スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ものっそつれづれ プチネタ WIIとPSとか^^

(2007-08-31)
なーんかねー。マンガはそれなりに読んでおりますし、図書館で細々借りて本も読んでいるんですが(今は桐野夏生の「グロテスク」^^)、感想を書く元気がない^^

感想書くのは大好きなのに、その気力がわかないとはこはいかに。
んな、えらそうなものでもないくせに、いっちょ前に「すらんぷ」とか言う奴でしょうか(笑)
なのでこのブログ初めて月の更新回数が最低を記録いたしました^^。

まあこんな時もあるのねえ^^

と、いうわけで、ネタなくともリハビリがてら書く事から。

さて、我が家にはゲーム機、PS(箱の中)、PS2、WII、スーファミ(箱の中)、3DO(箱の中)、64(仕舞ってあるけどいつでも出せる)。
携帯ゲーム機はSP(バリバリ現役で使ったはります。3台)、アドバンス(どこかに眠ってる)、DS(2台。そのうち1台は壊れた^^)、DSLite、PSP。

XBOXは我が家の誰も興味がないので、きっと買わないと思います。PS3はFF13が出たら買うので、13待ち。

PS3を買ってないので、「WIIかPSか」何て言えないんですけどね^^

でも、世間ではもう任天堂一人勝ちって感じで。確かに売れてるし、宣伝もよく見るし。

確かに我が家でも発売日1週間後に必死になってGETした当時は、まさに「ネコまっしぐら」って感じで、家族中が夢中になってしておりました。
今までにない楽しさがあったし、本当に画期的だった。

でもそれが続いたのは1ヶ月ほど。WIIスポとはじめてWII以外に欲しいソフトが何もなくて、2本のソフトで楽しめる時期なんて知れてるし^^

たまーに使う状態が続き、そのうち帰省する時大熊の実家に持って、そこではそれなりに楽しんだけど、自宅へ帰った後は箱からも出さず、箱にほこりがたまっておりました。

で、こないだ・・・いつだったかな?8月の半ばくらいに、8ヶ月ぶりに「マリパ(マリオパーティー8)」を買って、数日遊んでましたが、又してもあっちゅー間にしなくなっちゃって、また埃かぶってます。

で、普段してるのはもちろんDSとかSPなんですが、以外に以外とPS2でよく遊んでます。
大熊が今「信長の野望」、娘達が「学園アリス」、私はFF。
やっぱソフトがたくさんあるし、新しいものは全く買ってないんですが(一番新しいのがFF12だと思うもん。最近出たインタ版じゃない、最初の奴^^)、結局ここに戻ってしまう、そんな感じ。

WII、めちゃくちゃ売れてるらしいので、あちこちのご家庭にあると思うんですが、皆さんしてますかー?
どんなソフトしてるんだろう???
うちみたいな「子供のいるファミリー向け」のゲーム機だと思ってたけど、そうでもないのかな?

ふと使ってる機械を見てつれづれ思ってしまいました^^。

それにしてもFF、一体いつ出るんだか(笑)
全く発売日、出て来ませんね。PS3が腐っちゃうぞー^^
スポンサーサイト


おやこライオンババロア&あいすくりーむクッキー

(2007-08-28)
ベネッセの「子どもといっしょにカンタン手づくりお菓子セット」として年3回送られてくる食材宅配WITHキッズコース。

前回はこいのぼりケーキとうさぎ餅
今回は夏のババロア。もう一回はハロウィン用のお菓子だったと思います。

さて、このセット、実は夏休み前に送られてきて、「お休み中、暇でしょうがない日があったら作ろう」と、棚に仕舞ってしまったのが運のつき。
完全に私の記憶から抹消されており、そのまま放置する事1ヵ月ちょい。

実はこないだお代金の「未納」通知が来て初めて思い出したという・・・(涙)。
あーーーーーーっ!しまったー!

作る期限は「8月末まで」との事で慌てて作り、お代金も払い込んで参りました・・・。いやもうベネッセ、すんません・・・。

さて。ちょうど頃合もよく??、天気が非常に怪しい今日、お出かけの用もまるっきりなかったので、お昼食べた後、子どもと作成。

何か「キッズと手づくり」って言うと、幼稚園くらいの子とする感じだよね^^
すんません、小学3年と6年の子と一緒にしてて(笑)。絶対対象から外れてるよ!

基本的にうちの子達くらいなら、親、全くノータッチでできる程度の手間です。飾り付けがめんどくさいだけだね!
でも子どもにしたらこの飾り付けこそが楽しいんだけど。

まずは「あいすくりーむクッキー」。
アイスクリーム型のクッキーです。出来上がりはこんなん。

070828_160613.jpg


この季節、バターをレンジでチンなんてしなくても、ほんの30分ほどでゆるゆるになるのがいいところ^^
・・・もちろんエアコン入れてらっしゃる快適な御宅では無理でしょうが、我が家のようにエアコンは夕方から!と言うサバイバルなおうちではあっちゅー間にバター、柔らかーくなります^^

セットの粉とバターと牛乳をまぜまぜ、半量にココアパウダーを混ぜ混ぜ、形を作って冷蔵庫で冷やし、後は切って焼くだけー。

最後にアイシングとレインボーシュガーを振りかけて出来上がり。

しかしオーブンで170度10分と書いてあるのでその通りしたんですが、うちのオーブンが悪いのか何なのか、10分ではゆるゆるで全然生。結局18分焼きました。厚みか??でも5ミリって書いてある程度だよ???←物差しで計ったわけじゃないけど。

アイシングは一つ二つだけつけました。基本的には我が家はみんなあんまり好きじゃないので。アイシング^^
レインボーシュガーなるものも、下娘だけが少しつけました。
上娘と私は素のクッキー。

070828_160516.jpg


ま、これは好みだし^^見た目はもちろんつけた方がかわいいんだけどね。

お次は「ライオンババロア」。こんなん。

070828_162643.jpg


桃缶が一個ごろんと入ってるので、開けて汁切って、ひげ部分とか細く切るのだけ難しいかな。

後はババロアの素に熱湯と牛乳入れて混ぜ混ぜ。切った桃いれて、器に入れて冷蔵庫で2時間。

これまた2時間ちょうどだとかなりゆるい感じ。暑いから???
ちょっと余分目に冷やしたんだけど、お皿に器からあけたら、想像よりひらぺったくなっちゃった。こんなもんなのかな?

