのよ!エロっぽさが足りないのよ!しててもね。あまりにも下品すぎて。
これはなんだ?寸止めだからいいのか?そういう問題なのか?少コミ系は何の躊躇もなく、何の前振りもなくいきなりなさってしまうから、ときめかないのか??そういうんでもない気もするんだんけど・・・。←長考に入りました。

まあいいや。
そういうシーンはいいなあ、ドキドキするなあと思いつつ、やっぱり最後の話の胸元ちゅーは、いいなと思うより「いかんだろ」と思ってしまうのよ^^
いろいろ難しい年頃のくま子でございました。母の顔と乙女の顔の二つがあるのでね(笑)←アシュラ男爵みたいなものと思いねえ。

でも好きです。←オチはそこかい。


会長はメイド様! 4巻 マンガ感想

(2007-12-06)
会長はメイド様! 4 藤原ヒロ。



「攻めたり責めたり迫られたり ご主人様も眠れないッ・・・」・・・が、今回の帯。
ちなみに同日発売だったので、一緒にレジに持って行った「キスよりも早く」の帯は「僕にメチャクチャにされたいんですか? 先生暴走!?」・・・。

ええ、自らイロモノ担当を任じておる私ですが、さすがに今回は

こっぱずかしかーーーーーッ!・・・・・った、です。ほろり。

違うんですー!フラワーみたいにエロくないんですー!ちょっとマニアなだけですー!と、叫びたかったです。はい。いや、マニアでも恥ずかしいことには変わりないんだけどね。うむ。

さて。内容は例の催眠術少年の話の続きと、海の家編、最後に番外編。番外編はいいけどさー、「桃太郎」ってなんやねん・・・。
巻末にも書き下ろしページが非常に多く、これは・・・お得・・・なのか!?
読者のリクエスト1位、メガネな二人のイラストとかね。
はっきり言って、おばちゃんには超どーでもいいページでございます(笑)。
そうか、こういうのが嬉しいお年頃の方達がターゲットなんだーと、思わず遠い目になってしまいました。
私にもそんな頃があったのかしら・・・?
はっきり言って、この年になると、「おまけ」よりも「実!」、「特集」よりも「身!」が大事な訳ですよ。まあ何て即物的

ま、そんなことをつらつら思ってしまう今巻でございました。ので、なんかちょっと損した気分(笑)

話はまああってなきが如し・・・じゃない、いろんな事がありましたな巻。一応季節モノは押さえておこうか的な^^

久しぶりに1巻とか見えると、本当に、絵、飛躍的にお上手になってますよね。何よりもこの方の絵が好きですよ。私は。

相変わらずストーカーでセクハラな碓氷。
でもね^^
たまたま読んでしまった本誌感想の時も書きましたが、夏祭り編、おばけを怖がる美咲さんに、「参るなあ」のシチュエーションとか、もうめちゃめちゃ好きなんですよ!こういうのが好き。こういうのがいいの(笑)

さてこの2人、1巻では結構いい所(?)までいってるのに、2巻で後戻り、3巻で牛歩、4巻でもほぼ足踏み状態と言う感じですが、どないして話し進めるつもりなんでしょうねえ^^
こんな風に季節ネタで茶を濁しつつ、ちょっとずつが当分続くんでしょうか。
ま、ほどほどにねー!あんまりダラダラ引き延ばすとろくな話にならないからね^^

と、言う訳で、まだ当分買い続ける漫画だと思います。






ワンピース マンガ感想

(2007-12-05)
ワンピース 48巻 尾田栄一郎。



まだまだ続きます。スリラーバーク編。
ワンピは空島編だけ、読んでてあまり面白くないなあ、と。アラバスタ編はあんなに面白かったのに、テンポも悪いし、長い連載だとこうなっちゃうのかと思ってましたが、また面白くなって来てます。
このスリラーバーク編も、長いんだけど、でも退屈じゃない。非常に楽しいです。(大熊が言うには、空島も、まとめ読みしたら面白いぞ、との事ですが、まだまとめ読みはしておりません^^)

どうしてこんな面白いキャラたちを思いつくんでしょうねえ。

結構人気らしいゴーストプリンセス、私も大好きです^^
ホロホロホロの攻撃がめっちゃ笑えるんですが(「生まれてきてすみません」ごっことか子供としたり^^)、今回、この技を破った勇者が一人。その理由がもうまた笑える!そんでもって技が効かない事に驚いたプリンセス一同がした行動がこれまた爆笑!

