スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


プチプチネタ

(2007-09-29)
初の5行日記か!?

話題の相関図ジェネレーターなるものをちょこっとだけしてみました。

ムーはんとみーこさんの関係が「店員」と「客」だった。なんだか一人で受けてしまった・・・。

それだけなんです。すんません。
スポンサーサイト


ファイナルファンタジー7 クライシスコア その6

(2007-09-27)
ぼちぼち再開・・・してる間に終わってしまいました。1周目。
でもまあいろいろと無意識もあり、意識的にもあり、してない部分が多々あるので、2週目もするとは思います。

10月にアルティマニア出るそうだからそれを待ってからにしようかな^^

以下多分ネタバレあり。←ブログの説明にも書いてありますけどね^^おもきし無防備に書いてあるかもしれませんので、お嫌な方はご注意ください。




第7話「俺は神羅を捨てるかもしれない」

エアリスのワゴンは「かわいくないねー」とか言われてしまいました。いや、確かに。乳母車だよねえ。
これもスーパーでスペシャルなワゴンに改造できるとか?2周目では是非挑戦したいです。

タイヤは盗るんじゃなくて、くれたのでちょっとほっとしました^^

「俺は神羅を捨てるかもしれない」、私、この台詞はザックスのものだと思ってたので、ひっじょうに驚きました。彼が言うのか!!
話としては当たり前なのかもしれませんが、本当に予想してなかったよ・・・。

第8話 「わかった、会いにいく」

ついでにこの台詞もあんなシチュエーションで、ザックスがエアリスに言う台詞だと思ってなくて(ザックスがアンジールに、とか、セフィロスがジェノバに、とか、はっきり言って色気ぬきの台詞だと思い込んでた・・・。こんなあさってな予想する人、他にいませんよね。がくり。)、思わぬ展開に不覚にも胸きゅんでございました。

「わかった、会いにいく」。きっとこれが叶う事はないだろう事は容易に予想できましたので、ザックスの台詞の優しさに、ちょっと泣きそうになりました・・・。
今回のCCで一番うるっと来たのはここかもしれない。

村の7不思議に手こずるのはいつもの事。3つ目くらいで「もう止めちゃおっかな・・・」とも思いましたが、クリアすれば何かものすごいいい事があるかも、と信じ、5つ目までクリア。

リンゴの数がね!!本当に分からなくて。なぜかと言うと、リンゴは「赤い」と思い込んでて、バノーラの特産品を数に入れてなかったからです・・・。ばーかばーか。

しかし6つ目、2回しましたが、出来ませんでした・・・。数回やれば出来そうとの手ごたえすら感じることが出来ませんでしたので、挫折。
それにしても、こんなサブイベント、こんな後味の悪いサブイベントだけは勘弁・・・。
この後子どもに声をかけることすら出来ませなんだよ・・・。

神羅屋敷ではパンプキンヘッド(違います)が部屋から抜け出ててびっくり^^

そして、FF7の「過去」とこのCCの「現在」が重なってきましたよー。炎の中のセフィロス。ああ、彼が、変わってしまった・・・。
それにしても、クラウドのバスターソード、セフィロスの胴体の10分の9は切ってると思うんですけど・・・?
更にセフィロスの正宗、クラウド突き刺して上に持ち上げないでー!見てるだけで、痛い痛い痛ーーーーーい!

ここから先はこないだ買った後略本にもついてません。・・・でもはっきり言って、この攻略本、あんまり・・・ほとんど役に立ってないです。このブログ書く時だけ役に立ったけど^^

第9話「俺たちは英雄だ」

この辺りでお金が結構ザックザクもうかるんですけど、お金は一体どこで使えば・・・?
この時点でまだ確か、「ショップ」は二つしかなかったはず。ポーションとかしか売ってないし、一体何にお金を使えばいいのか??
謎のまま、結局ラストまで行ってしまいました・・・。

ええ、わたくし、ミッションはあっちゅー間に飽きてしまったので、ほとんどしておりません。後から知った所に寄ると、これが敗因・・・か??

でもこの持ち金は2周目に引き継げるとか・・・?ひっひっひ。金はうなってるぞよ。

魔光中毒のクラウドしょって、逃走するザックス。シスネとの関わりが本当に良かった。シスネ、好きだー。
でも彼女の本当の名前ってなあに?←分かってない人ここにいますよー!

バイクで高速らしき道を走ってるから、てっきりもうミッドガルに着いたと思いきや、迷子になってたんですか!?ザックスさんよー。それとも無意識に自分のふるさとへ?

この辺りから話は盛り上がっていきます。それにしても統括!そんなお姿に。最初見た時は「アンジール、えっらいオサレになって・・・」と思いましたよ!ええ!

第10話「ファイナル」

審判の淵では散々迷子にならせていただきました。角は直角になってないと、迷うんです!!

檻の奥のべヒーモス?のでかいの、放置です。とにかく先が見たくて見たくて仕方なかったので。相変わらずのイノシシ進め・・・。

さて、こんな最後までこいつと付き合う羽目になるとは、なジェネシス。分け分からん事ばっか言うから、この人の台詞は早送りしたくて仕方なかったです。ポエマーには付き合っちょれんのよ。

それにしても、でかくなりすぎやろ!!D.M.Wのエアストライクの時に実感。枠からはみ出してませんでしたか?
FF10のラストのジェクト思い出しちゃった。「ジェ」つながり^^?

普通に立ってたら、どこにも攻撃が届かないとはこはいかに!?わざわざ剣を降ろしていただかない事にはなんて。スロット頼みでしたね。ほんとに。

最後に劣化が止まったのは何故?

まあ・・・でもこの後の彼は非常に穏やかで、きっと元の彼に戻ったんだなあ・・・と。嫌いではなくなりました・・・が!連れて行かれちゃったよ!
あのソルジャーは誰と誰?←分かってない人ここにいますよー!その2

クラウドを守ったラザードとアンジール犬(イヌじゃない・・・)にもちょっとうるり。

「エンディング」

あんなとこにイベントバトルがあるとは思ってなくて、必死に回復しまくった私でした・・・・。死なないって言ってよ。
・・・死なない・・・わけでもないんだけど。

痛い痛い痛い・・・。本当に、痛い。
ゲームを始める前から分かってるラストなんだけどね。ああ・・・。
見ているのが辛かった。
ザックスのキャラがもう本当に、いいんだもん。
タークスは間に合わず・・・か。

クラウドは最初から最後まで、見事なまでにへタレ。キーーーングオブへタレなのは本編でも変わらないか^^
それにしても、言葉にならないほどすさまじい・・・へタレでしたね^^

エンディング、泣くかな?と思ったんですが、ここではうるりともきませんでした。
・・まあ、個人的な好みもあろうかとは思いますが、曲があってないような気がしましたね。
12なんて、曲だけで泣けましたもん(笑)。私。曲に泣かされた、そんな感じ。
これももしかしたら、ああいう曲だったら泣けたのかも。

スタッロールの時に流れた7の曲の方がはるかに感動的だった。
・・・それにしてもスタッフロール長かった・・・けどね^^

スタッフロール後の映像。クラウドの部分のぞいて、私、見たことある!その見た時には「PS3のデモ映像」として公開されてたような気がするんですが、PSP用だったんですかね?それとも使い回し?

まあでも本当に良かったです。FFだった^^それだけで満足。
私ごときでも出来る程度のアクションにしてくれたことに感謝。・・・シューティングはやっぱり全滅でしたけどね!!結局力で倒しましたとも!


さて、ゲームなんてインベーダーゲーム(それも1面クリアも出来ず)くらいしかした事なかった私が、生まれて初めて「クリア」した記念すべきゲームが、ファイナルファンタジー7でした。

携帯ゲームがとにかく苦手な私が、初めてクリアした携帯ゲーム(多分きっとこの先もPSP限定^^)のがこのCCでございました。

縁があるんでしょうかねえ^^
このレベルのグラフィックで7がしたい・・・と、非常に思いました。


LALA 11月号 マンガ感想

(2007-09-26)
全く予期せぬネット断ち、ゲーム断ちをする羽目になっておりましたが、ぼちぼち復活。クライシスコアもぼーちぼーち再開したので、また近々しょうもないゲーム日記を書くと思います、が。

ネット断ちの間につい買ってしまったLALAの感想でリハビリでも^^

桜蘭高校ホスト部

今月号は読めなくはなかったです。毎回書いてますが、この話は本当に、私の「読めるか読めないか」ライン上きわどい所にいるんですよね。
話に、向うべき道筋さえはっきり見えていれば(方向が見えなくても「話が進んでる」と感じられれば)、多少苦手でも読めるんですが・・・。←好きか嫌いかはまた別問題。
あー、絵が綺麗なのが、私にはもったいない(笑)

キスよりも早く

黒沢くん(つい「マサオくん」と言いそうになる^^)が不憫で不憫でなりません。
まあ話の展開はいつもの水戸黄門話でございますが、「すきだ!」「ごめん!」な脊髄反射応答には吹いてしまいました。

さて。身ウッチーが出てまいりましたが、どうなることやら。
もっとあっさり終わる(単行本2巻くらい?)話だと思ってたんですが、長引くんでしょうかねえ?

