スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コードギアス 反逆のルルーシュ 第24、25話

(2007-07-31)
本放送(と言うのか・・・????)を18もしくは19話くらいから見始めた程度なので、話の大筋は何となく分かるものの、細かい人間関係とかはちょっと不安なままで拝見しました。いや、いまいち誰が誰だか(笑)

前回、とんでもないところで放送をぶった切ったこのアニメ。いろんな意味で衝撃的でございましたが、その続き。

2話まとめて見て。
・・・続編製作決定って、何・・・?
えーと、この続き、と思っていいのか、それともこれはこれで本当の終わりで、時間も場所も変えた「続編」と思っていいのか。

それにしても、なんと言う終わり方・・・。どう解釈してよいものやら。
これで終わりと見るなら、あの変な機械に乗ってた、めがねのちょっとイっちゃったお姉さんがボタン押しちゃって?あの地区にいた人壊滅しちゃって?スザクとルルーシュは相打ちで?C.Cは日本語が不自由なめっちゃ楽しいジェレミアさん(?)と心中しちゃって?
要は全員死んじゃった・・・?

と、見終わった直後は、真剣こう思ってしまいました・・・んが!!

ここまでみんないなくなったら続編もくそもないな、と言うことに気付き、さて思考は振り出しに。

いやでもね、↑だったら確かに一応は終わる・・でしょ。確かに終わるのだ。敵であるものをすべて滅ぼせば・・・なんて誰かも言ってたように(誰だよ!)。まあでも日本は再侵略されて、それこそなくなっちゃうかもだけど。
そして、そんな話を一体誰が作るというのか(笑)

25話で、何も起こってないなら、本当に何も終わってない、ただぶった切っただけって、それってありなん^^?いやそれはそれでなんかもう、何でもありやな!と言う感じでございますが。

いやもう本当に何がなんだか。
でも、見てて、面白かったんですよ!この辺りが自分でも何がなんだか(笑)

C・Cの過去?がチラリと出てきましたが、結局自分が何なのか、C・C自身も分かってないってこと?何度も何度も殺されて。
でもじゃあ今回も死んでないよね?って。ギロチンかけられた事さえありそうな感じだったもんね?

で、私、あのちっちゃい髪の長い男の子が何なのか、さっぱり分かってないんですけど。

スザクはどーにもこーにも好きになれない人ですが、今回はぶち切れちゃってて、私の苦手な「いい子ちゃん」オーラがオブラートに包まれていたので、あまり気になりませんでした。
どーでもいいですが、新しいガンダムの主人公???がこのスザクに見えて仕方ありません。そっくりじゃないですか??見た瞬間「うわ!私が苦手そうな」って思ったんですが^^、どこの感想でもどなたも書いてらっしゃらないので、私の目がゆがんでいるのかもしれません。動いたらまた印象も違うのかな。

さて、ルルーシュ。もう本当に、ここまで自分勝手で狡猾でずるくてヘタレで、自分の事しか考えてない主人公がいたでしょうか!?

今回の戦局の、あの場面であの選択。もういっそすがすがしい程ですね。諸悪の根源。仲間すら省みる事をせず。
でも彼の中では最初から最後まで首尾一貫しておるという。

スザクは嫌いだと思うくせに、でもそんなルルーシュは嫌いじゃない。
真剣・・・何でだろう^^?←知らんがな。

続編がどういうものか知りませんが、そんなルルーシュがどう滅んでいくのか、またはそうでないのか、ちょっと楽しみに待ちたいと思います。

25話のエンディング、曲が非常によかったですね。特にFLOWのあの曲、本当に大好きです。
スポンサーサイト


ピアノの森 映画感想

(2007-07-30)


本日見て来ました。

ピアノの森、原作は読んでおります。ちょっと内容的に子どもに不向きと判断、娘達には読ませておりません。
んが、映画ではさすがにその、子どもに不向きな部分(インバイ等の言葉とか)はカットされてるとの事と、アシュケナージのピアノがいいという評を見たので、聞きに行きたくて、まみさん、ムーはんをお誘いして子供づれで行きました。

今日行くというのは、今日が「ワーナーの日」だからこそ決めたんですが^^、甘く見てた!
ムーはんが最初Eリザーブでチケットを取ってくれると言ってくれたんですが、なんと一回につき6枚しか取れないんだって。
・・・それっておかしかないか・・・?5人家族で今回は映画にじーちゃんばーちゃんも連れて行こうと思ったら一緒には取れないって事でしょ?何考えて6枚・・・?基準は??

今回私たちも、大人が3枚、子どもが5枚で計8枚必要だったので、断念。まあ朝一の回だし、買えるだろう!と、映画が10時半開始だったので、10時10分に映画館集合予定。先に行った方がチケット買っておく、と。

私が家から一番近いので、早めに出て10時ちょうどに列に・・・なんだこの大行列は!!
そうか、いつもはワーナーの日でも平日だとたかが知れてるけど、今回は平日は平日でも夏休みだったんだ・・・。がっちょーん。・・・自分だって子ども連れてるくせに^^・・・読みが甘かった・・・。

結局買うまでに30分以上かかり、ドキドキでしたよ!順番目の前で「ピアノの森 10時半」の表示がブルーに変わるしさ^^←上映が始まってしまうと変わるらしい。
まあCMがあるので本編には間に合い、ほっと一息。ただ、ポップコーンもジュースも買う間がなく、手ぶらで見る事に。

さて、話の流れは原作そのままで。コンクール予選まで。阿字野が「カイを世界へ」と、レイちゃんに言う所まで。

レイちゃんのお商売の件は大人が見たら何となく分かるかな程度で。でも「客を取る」とかの台詞が出てきた時はちょっとドキドキ。うちの娘には分かってないだろうけど^^

話の筋はとにかくシンプル。カイと修平が出会って、森のピアノと出会って、カイの才能に阿字野が出会い、そしてコンクールへ。

あちこちで声優さんについて書いてあるのは拝見しておりました。
カイ=上戸彩さん。私は基本的に女の人が声を当てる「少年声」(むっちゃちっちゃい子はいいんだけど)が苦手です。それがプロの声優さんでも違和感を感じてしまう。
そんな先入観で見た今日の映画。

上戸さんは、思った以上にお上手!でこれはちょっとびっくり。タレントさんにありがちな、たどたどしさを全く感じませんでした。
んが!やっぱり女の人の声。普通の声はまだ何とかなるとしても、ちょっとため息っぽい、吐息交じりの声は、どう聞いても「女の人」の声で妙に色っぽく感じてしまい、違和感があったなあ・・・。

修平=神木隆之介くん。あちこちで「棒読み棒読み」と書いてあったので、どんなんかと恐る恐る聞いてみたけど、「どんなすごい棒読みだろう」と思って聞いたせいか^^、私は個人的には全く違和感を感じませんでした。むっちゃ上手い!とも思わなかったけど、別に自然に。ナチュラーーールな感じで聞けました。
どっちかっちゅーと、神木君といえば「ハウルの動く城」のマルクルの声の印象が非常に大きかったので、あんなかわいらしい声だった子が!こんな「男の子の声」になっちゃったのねえ・・・と言う感慨深い感じが^^

阿字野=宮迫博之(雨上がり決死隊)。
まみさんとムーはんがエンドロールで「阿字野の声が宮迫!?うっそ!かっこいい声だと思ってたのに!」と、ものすごいギャップを感じたらしいです・・・。すみません、わたくし、この方全く知らないので何とも^^雨上がり決死隊って、ナンデスカ・・・?