後は好きに飾りつけ。

070828_161422.jpg


私の^^基本には忠実に。

070828_162335.jpg


上娘の。たてがみの桃がザッパーなのが性格か(笑)。お顔はこの人、チョコペンが大嫌いなので、桃で作りました。これはこれでかわいいと思うわ。

070828_162550.jpg


下娘の。チョコペンが大好きな彼女は(どうして姉妹でこうも違うのか)、チョコペンで書く部分を多くするためオリジナリティを出しておりました。
たてがみの桃もきっちりと。どうして姉妹でこうも・・・^^

余ったチョコペンを最後「ちゅっちゅ」するのはお約束^^

<感想>

5月のと比べると、手間は断然楽だったような。
こいのぼり、あれはちょっとかなりめんどくさかった。
今回のはまだ「楽しい」の範疇に納まる程度。

で、味。これはもう5月ののイメージで、このセットは「作ることに意義がある。味は二の次」と思ってたんですが、今回は普通に美味しかったです。
ババロアも、まあちょっと甘めではあるけど、でも普通においしかった。後は桃缶の味だし(笑)

クッキーも美味しかったですよ。普通に。アイシングの味は元々好きじゃないのでこんなもんかと^^

楽しめて、美味しくいただけました。
次回のハロウィンもちょっと期待^^

・・・今度は届いたらすぐ払い込み用紙だけは箱から出すようにします・・・。反省・・・。


メンズ校 3 マンガ感想

(2007-08-24)
メンズ校 3 和泉かねよし。



この作者さんの書く漫画が大好きかと言われたら、微妙なものがあるんですがね^^
「ダウト」はそれなりに面白いと思ったけど、本棚に残すほどではないし売ってしまいました。「そんなんじゃねえよ」はダウトを買った時、確かもう2巻くらいまで出ていて、同じ作者さんだしどうしようと思いつつも保留。
ある時はずみ(!)で3巻?4巻だっけな?出てた分まとめてゲット。苦手な部分はありつつも面白くて、全巻揃えて最終巻まで読んでから本棚生き残り決定^^
そしてメンズ校。
これはもう迷うことなく1巻が発売された時にちゃんと買いました。

何度も書いててあれですが、苦手なシーン(下ネタ???なのかな?)があるので、めっちゃ期待もせずに買っておるんですが、読むたびに面白く、また読むたびに楽しみになって来てる感じです。

神木と冬華の話。

がばいい話じゃあ!←「がばい」でなく、「かわいい」に濁音がついた感じ^^フィーリングで分かってください・・・。「かわいい話」と言うにはちょっとにごってる感じ(笑)

神木はね、おねーさんとくっついてくれても良かったんだけど、シスコンコンボもどうかと思うので、あれはあれでよかったんだろうなあと。
でもじゃあ神木くんの今度はまっとうな(?)話も読んで見たいと思っていたので、非常にナイスな話でした。

冬華さんかわいいしね!

でもヒトコマ目、目をつぶってる彼女、一瞬牧の女装かと思ってしまいました・・・。いや、ここに女の子が入るはずがないという前提でね。見てしまってね。だって牧も似合いそうだよね?

「濡れた犬」表現に爆笑。誰だっけ誰だっけ?誰か男の子が集まると濡れた犬の匂いとか言ってなかったっけ?>ご近所の男の子ーずママン!
学校でもっと集団がでかくなるとそれ以上ですって!のほほほほ!
共学校育ちなので想像できない!←いや、行こうと思っても行けないけど・・・男子校は・・・。

冬華に対する野上のキレ(「どうしよう」なんて言ってる時云々)は非常に納得と同時に胸にちくり^^
そしてその横の柱の内容にまた爆笑。そうか・・・三島由紀夫・・・。私も彼自身が非常に興味深い人だと思います^^

「犬には・・・」な冬華がめちゃめちゃかわいくて、かなり高感度アップ。

振り切れた「白雪姫殺人事件」からの流れはもうにやにやしっぱなし^^もうこの話、本当に大好きだー^^!

でもまだこれはBOY MEETS GIRLの段階なんですね。まだまだいろんな段階があってこれまた楽しそうー!

牧とエリカ(@腐女子)の話。

これまた文字通りBOY MEETS GIRLな話。
エリカさん、クールビューティーだと思ってたのに・・・。

ま、この話のメインはそっちじゃなくて、牧と神木の男の子同士の話。
もやもやを抱えつつも、かわいい顔して武闘派な牧がとってもいいやね!
男でも「ハブに」とかああいうねちねち攻撃あるのねー。やだやだ。でもそんな奴に無添加キックの牧が爽快でした。

野上とフクの話。

そうそう、野上とフクの話も好きなのよー^^←全部好きなんじゃん。
顔も頭もいいのに性格に難アリ。・・・アリすぎだ!

でもまあ男子校にこういう先生はねえ・・。確かに問題が起こりそうって思われるわな。・・・つか、実際起きてるって事じゃん^^!
そんなこんなしてる間に、事件は現場で起きてたんだー!