まだ回してないので、ネタバレ出来ないのがつらい^^

そしてさらわれたナミを救いに走るサンジ。気を失ったナミさんを見る度に「がびーーーん!」。アブロサムまで全く同じ行動で「がびーん!」・・・もう涙出るよ。笑えて^^

そーんな笑えるシーンばかりではもちろんなく。
今回はウソップが大活躍。そしてゾロの戦いがめっさかっこいい。侍とね刀をね・・・。おお・・・!

そしてまた、そんなかっこいい場面の後にはシンドリーちゃんのちょっとうるりなシーンもあって、もうこの配分が絶妙。
この1冊で、笑いあり涙あり興奮ありの大活劇を見た気分が味わえます。

ほんっとうに面白いです。
早速友の会に回しますね^^


PAO 金時クリームパン

(2007-12-02)
スイーツのカテゴリでいいのかな?パンかな?とか思いつつ、スイーツにて。

私が買ってる本に森永あいさんの「極楽青春ホッケー部」(今8巻まで出てます^^)を言う本がございまして、タイトルのようにホッケー部の話なんですが、ホッケーシーンが多分8巻の中で2、3回しか出てこない。それも数ページ。マトモな試合は皆無。
じゃあ何の話だよ!って言うと、ホッケー部の面子が金持ちボンで、あちこちに美味しいものを食べに行くという話なんですね。←微妙に正しくありませんが、ある面真理です^^。



この本、小学生の娘ーズのツボにメガヒットしたらしく、私の100倍、何度も何度も本が擦り切れるほどお読みなんですが、8巻の巻末マンガに「作者のはまったお取り寄せ」なるページがございまして、そこに紹介されていた「PAOの金時クリームパン」この絵に娘Bの目が釘付け。

この方、人間の絵も非常にかわいらしくて綺麗に書かれるんですが、また食べ物の絵がめっちゃお上手なんですよ。本当においしそう。「とろーり」なんて擬音のついた食べ物は本当に「とろーり・・」って見えて、じゅるっと・・・。

この金時クリームパンの絵も、本当においしそうに書かれているのでアップしたろうかと思いましたが、本文そのままアップしたらいかんかも知れないと言う事で、

071202_172102.jpg


こんな画像で^^
あらなんだかさっぱり分からないわ。

娘Bが寝る前に毎日毎日この金時クリームパンのページを開いて、何度も何度も眺めながら寝るんですよ。なので本が傷むので(今更ですが)、そのページだけコピーして握らせたんですね。
そしたら、↑見て分かるでしょうか?
肝心の金時クリームパンのイラストの部分だけ丸く切り抜かれていて、ないんです。どこかに隠し持っているらしいです。肌身離さず^^

そこまで好きか!?

ほだされた母は、ついにPAOページにアクセス。そしてクリーーーック!してしまったのです。
一時期わたくしもはまりまくって、お取り寄せしまくってしまった事があるので、自粛していたんですが、ついに解禁か(笑)!?