あ、でも好きは好き^^

ヴァンパイア騎士

なんか久しぶりに見た気がする。
今回はまあ、インターバル・・・と言うか、つなぎの話ですな。

・・・いや、でも告白をしてるからつなぎではないのか^^むしろ見せ場だったか!?
読んでる方としては、「恋人になって」よりも「優姫の秘密」の方がはるかに気になるから、そういう風に思ってしまっただけか^^←それでいいのか・・・?

零派にはちょっと辛い展開。でもこのままで終わるとはとても思えないしね!へっ!

会長はメイド様!

まだ海の家の話だー!どっちかっつーと、雑誌ってもっと先取りなイメージがあったので、ちょっと違和感。一緒に買った花ゆめのキラメキも海の家の話だったなあ・・・。

ビーチバレーで燃えまくる美咲・葵ペアはちょっとかわいかったです。話も面白かった。
でもこれもまあ言ってみりゃ、キスよりもとおんなじ、水戸黄門話だよね。ぼちぼち進んでくださっても結構でございますよー。

・・・でも1巻でちゅーもしてるのに、そこからはるかに後退すること何キロじゃ・・・。

金色のコルダ

月森くんが演奏するシーンは非常にいいです。空間とか、月森くんの表情とか、何か音が聞こえてくるような、そんないい書き方だと思いました。
が!土浦くんの演奏シーンは、なんか・・・下手・・・?絵を見て音が聞こえてこない。ちょろっと弾いてるみたいな。いい演奏に見えない演奏シーンでございました。この方、・・ムラがあるのかなあ?

モンスター

それなりに回数も読んでたような気がしますが、最初から最後まで「はあ?」な話でした。最終回・・・そうですか・・・。
何を目指した話だったのかさっぱり分かりませんでした・・・。大ゴマの限界??
絵も稚拙になられたかのよう・・・。ほんとに、どうしたの?と思ってしまいました。

図書館戦争

原作は未読。面白いのかな?タイトルだけは拝見したことがあったので、何かメディア化されているんでしょうか?

それにしてもすんごい世界観ですね!まだこれから説明されるのかもしれませんが、この世界のシステム一つ一つについて、「なんで?」「何のために?」がまだまだ説明不足。

まあそういうもんかと割り切ってしまえば、話は面白いです。これからに期待。

夏目友人帳

ちょっと怖かった・・・。でも面白かった。この雰囲気は貴重だわ。
ちょびいいよ、ちょび。こういうのなら居てもいいけど^^

ZIGZAG

桜子さん結構好き。・・・名前のせいじゃありません、ええ、きっと。

ビューティーハニー

これまた久しぶりに見た感じ。
雰囲気と言うか、行間の空気が好きなんですけど、絵・・・崩れてません?今回だけ?それともこういう絵に変わっちゃったの?
非常に雑に見えたんですけど・・・気のせいでしょうかねえ。

龍の花わずらい

続きがいろんな意味で一番気になった漫画でしたが、なんら進展せず。ちょっとがっかり。

シャクヤをかばうルシン。せめてここで技ありくらいは得点できたでしょうか!?ああ・・・。

しかし今後の展開が本当に気になります。一応少女漫画の王道としては、あの手はクワンじゃないはず・・・なんですけどね。
でもこの作者さんなら絶対書くめえ・・・とも言い切れないドキドキ感が残るのです。

お兄ちゃんと一緒

これまた毎回書いてるような気がしますが、主人公のロリロりしたビジュアルがどうしても受け付けません・・・。せめて年相応に・・・。

プラチナ・アップル

いっやー!昨今のLALAでは珍しい話ではないですか?昔の白泉だったらこういう話も浮いてなかったけど。
でもこれはこれで好き。
絵もつたないけど華やかな絵だし。

今やハッピーエンドしかなくなってしまった感のある最近のマンガの中で、ちょっと新鮮な終わり方。もちろんハッピーエンドが好きですが、これはこれで。

実はプラチナを移植されていたのは・・・は、私、真剣びっくり^^
またこういうジャンルの話も少しは出てくるといいですねえ。

付録:花ゆめの付録をついうっかり娘Bにあげてしまったので、こっちは娘Aに。
でもきっとお好みの絵柄では無い様なので、私の弁当包みになると思います^^大きさがちょうどいいわー。

総じて満足度の高い雑誌。面白かったです。
来月こそは買わない!!・・・・ぞう?←何故疑問系!?


FF7 クライシスコア その5

(2007-09-20)
さて、案の定あっさりミッションには飽きてしまったものの、でもたまる一方のミッション、このまま放置するにはなんだかもったいない。

と、言う訳で自分にノルマを課す事にしました。とりあえずセーブする度に2つずつのミッションをこなす事^^セーブポイント、結構小刻みにあるし、まあまあ消化していけるのではなかろうかと。

さて本日は、第6話「ジェネシスは本当に死んだのか」の続きから。

アルジュノンの防衛ライン攻防戦とか言うの。28体でした・・・。あり?見渡す限り通さなかったはずなのに、私の目をかいくぐって・・・!きい!悔しい。あの小さい奴らだな!
でもやり直しはしないー。めんどくさいから^^

とりあえずゴンドラで上に登ってシスネと会話。そう言えばD.M.Wで、昨日私が気になった事をザックスとシスネが言ってたな。
何でツォンは背広なの?の話^^
「水着が見たいの?」と返すシスネがナイス!そして「暑くないのか・・・暑くないのか・・」と、気になってしょうがないらしいザックスもナイス。

タークスとザックスの会話って、非常になごみますね。
そしてタークスの印象も、実際7やってた時とは大分変わったかな。結構仲間意識強くて、でもあんまり干渉はしない感じ。いいねえ。

ガードスコーピオンは、一回ゲームオーバー^^←もうお約束か!?
2回目は端っこであんまり身動きできなさげな敵の後ろ側に、上手い具合に周り込めたので、ガンガン叩いてたらクリティカルばかり。スロットに頼らずともいけました。

そしてセフィロス、調べものは終わったのか久しぶりに登場。
「100年ぶり?」な、ザックスがかわいい。
セフィロスも、7の彼を知ってるモノとしては本当に別人か!?と思うほど、ザックスを見る目が優しくて、この人がどんな風に壊れていくのかをこれから見なきゃいけないのがちょっと辛いかな。

それにしてもポエマージェネシス、生きてましたか!ち!

第7話「俺は神羅を捨てるかもしれない」

・・・深いタイトルだ・・・。なんだか物語の核に迫っていきそうな。ちょっと辛いタイトルですね。

そんな話もまずはエアリスとの花売りワゴンエピなんですね。
最後の幸せな時間なんでしょうか。

とりあえず、工具と木を見つけたので、後は車輪を捜しに行くところ。
車があったところって、餓鬼・・・もとい坊ちゃんが言ってましたよね。とりあえず神羅ビルの展示場?と思ってそこに向かうところなんですが、違いますかね^^??
さすがにあんな所からタイヤは盗めないか。
8番街に停めてあった車?でもどっちにしろ、他人の車から取っていいのか^^?←ひとんちの宝箱からお金平気でとる奴が言う台詞か^^

8番街の広場のセーブポイントでミッションして、今日はお仕舞い。

セーブは何個も出来るので、私は上から2つスペースをもらって、3つ目を開けて、4つ目から大熊がセーブしてるんですが、最初にセーブする時は、今回ロードしたデータでなく、最後にセーブしたデータが表示されるでしょ。
あれ、危ないな、気を付けなきゃなとは思ってたはずなのに、今日やっぱり大ポカをしてしまいました。

大熊のラストのデータに私が上書き・・・。
会社に行ってる彼にメールで「すまんすまんすまんすまん・・・」と^^
まあしょうがないと許してはくれましたが(確かにもうどうしようもないしね)、自分がされたら、泣く(大笑)
自分は二つ使うけど、基本的には一ヶ所セーブなんですよ。だから今の2つのデータも、ひとつはレベル28だけど、もうひとつはレベル15の奴だし^^
何時間、差があるんでしょう。やり直すとしたら。

ああ、本当に、気をつけましょう。やっぱこういうのがちょっと見づらいかな。
ま、PS2の時も私、大熊のに上書きした前科があるけど。それ以来、PS2でやる時は、メモカのスロットまで別にされてます・・・。危ない危ない。




FFⅦ クライシスコア その4

(2007-09-19)
頭に羽根はついてるけど、私は元気です。

この羽根めっちゃ便利やな!ありがとうエントランスで試飲させてくれたおねーさん^^

第3話「天使の夢はひとつだけ」

魔光炉で資料探すのがめっちゃ手間取った!ぐるぐる何度同じ場所を彷徨ったことか。
ホランダーのおっさんはちょっとお茶目。でもなー。どうにもなー。

第4話「みんなどこいっちまったんだよ」

エアリス出たーーーー!!
うーん、感慨深いでございます。私はFF7でもエアリスが好きだったし、こないだのACで何ちゅーかわいさだ!と、惚れまくったんでございますが、今回のエアリスは正直微妙。
なんか違う。今までと。何が違うんだろう???
まあザックスとの近づき方が唐突って言うのはあるけど、それはそれ、そういう恋愛マンガ読んでんじゃないんだから、ゲームではこんなもんでしょう。
なんだろう?なんか「かわいらしさ」が鼻につく感じ。・・・今までとどこが違って鼻につくのかは不明^^。

スリ少年を捕まえろ!とか、エアリスとザックスのためのイベントなのかもしれませんが^^、正直こういうイベントは私、めっちゃ退屈ー。
これだけでも苦痛だったので、香水作りとかはしてません^^マテリア拾っただけかな。

バハムート・烈は強かった・・・。1回目はゲームオーバー。2回目はすんなり。
もう既に実力でなく、スロット次第で勝負が決まっております。わたくし^^
いいのかこんなんで。

第5話「ソルジャーの誇りは手放すな」

この辺りのプチイベントもほぼしてません。これは知らなかったからってのもあるけど・・。
攻略本、このブログ書く時にどんなイベントがあったか思い出す時しか読まないので、すべてが終わった後しか開いてない・・・。
「おお!こんなイベントがあったのか!」って・・・。←攻略本の意味は!?・・・・2周目で使います・・・。←する気なのか!?

