スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


バターケーキ

(2006-11-29)
久方ぶりに、ちょこっと膨らんだっぽいバターケーキ。

061129_160011.jpg


卵の割合がちょっと多めです。
クックパッドのレシピを参考にしました。

バター100グラムに対して、卵が4つ入りますので、これってバターケーキって言っていいのかな^^??
砂糖は適当に減らして80グラム。元のレシピの6割強。
かなりあっさり目ですが、でもこのくらいでちょうどいいです。・・・いいですが、たぶんこれ以上は減らさない方がいい感じ(笑)←砂糖減らしは計画的に!

粉は200グラム。BPが10グラムです。BPもちょっと多めかな。

食感は結構ふわんふわんって感じで美味しかったです。
バターは混ぜやすいマーガリン(雪印の。ふつーの。)を使いましたが、全くもーまんたい^^
ちゃんと無塩バター使ったらもう少しこってりかも。もちろんそういうのも好きです。

今日はバナナが半分残ってたので、それを入れてみましたが、量が量なので本当に風味だけ。次はもうちょっとバナナ入れてみようかな。
これでチョコとかいろいろ試してみたい感じです。

↓12・2追記・・・

普通のバターケーキは1,2日置くとしっとりしてきますが、このケーキはバターの割合が少ないためか、次の日にはもう少しぱさっとした感じになってきます。
焼いたその日に食べきるのがベスト!と、思いました。
スポンサーサイト


S・A 8 マンガ感想

(2006-11-28)
さて、これも8まで来ましたね。
S・A 8 南マキ



主人公2人は同じ場所を延々ハムスターの滑車のようにぐるぐる回り続け、そのいきおいで辛うじてじりじりといざりながら進んでる・・・かな?という感じ。

その分周りが轟々と進んでいます。

純と桜ですか。こりゃまた結構なお2人が出来上がりましたね。
「何をいわせるんだよ・・・」の辺りでは、私の中では「竜の愛玩動物(ひどい!)」的な存在としか認識されてなかったのに、ちょっと不覚にもときめかされてしまいました。
ち!やられたなって感じ^^

そしたら八尋と芽まで!?
そうきたかー・・・そうかー・・・。
喋る芽はかわいいです。得体の知れない、同じく竜の愛玩動物的存在だった彼女が、女の子に。
「私が代わりに泣いてるの!」の辺りでは、不覚にもときめかされてしまいました。
ち!やられたな^^

今回は山本家の双子にやられまくり。

八尋ねー、八尋。私は絶対的少数派の「明には八尋」推奨でしたので、ちょっと複雑。芽と八尋はかわいらしくてそれはそれで好きなんですけどね。
宙がなー・・・どうにもこうにもとらえどころがなくて、ピンと来ない人なので、うーんうーん。
・・・・ま、いっか。
巻末の「それ行け宙くん!」は大好きです^^

そんなふうに回りは着々と「祝!御成約」の札ばかりになっているのに、主人公達はいったい何をしているのでしょう?ははは。
ま、次巻でなんしか形は付きそうですが。

そしてひとり残された竜。さて、このいきおいだと竜にもどなたか出てきそうですね^^
うーん、何も全員そうしなくてもいいんですけどね。ええ、それこそ主人公さえちゃんとすれば(笑)
でも周りの「御成約」過程が結構みんないい感じなので、それはそれで楽しみにしたいと思います。

今回のツボ:暗闇で待つヤッピー。ビジュアルが妙に素敵^^


フィギュアスケート グランプリシリーズ ロシア大会

(2006-11-27)
ロシア大会まできましたねー。
さすがにフィギュアといえばロシア、なお国だけあって、中国大会やフランス大会と比べたら大分お客さんも入ってます。それでも日本の感覚から言ったらがらがらだけどね^^

それにしても今年はプルシェンコも出てないし(理由、知らないんですけど、なんでですかねー?)、シングルはロシアがちょっと寂しい感じ。

そしてテレビ放送、結局地上波では土日どっちとも放送無し。BSであっただけマシ・・・と思うべきか。
土曜は確か又しても関東では放映されてたらしい時間帯に、再放送の2時間ドラマやってたように思います。
そっちの方が視聴率取れますか・・・そうですか・・・。
でも。
今回は

男子もあったしね!

こないだの怨念が届いたのか、フリーは日本人選手より3位の選手が優先されていて、よしよし、と。当たり前だけどね。本当はもっと人数放送して欲しいけど。日本人選手も見たくないわけじゃないからねー。
でも不満はいっぱいある中でも、頑張って「よかった探し」をしましょうか^^。

とりあえずまとめて一言感想。それにしても出場選手、BS朝日のHPだと日本人選手の事しか触れられてないので、見てから「おお!この人も出てたのか!」と思うことが多いんですが、今回、男子が非常に美味しい面子でよかったです^^←おまへの好みっちゅーだけじゃ。

男子シングル

サンデュ

SP:相変わらず顔濃いい。←関係ない!!黄色い衣装が目にまぶしいです。
ジャンプは回転早!でもアクセルで転んでしまったのが残念。
腰つきが微妙です・・・。

柴田嶺

SP:男子で2アクセルはないだろう・・・?失敗して2になったわけじゃないんだよね・・・?
コンビネーションも失敗。ジャンプがいまいちでしたね。
スピード感もいまいち。

ウィアー

出てる事を知らなかったので、あら何だか得した気分。

SP:一つ一つ非常に慎重な感じ。きっちりきっちり決めてきたぞ!って。こうあるべき!なSPでございました。

フリー:前半トリプルアクセル、高ーーい!肩も腕も相変わらずなんと柔らかいことか。
でもこの人の課題は後半。今回もジャンプ、へロッてましたね。
走り込みでも必要でしょうか・・・^^?

ジュベール

つい先週見たことなのに、続けさまに出てきましたね。選手としては続けて出た方がいいのかな?距離の問題かな^^?