あとは誉子の声が結構かわいくて好きだった^^他の人で違和感なぞは全く感じませんでした。

絵は原作そのままな感じ。森が非常に綺麗でした。幻想的で。
最初のカイのピアノの音、修平が耳を押さえて聞いてたから「大きな音なのかな・・・?」と感じるけど、映画での音自体は普通のピアノの音でしかないのが残念。

修平のいろんな心の機微がはしょられてたのは残念だけど、でも嫉妬みたいなものを感じつつも、カイのピアノが認められることを望む気持ちとか、感じられたのが良かったかな。

前半は、原作知ってるからまあ何となく見ていけるけど、子供にはちょっと退屈だったかなあと思いました。
コンクールの話になって、モーツアルト軍団が出てくる辺りからは結構テンポよく、また面白かったです。

マンガしか知らず、映画になることを知った時、「無音だからこそ表現できる「すごい音」が、リアルな音として表現されたら幻滅するんじゃないか」と思っておりました。

ピアノの音を侮っておりました。わたくし。
すっごい「らしかった」もん。この映画のピアノ。修平のピアノは本当に完成されたピアノ。綺麗で、きっちりと。

今回一番笑ったのは誉子の弾いてる場面でしたが(ト○レに乗って弾いてるんだよ(笑)!)、でもピアノは本当に優しい、女の子らしい音で、修平とはまた全く音色の違う、まさに誉子のピアノ。

最後のカイのピアノは本当にちょっと鳥肌が立ちました。素晴らしかった。確かにこれ聞くだけで、この映画を見た甲斐はあったかも^^

モーツアルトのケッヘル何番とか全く知りまへんので、この音の何が「コンクール向きでない」とかはさっぱり分かりませなんだが(靴脱いだからダメとか、立って弾いてるからダメとか、そういう理由なら分かるけど^^)、でもまあきっとコンクールってそういうものなんだろうなあってのは分かります。
でもそれが日本のもので、海外へ行けばカイの音が認められるような、そういう種類のものなんでしょうか?ピアノ界の秘密はよう分かりまへんわ・・・。

ま、映画として「めっちゃ良かった!」とは思いませんでしたが、ピアノの音は、本当にすばらしかったです。



おおきく振りかぶって 第16話 あなどるな

(2007-07-29)
おお振り 16話 あなどるな。

桐星側から見た「あなどるな」かな。

先取点の結末から。
「はい、やっと目が開きました」な、準太はやっぱりかっこいいー^^

耳温計にびびる三橋の動きはどー見ても小動物。
「阿部君はすごいね」から「ありがとう」に至る流れ。こないだの三橋の「一生懸命投げよう」もしかり、とにかく原作ではさらりと読んでしまった三橋の台詞が本当に印象的に演出されてて、この辺りに非常に作ってる人の愛を感じます^^
三橋の一言(意味を成す言葉が少ないからね^^!)が切なく、また重いです。

そして意外に涙もろい阿部。
「う~~~~て~~~」なレンの叫びは、非っ常にママンの「れ~~~ん~~~」な響きに似ていてさすが親子!

巣山の「この人は三橋じゃない」な台詞。三橋に対する信頼の言葉にまた、じーん^^
上手くしてやられた田島は何だか妙にかわいかったです。

そして!ルリ登場。
いや、ピンクのフリフリとどピンクのかばんにちょっとびっくり。何となく淡いブルーかグリーンのイメージだったのよ。原作読んで勝手に思ってたのはね。

あの脱ぎっぷりは原作知っててもドッキリしますよ、ルリさん。
周りのママンの「カノジョ?カノジョ?」な好奇心バリバリな突っ込みと「かわいーかわいー」コール。
・・・めちゃめちゃ「おばちゃんなノリ」がリアルで笑える。

「こんな活躍するなら見たかったわ」なレンママに対し、「中学では活躍してないよ」とズバリと返すルリ。レンとの会話でも「明日で終わっちゃうかも」とズバリ。
この辺りのずばずばさ加減が非常にいいです。好きー^^

この子の言う「レンレンのクセに」が非常にかわいくて好きです。
仲いいよねえ。この二人の会話は聞いてるだけで微笑ましーい。

さて、次回は桐星の反撃始まりますね!
こないだから高校野球のリアルな地区大会も見てますが、本当に高校野球は面白い!

夏ですねえ・・・^^


内容、5から6に入ってきましたね。
まだ8巻までしか出てないのに大丈夫か・・・。どきどき。
雑誌で読んでないので、コミックより先の内容はして欲しくないんだけど^^


蝶よ花よ マンガ感想

(2007-07-26)
蝶よ花よ 吉原由起。1~4まで。



マンガの感想ブログをふらふらと彷徨い歩いてた時に、面白いという感想を見たので、買ってみました。
BOで探してたんですよ。んが!1は見つけたもの2以降は全く見かけない・・・。

しょうがないので新刊で買ってみました。

代々続く名家久世家の蝶子お嬢様。しかしのほほんな当主のため(蝶子の父)没落。それが小学生の時。
今では下町で蕎麦屋を営み、それなりに幸せに暮らしていた。
そして大学を卒業、弁天不動産に入社した蝶子。面接でいきなりセクハラ発言をされた上司に目をつけられ、新人研修もそこそこに、その上司の部署である秘書課に無理やり配属。
実はその上司は昔の使用人だった・・・。

ラブコメ・・?かな。ハイテンションギャグ・・・?かな。

ま、一応ほれ、元使用人と元お嬢とかって、私の担当かなと思って押さえておきました。イロモノ担当者としてはね。

うーん、1巻はまあまあ面白いと思いました。2巻はそこそこ面白いと思いました。3巻はまあこんなもんかって感じで、4巻は、「ぶっ飛びすぎやろ、それ」と・・・^^

コネタがガンダム系だったりして、結構笑えたりもするのでいいんですが、4巻はそれがもう突き抜けちゃった感じ。ちょっとやり過ぎな感もあり。

後、やっぱり掲載誌がプチコミック(多分)と言うことで、ちょっと対象年齢が高めなせいか(もちろん私はその対象年齢をすらエベレストの山頂から見下ろすくらいのオーバー年齢ですけれども!)、言葉があまりにも直接的^^
うーん、あまりにもあからさまに言われると、返ってテンション下がりますよね?そんな事ないのかな?
色っぽさはチラリズムにこそあると思うんですけど・・・(笑)←マニアかおまへは・・・。

3巻で行為^^も出てきますので、娘達にはよう読ませられませんが、それでも同じ小学館の少女コミックやらチーズやらと比べたらマシに見えてしまう。行為の表現がえげつなくないんですよ。対象年齢高いのに^^!

軽く読めます。面白いのは面白いです。直接的な言葉に嫌悪感を持たない人なら楽しく読めるんじゃないかな。
ただ、もう2人、くっ付いてしまったので、後は同じようなことの繰り返しになるかなーって感じ。4巻でもう満足できてしまう、5巻以降に「で?どうなるの?」な、期待があまり持てないのがちょっと残念。

5巻以降は買うかどうかは微妙です。その時の気分で・・・^^


アラクレ 5 マンガ感想

(2007-07-23)
アラクレ 5 藤原規代。



もう5ですか!でもってまだ終わりそうな感じでもないですもんねえ。
1が出た時から買ってますが、まさかこんなに続くものだとは思ってませんでした^^全3、4巻くらいのペースかなあと。

まあ確かにいつでも終われる感じの話ですが。
でも前巻で感じたテンションダウン感は、今回はさほど感じず、思ったより楽しく読めました。
ただ、楽十さんの顔がいつにも増して色素が薄く、上下にのぺりと延びていたように見えたのは私の気のせいでしょうか?うーむ。

クリスマス会を関東浅黄組でやっちゃおうの巻

紋付はかまでのお出迎え、ジャリはジャリらしくカラオケでも・・・の件、「わりいごはいねがア!」なサンタさん、動揺する寅さんが、私の笑いのツボに^^

ところで委員長の目的はほんとに楽十・・・?

風邪ひき楽十さんの巻

それにしても何てひどい親・・・。
こんな親いねえだろ!何て到底言えない今の世の中・・・。寂しすぎる・・。

どこで雷伊蔵さんに拾われたんだっけ?今までにそんな下りあったかな。

バレンタインの巻

そう、こういうストッパーがかかるのが好きなんです。←お前の好みかい^^!

クラブミルキーウェイの巻

その子、本当は38なんですのよ。・・・あくまで「うそ」はつかない楽十さん。そのポリシーは立派です。

恋するヤスさんの巻

ちょっとインターバルな話。
ま、これはこれで。特にコメントはございませんでした。

最初のクリスマス会の話が、この巻ではダントツに面白かったかな^^
でもまあまあこんな調子で当分続きそうではございます。

ごくせんパクリとの話もたまに目撃しますけど、・・・似てるか・・・????ごくせん大好きな私ですが、全く気にはなりません。
まあ人の、引っかかるツボはそれぞれか^^


おおきく振りかぶって 第15話 先取点

(2007-07-22)
おおきく振りかぶって 先取点・・・?