教会前でツォンにすねまくるザックスが非常にかわいらしかったどす。ははは!この辺りのザックス、好きだなあ。

さて、モデオヘイムヘ向う雪道で、クラウド登場ーーー!!
うっわー、何か線ほそ!ACとかでは腕こそムキムキだけど、顔なんて少女のようだもんねえ。
でもそれより更に線が細い感じ。そしてすべてが色素薄いので、「まっちろ」って感じ^^
FF7の時21くらいだっけ??ならこの時17、8くらいなのか?

「戦うだけじゃないってこと見せてやるぜ!」と、意気揚々と魔光施設に潜入・・・失敗すること4、5回。その度に外に放り出され、バトルバトル^^・・・戦うだけですんません。
結局施設職員さんも諦めて中に入ってしまい、こんな私でも無事潜入?することが出来ました・・・。
こういう「見つからないように潜入イベント」とか、とことん苦手です。2回目は大熊にしてもらうかな・・・。←もしもし?

対ジェネシス戦。
「漆黒の舞」とかうっとおしかった・・・。この人は結局何が言いたいのかさっぱり分からなかったです。ポエマーさん。
何か上から白くなっちゃって、お気の毒ではありましたがね。
あれ、下に落ちて行っちゃったけど、あれでお仕舞いかどうかはまだ分からないんだよね???

そしてモデオヘイム。空き家を捜索するソルジャー。おい。

対アンジール戦。
これまた頭に羽根付いてるのに(リレイズ)ゲームオーバー。スロットは結構回るのに、揃わない揃わない。
口からなんか(何かってナンダ)吐く攻撃。あれ、1回で1700から1800のダメージでしょ!HPが1800くらいしかないのに、何てご無体な!と、ミッションでもしてレベル上げようとセーブからミッションへ。
まーミッションでは雑魚相手にスロット、揃う揃う^^・・・こういうつくりなのか!!ご無体な!

ミッションも2個位して飽きたので(早!)、えーい、もう一回トライだ!と、再挑戦。
今度はスロットが非常に上手い具合に揃いまくって、リミット技ばかりだったので、思った以上に楽勝でびっくり。
・・・ほんとに、こんなスロット任せでいいんでしょうか!?これから先苦労しそう・・・。

アンジール・・・。もうこのシーンはめっちゃ悲しかった・・・。
ほんとに、このFF7にはドラマがあるよね・・・。うう・・・。
そしてバスターソードを引継ぎ。

第6話「ジェネシスは本当に死んだのか」

え?死んでないの?
でもジェネシスコピー、また出てきました。それにしてもザックス、ビーチパラソルでも強い強い。
シスネの水着はサービスか^^ツォンはスーツだもんねえ(笑)今回はエアリスよりシスネの方がお気に入り。

教会でザックスを抱きしめるエアリスは良かったけどね・・・。
それにしても、2ndから1stになった時衣装が変わった事にも気付かなかった私ですが、アンジールの死の前後でザックス、めちゃめちゃ変わってびっくり。
調子よくって、みんなに愛される、まさに子犬みたいな彼が、がらっと。
何の映画だっけ、「男の子は10秒で大人になる」みたいな台詞を思い出してしまいました。
ああ、ネバーランドだ!ジョニー・デップの。あの映画でも、かわいいばかりの長男が、母を守るために一瞬で大人になるんですよ。
そんな変化を思い出しました。
ザックスはアンジールを失う事で、大人になってしまったのね。



ジュノンについた所で只今ミッション中。・・・やってもやっても終わらない・・・。せめて「NOMAL」の部分だけはやっておこうとしてるのに・・・。いつになったら終わるのか。
今日はここでお仕舞い。
きっと明日は飽きて話を進めてるに3000ハラタイラ。

ラザードもいなくなっちゃったぽいしね。セフィロスは資料室に閉じこもったきり姿を見せず。
アンジールは自分で倒してしまい。・・・寂しい。

今攻略本パラパラ見てみると、こっから先のシナリオが非常に薄いんですけど!詳しくは怖くて見れないけど!
・・・まさかもう終わり・・・って事はないよね???ちょっとどきどき。



ユニバーサルスタジオジャパン ハロウィンシーズン 9月17日

(2007-09-18)
行ってまいりました。

3連休だし、どこか行こうか、USJでも・・・なんて話になり、土曜は娘Aの塾が2時からあるのでダメ、じゃあ日曜!と言うことで、朝6時半に起きてお弁当を作り、意気揚々と高速乗って、USJへ!着いたのは8時50分くらいだったかな?

「ちょうどいい時間じゃん!」と、いそいそと駐車場へ・・・入れようとしたら、目の前の看板に

「本日ゴールドカード除外日」・・・・。

もちろん我が家の4人はゴールドパスホルダー。プラチナなんて高くて買えない一家です^^
もう大熊は一瞬で白髪に、私はアゴかっくん、娘達は凍結してました。

「ゴゴゴ!パスパス!」←三橋かお前は。
「本日は除外日となっております。そのまま退場されますか?」と、にこやかなお姉さん。こくこくこくこく・・・。

USJではハザード出して順路を進むと、係りのおにーさん達が華麗に出口までご案内ーでございます。・・・ひとつおりこうになりました・・・。

帰りの車の中で家族会議。
案1:せっかく来たんだし、涙を飲んで通常入場券を買う。(19400円・・・)
案2:今日は海遊館へ行って、あきらめてまたクリスマスシーズンに行く
案3:明日リベンジ。

私と大熊は案2を強く推奨。娘Aはどっちでもいいー。娘Bだけ「どうしてもどうしても行くの!行くんだー!」とおっしゃるので、結局案3に。

16日(日曜日)はこんな場所で茶を濁す私たち^^

070916_095828.jpg


凍れる音楽。大人たちは満足なのに、子供たちには不評。ちぇ。

さて、翌日同じ手順、同じルートでリベンジ。用意がほとんどしてあったので、前日より10分早く到着。3番の位置に駐車出来ました。結構近い^^
もうこの日は何度も確認しましたよ!除外日じゃないか^^びくびくしながら無事入場。

070917_083724.jpg

ハロウィーーン

まず最初はいつものスヌーピースタジオに向かいがてら・・・通りすがりにハリウッド・ドリーム・ザ・ライドをチェックするのはお約束。

待ち時間が30分から40分に変わったくらいの所だったので、初めて入場直スヌーピーでなく、ハリウッドの方に並ぶことに^^

この日はブックレットを「買わない日」と決めていたので、並ぶなら自力で並ぶしかありません。目安は1時間以内のときを見計らって。

それにしても暑かった!真夏並の暑さ。7月に来た時より、体感温度は高かった!とにかく日差しがじりじり突き刺すような強い日差しで体力を奪われることはなはだしかったです!ぐったり。

まあまあ30分ほどで朝一のドリームライド^^
めっちゃ気持ちいいー!

出てきたら既に待ち時間は80分に。続けて乗るのを諦め^^、スヌーピーへ。
ジェットコースターが20分待ちだったかな。子どもらだけ並ばせて、親はベンチでFF7CC^^ほほほ。この日のためにミッションをいっぱいとっておいたわ。ストーリーは音が聞こえないから進めたくなかったもん^^

1回乗って、それなりに満足したようなので、オズエリアの新しく出来たメリーゴーランドを見に。
まあ綺麗だけど、・・・普通のメリーゴーランド。今までトト&フレンズとかウィケッドがしてない午前の早い時間は閑散としてたオズエリアも、これのおかげか中々の人出。

乗る?と聞いたら「どっちゃでも」と言う答えが返ってきたので、「なら乗るな」と。

そのまま娘Bがチュリトスを食べたいというので、スヌーピー前のワゴンでチョコチュリトスとパンプキンチュリトスを購入。
こないだまで350円だったチュリトスは知らん間に390円に!ぼり過ぎやろ!!
駐車料金も、最初は2000円だったはずなのに(それもゴールドパス割引が利いたので、実質1000円)、あっちゅー間に2500円。それも年パス割引まで無くしちゃって!