SP:たっかいたっかい4回転。トリプルアクセルでちょっとオーバースピン?してしまいましたが、それでもさすがの高得点。4回転は強い!!
この人映画俳優みたいな顔だよねー。

フリー:・・・なんじゃこりゃ。
まず4トゥループと2トゥループのコンビ、そして4サルコウ、3アクセル挟んで4トゥループ。
最初のコンビがもしかして4-3だったのかな?でも・・・・・

なんじゃあこりゃあ!

SP1位だし、順位競ってる人たちは自分より前にしたんだから、ここまでしなくても充分勝てる状態でございましたよ。
でも攻める!!もう見せ付ける!自分の力量を。そんな感じの演技でした。
ただただもう圧倒されました。
技術点82.73だよ・・・?はじめて見たよ、そんな点・・・。

クリムキン

フリー:SPは4位だったので、放送さえしてもらえませんでしたが、初めて見れた!うれしいー^^
ジャンプの回転が早い!高い!
しかし、ジャンプにはいる前にすってん、後半ではステップ?で、前に見事に「べっちょ」とお転びに。最初そういう演技なのかと思ったくらい(笑)体伸びたまま見事な倒れっぷりでした。
後半バテバテでしたね。でも3位はお見事。

順位:
1:ジュベール
2:ウィアー
3:クリムキン

女子シングル

サラ・マイヤー

かわいらしい人でした。スケートが美しい。

ソコロワ

何だか貫禄があるんですが、フリー、ジャンプがダブルばかり。うーんうーん。もう一声!

シズニー

SPはジャンプがいまいちでしたが、スパイラル、スピンはさすが!!いったい何処まで上がるんじゃ!?な足に脱帽。

恩田さん

ジャンプの!と言われている彼女ですが、なかなか爽快に決めてくれる彼女を見ることができません。
でもフリーは最近見た中では一番良かったと思いました。

セべスチャン

本当に綺麗なスケートをする方です。
SPでコンビの時に手をついてしまったのが残念。フリーでもコンビは2-2-2になってしまいました。・・・3回続けられるだけでもすごいんでしょうけど・・^^
スピンで姿勢を変える過程が、ひっじょうーーーに美しいです。ドーナツになる瞬間、そしてそこからビールマン(ちょっと斜めだから違うのかな・・・?)になっていく姿。
うっとりです。

澤田さん

フリーの化粧濃くなかったっすか?
でも彼女も最近見た中では一番良かったように思います。これからに期待!ですね。

女子は・・・あー・・・・順位忘れちゃった。←だめだろーーーう!

すみません。
えらく男子の感想と女子の感想の、力の入れ具合が違うのはご勘弁。
すんません。分かりやすい人間で。

で、NHK杯はいつですか^^?・・・調べますね。今から。



高校デビュー 7 マンガ感想

(2006-11-26)
高校デビュー 7 河原和音



前巻の感想でも「糖度10倍」とかなんと書いたような気がいたしますが、今度は20倍でお願いします・・・。

増してるよ増してるよ^^何処まで行くんだ。
もう何だかもう背中がむずがゆくてむずがゆくて仕方ありませんでした(笑)。

今回はまずヨウが風邪ひいて晴菜が看病する話。

晴菜がもうあまりにも晴菜らしくて非常に楽しかったです。
カツ丼の使われ方がナイス!「マジだったんだ・・・」と、ヨウと同じく私も思いました。
麻美が晴菜を非常に便利に使ってて、相変わらずやな子ですが、でもそのやな子らへんも、嫌いじゃないんですね。
自分でもなんでかなー?と、不思議なのです。
それにしても晴菜がちゅーするシーンは「かぶりついてる」ようにしか見えないでございますよ・・・。ヨウが食われちゃってる(笑)

お次、麻美が合コンする話。

小悪魔麻美激烈な話。・・・・・なのか?誘惑しても手を出してこない史也に腹を立て、合コンしてしまうんですが、誘惑しても落ちない史也に対してあっさり落ちる晴菜がいい^^!
麻美に対してはこれまた評価がきつそうな展開ですが、私は何故だか嫌いじゃない。いやもう本当に、なんでだろう^^?
こっそり松坂がめちゃめちゃ美味しい位置にいると思うんですが。

ヨウと晴菜の「不満だったんだ・・・」「不安だったんだ・・・」なツッコミのズレが非常にナイス!

ほんでもって学年変わって新入生が入学して来たぞいな話。

ヨウには美少女軍団と、晴菜には何だか意味深なカットのある男の子が3人出てきました。
これからひと波乱あるんでしょうかね?

ヨウがもう3年だし、卒業でおしまいなのかな?だとしたらひと波乱後でお仕舞い?とか、いろいろ勘ぐってしまいました。
本誌読んでないしね。どーなってる事やら。

「やっぱり私・・・」「やっぱり・・・」の後の台詞、もう晴菜らしくて、好き、と思いました。え?この後どう来るの?って、ちょっと思っちゃったからさ。

ヨウが巻を追うごとにどんどん丸くなっております。何処まで丸くおなりなんでしょう?それも楽しみでございます。
・・・体型じゃないよ^^?


あぁ愛しの番長さま マンガ感想

(2006-11-25)


メイドの次は番長です。どうしてこういうものに惹かれてしまうのか・・・。きっとDNAに何かが組み込まれているに違いない。と、言う訳で、

これからイロモノ担当ということで・・・・^^
マンガ友の会の皆さんへ。業務連絡でした。

「そうか」は、母の離婚を機に私立校から公立の工業高校へ編入する。←なるべくすぐに職に付くため。
ところが登校した工業高校の女子生徒は何とびっくりそうかただ一人。その上古式ゆかしき「番長制度」まであるという。
ビビりながらも何とか学校に溶け込んでいくそうか。クラスの男子達も見た目ほどは恐ろしくなく、いい人ばかり。
ところがそうかが転校する以前から勃発していた3年対1年の争いに巻き込まれ、ついうっかり偶然に3年の番長をのしてしまう。
この学校の掟は、「番長を倒した人間が次の番長」だった!