タイトルに意義あーーーり!
点は審判のコールがあって入ったと言えるのじゃ!変な所で切るなー^^!

さて。
1回裏から。桐星の攻撃。
相変わらずモノローグで進む話。それに合わせた絵は、漫画だと文字数多くても気にならないけど、やっぱり動く絵としてはモノローグ分の時間稼ぎのためか無駄に長い感じが致しました。

攻撃は3者で仕舞い。
監督の「じ~~~~~ん~~~」の呼び方がナイス!怖!!

2回表。西浦の攻撃は花井から。
「田島に言われると嬉しいもんだな」の台詞に、大熊、「みんな田島が好きなん?」と。
・・・いや、他の誰に言われるより「あの」田島に言われるから嬉しいって・・・それだけの事だよね?確かに好きは好きだろうけどさ。

モーション盗む田島。知っててもやっぱりすごい。知ってても「おお!」とか、実際の野球見てるみたいに声が出てしまいました。

モモ監の「三橋くんはマイナスに考えて・・」な件。音として聞くと「ひっでえ^^」感アップ。
それにしてもネクストサークルで挙動不審な動きをする三橋。確かに変!変!変!!これはアニメならでは。

そして打って走る走り方!転び方!丸くなって転んでないよね^^?反り繰り返って転んでない?あんな転び方できるんか。確かにあれはひどい転び方だ・・・。

「ゆーっくり肩回せ」って言ってるのにぶんぶん回す三橋。原作読んでるから展開は全部分かってるんだけど、それでも思わず笑ってしまいました。

そして阿部のモノローグ。・・・苦労性と言うかなんと言うか・・・。阿部・・・頑張れよ・・・と、ぽんと肩でも叩きたくなってしまう^^

最後、はさまれた三橋。変な顔さ加減がレベルアップ。これには爆笑^^いやすごかった!

今回はここまで。
次回笑いのツボに入る準太さんが見もの。
テンションが高いなって言うのは次回かな^^今回はさわりだけでしたね。

桐星戦だけで10話くらいいきそうなテンポ。ま、これはこれで。
今回も非常に面白かったです。三橋のネコ目比率が高かったので、あの顔が大好きな下娘も大満足のご様子でしたよ(笑)






脳内メーカー その2

(2007-07-21)
昨日全くつながらなかった脳内メーカー。
今朝は大熊が研修で7時半に家を出たので、土日は絶対9時前には起きない私も普通に起きました。

で、やってみたら、さすがに休日の朝8時ならつながりましたよー^^

と、いうわけで、金の事と喰う事と休む事しか考えてないくまこ(昨日の記事参照)。みくさんのとか見ても、もっと項目があるのに、自分の、えっらいシンプルやなあと思ってましたが!

fuko.gif


下娘の脳内はもっとシンプルでした・・・。
齢8歳のおなごの脳内が

酒だけかい!

社会人になったこの人のアフター5が目に浮かぶようだわ・・・。

しかし!更にシンプルな奴が!

sakura.gif


一目瞭然のこの脳内に一体何をコメントしろと・・・?
そうか、それしかないか。11歳の乙女・・・。

・・・わかった!思うがまま生きてくれ!

しかししかし!恐ろしいのは娘達ではなかった。

ookuma.gif


・・・大熊さん・・・。あなたって人が分からなくなりました・・・。


項目の多い少ないって、苗字ですかね!?
と、ふと思ったので、自分の旧姓でしてみました。

naka.gif


これは・・・ダレデスカ?

あんなに清く正しく美しい人生を歩んでいたはずなのに・・・!

やっぱ苗字か!?・・・怖いけどこっそり父母をしてみようかな(笑)

脳内メーカー


追記:「くまきち」でやってみました。
これはこれで納得^^。


kuma.gif



脳内メーカー

(2007-07-20)
脳内メーカーなるものを、みくさんのブログで初めて知り(すんません、ホントに、テレビっちゅー物を見ないんですよ)、トライ!

午前9時ごろ・・・全くつながらず、一旦諦めたんですが、昼前に再度トライ。そしたら重いながらもつながりました!11時前くらいだったかな。
お昼時間になったら絶対だめだ!と思ったのが当たりだったみたい。今は全くつながりません。

とりあえず時間がなくて私のだけー。
あとで大熊、娘A、娘Bのもしてみたい^^

CEB6C5C4A1A1C8FEC6E0BBD2.gif


私は食うことだけの女かい!!

がっちょーん・・・微妙にショック。
間を「休」が横切ってるのは非常に納得だけど^^

私の脳内は半分以上金の事で占められておりました・・・。と、まみさんに言ったら「娘Aの塾代のことじゃない?」と。
なるほど納得(笑)
増える一方だからね。教育費^^

明日のお米と夜露をしのぐおうちには困ってないけど、教育費で頭がいっぱい・・・と言う事にしておいて下さい^^
後は食って寝てますから!


HONEY HUNT ハニーハント マンガ感想

(2007-07-19)
Honey Hunt 相原実貴。


<まみさん蔵>

この方をホットギミックで知り、結構面白くて好きになり、「空に太陽がある限りっ。」「青天大晴」「SO BAD」を購入。どれも好きです。「親にはナイショ」「東京少年少女」も借りて読んだんじゃないかな。

しかし!「先生のお気に入り」で、腰砕け。あんまりな内容に(笑)
いやー・・・。お好きな方はお好きかも。

ストーリー自体は嫌いじゃないです。教師と教え子、婚約者の弟のダブルストッパー・・・が働くはずのこのシチュエイション。普通の少女漫画として描かれていたなら結構好きな部類に入ってたかも。
だが内容は・・・アレですからね・・・。エロ本?相原さんどうしたんだ!と思ってたら、掲載誌が変わってました。ベツコミからCheese!に。

なあるほど!←納得はする^^

「続 先生のお気に入り」の方はもう拝見しておりません。「王子様の彼女」は読みましたが、うー・・・ん?って感じ。このブログの過去に感想書いております。

そんなこんなで出た新刊。掲載誌は相変わらずチーズだしなあ・・・でも今度は面白いかも・・と、本屋で躊躇していたら、まみさんが買ってくれました。ありがとう!読んでみたかったのよ。

アカデミー作曲賞を取った人気作曲家を父に、大女優を母に持つ「ゆら」。そんな華々しい家族ではあるけど、本人はいたって地味。何をしても両親を引き合いに出される生活にも「とにかく目立たず!」をモットーに生きている。
そんなある日、突然両親が離婚。母に「好きなところに行きなさい」といきなり捨てられ・・・。
そんな母を見返すため、ゆらは今まで興味のなかった芸能界に入ることになる。

見返すために芸能界デビューなんちゅーと、スキップビートを彷彿とさせますよね。ゆらさんは母のマネージャーと言うコネがあるから、オーディションまではすんなり行けた所が違うけど^^
キョーコさんは、まずそんな人を落とす所から始めなきゃいけなかったからね^^

特殊な家庭ではあるけど、まあ日常は安定していて、目立ちさえしなければ地味ーにでもそれなりに生きていけるはずだったのがいきなり暗転。そりゃー大変だ。

しかあし、うどんっ娘のオーディションのくだりはかなり良くあるパターンで安易^^ま、でもこんなもんか。

まだ1巻はプロローグ、チュートリアルみたいな感じ。ゆらに人気ミュージシャンやらトップアイドルやら絡んできて、さてこれからどうなるかって所。

願わくば、先生のお気に入り路線は勘弁^^普通の少女漫画でよろしく!
今後に期待!



こんなんとかこんなんとかこんなん。


ユニバーサルスタジオジャパン日記の追記

(2007-07-17)
下の記事に追記しようと思ってたんですが、めんどくさいので新に写真だけこっちに。

昨日は本当に撮ってないのでちょびっとだけ^^

070716_140324.jpg

ウォーターパレードを待ってる時間。

070716_142217.jpg

ウォーターパレードのフロート。クッキーモンスター^^

070716_141953.jpg

手に持ってるのが水鉄砲。
バケツは撮れませんでした。・・・バケツ持ってるところを撮ったら、携帯が間違いなく濡れますから!!ウォータープルーフ携帯の方はどぞー!

070716_161226.jpg

ジュラシック前で食べたマンゴーフラッペ700円。
でかい!!