年相応に大人で、でもやっぱりかわいいフクと、年齢突き抜けたとんちんかんな野上の、意外な年相応なかわいさが、非常にグーなラストでした。

牧とエリカ第2弾。

「あんた受でしょ」・・・はないだろう・・・よ?いくらそういう系のお嬢さんでも^^

それにしてもフクちゃんが読んでたとは意外。
いやでもでも、リアルな世間では実は結構こういうの好きな方の年齢層は以外に高いのが事実。高いんじゃないのかな?幅が広いのかな?
本屋さんで、「ヨン様ー!」とか言ってる世代の一世代下くらいの方(40代後半から50代くらい)が、いわゆるBL本をまとめて買われるのを結構よく目撃いたしますもの^^。←家政婦は見た!娘のBL本を母が代わりにって事はないと思う・・・(笑)
完全にひとつの確立した文化だよなあと感心する事しきり^^

で、まあこの2人はまだまだこれから。この二人もめっちゃかわいいです。

巻末の「私の幻体験」で、作者が卵なのがショック。
そんなんじゃねえよの頃のネコの姿が非常に好きでした・・・・。




つれづれ高校野球 夏

(2007-08-22)
今年は何だかいっぱい見た気がする^^おお振り熱のせいでしょうか。

もちろんずーっと見てたわけでなく、たまたまテレビがついてたり、その時間に家に居て、子供らがテレビを録り貯めたアニメで占領してなかったら見るかな、くらいで。

野球は元々ほとんど興味なし。特にプロは。でも高校野球はルール知らないままに、昔から見るのだけは好き。何しろテンポがいいし、一生懸命なプレーで好感もてるし。

今回はずーっとNHKで観戦。やっぱスポーツ中継はNHKと言うささやかなこだわりが^^
他の民放でのスポーツ中継にほとほと嫌気がさしているので。

さて、地元県勢は地方大会から見ていた事もあり、応援していましたが、共に(結婚前の地元も^^)2回戦・・・だったかな?で敗北。
なので後のチームはその時の気分で応援。基本的には「負けてる方」を応援してました。
私がたまたま見られた回、本当に延長が多くて、今年は延長が多いな!と言う印象。もう本当に目が離せなくて最後までドキドキして見てました。
ラスト1塁へヘッドスライディング、しばらく立ち上がれなかったりする子もいて、見てるこっちまでうるうる。←これが高校野球の醍醐味か?

昨日の準決勝と今日の決勝はきちんとテレビの前で見る事ができたのが本当にラッキー。

さて、野球素人のわたくし、この大会中にもいろいろとんちんかんな事を言って大熊に怒られました。
・本塁と1塁の距離、3塁と本塁の距離の方が、1塁から2塁、2塁から3塁の距離より長いと思ってた。
・「ピッチャーのエースはいるのに、キャッチャーのエースはいないの?」・・・・。
・審判が手を横にするのをアウトだと思っていた。

今はちょっとおりこうになりましたよ^^

娘は今日の決勝を見ていて、試合終了後、「これの参加賞は何?ゼリーとかもらえるの?」と、一言。
・・・甲子園に参加賞ってあるんですか(笑)!?

でもこんな私たちが見ていても、今日の試合は本当にいい試合でした。面白かった!素晴らしかった。

最初、応援する方を、広陵(広島)×佐賀北(佐賀)と言うことで、佐賀に決定。理由は遠い所から来てるから(笑)
応援の人たちもてっきり泊まってるんだと思ってたら、みんな日帰りなのね!バスで!!
でもきっと、もう一生味わえない最高の夏でしょうねえ。体へとへとでも。3年の在学中しか味わえない事だし。
そんな彼らの応援も、今日はすごかった。テレビで見ていてさえ、音の固まりになって会場がどよめく臨場感が味わえました。

7回に広陵が2点追加した時、正直、もう決まったかと思ってしまいました。まさか8回裏にあんな事が起こるとは。応援していてさえ想像できなかった。1、2点差ならまだしも、4点差だもん。
でもそれが起こってしまうのが、高校野球の奇跡。

それでも毎回塁に出て3塁までも進んで、それでも守りきる佐賀北の「守り」はすごかったですね。
毎回塁に出る広陵の攻撃力も素晴らしかった。

準優勝、と、たたえられても悔しかろう。そんな広陵の試合後の姿。やたら野村君のアップが多かったのが何とも。NHKだけか??
とにかく何かといえば彼のアップばかりテレビに写っていたような気がします。
涙を見せない、気の強そうな顔が非常に印象に残りました。
かわいらしい顔してるけどねえ^^←おばちゃんおばちゃん!
かわいいといえば、先発で投げた馬場君だっけ、佐賀北の。彼も非常にかわいらしい顔をしておりましたね。

それにしても、例年になく暑かったこの大会期間。
本当に、見てるものをわくわくさせる、そんなゲームばかりで、「野球って面白い!」と、心から思える、そんな大会でした。
本当に楽しかった。

閉会式で流れる「栄冠は君に輝く」。あれ聞いて、又してもうるりときてしまう、そんな甲子園でした。
よかったー・・・!