絵がねー、買うのを躊躇してた一番の要素です。最初の1話目を読んだ時も「う!しまった・・・・?」と思ってしまいました。
私のマンガに求める比重で、「好みの絵」であるかどうかの比重が結構高いので、絵が苦手だと、面白いと言われているものでも、受け付けないものがたくさんあるんです。

とりあえず1巻読みました。何とかいけそうです^^。2巻も買おうと思うくらいには。

内容に関しては、作者の弟さんが工業高校卒という事で、ありえないだろこんな事!と思うようなことが実話だったりして、そういう面でも面白かったです。
話はまあ、言ってみればアラクレとか、こないだの「会長はメイド様」とかに通じるものがあります。逆ハーという奴ですね。
ありきたりと言ってしまえばそれまでなんですが、でも意外に意外とキャラが立っていて、結構楽しく拝見しました。
主人公も喋り方以外は苦手じゃないし^^

私はS・Aの光とか、メイド様の美咲とかの話し方は特にどうとも思わないのですが(これが嫌いという方は結構何度か聞きました。)、どちらかというと、こういうフルバの透系の喋り方が苦手・・。鼻につくというか(笑)まあこれは非常に個人的な好みの問題で。

一番不良(死語?でもこのマンガにはこういう死語がいっぱい)の親玉かと思われた加藤が、実は非常に世話焼きなにーちゃん(と言うより、むしろ「おかーさん」)タイプなところとか結構好きです。

かわいらしいお話ですよ。まだ続いてるみたいなので、次巻以降も楽しみにしたいと思います。


香吟 お蕎麦屋ランチー^^ フロルのケーキ

(2006-11-22)
こないだの休日出勤の代休として、今日お休みをとった大熊はん。
どーせなら金曜にとったらいいのに(給料日後だから^^)、とか思ったんですが、それだと4連休になっちゃうから取りにくいんだそうです。・・・いろいろ難しいのね。

で、じゃあランチでも、という話になったんですが、いかんせん給料日前なので「パーっとハデに」と言うわけにもいかず(笑)、ラーメン?という話も出てたんですが、結局お蕎麦屋さんに。美味しいお蕎麦が食べたかったので、行った事のないお店と思って行ってみました。

場所は州見台。ここの近くのアンナプルナ(カレー)も大好きです。この辺どんどんお店できてるもんねえ。

私はそば定食。大熊は天丼定食。

061122_115301.jpg

私の足が思いっきり写りこんでますが、お気になさらず^^。むこうっかわが、大熊の天丼定食・・・ですが、天丼まだ来てません。蕎麦が先に来ました(笑)

お蕎麦は「温」か「冷」か選べるんですが、ザル蕎麦が大好きな私と大熊はもちろん「冷」。でも周りの方が注文なさるのを聞いてたら、うち以外みんな「温」でした。
・・・・寒いしね^^普通そうだよね・・・。

お店はお座敷に4人掛けくらいの机が4つ、下、窓際にカウンターが二つ。それぞれ4人掛け。
こじんまりしたお店です。
営業時間も私の見間違えでなければ、お昼だけー。11時半から2時くらいだったと思いますが、閉店時間も「売り切れ次第」だそうです。あらまあ。

いらしてたお客さん、ほとんど私たちの父母くらいのご夫婦でした。ま、蕎麦だしね。平日だしね。
これが肉料理!だったらきっと客層は違ってたに違いない^^

こないだ行った「国境食堂」だったらサラリーマンとか作業服の団体とか、大学生風のにーちゃん連れとかが多かったしね。昔、やっぱり平日のお昼に行った「壱番」だったら、おベンツだのおベンべだのでお乗り付けになったマダーム達^^だったしね。

客層見るのも面白い・・・。

で、定食内容は、ご飯にお漬物、メカジキのあんかけ(多分)、ゆで卵とお野菜の小鉢、蕎麦。
お蕎麦は細かった!キュ!としまってて、結構好みの味でした。蕎麦の香りが濃厚、とかではないけどね。あっさりした感じ。
これで850円ならお手軽で納得でしょう!

ただ、たくさん食べる人には物足りないと思います。腹8分目・・・も、行かないくらいかな。女の人向けの量と見ました^^(年配の人向けとかね。客層見たら)

わたくしどもは、まあまあぺろりと平らげて、近所のケーキ屋でケーキ買って帰りましたとさ(笑)。

061122_133340.jpg


フロルのケーキ。左が私の柿のシフォンで、右が大熊の。
昔「柿」のケーキなんてあんまり見たことなかったけど、最近は良く見ます。こないだ食べた柿クレープも美味しかった!別に手を加えてるものじゃなくてね。そのままだから「しゃり」っとした歯ごたえがいい感じです。

これも甘くて、それでいて後まで残らないあっさり感があって、とってもおいしかったです。◎!

そしてお約束の061122_141459.jpg


これははずせない^^ポンぽこロール。大好き。
生クリームとカスタードだけの、本当にシンプルなロールケーキ。生クリームとカスタードクリームの軽い事!そしてほんわり甘いふわふわのスポンジ。
絶品です。
4人であっちゅー間に食べてしまいましたとさ^^


フィギュアスケート グランプリシリーズ フランス大会その2

(2006-11-21)
その2、フリーです。

しかあし!いつ、男子シングルのフリーやってました?私が気付かなかっただけ?確か「男子フリー女子フリー」と書かれた部分を録画したはずなのに、男子にはさらりとも触れられておりませんでした・・・よ?

私が見逃しただけならよろしいのです・・・っつかよろしくないけど!悔しいけど^^!
しかし、もし日本の男子の成績が芳しくなかったから、別にいいだろってんで放送無しだったとしたならば!

ちゃぶ台返していいですか?