ボーーーリーーーすーーーーーぎーーーやーーーろーーーー!!←とりあえず叫ばせて下さい。
・・・遊園地料金と言うものが存在することはもちろん承知で行ってるんですが、あんまりだわ・・・。

気を取り直して続き^^
チュリトスが好きじゃない娘Aは「Bちゃんばっかりずるい!私もホットドック!」と主張し、スパイダーマン前のワゴンでホットドック購入。列に並んでる間、もう暑くて暑くて溶けそうになってたら、スパイダーマンの入り口からそよそよそよーーー・・・と冷気が。

待ち時間は70分とかだったけど、「ねえ!並んでるだけでも涼しいよ!並ぼうよー!」と私は主張したんですが、娘Bはこのライドが大嫌い。絶対いや!と言われ、断念。

じゃあもう目の前でするソルシエまで30分くらいだから、場所取りしてようよ・・・と、炎天下で30分待ち。手も足も焦げる音がしてました・・・。じりじり。

まあこのショー自体は去年も見てるので、まあまあこんな感じかと。結構好き^^楽しいです。おどろおどろしくて。

070917_114338.jpg

070917_114558.jpg

娘Bのお気に入りはかぼちゃ^^

ただ毎回こういうショーを見るたびに思う事。やっぱりちょっとでもいい場所で見たいと思うなら、昨日みたいな炎天下に汗ダラダラ流しながらでも場所とって、頑張って見るのに、後から来て、ショーが始まるや否や「○○ちゃん!ほら、あなた見えないんだから、前行かせてもらいなさい!」なんて最前列に平気で子どもを行かせる親。

・・・信じられない。見えないと思うなら、場所取りすればいいのに。それも前から並んでる人が「どうぞ」ともなんとも言ってないのに、「行かせてもらいなさい」ってあんた何様じゃ!?

昨日の私らの前に子どもを割り込ませた人は、子どもだけじゃ飽き足らず、私と大熊の間のわずかな隙間に無理やり顔をネジくり込んで(絶対ファンデとか私らの服についてる!ない隙間に無理やり入り込んでたもん!)「○○ちゃん、いろんなの来たよ、ほら見てご覧ー!」とか話しかけてるの!

ここまで非常識な、ずうずうしい人始めて見た!!

・・・自分の子どもが小さくて、最前列じゃなかった時は、子どもをショーの間中その場でだっこして(もちろん隣の人に当たらないようにね)、見せたけどなあ・・・。

せっかくの楽しいショーが台無しでございます。でも毎回!必ず!います。こういうずうずうしい人。

子どもが小さいから何でも許されると思ったら大間違いじゃ!自分でちゃんと場所取るなら誰も文句言わないっての。ほんとに!!ぷんすかぽー!だわ。

はあはあ。昨日はあんまり腹が立ったので、語ってしまいました。いつもは多少はムカッときても、忘れちゃうんだけど。ショーが楽しいから。

さて、ソルシエ見たらお弁当。ピクニックエリアにて。暑かった・・・。←もーええって^^

パークへ帰って、ウォーターワールド見に行く予定だったけど、時間が「後5分」とかそんなんだったので^^断念。ゆっくりお土産やさんで涼むことに。

それにしても女の買い物は長い^^!!娘達がお友達のお土産を選んでたんだけど、何分居た?あそこに。
大熊が途中でリタイヤして、お向かいのレストランにコーヒー飲みに行っちゃったくらい。
まあまあ何とかブツを選んで、ドリームザライド前を意味も無く通ったら、45分待ち。そうか、今2回目のソルシエ前だからみんな場所取りしてるんだ!
迷わず並ぶ。
たのしーーーい!

出て来てもまだ45分待ちだったので、娘Aは「もう一回!」と言ったんですが、「多分夕方にもまたこういう時間があるから、今は他のに行こう」と。

ウォーターワールドでは人生初めてのブルーシートでびちょびちょに^^でも最高に楽しかったです。

070917_152923.jpg

暑かったせいか、「みんなの代表で水かぶりたい人!」にこれだけの立候補。100人くらいいたのでは?

さて、これが終わると、時間は4時。一気に夕方の温度に。風があって、いい感じ。

こんな時にこれを食べる私たち。

070917_160922.jpg



マンゴーカキ氷^^

んまいし大好きだけど、食べ終わったら寒かった・・・。

さて、今日某所で聞くことが。
天気予報は晴れのち曇りではあるけど、この時点でかんかん照り。雲はほとんどなし。
ピーターパンの有料エリア前カートでこんなものを買うと、なんと例の券が買えるのですよ!ブックレット無くても!
システムが変わったみたい。どっちにしろ抱き合わせ商法には変わりないけど!

070917_164406.jpg

070917_164301.jpg

確かクッキーが350円、メロンパンが350円。

もうひとつの方法は、どこかのレストランで3400円なりのコース料理を食べること。・・・できるかっ!そんな事するならブックレット買うわっ!

でもその時点でネバーランド・チェックインパスが余ってたら、と言うことらしいです。
今回は余ってたらしく^^、無事(?)買えました。

もちろんパス代プラスして、クッキー、メロンパン1050円・・・。あとはお茶(ペットボトル)が950円、そば飯1250円なり。
ちゃりー・・・ん。

でも今日こそは!!

そして、ゲーム(ぬいぐるみをくれるやつ。)をしたりして、ハリウッドにもう一度!と思いきや。何とびっくり

運休中!!

目が点になったよ!係りのおねーさんに聞くと、システムの調整がどーのこーの。復旧も未定。別の場所のおねーさんは「携帯が落ちたとかのトラブルでは?」とか。正しいのは知りませんが。

とりあえず復旧待ちで、ジェットコースターつながりでスヌーピー。そしておずのメリーゴーランドにでも乗るか!と子どもらだけ並ばせて。
20分待ちと書いてあったけど、優に30分以上かかってましたよー。

070917_183753.jpg


もう外も真っ暗。時間は7時30分。そろそろ行かねばなりません。8時スタートのピーターの場所へ!

30分前に行ったらもうかなりの人で一番端っこに座りました。そして待つ・・・と、7時40分くらいに、「ぽつ」・・・????
ぽつ・・・って何?と思う間に、ザーーー!5分ほどで止み。

今のは何!?
がくがくぶるぶる!!私、ピーターの券買って、1回目土砂降りで中止、2回目どうだろう?このくらいの雨で?と思う程度の雨でやっぱり中止(いずれの日もお昼間はいい天気だったのに!)の憂き目にあってるのに。

またか!?またなのか!?

不安は膨れ上がるも、10分前にはとりあえず止んで。空には綺麗にUSJの上空だけ雲。辛うじてもつかどうか・・・。

8時!セットに明かりがともり、なんとピーターパンのショーが開始!やった!!念願のーーーー(嬉涙)

070917_195546.jpg


・・・ところが。
初めて10分弱で、雨が待たしてもぽつ・・・ぽつ・・・ザーーー!
そしたらいきなり舞台の照明が消え、街頭が灯り、「本日のショーは悪天候のため・・・」

このアナウンス聞くの、3回目です。
真剣、もう魂抜けてました。私。3回連続、こんな目にあってる人が居るのか!?

そして券を「超なんでも使える(←皮肉です)マルチクーポン」に変えてもらってる、ショーの終了から5分の間に、雲はすっきりと晴れ渡り、上空には星が煌いてました・・・。そして、その後に雨がぽつとも落ちることはありませんでした・・・。

呪われてる!?ねえ、呪われてるのーーー(号泣)!?

・・・でも、ちょっとずつはマシになってるよ!おかーさん、今日は半分まで見られたじゃん!次はきっと全部、見られるよ!と、娘達に励まされ、なんとか・・・・。ふ・・・・。

そのまま帰るのも何なので(多分、一番混んでる時。みんな一斉にゲートに向ってたもん)、最後にスヌーピーへ。
8時20分くらいから、15分待ちで3回乗れました!最後に乗ったときは降りた時間が閉園時間の9時過ぎてたよ!何てサービス精神旺盛な場所じゃ。

とりあえず、9時半ごろパークを出たらすいすい帰れました・・・。ふふふ。

2度あることは3度ある、か、3度目の正直か、どっちかだと思ってましたが、前者でした。

今度は私のリベンジをーーー!・・・4度目の^^


クライシスコア ファイナルファンタジーⅦ その3

(2007-09-16)
あんまり進んではおりません。ミッションばっかやってたから。

アンジールのご実家、ジェネシスのご実家へ。バカリンゴの特産地。←ほんまか

ジェネシスの喋り方が。キャラとしては非常に合ってると思うけど、好きか嫌いかで言えば嫌い^^神経にちょっと触る感じ。
そういうキャラを狙ってるなら、大当たりですね。

墓あばきをするツォンさん。「お前より給料いいから」な掛け合いは本当に笑える。
ザックスと会話するとみんな非常に微笑ましくなってしまう。ザックスってそんな人だったんだなあとしみじみ。
あの(と言っては失礼か)セフィまで当たりやわらかいからね!ちょっとびっくり。

話を進めて行くにつれ、本当にどんどんザックスと言う人が好きになってしまいます。それがちょっと悲しい。

えーと、「俺たちはモンスターじゃない」。
ザックスのソルジャー観に影がひとつ。・・・だってアンジールのご実家から宝箱(IN5ギル??だっけ^^)を盗ってしまうソルジャーって何!?←違います。いや、盗るのは盗るんだけど。

ジェネシスが殺せないというアンジールの母親は一体何者?
そんな彼女を殺した彼の言葉の意味は?