ちょこっとだけ追記:公立校がこんな風に強いのは珍しいんですか!そうなんですか!アナウンサーの方も「公立校!公立校!」と何度も言ってたような^^




おおきく振りかぶって 第19話 桐星の実力

(2007-08-20)
おお振り 第19話 「桐星の実力」

事細かに(手元にはないけど^^自分の本じゃないから。)全部読んで、次の展開も分かってるのに、次にどんな台詞が来るかまで覚えてるのに、どーしてこーもドキドキするんでしょうねえ。どーしてこうも笑えるんでしょう^^

3塁から走る三橋。でもほんまにそれ、少年の走り方なんか^^。遅そう・・・。昨日のGacktの反り繰り返った乗馬スタイル並みに(IN風林火山)違和感ありまくり(笑)。←いやほんと、普通もっと前かがみになるやろう!?な、不思議な硬直したに乗り方だった・・・。

阿部を待たずにマウンドに飛び出て行く三橋。「ありゃいない」な場面で笑い。・・・知ってるのに!知ってるのに、こうなる事も。でも笑ってしまう・・。
三橋の「ウヒ!」にぎくっとする田島。これまたグー。

ルリって「レン」って呼ぶ場面そんなにあったっけ?これはちょっと記憶になかったわー。いっつも「レンレン」って呼んでたような記憶だけ。

桐星いとも簡単に1点目。マンガで読むよりはるかに「簡単に」な意味がよく分かるようなシーンでした。

そして鼻血レンレン。花井の「大丈夫大丈夫」が妙に優しげで色っぽかったどす^^
「息は口でするんだ!」に爆笑。・・・・知ってるのに^^!!

息子の鼻血ネタでもおばちゃんはだまっちょりません。「うちの子男子校だからー」「きゃー」みたいな^^ほんまにおばちゃんの会話がリアルだ・・・。

桐星バッテリーが投げ出す音に敏感に反応してうちわを阿部に託す田島。たのんまっせ!
そして阿部の「頼むぞ」がエコーする三橋。ほんまに愛い奴じゃ。

自分で打って自分で盗塁する田島。私、このシーンは記憶になし。全部覚えてる訳じゃないのねえ。

ところで4番でバスター(ガンダムのあれとは全く無関係な意味ですのん^^??)ってのはせこいものなのか。ほほう。

集まって話し合う西浦9。最後、みんなでじろーーーり3累ランナーにはこれまた爆笑。

そして1点取られて。突然叫びだす三橋にビビる他の面子。この構図がめちゃめちゃ面白かった。

三橋は元気だ!

今回は非常に面白かったです!来週も楽しみだー^^・・・逆転されちゃうけどね。
ぜーーーーんぶ知ってて見てるけど、それでも西浦の側を応援して見てしまうので、ドキドキしっぱなしでございました。


まだこの辺?


もう入った^^?さすがに巻の切れ目までは記憶しておりません・・・。←いやもう、買えよ・・。


LALA ’07/9月号 一言感想

(2007-08-15)
帰省雑誌2冊目はLALA 9月号。

LALAは私が乙女の頃^^、「エイリアン通り」とか「南京路に花吹雪」とかが連載されてた頃に買っていたのを思い出すと、雑誌のカラーがえっらく変わったなあと、感慨もひとしお・・・。

夏目友人帳

これは結構雰囲気が好き。コミックを買って何度も読みたいと思うものではないけど、こうして雑誌に載ってる回を見ると、その度にそれなりに満足度が高い作品。一話完結だからか(笑)?

桜蘭高校ホスト部

絵がすっごい好き。でも話は私にはちょっと読みにくい話。連続した骨組み的な筋がない、エピソードの連続だから。
今回もほほう・・・って感じ。それ以上でもそれ以下でもなく。

ヴァンパイア騎士

これまた絵が好きー。
あらら、枢先輩にそんな告白をされていたとは。また、零ともそんな戦いがあったとは。
これ、話も好きなんですが、まあ何と言うか次から次へといろんな展開が広がっていくばかりで、謎がどれひとつとして明かされないっつーのもね。何と言いますか、段々よー分からん話になって来てるような・・。
最後でバタバタといくんでしょうかねえ。めっちゃハッピーな終わり方はありえないしねえ(笑)さてさて。

会長はメイド様

これまた好きな絵・・・って、そうか、LALAは私が好きな絵の人が多いんだな。今これ書いてて分かりました(笑)
どの雑誌もカラーあるよね。絵に。LALAの絵は非常に好みの絵が多いです。

コミック終わりに出てきた催眠術男話の顛末・・・でしたね。
これはこれで普通の学園モノとして楽しく読めました。

金色のコルダ

柚木さんの髪型が非常に苦手・・・、ってどーでもいい事ですな^^

魔法のバイオリンでズル(笑)してた時はこのマンガ、あまり好きではありませんでした。んが!自力で頑張る展開になってきたのは◎。
ただ、主人公の相手が「マルチエンディング」的で、出て来る殿方なら誰でも良さそうな所はやっぱりちょっと苦手。

モンスター

よーーー・・・・分からん話やのう。読めばそれなりに読めて、それなりに面白いとも思うんですが、何も心に引っかからない、そんなマンガ、です。
彼氏彼女の事情はまあまあ展開に重いものとかはあったけど、「次は?」な興味がわいたのに。この漫画には「次は?」を全く感じません。

キスよりも早く

絵が好き。←もーええって。
なるほどなるほど、進んでますのう。でもこの展開の速さでいくと、まあそんな長くはない話なのかな?それなりでかわいく終わるといい話だと思います。
一つ一つの話は、どれも結構見せ方が好き。

ペンギン革命

これは話のネタとしては非常に面白くなる要素がいっぱいあると思います。んが!
私、この作者さんの独特の色気のある話が好きなんですが(目隠しの国、よろしくマスター)、この漫画に限っては見せ方が・・・下手・・・????と思ってしまう。
テンポが悪いよね。とことんね。
それでもやっぱりたまーーーに、私の好きなシーンが出てくるので、ついコミックは買ってしまうのです。ううう。

教授のお気に入り

顔の丸さと首の長さのアンバランスさがちょっと気になる・・・^^

これはかわいらしい話・・・なのか?そうか???絵と雰囲気で一瞬かわいい話かと思ったんですが、いや、違うやろう!
小田桐さん、めちゃめちゃ打算的と言うか、手口汚くないか(笑)?「使える女の子」を年の功と金の力で上手い事たぶらかした話と違うか^^?
ちょっとまて!と思ってしまう話でした・・・。

龍の花わずらい

あああー!コミック4巻で、クワン圧倒的リード、既に7回コールドの危機か!?と書いたところですが、もう勝負決まってますか!?ルシンは甲子園の砂袋を用意しなければいけませんか!?