でもテレビ朝日だしなー。やりそうだよなー。

というわけで女子シングルのみ一言感想。

キム・ヨナ

肩とか腕が非常に柔らかい感じ。「美しいスケート」だよなあと。
前半はもうパーフェクト。後半、どうしても息が切れるのか、ジャンプに失敗はあったものの、でも総じてやっぱりレベル高!!って演技でした。
技術点飛びぬけてるもんねえ。

ロシェット

前半、ジャンプがことごとく決まらず。どうしたんだ!!って感じ。それでもガタガタといくのではなく、後半のジャンプはきっちり決めるところはさすが!でもやっぱり表情がさえず、残念。

カルベズ

すんごい痛そうーーーなこけ方なさってびっくり。大丈夫かなと真剣思いました。痛かったろうなあ・・・。微塵も感じさせず演技する姿に脱帽。
でもストレートラインのスピードがイマイチだったかな。

安藤美姫

コンビネーションだったかな、失敗したけど、出来としては良かったとおもいます。どこかの感想で、この演技なら中国大会だったら勝てた、とか^^
確かに中国大会はちょっとレベル低い感じはしましたね。そして今回、非常にハイレベル。見ごたえが全然違いました。
このシーズンのいいミキティの演技。それがちゃんと出てたから、パーフェクトではないにしろ、良かったと思います。
多分パーフェクトでも、今はキム・ヨナさんの方が上なんじゃないかな。そのくらいすんごいレベルの技術をお持ちです。
でも好き嫌いでいうなら私は断然、ミキティの演技の方が好きです^^
ま、これは好みだから。

キミー・マイズナー

今うちの夫婦は彼女にメロメロです^^
かわいい!!その笑顔にくらくら。・・・と言ってたら、また上娘に拗ねられました。いや・・・あんたと全然比べてないじゃん(笑)
去年の冬、真央ちゃんにメロメロになってたら、やっぱり上娘に拗ねられました。・・・ライバル心持つなら持つで、もっと何か頑張って見せてくれい^^
別に「真央ちゃんはすごいのにあんたは・・・」みたいな比べるような言動は、全く!してないのですよ^^。ただ「かわいいねーすごいねー」って言ってるだけなのに(大笑)

この子はキュートな外見で、演技に気の強さが見えるのが好き。ジャンプ失敗したら次は決めてやる!みたいな。
スパイラルは美しくかわいらしく。
彼女はまだまだ伸びしろを感じさせてくれますので、これからに期待!

そういえばいつものブルーの衣装。背中の唐草模様みたいな、マジシャンのひげみたいな「くりん」とした部分が、大熊のお気にどうしても召さないらしく、あの模様を「ピエール」と命名。←何となく「ピエール」って感じじゃない^^?何か失敗すると、「ピエールだから悪いんだ!ピエールじゃない衣装なら良かったのに。」とほざいていらっしゃいます。・・・・そっとしておいてやって。

今回あの衣装はロストバゲッジとか言ってましたね。何てかわいそうな!でも急遽用意したと言う、SPの衣装、めちゃめちゃかわいかったです。ずっとあれでもいいのに^^

順位:
1:キム・ヨナ
2:安藤美姫
3:キミー・マイズナー
4:ロシェット

全然一言じゃない感想でした。ははは。

エキシビジョン。
美姫ちゃんのあの衣装はめっちゃ好き。かわいいよねー。
彼女、ビシ!とまとめるより(顔がきつく見える)、もっと髪をルーズにした方がかわいいのに。同じアップにするのでもね。
本番はまとめた方がいいんでしょうか?

プレオベールがまたもうめっちゃ楽しかったー!フリーもエキシビジョンみたいな演技だったそうで。

見たかった!!

テレビ朝日めー!

ジュべールはなんだかもう王子様みたいな衣装で現れましたよ。生歌生ピアノ付き。別格?
歌とかはすっごいいんだけど、今回は一応スケートがメインでいて欲しかった。テレビ画面、ジュべール映ってない時間長かったよー!スケートを映してくれ!スケートを!!

さて次回はロシア。今度こそ^^
日本選手、めっちゃメインの人はエントリーされてないのかな?だからと言って、放送をはしょらないように!!日本人だけ!見たいわけじゃないんだからねっ^^。


フィギュアスケート グランプリシリーズ フランス大会その1

(2006-11-19)
グランプリシリーズ第4戦 フランス大会。
先週、次はロシア大会?なぞと書いた記憶もありますが、今週はフランス大会、第5戦がロシア大会ですね。失敬失敬。

とりあえず目に付いた人のみの一言感想で。
それにしても客少ないな!がらがらだな!・・・天井桟敷(お星様席^^?)まで満席なんて、日本くらいなものなんでしょうか。

そうそう、先週の中国大会。中野選手が演技前、ぬいぐるみを上から投げつけられたと言うニュースを見ました。
・・・・あまりのモラルの無さに呆れます。お国柄・・・と言ってしまったらあまりにも悲しいのか。なんだかなーどーだかなーという感じ。

さて男子シングル、SP。

小塚崇彦くん

「ジュニアのすごい子」という認識はありましたが、演技を見るのは多分初めて。
スピードに乗っててスピンも早く、ジャンプも切れあり。
点は、うーん・・。もう一つ!でしたが、でもこれからいいんじゃないか!?という期待を抱かせる何かをお持ちだと思いました。

南里康晴くん

この方はお名前拝見するのも初めて。
トリプルアクセルで手をついてしまったのと、多分単発のトリプル(ルッツ?)で失敗したのが大いに痛かったですね。SPだもんねー。残念。

プレオベール

めっちゃ面白かった!キャンデロロ発祥の地のお方ですもんね^^!魅せてくれる、楽しませてくれる。こういうスケートは大好きです。
非常にレベルの高い技術があってこその、プラスアルファですから。
今日のフリーもめっちゃ楽しみ。

ジュベール

もう何もかもが突き抜けた感じ。圧巻!
プレオベール見て、フランス、こんなすごい人がいるんだなあと感心した後の、同じフランスの人。トリノで見た記憶はありましたが、改めてすごい!
しょっぱなのコンビネーション、4-3をあっさりお決めになって、もう後は非の打ち所すらない。
あんぐり口をあけて、ただただ見とれるだけでした。
すっごいですよ!点ももちろん飛びぬけてました。

それにしても、時間の都合ってものがあるのは分かるけど、せめて3位の人は映そうよ・・・。見たいよ・・・!日本人削ってもいいから。
この辺の感覚がどーにもなー・・・という感じ。