大抵の方が2人でひとつ食べてました。私は娘Bと半分こ。娘Bはこれの他にソフトも食べてましたが^^
カキ氷、ちょこっと食べるのは好きですが、大量にはちょっと苦手だなあと思ってた私でも、娘Bに手伝ってもらったらぺろりと完食できました。美味しかったです。でも天気がアレだったので、食べ終わったあと寒くて寒くて・・・^^!

これと同サイズのブルーハワイとトロピカルフルーツのフラッペ。大熊ひとりで完食。さすがです!

あと苺の串刺し(商品名を知りません)を食べました^^
これはでっかい苺を凍らせて、3つ串刺しにしてあるもの。何かで甘みをつけてあるわけでなく、本当にただの苺です。

このご時世に堂々と「中国製」と書いてあるのに躊躇いたしましたが^^まあ買っちゃったものはしょうがない。食べましたとも。
これは生の状態だと甘い苺だったんでしょうか・・・?甘い苺も凍らせるとこんな味になるのか・・・?それともこんな味の苺なのか・・・?

ものっそ淡白。何となくすっぱい感じはするけど、甘みはゼロ。正直「味がない」と言うのが一番近い気がしました。
そしてがっちがちに凍ってるので、最初の一口は歯が折れそうになります。気をつけましょう。

これは次は買いたいとは思わないなあ・・・。もう死ぬほど暑くて死にそうになってて、氷(カキ氷じゃなくて水を凍らせただけの氷)が食べたい!って思うくらいの時なら美味しいと感じるかも。

070717_193915.jpg

私が手に入れたスヌーピーポンチョ。900円。
大熊が手に入れたウッドペッカーポンチョ635円より高級なのは耳か?

雨だったのでフードまでかぶってパーク内を歩いてたんですが、大熊には

「オイ!そこの犬!」

と、犬コロ扱い^^
「耳、たれてるぞ!明日も雨か?それとも疲れたか?」って。

デフォルトで耳はたれておるんです!

こんだけかい!な追記終了でございます^^。


USJ プチ日記 7月16日(月)

(2007-07-17)
昨日行ってまいりました。今回写真をほとんど撮ってないので、プチ日記。

夏中に一回は行こうね!と言ってたんですが(じゃないと年パスの元が取れない^^)、カレンダーを見ると、娘AもBも夏中忙しい忙しい。私より子どものが忙しいよ!日がないよ!と、フリーな土日を探してやっと見つけたのが今回の連休。
ホントは日曜に行きたかったけど、台風の影響で月曜に。

こないだ行った時より30分早めに出たので、開園30分前くらいに駐車場に入れる事ができ、かなり余裕。この時間帯がいいかな。

子ども達がどうしてもハリウッドドリームザライドに乗りたい!と言うので、最初からブックレットを買うことに。
うちは朝、今日はショーの日、乗り物の日と決めてブックレットを買うか買わないか決めるんですが、ま、昨日は「乗る日」と言うことで。

前回私がどうしても見たくて買った「ピーターパン特別鑑賞券」。ダダ降りの雨の中でデッキに座り、レインショー!とか言う特別な3分のショーで茶を濁された苦い経験のある券。
今回は台風も行っちゃったし、降水確率も30パーセントとの事だし!とリベンジで購入。
意気揚々とパークへ入園。

前を通ったハリウッドドリームは80分待ち。このくらいなら券なくても並べるかな?と思ったんですが、子供はハリウッドも大好きですが、ハリウッドスヌーピーなので^^、朝一はいつもの通りスヌーピースタジオへ。

ジェットコースターは10分待ち。家族で一回乗って。これはこれで好きですがね^^私も。
降りたらまだ15分待ち。開園後1時間もたてば40分待ち50分待ちになるはずなので、今のうちに乗っておき、と、子どもらだけで3連続(今まで最高は7連続^^)。そろそろ混んできたので、外に出てペパーミントパティが3、40分なら・・・と思ったら、既に80分待ち。
断念して、夏休み冒険クイズラリーなぞして^^、ふらふら園内を散策。

クイズラリーの商品の引き換え場所まで行ったら何と閉まっとる!なんで!?と聞くと11時オープンらしい。
今までかなり昔に買ったジュラシックのぺらっぺらのポンチョを大事に大事に何度も持ってきて使ってたんですが、さすがに前回破れてしまったので、今回はもうちょっと小マシなポンチョを買おうと、この時も探してたのに、メイン通りのお店も11時オープン。

・・・クイズラリーの所、11時オープンならパンフにそう書いとけ!!
メインのお店くらい開園と同時に開けとけ!
と、おかんむりのくま家^^

ま、気を取り直して、そのクイズラリーの場所がスパイダーマンの真横だったので、チケットあるし乗っとけ乗っとけと。相変わらず下娘、これ大っ嫌いでずっと「伏せ!」の状態だったけどね。ブックレット買ったらこれは乗らんと仕方ないんだもん。

時間は11時。半からハッピーハーモニーセレブレーションがあるんですが、もうこれは死ぬほど何度も見てるので、今回はいいやと。ちょっと早めのお昼を食べにシティウォークへ。

風神雷神と言うお店で冷やしラーメンを食べたんですが、・・・んー。まあ可もなく不可もなく。特別おいしいわけでもないし、まずい訳でもない。そんな感じで。
食べ終わって下で上娘がクレープ、私は持って歩けるロールケーキ(玄米茶黒豆とかそんなん)を買って、座ってバクバク。下娘はラーメン屋で買ったソフトクリームをぺろぺろ。
ロールケーキ、物珍しくて買ってみましたが、スポンジもぱっさりした感じで、あんまり私の好みでなく、生クリームはコンビニスイーツみたいな感じ(←ケーキ屋さんの生クリームが大好きなので・・・)。
これまたうーん、いまいち。

ま、そんなこんなでパークに戻って、たまたまハリウッドドリームの前を通ると45分待ち。
・・・なんで?これは穴場?と、すかさず券を使わず並ぶ!
実質30分くらいで1回目。今まで選曲したことのなかった、大熊お勧めの「大阪LOVER」で。

おお!これまた気持ちいい。落ちる落ちる。足はぶらぶら。ぎゃあぎゃあ叫んで(後で上娘に「お母さんの奇声がうるさかった」と言われました・・・。うぬう・・・。)

降りたらまだ45分。「よっしゃ連荘じゃ!」ともう一回券を使わず並ぶ^^券は夜に温存。

そしたら私たちが並んですぐ点検のため列をストップ。もうすぐパレードも始まるし、推測ですが、この時間こんな空いてるのはみんながお昼食べてる時間な事と、パレード待ちしてる時間だからではなかろうかと。だから、パレードの時間に合わせてこのジェットコースターも点検するんじゃないかなと。

なので、2回目も30分も待たずに乗れました。ラッキー。
2回目はエミネム。これはこれでいいけど・・・。やっぱ日本語がいいかな^^
ビートルズは取り合えずいいや、と^^。なので3番以外は全部聞きましたよ。ふふふ。

さて。今回の目的は新しく始まったユニバーサル・ウォーター・パレード。
これは場所がウェットゾーンとドライゾーンに分かれていて、ドライゾーンは普通にパレードを見る場所、ウェットゾーンは「容赦なし!エンターテイナーたちがゲストの皆さんを狙います!」だってさ。
もちろん我が家はウェットゾーン狙い。だからポンチョをこの時間までに買わなきゃいけなかったの!

でもギリギリまで例のものに乗ってたせいで、3列目しか陣取れませんでした。
このパレード初参加の私たち、パンフには「容赦なく」とか書いてあるけど、それがどの程度なのか分かりません。とりあえず全員ポンチョ(子どもらはレインコート)は着たけど。暑かったけど!!

そしたら沿道の先頭に陣取った子ども達・・・あれはもしや水着・・・?向かい側にはすべてむかれてオムツいっちょで居る子もいるぞ!?目の前ではビデオカメラのレンズ部分だけ出して、後はスーパーのビニールで包んでる人・・。
最初セグウェイに乗ったドクみたいな人が霧状のシャワーの出る機械を背に、沿道の人に水をかけ始め、おお!こういうパレードなのね、と。
嫌がおうにも募る不安感(笑)。そしてパレード本番は始まった・・・。

スヌーピーやらキティちゃんやらが夏バージョンの衣装に身を包み、山車の上で踊り狂う・・・。これはまあいつものパレードさ。
そして場所が決まり、フロートが止まって、トロピカルな格好のお姉さんお兄さんが手に手に持ち出したのは水鉄砲?