ラストのクワンはめちゃめちゃ色っぽい。くはー・・・。
でも私はルシンを応援したい・・・(涙)。

お兄ちゃんと一緒

「もうお前が妹に見えなくて」なシーンは、はっきり言って大好きです。こういうシチュエーション、たまらん好きです。私のドツボにはまる・・・。
ただ絵がちょっと苦手なのでコミックはなあ・・・どうしようかなあ・・・。

花月姫

かわいらしくて華やかな絵柄だなあと思うけど、話はもう一声。
終わり方も妙に中途半端。一皮むけたこの人の話しが読んでみたいです。


総じて楽しく読めました。
私がその漫画を好きになるかどうかの基準は、絵の比重が非常に高いので、LALAの絵は総じて好みなのが大きいかなと。

娘は「ニャンコ先生」がことのほかお気に入りなようでした^^


おおきく振りかぶって 第18話 追加点

(2007-08-14)
おおきく振りかぶって 18話 「追加点」

まあまあ相変わらず原作どおりで。
ちょっとモノローグばかりで間延びした感あり。まあこんなもの?

「こけた!」な、三橋。これが知ってて見てるけど、めっちゃ笑えました。その後の「お前今日は打つな」の「ぱちぱち」もね。何か擬音までついてたよ^^。

デッドボールの当たり方が間抜け・・・。「いたくない!」はかわいい^^
怒りながら飛び出てくる阿部っち。ああもう本当に、苦労性と言うか何と言うか・・・。

準太から目をそらし、そして栄口からも目をそらす三橋。睨んでないぞー・・・^^・・・不憫なり。栄口・・・。

まあ今回は特筆すべき事もなく、まあまあ「通り」に見られました。

ところで関係ないですが、私、ベースとベースの間の距離、ホームベースと1塁、ホームベースと3塁の間が長くて、1塁から2塁の間、2塁から3塁の間は短いんだと思ってました。そんな風に見えない!?アニメでも実際でも^^・・・見えませんか、そーですか。
三十路にして始めてすべての距離が同じだと知りました・・・。そして大熊に怒られました・・・。ふふふ。

高校野球、今まさにバリバリですね。
もちろん地元と元地元は応援してますが、それ以外の地区の代表、全く先入観もなく、そしてまた朝から晩までテレビ見てるわけでもなく、たまたまつけてやってたら見る、程度です。
が、そのたまたまつけてやってるゲームの白熱してる事と言ったら・・・。どのゲームもどれだけドラマチックな事か!見ていてめちゃくちゃ力入ります。そしてまた、終わった時にはうるりとしちゃう事も^^

今日たまたま見てたのは日南と桐光戦。延長10回表、3点入ってしまい、これで終わりか!と思いきや!裏で3点入れ返す底力。
結局11回表でまたしても4点入れられ、その裏でさすがに4点は入れ返すことが出来ず、桐光が破れてしまったんですが・・・。

でも11回で4点入っても、まだ終わりだと思わなかった。まだ何があるか分からないと思えた。1点は返したしね。

ほんのちょっと、それこそ家事で1分テレビ前離れたら、何かが起こってしまうんじゃないか、みたいな緊張感があって、真剣テレビ前にかじりついて見てました。
そして終わった時、うるり・・・。

高校野球って、ほんとに、心揺さぶる何かがあるよね!感動しまくりでございますよ・・・。現実でも、アニメでもね^^

おお振りの感想じゃなくなっちゃった^^


花とゆめ ’07/17号 一言感想^^

(2007-08-13)
盆帰省が今年はあっちゅー間に終わってしまいましたので、またブログぼちぼち再開。
今回の帰省雑誌は「花とゆめ」と「LALA」。
別マ辺りにしておけばよかったと後で後悔。ま、いっか。

さて相変わらず帰省時にしか買わない花とゆめ。今回は17号。

しゃにむにGO

毎回「読めない」「読みにくい」と書いてますが、今回は頑張って読んで見ました。
うーん、ちゃんと読めば面白い・・・かも。でもあえてこれ以前を読みたい!と思わせる「何か」が足りない。そんな気もいたします。
・・・絵かな・・・?苦手なのは??うーむ。←長考に入りました。

スキップ・ビート

コミック分しかきちんとは読んでおりませんので何ですが、父子(合ってる??)対決、なんだろうな。
キョーコ、怨キョのかけらすら出てません^^
「クオン」は蓮の本名?この対決に至る過程を全く知らないのでちょっと分かりませんが、蓮は父に対して何らかの壁みたいなものを感じてるんだよね・・・?でも父はえっらい能天気なおぢさんに見えました^^

ちょっとこの話だけ読んでしまっても感想の書きようがない、そんな回でしたな。

幸福喫茶3丁目

あー・・・・。
今回話の内容が全く記憶に残りませんでした。それより絵!!絵!!
・・・元々こんな絵だっけか?私が今回妙に気になっただけ・・・か??
まず「あれ?」と思ったのは髪の書き方。塗り方、と言えばいいのか。ペンに全く慣れてない小学生が、「投稿コーナー」に応募したような絵だよ。そのくらいの雑さ・・・と言えばよいのか、つたなさ、と言えばよいのか。
あまりにも他の、例え私が好みじゃないと思う漫画家さんでも、そういう「プロ」の人達と一線を画した、絵。こんな絵、でしたっけ?今までも?輪郭の描き方といい・・・。ほんとに??今回だけ???
とにかくその絵に目を奪われ、それ以外が全く記憶に残らないくらいの衝撃を感じました・・・。ほんとに、あれれ???