順位:
1:ジュベール
2:プレオベール
3:クリムキン
4:ドブリン

女子シングル SP。

ロシェット

速い!コンビネーションの3-2もナイス!
そして相変わらずダイナミックな演技をなさる方です。

ポイキオ

ジャンプがもうことごとく決まらず、見ていて痛々しいほど。
今回は残念で御座います。

安藤美姫ちゃん

良かったよ!コンビネーションも軽くて。
すんごい安定感。大熊とも話してましたが、つい9ヶ月前の彼女がまるで別人のよう。ここまで変われるものかと。
こないだまでの彼女は失敗するんじゃないか、転ぶんじゃないかと見ていてドキドキしましたが、今の彼女は全くそんな危なかしさを感じさせません。
終始のびのびと、本当に楽しそうに滑っているのが、見ているか側まで嬉しくなってしまう、そんなスケートです。
完璧!でした。

キミー・マイズナー

この子も本当にかわいらしくて好き。
今回は非常にミスが目立って残念でした。点も彼女にしたらびっくりするほど低かったしね。
トリノのショートが一番好きだったなー。世界選手権で金メダル取ったときの演技は見ていないので^^

キム・ヨナ

本当に軽々と飛ぶジャンプ、そして表現力。なんだか末恐ろしい16歳ですね。
でも非常に個人的に、彼女のスケートはあまり好きでないのです。何でかなー?好みの問題だからしょうがないか(笑)

順位:
1:キム・ヨナ
2:安藤美姫
3:ロシェット

4位以下は忘れてしまいましたよ・・・。

フリーも結果はもう出ているようで・・・。さっき偶然見てしまいました。がびょ!見たくなかったよ^^。
放送は9時からなので、忘れないようにチェックしたいと思います。


放課後保健室 6 スプラウト 3 マンガ感想

(2006-11-18)
放課後保健室 6 水城せとな


<まみさん蔵>

真白がどちら側を選ぶのか、意思標示を(やっと)した巻、でしょうか。
男でありたいとあがき続けて、でもやっぱり無理がでて。紅葉が欲しいものをあげられなかったって事ですよね。

確かに真白はあまりにも偽善的。このままで話が進んだら、「私の苦手な主人公」で終わってしまうところですが、「偽善的だ」と突きつけられたことが今回のターニングポイントにつながったとしたら、これはいい展開だと思いました。

それにしても蒼と紅葉、めっちゃいい雰囲気なんですけど^^。お互いを意識しないからこそのほのぼのさなんですけど、どちらも真白と関わってる時はぴりぴりした感じなので、そっちのがいいじゃんとか思ってしまいました。

この話、最初はすっごいぐろくて、好きかといわれれば正直好きとはよう言えない、でも続きが気になって仕方ない漫画でしたが、だんだんなんだか好きになってきました。・・・やばい^^?

スプラウト 3 南波あつこ。


<まみさん蔵>

3か!2だとばっかり思ってたわ。

これはうって変わってめっちゃ普通の少女漫画ー。2冊いっぺんに借りて、放課後、スプラウトの順で読んだので、あまりのギャップにちょっと間を置かなきゃ読めなかった(笑)そのくらい落差がありました。

話の展開としてはゆっくり進んでますな。この巻も「自覚」って言う変化だけだしね。
下宿の人たちとのほほーーーんと生活してる巻。

この主人公の美紅。結構あちこちの感想では「嫌い」「むかつく」^^・・・のような感想を目にしておりますが、私は実は嫌いじゃない。
その辺、非常に天邪鬼な血を感じるのですがね(笑)

今まで漫画感想に「でも主人公は苦手」と書いたこと多々あり。でもきっと、私がそう書いてる主人公は、一般にはさほど嫌われてはいないご様子なんですよ。具体的にどういうタイプ・・と書こうすると非常に曖昧な感情なので、難しいのですが。

でもこの美紅さんは嫌いじゃない。ちょっと自分勝手だったり、好きと自覚した子の彼女に意地悪したり。
いや、素直じゃん!と思ってしまうんです^^。

相手の「うざみゆ」も嫌いじゃない。
少女漫画の王道としてはいつか草平とくっつくはずなんですが、今のところその兆候が見えない!のがいいです^^3巻なのにねー。さほど長く続きそうな漫画ではないのにねー。←何気に失礼・・・?

絵が相変わらずかわいくて、読みやすいです。

まみさんこれからも2冊よろしく^^!



プリティ・ブライド

(2006-11-17)
プリティ・ブライドはプリティ・ウーマンを意識したタイトルですよね?原題は「RUNAWAY BRIDE」・・・・そのままやな・・・。
らーなうぇーええーい、らんなうぇい♪と歌ってしまうあなたは同世代^^



ちょっと前にNHKのBSでやってたものを撮っておいたので、それを昨日見ました。
BSが見れるようになったはこの夏からですが、いや、おいしいな(笑)!字幕だしコマーシャルないし。月700円とか800円のアップはちょっと痛いなと思いましたが、私は結構映画を撮ってるので実は美味しかったと初めて知りました。
スポーツ中継も充実してるしね。テレビをあんまり見ないんですが(バラエティとかドラマにほとんど興味がないので^^)、BSは非常にナイスです。

さて。
NYに住む、新聞のコラム書きのアイクはネタ探しに汲汲。そんな時飲み屋で「田舎に結婚式ドタキャン女がいる。7回も!式が始まった途端逃げ出すんだ。」との話を聞き込み、悪意に満ちたコラムにしてしまう。
そしてその記事の評判は最悪。かの本人からのクレームもあり、アイクはクビになってしまう。
親友から「その話の実際のところを取材してみないか」との誘いがあり、アイクはかの「ドタキャン女」マギーを取材するため、彼女の住む町にホテル住まいすることになる。

話はもう見えましたか?見えましたね^^?
そう、取材していくうちにアイクとマギーはお互いを意識するようになり、最後はハッピーエンドです。
あら、話が終わっちゃったわ^^

マギーはまた婚約者がいるんだけどね。結婚式の日取りも決まってて。それがあれよあれよと言う間に、マギーとアイクの結婚式になっちゃって、これでくっついたらあまりにも予定調和過ぎる所ですが、そのアイクも目の前で

とんずら

されちゃうところが面白かったです。
たまたま外に止まってた「FedEx」(CMで有名ですよね?)のトラックに飛び乗りとんずらするマギー、追いかけるアイク。息が切れ、立ち止まった彼に「大丈夫、全国どこでも翌朝には着く」となぐさめる友人の言葉。(正確ではないかも。でも大体あってるはず。)

笑ったー!