071201_221717.jpg


これが現物の画像でございます。
結構大きめ。これが袋に2つ入って、480円なりでございます。うちはどーせすぐ食べるからと8個(4袋)頼んで、冷凍できたものをすぐ全部解凍したしました^^

071201_221817.jpg


みっちりつまった生クリームとあんこ!まさにイラストの通り。
「美味しいけど超甘いです。疲れてるときは一個食べられるけど、平常時なら半分で充分」なんて森永さんが書かれているので、どんな甘さかとちょっとドキドキしながら食べてみました。あんまり甘すぎるのは苦手なんですよね。

あ、でも軽い!
生クリームの甘さが控えめで、あんこがしっかりしたあんこなので、非常にいい塩梅で、おいしい!
娘Bは「一個食べるとかなり来る」と言ってました。確かにボリューム感はかなりあるかも。
でも私と大熊にはぺろり、です。続けさまにふたつでもいけます^^
あまり一般的な基準とはいえませんが。

いいですよ。美味しい。一個240円と考えると、高めだなとは思いますけどね。でもまた機会があればお取り寄せしたい味。

送料700円出しては買いたくないけど^^
でもここは4000円以上は送料無料と言う事で、その辺りは比較的良心的かと思いました。最低5000円以上って所、多くないですか?5000円は、送料無料にするのに買うとすると、ちょっと高いなと思ってしまうんですよ。
でも4000円なら、結構ハードルが低いなと感じました。この1000円の壁が以外と高く、そして厚い^^

今回は金時クリームパンが1920円でしたので、ベーグル20個入り、プラスクリームチーズ3カップついて2125円と言う結構お得なセットと抱き合わせにして、合計を4200円くらいにしたので、送料かからず、これならけちな私も満足^^

ベーグルは何度か買った「エルクアトロギャッツ」と比べると一回り小さめ。でも20個全部の味が違うという事で、食べていくのが楽しみです。まだ食べてないーので味はまた追記できる時に追記^^

今冷凍庫がすごいことに!

071202_171836.jpg

みちみち。

さて、ご近所さんで一回金時クリームパンを食べてみたいなと思われる方がいて、頼んでみるような機会があれば、一度お声掛けください^^くま家も乗るかも(笑)


風光る マンが感想

(2007-12-01)
合間合間にマンが感想^^

風光る 23 渡辺多恵子。



おセイさんが何をしても誰も彼もが「どっきゅん」なのはちょっと食傷気味。
彼女が何をしても許されるのも食傷気味。
でもさすがに年も年になってきました。話が段々動いてきそうな予感を感じさせる展開で、これから期待できる・・・かも!?

おセイさんの行動によるんだろうなあきっと。彼女がいらん事しなかったら、イラつく事無く純粋に話を楽しめるような気がするんですよ。

山南さんの切腹辺りまで、本当に私は「面白い!」と思って読んでましたもん。もともとおセイさんと言うキャラは好きになれなかったけど(多分最初の感想にもそう書いてると思います^^)、でも話が、そして周りの人間が本当に魅力的に書かれていて、おセイさんがいらん事しても、まだ読めました。

ところが段々だれもかれもがおセイさんに「どっきゅん」状態になってき、そして彼女がいらん事しても、頼みの綱の(そうだったのか!?)土方さんまでが大甘になってしまい、ここ数巻は、もう最初のあのかっこよかった沖田総司はどこに行ったのー!?と言いたくなる体たらく。

とりあえず、「どっきゅん」編はこれで終わりにしていただいて、これから怒涛の展開を期待したいと思います。おセイさんが生きるか死ぬかのエピソードなんて超どーでもよいのです^^。

甲子太郎さんがそろそろきな臭くなってきましたよね。斎藤さんがああいう風にかかわっていく訳ですが、それをどう脚色なさるのか、今までにない甲子太郎像なので、あの伊東さんが、どう近藤さん達と分かち、そしてああいう結末になるのか。

薩長同盟の話も話に出てくるのか、あの坂本龍馬もまた出てくるのか。
おセイさん絡みのエピが出てこなければさくさく進むと思うんですが、どーでしょうねえ。この話はおセイさんの話だからね^^

さてさて、と言う感じでしょうか。


プロフィール

くまきち

  • Author:くまきち
  • くまきち
    ゲームと読書と映画と、その感想を書くことを愛するそこら辺の主婦。基本的にはネタバレありです!ご注意ください。
    ブログ記事に全く関係のないトラックバックは削除させていただきます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。