学園アリス

はっきり言って、好みの絵ではないです。
でも↑の後に掲載されているので、あまりの美しさにくらくらしました^^
髪も、輪郭も、目も。きっちりと、そしてしっかりと。なんと美しいことか・・・!ううむ、これがプロ、ではおへんのか。

運動会「借り物競争」。アリスのこういうエピソードは好きー。これは話も楽しく読めました。
「愛らしい愛する妹」・・・ふふふふふ!!娘Aも「私もこんな「借りてこいメモ」だったら固まる」と申しておりましたよ。

星は歌う

フルバの方ですね。この話は初めて拝見。
うーんうーん。この回だけ読んだら、どーと言うこともない話・・・だな。きっと。

俺様ティーチャー

親指の方ですよね。この話も初めて拝見。
親指、絵は好きだったのに、話があまりにも面白くなくて、コミックを4巻で断念した代物。今回はどうでしょう?
絵は相変わらず結構好き。話のノリも、この回だけなら結構テンポよく面白そう。・・・1巻出たら買っちゃう・・・かも^^

NGライフ

話がちょっと苦手っぽい。
「おんな顔の男の子」と言うキャラがとにかくモノすごーーーーーーーーーーーーーーーく!!苦手なので(っポイ!の主人公とか^^)、今回この漫画も、最初のヒトコマでリタイア・・でした。

キラメキ銀河町商店街

この漫画らしい話。ほのぼのしてて、ちょっといい感じに楽しめました。

グランドサン

よくわかりまへん。途中からは読みにくい話。絵がちょっと苦手。

カラクリオデット

コミック1巻は買ってみたものの、さほど心惹かれずそのまま売ってしまった一品。

おお!ロボットものだー^^「鍋敷き事件」にはちょっとふいてしまいました。でもちょっと鈍感な子ならするよねえ。ロボットじゃなくても^^子どもとか。

それなりに面白く拝見。

ヴィーナス綺想曲

絵が結構好きなのでコミックも買っておるんですが、今回はちょっといただけない話。
エピとしてはありがちですが、でもこのタカミ、鈍感と言うか傍若無人にも程があろう。「男として意識させるエピソード」は必要かとは思いますが、あまりにもあまりな展開にちょっとうんざり。

ゴールデン・デイズ

17号で一番面白かったー!これは本当にハズレがない。
慶と節のこの二人の関係が本当にいいです。最後のシーンがよかった。

掲載順って、人気順・・・とか?コミック売れ順とか・・・?じゃないですよね?ちょっとどきどき。

アラクレ

最初それなりにテンポよかったのにそのうちダラダラしてきちゃったなあとは思っておりましたが、今回は結構良かった。面白かった^^
「絶対イヤ」な楽十さん。エピとしてはこれまたありがちですが、妙にかわいくてグッド。
それにしてもそんな過去が・・・^^

娘も読むので「花ゆめ」は買いますが、「まあまあ」な雑誌だなあ。なんだかなあ。
そんな感想。
帰省毎(年3回)に買うのでちょうどいいかも知れません。読みたいのはコミックで買ってるしね。自分で買わなくてもまわってくるしね!


会長はメイド様! 3 マンガ感想

(2007-08-07)
会長はメイド様 3 藤原ヒロ。



3まできました。それにしてもまだまだ続きそうですね。
最初買った時はせいぜい2、3巻のネタだと思ってたので、感慨深い^^です。

この巻最初の10話はたまたま本誌を買って読んでたんですが、本誌読んだ時の感想は、「ちょっとつまんない話だなあ」。
コミックになって読んでも、いまいちどこにも、何も引っかからない話でございました。

11話。メイド戦隊DAY。・・・○○DAYって一体どれだけストックがあるのか・・・^^
美咲ちゃんは何色??な話。まあ最初から結末は分かってましたが^^、これはこれで。

12話。「妹DAY」・・・・。
おにいたん・・・は、ありなんですか?まじっすか?真剣こんな事言ってるの??と、いろんな「?」が頭の中を渦巻いていた話。

ほのかさんの言ってることは至極まっとう。彼女の言葉にプロ根性を見た。こういう子は好きです^^
美咲ちゃんには甘甘店長だけじゃダメですからね!こういうびしっと言ってくれる人こそ必要。

最後のページの美咲さんと碓氷のカットはなんだか妙に好き(笑)。

13話。ネットアイドルAOIちゃん。
ネットアイドルって、もっとこう、グラビアアイドル系の方達を言うのかと思ってました。
縦巻ロールありですか。そうですか。

14話。幸村頑張るの巻。
「そこ、心底嫌がるところだから」に同意。

15話。女嫌いの催眠術師登場の巻。
メインは保健室での碓氷と美咲さんの絡みでしょうか^^。
ちょっとお困りの碓氷は、これはこれで新鮮。
さて、最後、碓氷も催眠術に・・・?な、ところでこの巻終わりー。

かけられたと見せかけて、いつものように飄々と催眠術師をけむに巻く碓氷に3000ハラタイラ。
と、予想しておいて、感想を終わらせていただきたいと思います^^


龍の花わずらい 4 マンガ感想

(2007-08-06)
龍の花わずらい 4 草川為。



上娘に読んでいいよ許可を出しました。
我が家では母のマンガは、母の許可なくしては読めない決まりになっております^^。娘が買うマンガはすべて母の検閲済みですが、最近貸し借りしよるでな!さすがにそこまでチェックはしておりませんが^^

この漫画はオッケー。ちゅーにこれだけときめける、こういう漫画こそ「少女」まんが!
小6の乙女にもちょっぴりときめいて欲しかったのですが、彼女の心の琴線にビンビン響きまくったのは、ルーとクーでした・・・。

やっぱりねっ!!