水鉄砲来たかー!ぴゅーぴゅーかけられます。まさに容赦なし。
ひゃあひゃあ言ってると、ざっばん
・・・ざっばん・・・?え?と思ってよくよく見て見ると、水鉄砲持ってるのはお兄さん達。
キュートな笑顔のお姉さん達が持ってるのは・・・それはバケツでは・・・?花のやうな笑顔でバケツの中にコップを突っ込み、それを容赦なく沿道の人にかけるかける。更にその後、彼女達がしたのは、バケツの中の水を直接ぶっ掛ける事!

まさに容赦なし!!ポンチョ着ててもかなりキマス!

いっそすがすがしくびちょ濡れになり、これがまた楽しいのがテーマパークマジック!いやー面白い!またしたい^^今度は最前列で^^!

娘Bはうっとりとした目で「Bちゃんは将来ダンスする人になりたい・・・。で、みんなにバケツで水をぶっ掛けるの・・・ふふふ」と。
・・・頑張ってUSJに就職してください。で、母を年パスタダにしてください

さて、その後は券を消化しつつジョーズ、ジュラシックに乗ったんですが、ジュラシックに並んだ3時半くらい?からいきなり土砂降り。アトラクションも止まっちゃって、列に並ばされたまま待つ羽目になったんですが、ま、夕立ちやろう、と。これが降ればスッキリするわとこの時点では楽天的。
アトラクションも復活し、無事乗れたんですが、でも雨は止まず。最初よりは小降りでは歩けど降りっぱなし。・・・あり?
でもピーターパンは8時半から。大丈夫なはずよ!だって30パーセントだもん!と自分に言い聞かせるくま子。

とりあえず夕食を先に食べちゃおうと、またシティウォークへ。今度は上娘のリクでおうどん。セルフの。
安くていいんだけど。壁に「こしこし」だの「つるつる」だの「もちもち」だのいろいろ書いてあるけど、私にはスーパーのパック茹で麺並みにしか思えませんでした。近所のスーパーに入ってるセルフうどん屋のがんまいぞ?今回のご飯はちょっと失敗ばかり。ちぇ。

で、またパークへ。でも雨は降り続く・・・。
ふとドリームライドを見る・・・。待ち時間40分。雨でかなりの人が帰っちゃったからね。でもピーターの券買っちゃった私たちは帰ることすらできないのよう!
えーい!と列にまたしても並ぶ私たち。券使わずに^^

3回目はコブクロ(笑)私はこれが一番気持ちいいです。ものすごい爽快!雨模様ですが、観覧車と逆側の空がオレンジに染まってて、すんごい綺麗。もう3度目ともなると、隣と会話しながら乗れます^^余裕余裕。
降りたら「アトラクションが天候でいつ中止になるか分からない」みたいなアナウンスが。券!券使わないと!と、短い列でもったいないけど、続け様券使って4回目。
そして降りてきてまだ列切ってない。アトラクション中止になってない!と、更に並んで5回目。アホですか。うちの家族(笑)。

そろそろピーターの時間なので、諦めながら行ってみると、やっぱり前回と一緒。レインショーになってて、券は金券で返す、と。やっと今日こないだの金券使ったとこなのに!使い道無いんだもん。あの券。
でも仕方ない。また券もらって。

「・・・ねえ、もうレインショーだったらこないだ見たし、もういいよ。そんなん見るなら・・・ジェットこースター^^」

そして本日6回目のジェットコースターに並ぶ私たち。
・・・バカデスカ!?いえ、もういいんです。ええ。

かなりな降りの中、乗ったジェットコースター。
雨なんてへっちゃらっすよ!今どこ走ってるとかつぶさに観察しながら、手を上げながら、隣と会話しながら乗ってました^^楽しかったー。

で、帰宅。
雨のせいで客が減ってたので、車も混まずすんなり帰れました^^

呪われたピーター。もう私が見る日が来るのか来ないのか分かりませんが、ジェットコースターにこれほど乗れる日もなかなかないでしょう!これはこれで大満足の一日でよかったです。

個人的な好みの問題ですが、私が好きなのは1番前!昨日は2回目だけ1番前でした。線路が見えて落ちていく自分を実感できるのが楽しい
でも、線路が見えているのであんまり怖くはないです。
線路の見えない2列目以降の方が、心構えないまま突然落ちると言う感じで、スピードもより感じるし、怖いような気が^^
どっちも楽しいけど!

さて、こないだ体格の良さのため^^、シートにお尻がみっちりと挟みこまれてた大熊。今回10キロダイエット敢行して行ったので(別にUSJのためじゃないけど^^)、「お尻が浮いたよ!」と大感激してらっしゃいました。ここに追記させていただきます^^

写真は後でつけます。今時間なくて^^


おおきく振りかぶって 第14話 挑め!

(2007-07-15)
おおふり、14話。挑め!

始まりました。桐星戦。

三橋!手!と、阿部に言われ、ペたしと手を合わせにくる三橋。わんこのやうだ・・・。お躾がなってますね^^

ご飯食べた・・・おやつも持った・・・に、「何の話?」な阿部。三橋の言いたい事を簡潔且つ的確に通訳する田島。本当にいいコンビだ^^

応援団にびびる三橋。「れーーーーんーーーー」と鶴の一声。この「鶴」は比喩ではありません(大笑)どっから出てるんだあの声!
ゼッケンの話に照れる三橋がまたキュート。

試合開始のサイレン、そしてトランペットの応援。うおー!高校野球だー!甲子園しか見たことないけど、地区予選でもこんなんなんですね。
今年は地区予選も機会があったら見てみたいな^^・・・ってもう今やってるのか!?←知識無さ過ぎ。

漫画でも違和感あった「ないないないー」。ほんとに!?ほんとにこんな風に言ってるの!?
誰も彼もモノローグのオンパレード。こっちは原作では字で書かれても違和感ないけど、声でやられるとちょっと違和感あるかな。そればっかだもんね。

最後、「ホントのイチバン」「一生懸命投げよう」な三橋。本当に切ないよね。マンガでは結構さらりと読んでしまったこの台詞、アニメではちょっとうるりと来てしまった。ああ、もう愛い奴だ・・・。みんなね!

そしてOP、ED変わりましたね。
OPは、第一印象は「うわー、アニメの主題歌みたいな曲だー」でした。←アニメの主題歌です。
まあ前のがそりゃ聞きなれてるから違和感はないけど、まあでもいい感じ。
ED。何度も書いてますが、前のEDが本当に好きなので、OPが変わったと分かった瞬間は、EDが怖いなあと。
実際聞いてみたら、・・・いい!この曲もすごくいい!、と。
また絵がいい!楽しそうな帰り道。ひとりずつ分かれて行って。
こういうの見ると、本当に高校時代に戻りたくなる。そしてこの絵にあってる。曲も。
こういう雰囲気が、このアニメ大好きです。胸がきゅんきゅんしますよね。はー。

と、言うわけで、次回、テンション高三橋の回^^
楽しみです。


内容、5巻に入りましたよー。まだ8巻しか出てない漫画なのに大丈夫ですかー(笑)?




放課後保健室 8 マンガ感想

(2007-07-14)
放課後保健室 8 水城せとな。


<まみさん蔵>

この巻含めて後3冊で終了と作者本人が断言。
全10巻。非常にいいペースですよね。だれず、面白いまま終われる。
こういう全体の長さは作者本人が決めることが出来るんでしょうか。よく「引き延ばしされてぐだぐだ」とか言いますよね?実際ダラダラ間延びして面白かったはずのテンポもめちゃくちゃになってから終わるようなマンガ、たくさんありますもん。それは作者さんの事情なの?
かと思えば「打ち切り」なんてのもあるし。
漫画の長さは謎が多いのでございます。

こうやって作者さんがたてた設計図どおりに終われば一番いいんでしょうけどねえ。

さて、ホーホケ8巻。

やっと自分を飾らず、正直な気持ちを伝えられた真白。この蒼に対する告白のシーンはめちゃめちゃ好きです。
ぐだぐだえぐえぐ泣きながら愚痴る真白がかわいい^^
その後の女子の制服を着るシーンもめちゃめちゃかわいい。

場面変わって幸せそうな紅葉の家庭。彼女の心の闇はどこで出来てしまったのか。
この巻の彼女はなんだかもう本当に、切ないほどに潔い。何を決意してしまったのか。彼女がちょっとこの先、何をするのか怖い・・・ような気がします。「恐ろしい事をする」って意味で怖いんじゃなくて、彼女自身にとってね。

さて、現実世界でちらちら出てくる鎧の意味は何でしょう。
それにしても先にちょかい出したのは蒼なのに、真白が応えた途端その言い草はナンダ!
そしてとうとうむき出しになっちゃった先輩、どうなるんだ!