こういう思わずぶひ!と笑ってしまうようなコネタが随所に効いてて、面白かったです。

えーと、マギーが逃げ出す理由(実際は4回)も一応は語られるんですが、あんまり納得は出来なかったです。
だってひどいじゃん。全部理由はマギーの側にあるわけですよ。で、にっちもさっちもいかなくなって、そこから逃げ出しちゃう気持ちは全然分からないってことはないですが、何も結婚式で逃げ出す事ないじゃん!相手にしたら最悪でしょ!
とかね。

アイクもちょっとやな奴だし。そしてこの二人がいきなりくっつくのが唐突!!

話の筋自体に??????と思う部分は多々あれど、ラブコメとしてはまあ笑えて面白いし、あと役者さんで「見れてしまう」部分が大きかったと思います。
リチャード・ギアのちょっと困ったみたいな笑い方の優しげな事!あとジュリア・ロバーツがまたキュート!

とんずらかました相手に、もう一回プロポーズしに行く根性はたいしたもんだと思うんですが(普通門前払いでしょ!)、見てる側もジュリア・ロバーツだしな、と納得してしまう、で、ハッピーエンドでよかったねと思えてしまう、そんな映画でした。

別にシリーズモノではないにしろ、プリティ・ウーマンのがはるかにデキがよろしいかとは思います。

ところで劇中で使われてる曲。U2だのホール&オーツだの、80年代洋楽ポップスがお好きだった方には非常に美味しいラインナップだと思いました^^


ゲームプチネタ

(2006-11-16)
さて。
携帯ゲームもおっきいゲーム(テレビにつなぐものを言っているようだ・・・)も、どんどん新しいのを出しおって!うぬう!という今日この頃でございます。

私がするゲームは2つだけ。ファイナルファンタジーシリーズとキングダムハーツ。ドラクエはスーファミで3にトライして挫折。PS2で7にトライして挫折。・・・結局ファイナルファンタジーしか出来ないと諦めてしまい、これ以外は手を出していません^^

あ、一回金城くんに釣られて「鬼武者」を買ってしまいましたが、最初の最初(始まって数十分で出て来るような)のプチボスに勝てず、「むーーーしーーーけーーーらーーー!」と言われ続けて挫折した事もありましたね・・・。←遠い眼。

大熊はんはガンダム関係。
そして子ども達はもう任天堂の走狗なので、毎日がDSです。PSPも持っていますが、ほっとんど使っていません。ほこりかぶってます。
一番最初に出た「トロ」が欲しくてPSPを買ったものの、その後したいゲームが

全く出ないんだもん。

UMD買ってわざわざ小さい画面で見なきゃいけない理由もないしねえ・・・。家で見ればいいじゃんって。

しかし!そんな任天堂の走狗の子ども達も、キューブは買ってません。なぜなら私が任天堂が大嫌いだからです(大笑)
いや、ソニーに別に縁も義理もないですし、ソニーを愛してるわけでもないですが、むかつくのよ!子ども相手のせこい売り方がっ^^!

そして次なるステージへ。
PS3、発売されましたね。うちも買いますよ。買いますけど、ファイナルファンタジー13が出た時に買うと思います。なので今は静観。
だって今予定されてるタイトル見ても、本当に

ファイナルファンタジーしかしたいと思えるものがない!

何かもう、大丈夫かソニー!と思っておりましたが、発売されたニュース見てたらすごかったので、ああ、私がゲームしない人だからそう思うだけであって、ゲームする人にはやっぱり魅力的なんだ、とちょっとほっとしてたんですよ^^←何で私がほっとするのかわかりませんが

そして次は任天堂のWiiが発売でしたっけ。
あのコントローラー、何かすごいですね。最初びっくりしましたが、目の付けどころがいい。面白いと思いました。

そしてとうとう大熊(我が家の財務省)が「Wiiいいなあ・・・買おうか」と言い出したのですよ!
「私が任天堂大嫌いだと知ってそれを言うのかっ!?」
「いや、でも面白そうじゃん。あのコントローラー。あれでボーリングとかやって見たいと思わん?」

うぬう・・・・。・・・ちょっと思う

むっきー!そう思ってしまうのが悔しいのよっ!!
という事で、発売予定のソフト一覧を見てみることにしました。

たまごっち(娘B担当)、ポケモン(娘A担当)、マリオ(娘AB担当)、その他大熊がしたそうなゲームもいくつか・・・。

確かに・・・!確かに我が家のようなタイプのご家庭だと、圧倒的にこっちのソフトの方が魅力的だ・・・。

ゲーム機なんてソフトがなければただの箱。

私なんぞに言われたかないだろうが、ソニー大丈夫か!と思ってしまうのでございます。
・・・ふた開けてみて、やっぱりWiiよりPS3のが売れてたら、いらんお世話と笑い飛ばしてくださいまし^^




クローズド・ノート ショッピングの女王FINAL 最後の聖戦

(2006-11-15)
図書館で借りたものー^^

クローズド・ノート。雫井脩介。



多分歯医者の待合室で読んだ雑誌に紹介されていたと思います。覚えていませんが、その紹介文で使われていた文章の何かが私の興味をそそったんだと。
どんな文だったんだ!?どんな言葉で紹介されていたんだ!?今はそっちの方が気になって仕方ないです(大笑)。
アマゾンや他のこの本を紹介しているサイトで使われてる言葉でないことは確か。だってそこに使われてる言葉読んでも、本を読んでみたいとは思わなかったと思いますもん^^

最初に出てくる日記らしき文。
小学校の先生が書いたもの。楽しそうなクラスの様子、そしてその学年が終わる寂しさみたいな事がつづられている。
最後の部分は先生としてでなく、プライベートな恋人に向けた言葉。