砲丸ぶったぎりをただのひとつも切れなかっったへタレザックス。「ひどいな」とかツォンに言われちゃった。てへ。←殴

村ごと抹消してしまう神羅のやり方。神羅と言うのはそういう組織。うむ。

第3話「天使の夢はひとつだけ」

神羅ビルに帰還。何者かが侵入とのことで、ビルに敵がうようよ。
助けるついでに不倫現場まで押さえちゃって、500ギルでうはうは。

宝条に「サンプルがどーのこーの」と分けの分からないこと言われて、4連戦。4番目のがすんごい強かったけど、ちょうど後半2連荘で結構いい感じのリミット技が出て、おかげ様で^^って感じで勝てました。

後は8番街まで行って、待ちわびたレノとルードにお会いしたとこ。あー。いいねいいね。シスネっちゅーのは知らなかったけどね。でも彼女もめっちゃいいキャラ。

とりあえず、羽根はえたジェネシスコピー?を倒した所。

・・・それにしてもアンジールの顔したモンスターがめっさ気持ち悪かった。・・・ぐえ。

マテリアは6個付けられるようになったけど、「最強」で「攻撃」属性にしちゃうと、魔法がケアルしか使えない、これは非常に困りもの。
飛んでる敵に通常攻撃できないし、魔法なかったらどうやって戦うのか。
なのでどれかひとつはずして、ファイアなりサンダーなりつけるようにはしてるけど。
身に付けてないとレベルアップしないの?なら頻繁にファイアとサンダーとブリザドとか交換しないといけないの??とか。

後マテリア合成もできるようにはなったけど、めちゃくちゃめんどくさそう。これはしないとかなり困ることがあるのかとか。
説明めっちゃ簡単すぎ。あんな説明で分かるかー!

まだまだシステム分かっておりません。エスナのマテリアは手に入ったけど、これまた身に付けてないと使えないしな!

何だかまだまだ分からないことだらけです。いつすべてを使いこなせる日が来るんでしょうか。

ところで武器は変わらないの?そのうちショップで買えるようになるの?

最後に、ザックスの2ndの服装と1stの服装とお着替えした後何が変わったのかさっぱり分かりませんでした。あり^^?




そういえば、テレビCMで、新型PSPはテレビにつないで操作できるとか!?これには大熊共々色めき立ったんですが、初期の(うちのは初期も初期、3年前??もっと??の、発売当日に買った奴^^)では無理なんですかね?これもまた調べねば!


クライシスコア ファイナルファンタジー7 その2

(2007-09-15)
2日目ー。

昨日の夜中から午前中は大熊がやっていたので、私は今日の午後から。

ゲーム機としてはもうほんと、携帯ゲーム機の違和感をほとんど感じさせないのでいいんですが、ひとつだけ、やっぱPSのコントローラーと比べて

重い!!

手が疲れるー。KHでは○ボタンの押しすぎで親指が痛くなりましたが、今回のは二の腕が痛い・・・。置くとやりにくいしなあ・・・。ううむ。



↑こんなものも買ってみた^^


まだ第2話「俺たちはモンスターじゃない」に入ったところ。
車の展示場見て(だから何?)ソルジャーフロアのセーブポイント前で延延ミッションしてるところです。その前の8番街をうろうろしていいよイベントも一体何のためのイベントか。何かあるはず!と散々歩き回りましたが、何も起こらず、諦めて帰ってきました。


昨日「えらい高い声やなあ」と思ったザックスの声、いきなり慣れました^^
ザックス、リアクションがいちいちかわいいのがよろしおすなあ。アンジールがかわいがるのも分かるような。

私はアンジールがめっさ男前やのう・・・と思っていたのに、いきなりアンジール失踪、そして裏切り!?で、・・・ショーーーック。

それにしても実家があるんだーと^^。何か不思議な感じ。
セフィロスはソルジャーたちの憧れの的・・・な存在なんですね。今はね。
さてさて。

えーと、操作性とかはよー分かりませんので(FFしかゲームしないから)なんですが、戦いは今のところ○ボタン連打ケアルとポーションが使えたら無問題な感じで。
KHも私はこの戦い方で通しましたので^^、これでいけるなら何とかクリアできそう・・・。
なんて、途中一回イフリート戦の初戦でゲームオーバーしちゃったけど^^でもって大熊に「はあ?!あんな所で負けてこれから先どうするの!?」と呆れられたけど。

でもFFでも大抵全滅しまくりつつも最後までいけてるので大丈夫・・・じゃないかな??

ルーレットはもう勝手に回るので勝手に回しておきます。リーチになったらフル画面でスロット画面、揃えばリミット技(??)が出るのかな?
でも、後一撃でちょろっと倒せそうな雑魚相手にこれが出ると、非常にもったいない気が・・・。とっておけたりするといいのに。
結構しょっちゅう出るので、ちょっとありがたみがない感じ。

MP消費0になったら大喜びでケアルだのファイアだの使いまくるけど、AP消費0になって何が嬉しいのかよくわかってません。なので何もせず。・・・いつ分かるようになるんでしょうね^^?←だから買った本、読め。

昨日ファイガだったのは、強いマテリアを借りてただけなのね。取り上げられて普通の「ファイア」に戻っちゃって、ちょっと残念。

装備はいつも最強で。自分で選びません。分かりませんから!

後はロードが結構遅いなあって。これは携帯ゲーム機ならある程度仕方ないことなのか。
それにしても、KHCOMは最初だけやってみたけど、「KHと言うゲーム」をしてるというよりは、「DSのゲーム」をしてるという感じが強くて、携帯ゲーム機のゲームが苦手な私は早々に挫折してしまったんですが、CCはちゃんと「FF」をゲームしてる気分。
PS2との差をほとんど感じません。ここがお気に入り。

話は、世界観とかキャラがもう確立してしまってるので、展開早!って感じはしますけどね。

でも非常に楽しいです。
もしかしたらFF10-2みたいにちょっと短めかもとは思いますが、まあまあ先を楽しみに進めていきたいと思います・・・。

先はでも、FF7に続くんですから、ハッピーエンドにはなりえないのが悲しいですけどね。ザックス・・・。がくり。


クライシスコア ファイナルファンタジー7

(2007-09-14)
ついふらふらと買ってしまいました。
ファイナルファンタジー・・・って言われたらね・・・。

ダージュオブケルベロスは結局放置。多分この先も進めないに3000ハラタイラ。
何か話が・・・うーん・・・って感じ。いまいち「先は?先は?」と言う気になれない。
シューティングも苦手だし。←なら何故買う!?

キングダムハーツチェインオブメモリーズも、やっぱり始めて5分くらいで挫折。戦い方が分けわからーーーん!
何よりDSのあの画面が見づらくて、苦手。
これは娘Aがある程度まで進めたはず・・・。終わってないのかな?

満足で来てるのはFFのナンバーついてるのと、KHくらい。
最初KHもびくびくでトライしました。アクションって言うのがとことん苦手なんですよ!
でもあの程度の「アクション」なら何とかクリア。PS2のゲームだったって言うことがポイント高いです。

あ、ACも大好き・・・ってゲームじゃないがな!



さて、このクライシスコア。
携帯ゲーム機の画面が嫌いで、アクションが大の苦手な私。・・・買うなよ!って感じですが、やっぱりふらふらと買ってしまいました。

まだ最初のセーブの所まで。5分くらいかな?

PSPをめっちゃ久しぶりに使おうとしたら、まず電源がつかなかった・・・。バッテリーまで切れてましたか!!
とりあえず充電しつつ、電源オン。ドーデもいいけど、この電源の点けかた、ついてるのかついてないのか非常に分かりにくいんですが^^
ぱっちんってつける方式が好きです。DSみたいな。

そしたらいきなり2.××のバージョンだから、3.××にアップデートしてくださいとのメッセージ。・・・ほんまに、一体いつから使ってないんでしょう・・・。
とりあえずアップデート開始!・・・「バッテリー残量が足りません。充電しなはれ」・・・はい。

1時間ほど充電して、なんとかアップデートできたので、やっとゲームスタート。

まずOP。

・・・これが携帯ゲーム機の画面か!!何なんだ一体。この美しさは一体何!?
クリアな映像、髪の一本一本まで。
DSとはその方向性が本当に違うんだと実感。

まずはザックスが戦い方を教えて・・・って程親切でもなかったな^^
とりあえず○ボタン押してたらいけました。最初の雑魚にはね。

L1R1で切り替え?何を切り替え?とか思ってるうちに、ザックス、勝手に走って階段登って行ってしまいます。

え?今回動かすのは私がしないの?動くのは勝手に動くの??マップとかないの??なんて「???」な状態で画面を見てると、いきなり強そうなのが居りますよ!!
しゃくりあげ・・・ってなんかすごく記憶にあるな!こいつの名前なんだっけ^^?ベヒーモス???

とにかく分からないままに○ボタン連打!何とか戦えてるみたいだけど、終わらないし、自分もHPガンガン減ってるぞー!
とりあえずR1ボタン押してたら「アイテム」とか言うのになったので、ポーションを使ってみました。
おお!なんか回復したっぽい。R1ボタンでサンダガ!とかいろいろ選んでみる。いきなりサンダガかい。
でもMPとかはどこ見るの・・・?と思ったら、左下隅に。でもあちこち見てる余裕が無い!

なんか左上ではスロットみたいのがくるくる回ってるけど、これ何なのよー!