な、所で次巻へ。
あああ、続きが楽しみでございます。
ほんと、最初読んだ時は好きじゃなかったのに^^いつも間にやら面白く拝見しておりますよ。

・・・ところで今回のあれ・・・は、ベッドシーンだったんでしょうか・・・(大笑)?←だってあまりにもあんまりだよ!






キスよりも早く マンガ感想

(2007-07-11)
キスよりも早く 1 田中メカ。



買うと宣言していたとおり、買ってしまいました。
先生生徒モノ、イロモノ担当のわたくしですから。

一応この連載は本誌で見てしまって居りました。絵が綺麗でかわいらしく、それが買おうと思った一番のきっかけでしょうか。絵は大事ですよ!ええ、私がその漫画を好きになるかどうかの、絵の比率は結構高めだと思います^^

両親を亡くし、親戚をたらいまわしにされた文乃さんは学校では乱暴モノ。すさんでいく彼女の救済目的で、売り言葉に買い言葉、「あたしと結婚して養ってくれんの!?」「あー!してやるよ!」なノリで地味目の担任尾白一馬と結婚してしまった文乃さん
そんな「ただのノリ」だと思ってたのに、先生は本当に大事にしてくれて。そんな風に大事にされても自分は何も返せないと思い込み・・・。

ってなか?これでいいのかあらすじ^^?

ラブコメの王道的な話だと思います。
先生と生徒、年の差・・・なダブルストッパーがね・・・。わたくしのツボ。文乃さんがかわいくて。

そして、ただそんな2人のドタバタだけじゃなく、いいアクセントな鉄兵くん。この子が効いてる!この子がまたいい。
文乃さんの4歳の弟。文乃さんは彼を守るために担任と結婚したと言う、大事な大事な家族。
この子がかわいいんだ、これがまた。

いや、いろいろと、理性では「それを4歳児の前で言うのはどうよ?」とか、「2人で出かけるからとお隣さんに預けるシチュエーションも、4歳児には教育上非常によろしくないのでは?」とか、私の中の「母」が批判的に見てしまう部分もあるんですが、・・・ま、漫画だし^^

今のところそういう部分より面白いと思う部分の方が多いので良しと言うことで。

巻末収録読みきり「月とひまわり」

これまたベタな話ですがな。ベタと言うよりレトロと言った方がいいような。

おバカでかるーく、毎日女の子とお気楽に遊んでる朝日。そんな彼に突然、ガチガチの優等生、通称「サイボーグ紺野」が「1ヵ月だけ私とつきあって。」と、もちかける。
一ヵ月後に規則のバリバリ厳しい全寮制の高校に転校するから、その前に「男女交際」なるものがしてみたかった、と。どうしても欲しかったコンサートチケットに釣られ、オッケーしてしまう朝日。彼女と付き合ううちに、意外な彼女の姿にどんどん惹かれていくが、「転校」の真実を知ってしまい・・・。

三つ編みメガネをはずしたらめっちゃかわいかった、とかね。もうすがすがしいほどレトロなネタ。
でもこれが意外に意外と、効くんです。いやほんとに。展開ももう本当にいにしえの少女漫画にあったよ!な展開なのに。
それなのに私、この話で泣いてしまった(大笑)

朝日と美月がめっちゃかわいらしいお話でした。

いや、だまされたと思ってぜひ^^






はぢめての 人間ドック^^

(2007-07-10)
人生初の人間ドックに行って参りました。
つっても何泊もするような徹底的なものでなく、簡易だけどね。

学生時代は毎年健康診断がありました。会社に行きだしても、会社での健康診断がありました。
結婚して仕事をやめて主婦になりましたが、半年で妊娠したので、健康診断と言えるのかどうかは分かりませんが、体の定期的なチェックはしてました。一人産んで、その後は、市が1000円で健康診断してくれるシステムで毎年チェック、2年開いて2人目妊娠、また定期的なチェック。

その頃市が財政難なのか何なのか、主婦向けの1000円で健康診断ができるというシステムを取りやめてしまい、働いてない私は健康診断を受ける機会もなくずるずるずると・・・。

大熊に「お前も一回くらいチェックしろ。お前に倒れられたら困る」と常々言われていたのですが、重い腰を上げることもなくあっちゅー間に8年^^さすがに大熊も痺れを切らし、「今年はオレがお前の分も予約するから!行くんだぞ!」と。
大熊は会社の金で(健保の金か?)^^人間ドックがただで受けられますが、家族も3150円を自費で払えば同じ検査をしてくれるんだって。3150円なら良くない?って。

確か市の「健康診断」は血液検査と問診くらいだったと思うのですが、人間ドックって何してくれるの!?と、ちょっとドキドキしながら今日、行って参りました。

有給取った大熊と2人、子供らを学校に送り出した後、8時過ぎのラッシュの電車に。
普段電車に乗りなれない私は、キップを買うためわざわざ一万円札用の機械に向かい(他の機械もあいてるのに)、お札を「カード」と書かれた入れ口にぐいぐい押し込んで「入らない!入らない!」と慌て、乗り換え切符用のボタンがないと騒ぎ(タッチパネルで操作するんですって。進化しとるのう・・・。←いつの人ですか!?)、大熊を大いに呆れさせたのでした・・・。だって年に1、2回くらいしか乗らないんだもん・・・。駅徒歩5分に住んでるくせに(大笑)!←県内ヒッキー。

どんぶらこと大阪は本町(都会じゃのう・・・)へ出向き、受けてまいりましたよ。検査を。

あらかじめ3回の検○と、朝一の検○^^を持って行きます。問診表とね。
で、受付でお着替えを渡されます。甚平みたいなすぐ脱げる形の上っ張りと、下はゴムのスカート。健康ランドのお洋服のスカート版みたいなの。・・・なんか落ちつかねえ・・・^^

で、ご案内のおねーさんに連れられ、5人一組で順に検査。私は10時スタートの組でした。
まずは血圧から。ごろりと個室のベッドに横になって、機械が勝手に2回測ります。検査の部屋のモニターには必ず自分の名前が表示されいて、間違いないか確認してくれます。
血圧は相変わらず上が96。90くらいの時もあるので、今日はまあまあ。低めですねとは言われましたが、それだけ。やっぱ高いと問題だけど、低いのは問題ないのね。

次に採血。血管が沈んでるのか細いのか、いっつも両手のひじをパンパンされてから取られます^^今日は右手。どす黒い血が取られるのを眺めるのが結構好きです^^←変な奴。

次は体重と身長と肺活量。肺活量は十分だそうで^^
身長は身長計、体重は体重計で量るものだとばかり思ってたので、身長を測る時思いっきり油断してたら、いっぺんに両方を測っちゃう進化した機械だったみたいで(・・・だからいつの人よ・・・。私。)、「やられた!」って感じ。
今から体重量るって分かってれば、せめて息を全部吐き出してから測ったのに!←悪あがきにも程ってモノが・・・。

聴力と視力も測りました。超音波診査が長かった!
ゼリーを塗ったくられて、「ハイすい臓見ますねー、肝臓見ますねー」とか言いながら、ものすごい時間をかけてこまかーーーく見てくれます。大熊はおととしこの検査でポリープが見つかったそうです。要経過観察で、今年は消えてたそうですが^^
首までぐりぐりされて、うひゃーって感じ。

後は・・・。はぢめての・・・バリウム。
まず発泡剤とか言う粉を少量の水で飲んで、その後でっかい紙コップのバリウムを飲みながらぐるんぐるん台の上で回らされました。台自体もまわるけど、私も回ったよ(笑)!「ハイ右からうつぶせになって一回転して上むいてー!」なんて。

バリウムは昔に比べたらめっちゃ少なく、また飲みやすくなってはいるらしいです。でもね!でも・・・。味じゃなくて、食感。どろリぬるりとしててセメント飲んでるみたい。これだけはやっぱり・・・気持ち悪かった・・・。うえー!って飲んでる最中吐いたら怒られるかなとびくびくしながら恐る恐る飲みました。

これが終わったら、女の人だけ子宮頸がん?の検査をして、で、お医者さんの問診をしてもらって、お仕舞い。

着替えたらティーラウンジみたいな所で紅茶を出されました。お菓子付き^^
最後の所見を聞くために、30分から40分くらいここで待って。もちろん食事とかに行ってもいいんだけど、微妙な時間でしょ。ちょっと無理かなと諦めて。
雑誌があるのでそれを読んでふかふかの椅子で座って待ちました。

呼ばれて部屋の前で待ってるときが一番ドキドキした!だって8年ぶりの自分の体チェックだよー。どこか悪い所あったらどうしようって。びくびく!