そして本文。
香恵は教育大学に通う大学生。大きな文具店でアルバイトをしている。
ある日、自分のマンション・・というより自分の部屋を見つめる男の人を見かけ、その姿が妙に印象に残ってしまう。
数日後、万年筆売り場を任された香恵は、万年筆を選びに来た彼に再会。彼は近くに住むイラストレーターだった。
香恵はどんどん彼に興味を引かれていく。

ラブストーリー・・・なんですかね?うーん?
私が読んで紹介はそんな風な書き方ではなかったと思うので、ほとんど先入観無しで読み始めました。
3時間弱くらいだったかな?一気に。
面白かったですよ。次へ次へとスムーズに話が進んでいって。エピソード一つ一つも心に染みていくような感じ。

最初に出てきた先生は、香恵が住んでる部屋の前の住人で、偶然見つけた置き忘れられたノートから彼女の日記を読み始める事になるんですが。
その先生と子どもの関わりが、本当にいきいきと、作り物っぽくなく、それでいて非常に優しい言葉でつづられているのが印象に残りました。

ただ、先生の恋人が誰だったのか、そして先生は今どうしているのかが、かなり話の最初の段階で容易に推測できてしまうので、最後の方で香恵が「彼がそうだったのか!」「彼女はそうだったのか!」とびっくりしたり、涙を流したりする部分でも、「いや、知らないの君だけだよ」(笑)と、冷静に読めてしまうのが残念。

ここがもっと意外性があったらなあ・・・と思いますが、でも実はそんなの求めるのはミステリー系が好きな私だけかも、とか、客観的には思ったりね。
普通の人はそんな事は分かっていても、この分かる下りとか言葉の優しさに、ただただ感動して涙するのかもしれません・・・。
ごめんね擦れてて。

と言う訳で、読み終わった後に見たレビューでは「泣ける!」という感想が並んでいたので、泣ける本なのかもしれません。
これ、携帯小説だったらしいんですけれども、私はどーも携帯小説と相性悪いのかも、とか思ってしまいました。
YOSHIさんだっけ?あの人も泣けるそうですが、泣けるどころか・・・・ちゃぶ台返しだったしねえ・・・^^?
あ、でもこの人のは、泣けはしなかったけど、心に染み渡るような、アクエリアスのような清涼感は味わえました。うん。
読み終わって、「良かったなあ」と思いましたよ。

主人公の女の子はやっぱり好きにはなれなかったけど(大笑)!←まだ言うか!!

女王様 最後の聖戦 中村うさぎ。



FINALですよ!FINAL!
ま、今は「ショッピングの女王」から「さすらいの女王」に名前を変えて、連載はしてらっしゃいますけどね。
確かにもうショッピングの女王では「看板に偽りあり」ですもんねえ^^

ブランド物狂から、ホスト、整形、デリヘル体験・・・までひと通り見てきました。この本では整形の段階かな?←段階って・・・・^^

ブランドモノを買いまくってた、あの抱腹絶倒な、ある種の爽快感はもう感じないですね。
ホストまでは面白かったかな。微妙な感じ。
ショッピングの女王、ホストクラブナビ上でつづられてたホスト体験は、文句なしに今までの彼女なりの開き直り感にあふれていて楽しく読めましたが、「さびしいまるくるしいまる」上のホスト体験の裏側は、楽しい裏側の痛々しさがあったし。

彼女の文体が変わったとかでは全くないですが(単純にネタが変わっただけかと^^)、もう今の私にはちょっと楽しくは読めなくなりました。
ちょっとさびしいまる^^

ブランドモノにしても、ホストにしても、片田舎でぬくぬくと暮らす私からしたら絢爛豪華な夢物語で、かけ離れてはいても楽しく拝見できるものでしたが、整形、そしてデリヘルとなってくると、「夢物語」ではないですよ。
金があったらしたいのかと言われれば、金があってもブランド物に興味はないし、ホストクラブなんてただただ疲れそうだし、整形もしたくないし(もちろんボインボインってどんな気持ちだろうとは思いますがね^^、でももう一度若返ってもしないと思う・・・)、自分だったらするかと言われればしたくないものばかりなんですが、それでも読んでて楽しかった、興味もあったのに、もう今のネタでは楽しめないんです。

それでも中村うさぎは何処へ行くんだろう・・・とはずっと思うとおもいますよ。彼女がはまってるネタに興味は失せても、彼女自身には興味があるので・・・。





土鍋でプリン

(2006-11-14)
こないだ「ためしてガッテン」でプリン特集してました。チェックしてたのは娘A。・・・さほどプリン好きでもないのにねえ^^
最近テレビを見ない、テレビ欄すらチェックしない私のために、偉くあれやこれやチェックしてくれてます。

「おかーさん!やせるんだって!」
「おかーさん!肌が綺麗になるんだって!」
「おかーさん!滑らかプリンが出来るんだって!」

・・・お気遣いありがとうございます。

と、言うわけでプリン。

プリンはたまーに作ります。アガーで作るのが簡単で好きだけど、アガーを常備しているわけではないので、大抵卵と砂糖と牛乳でオーブン焼きプリン。
カラメルも鍋で作ってましたがめんどくさくなり(洗うのめんどくさくない^^??)こないだレンジで簡単に出来る作り方というのを見て、それを試したら、レンジの中で耐熱の陶器の皿がわれてしまい、大ショック(笑)。
それ以来カラメル無しでプリン作ってました。どーせ子どもらは好きじゃないし。カラメル。

しかし!今回はこんな私のための強い味方を買いましたよー!

caramel_bitter1.jpg


クオカ(→右のリンクより^^)で買った「プリンカラメルタブレット」。200グラムで525円。
200グラムで、たっくさん入ってます!死ぬほどプリン作れます(大笑)!←約65粒だって!
これをココット型(私はプリンを金属の容器でなくこれで作ります)にポイと入れ、プリン液を注げばあーら不思議、食べるときには甘ーいカラメルソースが。