「ルーが娘Aで、クーが娘Bちゃん(妹)みたいー。くふふ」・・・くふふじゃねえよ、小6女児!!どんくささはどっちもどっちだっつーの。
でもよりどんくさい方を自分にあてはめてる辺り、自分の事を良く分かっていらっしゃると言うべきか。

昨日からルーとクーの絵ばかり書いてらっしゃいますよ・・・。

さて。砂漠を砂嵐で襲っていた謎の集団の刃からシャクヤをかばって大怪我をおったクワン。
龍の宝珠のおかげで命を取り留めたものの、静養を余儀なくされ、その看病(体を拭く)を誰がやるかで徹マン勝負する侍女ーズ&シャクヤ。
・・・お前ら何やっとんねん。
そんな中でルシンの記憶も蘇り、自身の命を狙った人間の顔を鮮明に思い出す。
そんな時、ルピナ(シャクヤの侍女)はこま物売りと街で知り合い、ちょっと彼にときめいてしまう。
しかし、彼はルシンを襲った、これまた謎の集団の一味だった。

↑あらすじ書くと、重いんだか軽いんだかさっぱり分からない流れでございますね。
話の筋ははっきり言ってものすごい重いんじゃないかと、今書いてて思いました。でも話のノリはめっちゃ軽いんです。
このギャップがこの人の描く漫画の魅力ではなかろうかと。

ところでわたくしは、今までのこの感想で書いてる通り、ルシン派でございます。
しかし!前回の「葡萄食べさせ事件」で。きゅきゅきゅー!と、ときめいてしまい、今回の「こうして食べて差し上げますよ」の件では、どきゅきゅきゅきゅーーー!と、心臓わしづかみ。
えーえ、こういうシチュエーションが大好きなんです!大好物なんですー!
クワン・・・侮りがたし!!うぬう・・・やってくれるな!

塗り薬を塗布するルシン。動物に好かれる少年ルシン。ルシンを見る目は・・・ネエ=サンに完全に同調。
「俺にも花を」のくだりはもう、切なくて悲しくなってしまいました。

後半2話はルピナの話。
ルピナがシャクヤの侍女に内定された話には爆笑。踊り食いかよ^^!
そしてルピナとキコク。

「人間ギャップに弱いというか、意外性にはっとするもの」

ルピナ、至言です。そうなんです。その通り!!ときめきの原点はすべてここにある。
その意外性を感じた瞬間、おちるんです。・・・自分の好みの原点をこのルピナの言葉に見るくまきち・・・。

さて、キコクの主は脚線美のお姉さん????
話の続きの方も気になります。
もちろんルシンとクワンの勝負もね!!

スタート時点で圧倒的優位のクワン。少女漫画的な正解はルシンなんだろうなあと信じてましたが、2巻でもクワンの優位にルシンは健闘するも及ばず!
3巻では追いつくどころがぶっちぎられて、差は開くばかり。
そろそろ反撃か!?ルシン!?と思いきや、4巻で既に7回コールドの危機。

どうするルシン!?
それでも私はルシンを応援しますがね^^!



おおきく振りかぶって 第17話 サードランナー

(2007-08-05)
おお振り 17話 サードランナー

桐星戦、続いております。
「ナイピッチ!」と声をかけられる三橋。・・・よだれたれてますよー・・・。この三橋が・・・かっこいい・・・^^?

「監督見るのはオレの仕事」な和さん。見ちゃダメ感は漫画の方がより感じられましたよ。「どーーーん!」な感じがアニメではインパクト不足。


練習風景をモノローグだけでなく絵で表現するのはアニメならでは。この後の武蔵野第一の部分はアニメオリジナルだよね?記憶に無いよな・・雨がどうとか言ってる榛名なんて。
カグやんの独り言とか。

援団の「チア欲しいよなあ」はこの後への布石か^^これもオリジナルですよね?
雑誌で読んでないので分かりませんが、8巻の予告ではチア志願者がいたような^^

桐星監督、しっぶーい!いいなあ好きだなあ^^

桐星応援の曲が変わりました・・・んが、絵は変わらず(笑)
一番左で斜めになって応援してる彼が気になって仕方ありません・・・。

「外野4つ!内野1つ!」の意味、コミック読んだ時にはサーーーーーっパリわけ分かりませんでした。大熊に聞いて、説明されて・・・・薄ぼんやりと分かった・・・・ような????
もひとつ、巣山が「やりやすい・・・?」のはなあぜ?これは未だに謎です。どうしてやりやすいのか?

必死で走る、三橋。「右手で取れ!」の指示に対する「はいっ!」の返事がえっらいかわいい今日の三橋で今日はおしまいー。

さて次回「追加点」。
桐星戦、夏終わってもまだまだ続きそうですね^^

私、野球の中心はピッチャーだとずーーーっと思ってましたが、ここまでキャッチャーがすべてを見渡して、現場監督みたいな役割をしてるんだとはじめて知りました^^
・・・これから野球見るときちょっと見方が変わりそうです。
8日からですね。甲子園。




高校デビュー 9 マンガ感想

(2007-08-04)
高校デビュー 9 河原和音。



もう9か。早いねー。これはまだまだ終わりそうにはありませんが。

今回は「大運動会」なるイベントに向って、準備に一巻丸々費やした話。
朝丘さん絡んできたけどね。

何巻だっけ、ヨウを試しちゃおうみたいな回の時の朝丘さんは、アレはアレで演技だと思ってた・・・けどそうではなかったのか?
あまりにも人をくったような事しか言わないから、真意がわからん!・・・が!今回のはまじだよねえ・・・。

でもまあこの漫画で、朝丘さんと晴菜がくっつくような事は100パーセントありえないから、まあこれはこれで。お楽しみイベントみたいな感じ^^?