入ると女医さんで、パネルに10枚くらいのレントゲン写真が張ってあって、数値の書かれた紙を見せながら、細かく説明してくれました。

今のところ問題はなし。・・・よかったー。すべての数値が基準内。ホッと一息。

ほんとなら食事でもして帰りたかったけど、子供らがうちに帰るのが早い日なので、帰らねばなりません!ち!
で、またどんぶらこと帰ってきました。

綺麗な所で、案内してくださる方も検査してくださる方も非常に丁寧、親切で感じよく、リラックスして検査できました。
これから毎年受けるらしいです^^。

・・・余談:バリウムは詰まりやすいので、早めに出さねばいかんらしく、帰りに下剤をいただきます。
家に着いたらなるべく早く飲んでくださいと。
大熊に聞くと「結構すぐ来るぞ」と^^
でも非常に便秘症のわたくし、念のため倍量の下剤をいただいてまいりました。

帰宅後2人で下剤を飲んで。
大熊、2時間後くらいからピーピー^^うおお!と何度もトイレへ。
わたくし、一向にピーともパーとも言わないお腹に痺れを切らし、倍量の下剤を飲みました。
それから4時間たちますが、・・・・いまだピーともパーとも言わないんですけど・・・。どどど、どうしたら!?

下剤でこれだから、「便秘薬」ごときじゃ効かないはずだよ・・・!何て納得してる場合じゃないよ!出さないと困るのよーーー!

牛乳も、お茶もがぶ飲みしてるのに。コーヒーも飲んだし、後何を飲めばいいの!?今私、非常にあせってます!!

来年は3倍量の下剤ですか!?がっちょーん・・・。





おおきく振りかぶって 第13話 夏大開始

(2007-07-08)
13話。

さていよいよ、な回。

今回絵がきれいに見えました。このくらいがいいなあ。
まあほとんど原作通りで、記憶に残るほどの増減はなかったような?

最初の角材の上のワインドアップを「見て見て!」「ほめてほめて!」な三橋の嬉しそうなこと。
なのにぐりぐりされてかわいそうな事^^!
阿部も気持ちは分かるけど、もうちょっとうまい事三橋を使えばいいのにねえ。そこが彼のこれからの伸び代でしょうか。

そしてその後の田島との会話は、またこれがいとおしいのよ・・・。いいコンビだ。

そして家では電話中の三橋ママ。ご飯・・・ご飯作って差し上げてくださいな^^。でも分かる。長電話は何より優先されるのよ。うんうん。←前科大いにあり。

入場行進待ちってあんななんだーとか、素朴に思いつつ見ておりました。1番が2番に!?イッツアイリュージョン!な三橋にはまた笑わされておりましたが。

「大きな声で!」は本当に微笑ましい。こういう子たちって、何なんだろうね。
母たちのコーフンに同化し、そして篠岡のうるうるに同調する私。
行進していく彼らを見るだけでウルれる。何なんでしょうねえ、もう本当に。孫を見るばーちゃんになった気がいたしました^^

モモカン、今日はいつにも増してダイナマイトバディー!!只今増量中・・・?
彼女の誉め上手は天性のもの?100分の一でいいから阿部に見習っていただきたいわ。おべっかじゃないもんね。「いいとこ探し」が上手いんでしょう。教育者に向いてるよねー。・・・先生じゃないけど。

ハマちゃんの留年の理由がちょっと気になったり、阿部との会話が相変わらずだなあとにやりにやりとしながら見てたり(変な人だよ・・・)、今回は非常に楽しく拝見しました。

桐星の試合前の会話にもなんとも言えないものを感じつつ・・・。

いよいよですね!はじまりますね!夏ですね!


・・・こそりとビリー日記中断しておりますが、3日やって3日休みました。理由は体調不良のため^^ビリーのせいでも筋肉痛のためでもありません^^
来週辺り、1日目から再開したいです。



ONE PIECE 46 マンガ感想

(2007-07-04)
ワンピース 46巻 尾田栄一郎。



普通のコミックって発売日にしか店に並ばないのに、なんでジャンプのは一日前に並ぶんですか?・・・と素朴な疑問^^まあいいけど。

さて46巻。また新たなステージへ、ですね。
最初エースの話。苦戦するエースなんてはじめて見た気がする・・・。これもまだ話半ばで「それはまた、別のお話」みたいにぶち切れちゃってて、ちょっと気になりますわいな。

その頃の?ルフィ達。
新しい船、サウザンドサニー号・・・めちゃめちゃ豪華ですね!乗りたい!何て素敵な海賊船。

そしてある樽を開けてしまったところから始まる、今度のお話。
最初に出てくる紳士なガイコツ、ブルック。これがまた・・・。もうどうしてこうも面白いのか^^大好きだ、ブルック。スカルジョークにひとり受けるルフィ!楽しげにご飯を待つブルック。人の話を聞いちゃいないブルック。

そしてスリラーバークへ。
もうなんか書きつらねたら、出て来る方々を順に書かねばならなくなりそうなのではしょりつつも、わんわんコーンなケルベロスやら、全力疾走するゾンビやら、どうしてこうも愛嬌のあるキャラを思いつくのか。

ホーンテッドマンション(ちゃいます)で深みに深みに嵌り込むルフィ達。敵はとんでもない奴らしぞ!
この話もまた長くなりそうですが、また先が楽しみです。

それにしても「ネガティブ!ネガティブ!」なホロホロ。
・・・うちに来て、たまに上娘をすり抜けてるでしょ!絶対そうだって!
上娘がたまにはまり込むあのマイナス思考・・・。「生まれてきてすいません」なゾロはまるで上娘を見てるようでした・・・。ほろほろほろ・・・。

それにしてもポニーテールなナミはめっちゃかわいくて好き^^

もう46巻。それでも続くこの面白さは絶品ですね。





ビリーズブートキャンプ 2日目・・・?

(2007-07-03)
今日は2日目に、?をつけてみました^^

フルで出来てません。出来ません!!

さて、本日、筋肉痛は筋肉痛なんですが、別に生活に支障をきたすほどではない。床のものを取る時に少し足がイテテとなるくらい。

しかし、昨日夜中に大熊が帰宅後、ビリーに挑戦。普段からフィットネスクラブのコンバット系に2年?3年か?通い続けてらっしゃる彼はお手の物。
その横でちょろちょろ冷やかしがてら「そいや!えいや!」と、私もしてたんですが、彼に「お前それじゃどこにも力はいってないだろ!違うよ!足はこう!お尻はこう!」と指摘され、愕然。
私、本来力を入れるべきところに力が入ってない体勢で、延延してたみたいです^^。

そりゃ筋肉痛にもならんわ(笑)!
でもそれでも私が筋肉痛になってると言う事は、ビリーが効いたと言うよりは、ナマケモノが一応「動いた」と言う証拠なのかもしれません・・・。

これをブートキャンプの感想として書くには非常におこがましいですね。すみません・・・。

とか言いながら2日目^^?←この「?」が大事。
いや、まず子持ちが「フルに1時間」空けるという事が難しい!今日は4時に帰宅後すぐ下娘を約束したお友達の所に放り込みに車を出して、その間に上娘が塾に行ったので、慌ててDVDセット。

「ほう!ほう!1、2、3、4、・・・9、10!」←私、何故か知らないけど、ビリーは全編8カウントなのに、10まで数えちゃうんですよ・・・。だから途中でずれてくる。・・・あり?
あと、最初の「1、2」カウント辺りにビリーのおしゃべりがかぶる事が多くて、「4!」から数え始めたりすることも多いんですが、「4」から始めると、絶対「3、2、1」って下っちゃうんですよ!「4、5、6、・・」って上がるだろ^^!みんな上がってるだろ!
3、2、1・・・ちゅどーん!ってどこかに飛んで行きそうですよね・・・。

とにかく昨日よりも更にきつかった!筋肉痛のせいか、昨日より足も手もだるくなるのが圧倒的に早くて、すぐ疲れ果て。ばてばて。
その代わり?汗をかき出すのも早かった。すぐ体がほかほかして、あせがじわーっと。
昨日も書きましたが、私、本当に汗かかない体質なんですよ。なのでこれは運動効果といえるかも!