本当に分け分からないまま、これも終了。そしたらいきなり出てくるセフィロス・・・。
え?この話、最初っから敵なの??と思ったら、ゆめ落ち・・・じゃねえ、訓練の映像でした^^

チュートリアルかい。

ここで一回目のセーブ。

ムービーは美しいけど、実際動かすのが3頭身キャラだと、多分私、続けられないよなあ・・・とか思ってたんですよ。3頭身キャラ時代をほとんど知らない(FF7とFF9のふたつだけ?)人間なので、ちょっと苦手・・・。

ぜんっぜん違いました。本当にムービーとの差を感じない、めちゃめちゃ美しい画面です。

これはちょっと楽しみかも^^

でもFFの時だと最初は何にも見ないで(ついてる操作説明とかもめんどくさいので見ない^^なので最後まで「たたかう」しか使わないことが多々ある^^)とりあえず進めても最後までいけるけど、これはちょっと無理かも。

あのスロット、何!?

と、言う訳で、取説くらいは読もうと心に決めたのでした。

画面が美しければそれでいい私は、結構楽しみです。ちょこちょこやろうかな。

ザックスの声は最初「めっちゃ高いな!」って印象。まあまあきっと気にならなくはなっていくだろうけど。

問題はどの程度のアクションか!・・・ですね。この先感想を何も書かなかったら、挫折したんだなと、鼻で笑ってください。


輪違屋糸里 女たちの新選組 ドラマ感想

(2007-09-13)
前知識全く無しに見ました。
サブタイの「新選組」の文字に惹かれて。週末にやってたのかな?月火とやってたのかな?とりあえず録っておいて、今日前後編、まとめて見ました。

原作は浅田次郎さんの小説だそうで。これも今日はじめて知りました^^
浅田次郎さんといえば「壬生義士伝」。この本にはどれだけ泣かされたことか。中井貴一が出ていた映画もDVDで拝見しましたが、風大左衛門泣き。

この「輪違屋糸里」の小説は未見ですが、ちょっと泣けるかな?と思いドラマを拝見しました。



輪違屋と言う置屋(でいいのかな??)の糸里は子どもの頃人買いに京へ連れてこられ、芸事を身に付け、太夫に次ぐ天神という位をもらうまでになっていた。
そんな時、京で幅を利かすようになってきた浪士組(壬生狼)の座敷に呼ばれるようになり、土方歳三に惹かれるようになる。

糸里は輪違屋の音羽太夫を姉のように慕っていたが、酔っ払った芹沢鴨に手打ちにされてしまう。芹沢の横暴はそれだけに留まらず、ついに土方達が芹沢を暗殺する事になるが、その暗殺にも糸里が巻き込まれていく。


話は芹沢暗殺まで。
結構この事件前夜の様子が細かく書かれていて、緊迫感があり、事件を知ってて見ていてもドキドキしました。

前知識無しに見たのでどの俳優さん女優さんがどの役をするのかも知りませんでした。
そんな私のぱっと見印象。

糸里=上戸彩さん。
お名前くらいは知っておりましたが、顔はぱっと思い浮かばず。まず松浦アヤさんとの区別すらついておらず(笑)←すんません、テレビ見ない人間なので、俳優さん女優さんにめちゃくちゃ疎いのです。あ、お笑いの人にも疎かったな。雨上がり決死隊って未だに見たことないですよー!>まみさんむーはん。

さて、前半で出て来た最初のシーン。首の長いお嬢さんやなあと。
そして見進めるうちに、なんとかわいいお嬢さんかと。
土方さんとお座敷で無く普通に話してる笑顔が最高にかわいらしいです。
この頃「どっかで見た顔だなあ」と思って、全編ラストのスタッフロールでお名前確認。おお!この人が上戸彩さんか!
アイドル・・・?なのかな?でも台詞もたどたどしかったりしてないし、非常に好感の持てる糸里だと思いました。

土方歳三=伊藤英明。
この人はこないだ海猿で見た見た!って感じ^^優男な土方さんやなあと言う印象。その印象でいいんだけど^^
この人の方が今回ちょっと何となくたどたどしさを感じたような?海猿の時はそんな風に感じなかったけど。

芹沢鴨=捨助・・・違った!中村獅堂。
捨助は大河ドラマ「新選組!」での役目だわな。他にも大河の役者さんが何人かいたような。サノとか。

個人的な印象では芹沢は大河の佐藤浩市の、あのアクの強ーーーいイメージが強く、ちょっとインパクト不足かなあと思いましたが、でも全部通して見たら、それなりに合ってたかな。

お梅さんも、もっとなんと言いますか、豊満な、女ー!って感じのイメージだったので(鈴木京香さんのイメージ強し)、中嶋朋子さん!?って感じでしたが、このお梅さんは菱屋を女としてたぶらかしたと言うよりは、経営能力を買われたって感じなのかなあと思うと納得。
お梅さんは菱屋に惚れまくってるんだけどね。

しかしあの結末にはドびっくり。中嶋朋子さん、こういう、ちょっと切れちゃう女の人やらせたら天下一品ですね!
この人は本当にお上手。怖恐ろしくも、切なくて、ああいう風に死ねたのがまだよかったんだなあと思えたりね。

沖田総司は何か月代が浮いてまっせー!似合ってない^^
ちょい役なので、気になるほどでもなかったけど。

的場浩司の近藤さんはいまいちちょいと薄っぺらい感じ。

あとはまあまあ・・・。永倉さんが男前だったな^^

話はどことなく安っぽい造りと言うか薄っぺらい感は否めなかったです。
でも思いの外面白くは拝見しました。

土方さん、この話の土方歳三は正直あまり好きではないです。
彼の描き方は小説の中でも本当にいろんな土方さん像があるので、浅田次郎さんの土方はこういう彼なんだろうなあと。
ただドラマと小説じゃ印象が変わってしまうこともあるので、原作は一度是非読んでみようと思いました。

八木邸の鴨居の刀傷は大河のせいでてっきり沖田総司がつけたもんだと思ってましたが(違ったかな?)、この話では芹沢さんでしたね。土方さんだったって言う小説ももしかしたら読んだことあるかも。

途中ちょこっと、目をむいて死んでる人に「目をあけてえ!」と言うところとか、「極楽浄土で太兵衛と一緒に商いしい」・・・って、お梅さんが一緒に殺した太兵衛の嫁さんも極楽におるがなとか^^とか、台詞が気になったりしましたが、まあそれは置いておいて。

本当に、今で言うならプラトニックなままで終わってしまった、糸里と土方さんの淡ーーーい、感情。それが非常に微笑ましく、また切ないものではありました。

まだ16の糸里。置屋と言う世界で育ってはいるものの、本当に一途で、懸命でかわいかった。

そんな糸里に対する土方さん、この頃多分30くらいだから、糸里の倍の年齢なんだけど、そんな年下の彼女に対する仕打ちは、彼の立場上仕方ないかもとは言え、ひどいとは思いました。
糸里が一途なだけにね。その一途さを知っていて、それすら利用するのかと。

ああ、最後の土方さんの台詞が私には違和感があったのかな。
「一緒に多摩に行って、百姓になろう」みたいな。
恋物語としてなら、この台詞はきめ台詞として非常に話しに合ってるし、違和感はないんだけど。むしろこの台詞があってこそ!と思うんだけど、これを「土方さんが言う」と言うのが、個人的にどうしても腑に落ちなかったんだと思います。
土方さん、絶対そういう事いわなさそうな気がしてね。

糸里に重きを置くか、武士へのこだわりに重きを置くかだと思いますが。

まあまあでも糸里のかわいらしさが光ったこのドラマ。それなりに楽しかったし、何より原作を読んでみようと思ったのが収穫でした。


アルション ランチバイキング

(2007-09-12)
今日は新しく出来たアルションへ。
娘Aフレンズママ友、まみさん、ムーはんと。みーこさんも一緒に行くはずだったけど、愛息くんの体調不良のため欠席。お大事にねー!また今度一緒に行こうねー!

ランチバイキングで90分1680円。小学生は840円、幼児値段もあったような。小さい子供連れてるおかーさんもちらほら。

昨日予約しようと思って電話したんですが、予約分は既に2、3日後までいっぱいとか。13時からなら空いてると言われましたが、子どもらが14時に帰ってくるのに13時からじゃあ無理でしょう!と言うことで予約はなし。

席の割合を聞いて、大体予約席が半分と言う事なので、言って空いてるのを目指そうと、11時10分くらいに行ってみました。
空いてたよーん。
その後並んだりしてたのかはちょっと席から見えなかったので不明ですが。
途中から外の席も開放してました。私らが座ってしばらくしてからはほぼ満席って感じ。今の時期なら外でもいけるもんね^^

070912_111244.jpg

席から見た取る場所。

バイキング、取る場所がちょっと狭いかな。一方通行っぽいので、狭くて取りにくい。多方向から行ける形だといいんだけど。ま、それは今更言っても仕方ないか^^

種類はめっちゃ多いこともないけど、ちょうどいい感じ。3回お代わりした私が全種類制覇できなかったしね^^

070912_112406.jpg


1皿めー。ちょこっとずつ種類をいっぱい取る事を目指しました。
パンの種類が非常に多くて、選ぶのに迷ったー!だってパンいっぱい食べちゃうと、おかずが食べられなくなるー。

バターが「はちみつバター」「リンゴバター」「紅茶バター」と選べるんだけど、紅茶バターがめちゃうま!!これ本気で美味しい。紅茶を混ぜただけ??ほんとに?お持ち帰りあったら帰って帰りたいくらいだった。
他のバターももちろん美味しかったです。

飲み物は暖かい紅茶、コーヒー、・・・・まん中にもう一個あったな、なんだっけ?
冷たいのはアイスティー、アイスコーヒー、オレンジジュース、リンゴジュース、・・・もうひとつなんかあったな、なんだっけ^^?