さて、それにしても大掛かりな運動会ですな。選挙とかって準備も開票作業も大変だろうに、2回もするんだ(笑)力入ってますなあ。

さて、3年の代表のおねーさん、峰岸さんだっけか。彼女かもっとからんでくるのかなと思いましたが、それはなかったですな。これからあるのかな。

ヨウが団長、慣れないながらも頑張る姿はよかったです。晴菜は相変わらずだけどね。晴菜のが似合いそうだけどね!長ラン^^大きな声も。

さて、次はじゃあ運動会の話で一巻全部・・・なんて事はないだろうなとか書きつつ、あるかも・・・とはこっそり思っております^^


PL花火 INみくさんちー^^

(2007-08-02)
今年も行ってまいりました。どんぶらこ^^

3年目になるかな?めっちゃ素敵なロケーションにお住まいのみくさんちへ、まみさんのお供で(お供どころか今年からはドビーよ^^!下僕!)、ずうずうしくも子連れで押しかけ、おいしい物をたらふくいただいて花火まで見させていただくという夢のようなツアーでございます^^。

まずは最寄り駅から(うちの家が最寄り駅に行く通路なので、うちの前でみんなと偶然合流^^)、まみさん(リーダー)&さやちゃんみっちゃん、みーこさん&わたわた、ムーはん&KりんYりん、くま&娘A娘Bの総勢11人で、難波へ。

難波でお土産・・・と、言うか自分らの食い扶持の一部を購入。
先ずは去年味を占めた豆狸のおいなりさん!これ真剣美味しい。帰りに寄れるなら買って帰りたかった!←無理言うな^^

次にサンドイッチ、そして焼き菓子を購入。
高島屋の地下で買ったんだけど、夕方5時くらいのこの時間って、もんのすごい人!!いやこれが普通なのか??人口密度の低い田舎町に住む私はこんな所で買い物なんてできません!

ので、11人で狭い売り場にミチミチ入ってると迷惑なので、子どもらを比較的邪魔にならない通路に配置、その目付け役(??)に私とムーはん、買い物は都会に慣れている(笑)まみさんとみーこさんにお任せして、買い物終了。・・・おかしい・・・結婚前はそれなりの都会に住んでたはずなのに(大笑)12年の月日はすっかり私を都会に住めない体にしてしまったみたいです。

で、ぞろぞろとみくさんちへ行くための何とか線に乗り換え(3年も行ってるのに覚えてません←)、どんぶらこ。
これまたかなりな人でびっくり。舐めてはいかんな!PL花火。

浴衣のお姉さんが多かったー。髪はみんなふわんふわんさせた感じの髪型。わたわた少年がちょっと手すりに捕まるのがしんどそうだったので、わざわざ詰めて「ここに座り」と言ってくれた浴衣の綺麗なお姉さん、優しいのう・・・。

で、到着。マンション下でみく友さんご一家とも会い、人数は15名に^^
そして後はもう・・・喋るのみ!食べるのみ!見るのはとりあえず後だ^^!

070801_185327.jpg

こーんな感じ^^

食べて飲んで喋ってたらあっちゅー間に花火。

私は相変わらずデジカメを持参しないブロガー失格者なので、綺麗な写真はまみさんのブログかみくさんのブログへGO! 

070801_195722.jpg

山火事?

070801_201611.jpg

ギャートルズの火山?どごほーーーん!

070801_202207.jpg
070801_202345.jpg

比較的マトモな2枚。

070801_204926.jpg

大ラス。・・・今にも溶岩が流れてきそうですよね・・・。

去年のラストのがすごかったような。今年はあれ?これでおしまい??って。綺麗だったけどねー。

つい先日見た近所の花火大会とはやっぱりもう何もかもの桁が違う!圧倒されてますよね、この花火。

でもみんなベランダで写真撮るのに必死で半分くらいしか見てないのでは???花火モードは綺麗かったですかーい^^?

で、9時ごろ終わって。マンションのベランダで「え?終わり?」「いやまだあるでしょ、まさかこれで終わりじゃないんじゃない?」「でもほら、下の道をみんなぞろぞろ帰ってくるよ?やっぱり終わりじゃない?」なんて喋ってると、みく友さんちのあっぷるちゃん(小1。めちゃめちゃ口達者でかわいい)が下の道に向って、

「終わりですかあーー?もう終わりですかあー?」と叫んだのにびっくり。
更に「終わりやでー!」と、返事が返ってきたのに2度びっくり^^

素敵な街です。みくさんち^^さすがセレブな街ですわっ!

で、少しゆっくりさせていただいて、みくさんちを10時ごろ辞去、またまたどんぶらこと帰ってきました。

去年、帰りの電車の余りの混み具合に、普段そんな電車に乗ることのない下娘が、恐ろしさに怯えて泣いてしまったんですが(笑)、今年はちょっとみくさんちでゆっくりさせてもらったせいで混み具合もさほどでなかったため、下娘も泣く事なく帰る事が出来ました^^

あー、でも花火が綺麗かったのはもちろんですが、それ以上にみくさん達と喋るのがもう楽しくて楽しくて。
頬骨のあたりが笑いすぎで痛くなるほど笑わせてもらいました。実は今日もまだちょっと痛いです・・・。それこそ「どんだけえー」!^^

毎年毎年楽しい時間をありがとうございます!みくさん。そして連れて行ってくれるまみさんにも感謝!



プロフィール

くまきち

  • Author:くまきち
  • くまきち
    ゲームと読書と映画と、その感想を書くことを愛するそこら辺の主婦。基本的にはネタバレありです!ご注意ください。
    ブログ記事に全く関係のないトラックバックは削除させていただきます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。