夜ご飯の支度と下娘の友人宅よりの回収作業のため、30分で一旦止めて、シャワーをさっとかかって、お出かけ。
この時点で昨日55分やった時より汗かいてました。

で、まあ・・・。3時間ほど家事のため中断。
8時半に再度残り部分をチャレンジ。続けてやらないときっと効果半減だろうなとは思いつつ、でもできないものは仕方ない。やれる事からこつこつと。やらないよりはマシでしょうと言うことで。

やり始めて、やっぱりすぐ体がほかほか。ちょっとスイッチ入ってきてるんでしょうか。
蒸し暑いこの季節、冷房無しの部屋で(普段はこれでも平気^^冷え性だから)、ビリーにトライ。
他の方の体験記のように「Tシャツがしぼれるほど」・・・にはまだ程遠いけど、何日めかにはそんな状態になれるでしょうか?

体重は昨日の夜にショートケーキを食べたせいか(笑。やる気あんのか^^!)増減なし。100グラム減ってるけど、これは減ったうちに入るのか!?誤差でしょう。体重計の。
ウェストは1センチ減。これも誤差のうち・・・かな?
下腹は相変わらずぽっこりですが、ちょうどウェストのくびれの辺りに、私にも腹筋があったんだ!?と思われる形跡が!微妙にえぐれた部分が両側に^^
古墳を発掘したようなオドロキがありました(大笑)

明日はこの古墳をもう少し掘り下げれたらと思います。
正直私が引っ込めたいのは、ウェストじゃなくてもっと下だよビリー!・・・とは思ってますが^^

ただただきつくて辛いならしない。
こんな運動嫌いな私でも、時間ないのについやってしまう、この不思議な魅力は何でしょうね^^・・・単に私がミーハーで乗せられやすいだけかもしれませんがね。


ビリーズブートキャンプ 0・5日目・・・

(2007-07-02)
一日目を書くのもおこがましい気がいたしましたので、0.5日目と^^・・・だってフルで出来てないよ!

前提:くまきっつぁん、三十うん才。
普段運動は全く致しておりません。ええ、もういっそすがすがしいほどに^^
辛うじて子供が幼稚園の頃は、園まで保護者が徒歩で送り迎えの公立でしたので、そこまで2往復はしてたんですが(大人の足だと徒歩10分弱。チビ連れてると20分・・・くらいかな?)、小学校へ上がってしまったら、もう歩く事すらしてないのでは?

体重。そのまま書くのは抵抗がある(今更・・・ふ。)ので、上娘を産む前よりは13キロ増・・・とだけ^^。ただその当時の体重は、身長に対して考えると、やっぱ少し少なめだったので、理想は7、8キロ減かな。←それで標準。今は・・・(涙)

そんな私がとりあえず挑戦。上はTシャツ、下は買ってもらってしばらくは履いてたけど、ちょっと飽きて使ってなかった(笑)ターボセル。

まずは軽めの動きから。柔軟と言うかストレッチと言うか。
あら?軽い軽い、この位なら楽勝?と思わせる運動。
最初の10分でどんどん体がほかほかしてきます。

でもビリーさんビリーさん!頭を下につけてー!って、頭を下につけたら画面が見えません次の運動に永遠に移れませんけど、どうしたら!?

とにかく「声を出せ!カウント!カウント!」って言われるんですが、どう声を出していいものやら^^
ワン!ツー!と言っていいのか「いち!に!」でいいのか迷って、「わん!つー!さん!しー!」とかわけの分からん掛け声に!
ビリーさん!これでもいいデスカ!?

娘達が学校に行って、他人目のないベストタイムは私もパートさんに出ているので、娘の目の前でやらねばいけません。
「おかーさん、その動き、ビリーと違うよ?」とか冷たい目線で言われながらも、自分ひとりだと分からない動きの違いを教えてもらえるのでかえっていいかも。

20分過ぎた辺りから段々太ももが!ももたが痛い痛い!
ぶっ通しででなく、途中下娘がピアノに行くというので玄関まで見送るのに一時停止、ベランダから手を振るのに^^一時停止・・・なんて風に2、3分ずつ止めたりしながらしてたんですが、その時歩くのに、腿が痛いーーー!既に!?

両手を床につけて、足をかけっこのように蹴る運動。フローリングに裸足でしていたので、足が!足が燃える!!摩擦で燃えるー^^!
すんごい滑るし。でも室内で履けるような靴なんて持ってないし、どうしたものか・・・。何かマットを買うべき?えらい出費やな^^

さて、30分過ぎから40分くらいが一番しんどいかも。なめてました。すみません。私が悪うございました。
いろんな方の感想で「きつい」と書いてありますもんね!私のように運動不足な人ばかりじゃなかろうに!

後半20分の動きの半分くらいはサボりました。・・・もう足が上がりません!ビリー隊長!ちょっと、ちょっと休憩。ぜいはーぜいはー。
「無理をするな!休みながらでいいぞ」とか言いながら、「そこ!なにやってる!?」ってご無体な・・・(涙)

ビクトリー!・・・はよう言えませなんだ・・・。初日・・・。プチ惨敗^^

ビリーバンドは未使用。初心者は使わないでいいとビリー隊長が言ってたから。

普段、ほとんど汗をかかない(水分の摂取量が他人様と比べ極端に少ないらしい)私ですが、たれるほどではないにしろ、Tシャツが全体的にしっとりと重くなるくらいの汗をかきました。

体重は始める前と後では600グラム減^^・・・これは汗の分量ですかね?さっきお茶飲んだからこれで戻っちゃったかな(笑)?

終わってへとへとになったところでシャワーかかって、さっぱり一息ついたら、これがまた気持ちいい!すっきり爽快です。

これが運動すると言うことなのね^^!

ビリー本編、きっついですけど、途中で飽きないです。テンポがいいというか、ビリーの掛け声の塩梅(ババくさい言い方^^)がいいというか。
やってて、非常にへとへとなんですけど、楽しいです。これがビリーマジック!?

とりあえず明日筋肉痛で仕事に差し支えるほどでなければ、2日目もがんばってやりたいです。・・・ほどほどにね^^
生活信条は「無理はしない。出来る事からこつこつと^^」なので。


おおきく振りかぶって 第12話 応援団 アニメ感想

(2007-07-01)
第12話。
ところでこれって何話完なんですか?桐星選のところまででお仕舞い?

で、今回はハマちゃんとの昔を思い出しつつ、ハマちゃんも朝練に合流。一緒にメントレ(というのか?)。
あとは夏に向けての試合を延延。

この辺り、原作では一瞬だったような気がするんですが、アニメ用にこの練習風景を作ったんですかね?
まあこれはこれで。
延延練習風景が続くだけなので、見てる側もほうほうくらいで^^
今回は特に何がどうとかもなかったですね。

ま、こんな回もあるさ。

そして今回に限った事じゃないですが、字で読む台詞と言葉に出される台詞って、微妙に意味が違うような違和感を感じることがあります。
同じ言葉でもイントネーションが違うと別の意味になっちゃうし、語尾の強弱で感情も違ったりしますもんね。

ああ、こんな風に言ってたんだ、何て思うこともしばし。
・・・なぞと、今回のBパートのように話を伸ばして書いてみました^^

次週は夏大開始。
とうとう始まりますよね。桐星戦。楽しみです。


プロフィール

くまきち

  • Author:くまきち
  • くまきち
    ゲームと読書と映画と、その感想を書くことを愛するそこら辺の主婦。基本的にはネタバレありです!ご注意ください。
    ブログ記事に全く関係のないトラックバックは削除させていただきます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。