おかず、基本は野菜。ちょっと聞いた事無い名前のものも多かったです。
どれも本当においしい。私はキュウリと蛸をあえたのがお気に入り。
お肉系はオレンジ角煮と鶏のから揚げとハンバーグ、ロールキャベツ。
鶏のから揚げ、一切れが本当に小さくて、グッド!下手なバイキングのから揚げってやたらでかくて脂ギッシュだから、それだけでお腹いっぱいになっちゃうもん。
ここの大きさは非常にナイス。美味しかったし。

070912_113659.jpg


基本的に小さなパスタが一皿必ずつくようです。今日はきのことベーコンの和風パスタと、トマトソースと、もうひとつなんかクリーム系があったような。
これはムーはんのトマトソース。私とまみさんの和風パスタは、写真撮る前に喰っちゃった^^

070912_115235.jpg


2皿めー。フルーツカレーをパンに浸して(ご飯は無いから^^)食べたらこれがまた美味しい!辛さもちょうどいい辛さ。私がちょうどいいって事は、辛いのが好きな人はちょっと物足りないかな?
子供もいける辛さだったと思います。・・・うちのバーモンドカレー甘口御用達の娘Aにはどっちにしろ無理だけど・・・。
娘B(←普通の中辛平気、辛口もまあいける)ならバリバリオッケー。

もう一皿、ちょこっとずつ食べてないものを乗せて食べました。

そしてデザート。

070912_121900.jpg


1皿目。
種類は8種類くらいかな?あとアイスクリームが6種類。ディッシャーで自分ですくうの。
バニラとチョコと、レモンとベリーと、抹茶と・・・あと1個忘れた!

程よい甘さで美味しかったです。
下手なバイキング(笑。バイキング大好き家族なので、いろんなバイキングに行ってるからね・・・ふ・・・。)の、ぱっさぱさのケーキとは天と地の差。
さすがケーキ売ってるお店のデザートは違います。本当においしいです。


ほぼ90分いっぱいいっぱいいて(多分88分くらい^^)、お腹いっぱい食べて、大満足。ここはまた行きたい!
ウェイトレスのおねーさん達もかわいらしくて感じよい人ばかりでした。

味は最高に美味しく、ちょっとこじゃれてて、かなり満足度高いですよー^^

私のボケボケ携帯写真で無く綺麗なデジカメ写真はまみさんのブログにて。←書くかどうか聞いてないのに(笑)リンクはる奴。


7SEEDS 11 マンガ感想

(2007-09-10)
7SEEDS 11 田村由美。


<まみさん蔵>

もう11と言うか、まだ11と言うべきか。
恐ろしげな展開は変わりませぬ。シェルター竜宮の顛末。

こういう病気と言うのは次から次へと出てくるものなのね。どうして出てきたとかの説明はなかったけど、本来食べないはずの飼料の中に含まれる何かが牛の体で突然変異を起こしたとか?でもウィルスなら分かるけど、ダニって思いっきり生き物だもんねえ。飼料食べてダニに感染とかあるんだろうか。人間の体内にダニ飼ってないでしょ?どういうことだったんだろう。人の皮膚についてたのが、飼料にされても生きてて牛の体内に入ったってこと??

体内食い荒らして・・・って言うのは虫ではあるけどね。人間でもマンガでは何個か読んだことあるかな。
恐ろしい・・・。
痛みとかは不思議と感じないものなんだろうか。あんなに食い荒らされて?痛みを感じる何かも食い荒らされてしまって鈍感になってるって事でしょうか。・・・書いてても気持ち悪い・・・^^。

それにしても感染経路は?マークはマリアさんからもらうって分かるけど、他の人の感染経路がいまいちよく分かりませんでした。
感染した牛の肉食べたから?でもじゃあマリアさんがホストってどういう事?←ほんとによく分かってない人^^

ま、マンガの話の本筋には関係ないそう言う事は置いておいて。
最後まで自分のすべき事を全うする残された人々のシーンは、またこの人らしい書き方で非常によかったです。

そして花達が逃げ出す過程と、ハルのした事、あると再会出来たシーンも非常によかったです。
見せ方上手いよねえ。

秋ヲと蘭さんは理性残ってるんだか何だか。まーとても好きにはなれないけど、何かいい方にか悪い方には分からないけどしでかすに違うない人たちだよねえ。・・・いい方に何かしでかす可能性は今のところ低そうだけど、何となくこの作者さんならこの2人が最後にひとはなさかす事もあるかもしれないなあとか。

さて、この話はここで一段落。
最後に出てきた奴らは誰だ!?どこのチームだ。

どーでもいいけど、裏表紙の流星のべろが妙にリアルで気持ち悪いのだす^^。


よろしくマスター 2 マンガ感想

(2007-09-07)
よろしくマスター 2 筑波さくら。

 

これはララDXで年に2回しか掲載されないらしいので、なんと2年ぶり、かな?それも巻末に読みきりも収録してやっと1冊です。

道のり長いのう・・・。

本誌で別の連載してるからしょうがないんだけどねえ。それにしても今の漫画家さんって、何個も連載掛け持つよね。大変そう。昔ってそんな事なかったと思うんだけど。

ペン革、嫌いではありません。まあ淡々と進んではいるけど、まだまだこれから感があるし、楽しみでもあります。
でも正直こっちのマンガの話の方が好き^^

4話。
孤児院の子達にプレゼントを配る話。

まさにサンタの話だよ。うむうむ。
キャンディーを包み紙ごと、くるみちゃんの手からぱくりと食べるカイトがちょっと色っぽくて○。
紙、ちゃんと出してたけどね。でも両端ねじってあるのをべろだけではがすのは至難の業であろう。私には無理だ。カイトはさくらんぼの茎が結べる人に違いない。

5話。
夏の海。黒トナカイが出てきた話。

「夏にもトナカイを放さないとは強欲な」って話。くるみちゃんはちゅーするのに抵抗があるのだよ、きっと。
黒サンタ、ビジュアルはかなり好みなのに、裸マントはちょっと・・・大分いただけない。

テストに合格するシーンは非常にかわいくて、好きー。少女漫画の王道でよろしいと思います。
黒トナカイに「一緒に死んでやる」って言うサンタも最高にかっこよかった。
こういう話がいいのよねえ。

6話。
カイトのにーちゃんがサンタに会ってしまったぞなもし。

リヒトにーちゃんはカイトと違って、無条件に下僕となる事に疑問を持っている人なので、サンタには会いたくなかったのに、会っちゃった・・・。

でも正直、カイトだって、くるみちゃんみたいなかわいい娘さんじゃなくても、あんな大喜びで下僕になっていたのだろうか・・・?
・・・カイトの場合そういうシチュでも喜んで下僕してそうな事を否定できないのもなんですが。

でも男同士の主従関係は・・・正直かなり読んでるほうとしては微妙・・。関係解除のキスがネックだよ。トナカイ状態でべろべろしていただきましょう。じゃないと絵的に、やだ。見たくねえ^^

リヒトにーちゃん嫌いじゃないし、このサンタの男の子も嫌いじゃないんだけど、↑の用な理由で漫画から目を微妙にそらしつつ読んでしまうので(体が勝手に拒否反応^^)、カイトとくるみちゃんがお布団に寝てるシーンしかあまり記憶にありません。このシーンはかわいかったー^^

7話。
又しても海の話。

そうか、年に2回の掲載=1月号掲載(多分12月に発売)、7月号に掲載だから、永遠にこのパターンがループなんでしょうか。

それにしても何でもアリな世界。目の前で男の子がトナカイになろうが、突然10メートルくらい飛び上がろうが、「アリ」なのがすごい^^

今回なんだか海の家ネタばかり読んだような気がします。LALAのメイド様とかね。

読みきり。
エデンの扉。

微妙な話。
広大な敷地を持つ、隣り合った名門男子校と女子校。高ーい壁に阻まれて、お互いの交流は禁止されていた・・・。なんてな!!
めちゃめちゃ美味しいシチュエーションなのに、話としては、可もなく不可もなくって感じになっちゃってるのが惜しい。

オチが弱い。もう一息!って感じなのよー。

是非同じシチュでリベンジを!切望いたします^^


LALA 10月号 プチ感想

(2007-09-06)
とりあえず人のふんどしで相撲をとってみようシリーズ^^←どんなんや。

LALA 10月号。


<まみさん蔵>

金色のコルダ

どんな場所でもどんな場面でも、大人の事情ってのは入るのでございます。
珍しく切れる月森くん。最後に香穂子を見た意味はなんぞな。表情のない人なので、視線の意味も分からなかったです。

キスよりも早く

黒沢くんは、「7時間目ラプソディー」のマサオ君の位置でしょうか。当て馬にもなりゃしないとしたら・・・・今から不憫^^
寸止めは水戸黄門の印籠と同じなので、これを見るためにこの漫画を読んでるという感じです^^
でもやっぱり見せ場は結構好き。

桜蘭高校ホスト部

読めませんでした・・・。調子ががいいと読めるんですが。絵は好きなのに話が苦手の最たるもの・・・。

夏目友人帳

面白かった。このマンガの妖って、不気味ではあるけど妙に愛嬌があるので、非常に好き。かわいいだけじゃなくてちゃんと怖い部分もマル。
今回のヒットはなんと言ってもちょび髭・・・^^

会長はメイド様

久しぶりにコミックの1巻を読んでみたんですが、絵が非常に「達者」になられたなあと。線がしっかりきっちりって感じ。体つきも男女ともにちょっとリアルっぽくなってるかな。
碓氷が最近ガタイがいい感じがひっじょうに好み^^←吹けば飛ぶような線の細い殿方が苦手。特に美少年系。

今回は怖がる美咲さんに対する「参るよな」のシーンで、10月号最高のときめきポイントを記録。
いやー、ごっちゃんでした。

ヴァンパイア騎士

今回は本編じゃなかったのね。残念。
でもたまにはこういうのもよろしいかも。
非常にばかばかしく且つかわいらしいお話でした。
「今度は枢くんを・・・」。・・・是非!お願いします。理事長!

モンスター

本来「見せ場」で使うべき大きさのコマがすべて。
すべてが見せ場よ!と言う作者の意思表示か?
内容は・・・特にどーと言うこともなく。

ビューティーハニー

これが始まった時はコミックを買うつもりでしたが、昨日本屋で見たものの、とりあえず保留。
うーん????
ちょっとこの人の悪い部分が多く出た感じの漫画になっているような。飛ばし飛ばししか読んでないのでなんですが。

やっぱりこの人のマンガは「キス」が一番好きです。

ペンギン革命

最初扉を見た時、ペンギン革命だと思いませんでした。
すんごいサバイバルレースになっておりますね!!展開は面白いと思うけど、丘よう子の位置がよー分からん。
涼の母とかそういう意味でなく、この人は何がしたいの?って言うのが。何のためにそこにいるの?みたいな違和感アリ。

王様ゲーム

全部で2、3回(今回含む)くらいしか読んでないので、全く分け分からないままでございました。

ZIGZAG

この話は前後のつながりを全く知らなくても普通に読める不思議なマンガ。
相変わらずの雰囲気がかわいらしいです。

お兄ちゃんと一緒

好みの絵だったらきっとそれなりに好きな話だったと思う・・・。にーちゃんずはでもそれでも許容範囲内。
主人公のビジュアルがあまりにもロリロリしていて好きになれません。・・・小学生??じゃないよね??

龍の花わずらい

くっはー!
クワン。やってくれますね!エロ過ぎる。雰囲気が色っぽくてくらくらします。
ルシンが不憫で不憫でなりませぬ・・・。
「揺さぶってやる。落ちるまで」・・・そんなルシンが私は好きです。涙で前が見えなくとも、ルシンを応援しますよ!

それにしても最後のページに真剣ビビりました。・・・怖い!!

シュガーファミリー

まあまあこんな感じで淡々と進んでいくのでしょう。
本誌の毎月連載には向いてないよね。話進まないし。別冊系の話なので、そちらで期待いたします。
話自体は好きです^^

相変わらず満足度は高い雑誌です。でもコミックで買ってるマンガが何分多いので、毎月買うとコミックの楽しみがなくなってしまうので、買わない・・・よう努力中^^。
今回はこらえ性なくまみさんちから強奪してきてしまいました。来月は我慢しよう・・・。


グロテスク 桐野夏生

(2007-09-02)
「グロテスク」桐野夏生。



図書館で借りて読みました。

桐野夏生さん、お名前はよく拝見するんですが、読んだ事がなかったので、近所の図書館に行き、「桐野夏生」の棚で一番目立った^^「グロテスク」を借りました。

話は一人の女の人の手記。
主人公・・・の名前が思い出せない。確かに主人公の手記と言う形だから「わたしは」が主流だけど、でもどこかで名前は出てきたはずなのに、思い出せない・・。
まあその主人公の妹、ユリコがアパートの一室で他殺体で発見された。妹は生まれつき類まれな美貌の持ち主。平凡な顔かたちの主人公は彼女にコンプレックスを持ち続け、そして憎んでいた。
ユリコはその美貌とともに、生まれつきの娼婦だった。15で父親の弟と、そして中学で学校内の実力者に次々と体を売り、高校退学後は高級娼婦。年を取るとともに格も落ち、最後は道で直引きをする最下級の娼婦として殺された。
そしてもう一人の娼婦の死。主人公の高校時代の知人であった和恵。昼は一流建設会社のOLで年収1千万を稼ぎながら、夜は最下級の娼婦として道に立って客を引いていた。時には数千円で自分を売って。
そんな彼女もある汚らしいアパートの一室で、一人の娼婦として殺される。

主人公は役場でアルバイトをしながらつつましく生きてきたが、そんな彼女たちの死をきっかけに、手記を書くことにする。
自分の少女時代、ユリコとの確執、名門高校に入学してからの和恵との関わり、その合間合間に、彼女たちを殺したと見られる中国人不法就労者チャンの手記、ユリコの手記、そして和恵の手記がつづられる。

長い話です。本、ハードカバーで分厚い!!私は本を寝しなに読むので、これを持って読むのがちょっと辛かった^^
そして、最終章(523ページ目)が「皆様、この長く退屈な物語も、そろそろ終わりに近づいて・・・」と言う一文で始まるんですが、「長く退屈」の文字にボールペンで横棒が引っ張ってあり、丸がつけられておりました・・・。

図書館の本に落書きするのはやめましょうね!!

でも気持ちは分かる(笑)

手記と言う形なので、ものすごく淡々と話が進むんですよ。そしてミステリーじゃないから、犯人探しとかダイイングメッセージ(娘は「ダイニングメッセージ」だと思っている^^どこの台所じゃ)があるでもなく。

犯人はチャン・・・なんだろうなあ。裁判になっていて、ユリコ殺しは認めているけど和恵殺しは否認、と言う状況のまま終わっているので結果は分からないけど、和恵の手記のラストを見ると、チャン、なんだろうなあと。

それにしてもみんながみんな、夢見がちと言うか、勘違いもはなはだしいお人ばかりで、こんなもんなん?自分もこんなんなん?とちょっと不安に。
和恵みたいな勘違い女はいそうだけどね。どこにでも。純粋と言えば純粋だけど、結局もう自分が客観視できない、ある種の精神的な病気だったんだと思う。この話を見るとね。最後の辺りなんてただのいっちゃった人だもん。

チャンはチャンでもう希代のうそつき。これもまた、生まれつきのものなのか。でも自分はその嘘に浸っちゃってて、本当にそうだった気になってしまってる人。
それにしてもよくもまあここまで自分を美化できるわと。

主人公はまたこれが、この人も自分を客観視してるようで、していない。公平なような口ぶりで自分を語るけれども、でも自分を美化して、いろんな思いに凝り固まってる人。狂信的と言うか。ユリコに対するコンプレックスと憎しみ、和恵に対する嗜虐心。その時その時でそれ以外見えなくなってる感じ。

最後、ユリコの息子であり、また類まれなる美貌の百合雄(何と言う名前だ・・・^^)に耽溺。「美貌」に対して、もうはばかるものもなく、ただただその「美貌」の持ち主である彼に執着。
そして百合雄にそそのかされて(だと思う)、2人で道に立ち客を引くことに。
「私、40歳で処女なのよ」と。

グーローテースークーーーーー!!まさに。
作者がどこのどの部分を「グロテスク」と思って題したか分かりませんが、私はこのラストを本当にグロテスクだと思いました。

この主人公は気持ち悪い。自分の事「おばちゃま」なんて言わんだろ!普通。小森のおばちゃまくらいでしょ、自分の事「おばちゃま」なんて言うの。・・・上流階級ではそうおっさるのですか^^??
まあ100歩譲って幼児に向けてだよねえ?17の男の子に向って「おばちゃまよ」とは言わないだろう・・・。
これは個人的にグロテスクだと思ったシーンでした^^話の内容関係なくね。

話は読みやすい。長いけど一気に読めます。
淡々としていて、星新一とか、阿刀田高の文章を思い出しました。分類まるっきり違うんですがね。
でもぞっとさせる書き方は似てるかな?

阿刀田高の、自分は美しく、上品で、教養も高く、そんな自分につりあうと思える男を見つけ、その男に艶然と笑いかける「老婆」の話を、何となく思い出してしまいました。
その老婆もベルベットのりぼんとかで髪をくくってるのよ。鏡の中のシワシワの顔が見えてないの。二十歳そこそこの自分の顔のままだと思いこんでるの。
・・・そんな話を思い出してしまう、「グロテスク」でした。

東電OLの話が元と言うことですが、なんとなく、そういう面で見ると、複雑。何を思って実在の事件をこういう風に小説に作り上げるんだろう・・・。

今後この人の小説を読みたいかと言われたら、正直「読みたい」とは思いませんね・・・。


プロフィール

くまきち

  • Author:くまきち
  • くまきち
    ゲームと読書と映画と、その感想を書くことを愛するそこら辺の主婦。基本的にはネタバレありです!ご注意ください。
    ブログ記事に全く関係のないトラックバックは削除させていただきます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。