私が買ったのはビターで、ハチミツって言うのもあります。
ビターは「かなり苦めで大人の風味」との説明でしたが、いや、普通に甘いですよ^^?そりゃグリコのプッチンプリンよりは苦めだけど、あれが甘すぎなだけであって(だって苦味が全くないもん)、普通に甘いです。
苦味はもちろんあります。ちょっとだけ。・・でも、普通カラメルソースって苦味ありますよね?なので大人味かと言われれば、私はそうでもないかなあと。
おいしいのはおいしいです。グー!
私はきっとこれを常備してしまうに違いない^^

で、出来たプリン、こちら。

061113_192009.jpg


・・・はっきり言って、全然分かりませんね^^!
容器から出してお皿に乗った状態の写真を撮るべきだったのでは・・・?と、

気付きました。

ばーかばーか!・・・今度作ったとき撮り直して写真差し替えしておきます・・・。

で、ブツですが、はっきり言って、

とろとろです!!滑らかです!材料はもう、フツーーーの材料なので、めっちゃ素朴な味ですが、でも美味しい!!と思えます。
ぜひお試しあれ!!

作り方^^

卵 3個
砂糖 100グラム
牛乳500CC

1:卵を解きほぐす。
2:砂糖を入れ、粉っぽさがなくなるまで混ぜる。
ポイント!
この時、あわ立てる時みたいにカッシャカッシャいきおい良く泡だて器で混ぜるのはダメー!泡だて器をボールの底につけるようにして、切るように混ぜる!玉子焼き作るとき混ぜるのみたい感じ。
3:沸騰させておいた牛乳を少しずつ混ぜながら加える。
4:こして、プリン型に入れる。

土鍋の用意。

底にタオルを敷く・・・と言ってたと思いますが、普通タオルハンカチでしょ^^タオルが敷けちゃうなんてどんな大きな土鍋じゃい。
私は食器拭き用の、少し毛足が長めのタオルハンカチ大のものを4つ折にして敷きました。
その上に落し蓋(金属製の、鍋の形に大きさを変えられる羽根みたいな可動式のもの。なければ「その手の代用のもの」でいいと思います。)を置いて、その上にプリン型を置く。

1:沸騰させたお湯をプリン型の3分の一から半分ほど浸かるくらい入れる。
2:強火で5分沸騰させる。
3:火を止め、蓋をして25分放置。

出来上がりは指で表面にそっと触れてみて、吸い付くような肌触りなら^^オッケー。指にべちょ!と着くようならまだ早いです。

お湯は少な目がいいと思います!私は最初、結構なみなみ入れてしまい、沸騰した時ボッコンボッコンでっかい泡が立ちすぎて、プリン型の中にお湯がドバドバ入ってしまいました・・・(涙)。
小さめの土鍋だったからかな?←ココット型4つでミチミチ。

あと、これは欠かせない、砂糖減らし実験(大笑)!
レシピは100グラムですが、まず80でしました。
・・・普通に甘いです
次に70でしました。
ちょっとあっさり目だけど甘いです

大熊は「これでいい!ここで止めとけーーー!!」と叫んでましたが、まだいけそうじゃのう・・・と。にやり。
次は60でトライしてみたいです^^。


フィギュアスケート グランプリシリーズ 中国大会

(2006-11-13)
今までもこんなこまめに放送ってしてくれてたんだろうか?私が気がつかなかっただけなのかな?
今年はこまめにテレビ欄もチェックしているので、たくさん見れて嬉しいです。

来週はロシア大会?安藤美姫ちゃん出ますね!これまたチェックせねば!

で、中国大会。
これまた私が気がつかなかっただけかもしれませんが、普通に放送してくれたのは女子フリーだけ?男子フリーはBSのみだったような・・・。所詮その扱いかい^^!!

とりあえず目に付いた人だけ一言感想ー。

どーでもいいですが、私は佐野さんの解説好きじゃないです・・・。なんかね、どーだかね。男子の時は特に偉そう・・・。何様!?って思っちゃう^^そして女子には甘い・・・・。そんな事でないですか?

女子フリー

ソコロワさん

去年見たときなんてかわいらしい人なんだ!と一目で惚れました。←佐野さんも「ファン」と言ってたので、趣味が一緒かい!とちょっとショック(笑)
でもトリノからちょーーーっと元気ないような気がします。この人らしいい演技を見てないなあ。残念。

浅田舞さん

今まで見た中で一番良かった!前半特に良かったです。
でも後半、やっぱジャンプきついのかなー。アクセルの転倒の仕方は本当に痛そうだった・・・。
上に行くにはもう一つ二つ越えなきゃいけない壁があると思うんですが、でも今の雰囲気のまま、何かもう一つを掴んで欲しいなあとしみじみ思いました。だって本当に、この人のスケート、綺麗だよー。

キョ・ヒンシュさん

お名前初めて拝見。
小柄な人です。ジャンプが速い!高い!スピンも速い!
びっくりしました。ただ、技術はすごいなあと思うんですが、それ以外が、ない。
うーん、「ジャンプすごいなあ」「スピンすごいなあ」と思うだけで、個人的にあまり好きなタイプの演技ではなかったです。

中野さん

私はこの人好きです。
ただ今回ちょっと守りに入ってる・・・?って感じ。佐藤コーチがそうしろって言ったのかな?アクセルとダブルにしたのとか、佐野さんもそれでいいと言ってたので、「勝ちに行く」という点ではそれが正解なんでしょうけど、無責任な見てる側にしたら^^、やっぱトライする姿が見たかったなあと。
スピンは速くて、やっぱり綺麗。このプログラムがもう少しこなれたら、もっといいだろうなあと。

セべスチャン

「べ」ですよ!!セバスチャンじゃないですよ^^!!
この方もお名前初めて拝見。
ジャンプのきれが良かったです。ちょっとミスが多かったけど。
流れるようなスケートが綺麗でした。

エミリー・ヒューズ

私の好きな^^
大熊は見るたび「ヨークシャテリア?」と言います。そんな感じのお顔だよね。かわいいです。
ジャンプミスは何回かあったものの、いつものようなパワフルなスケート。どーだ!?なアピール力。
ちょっと「いい!」と思った時よりはトーンダウンしてるような気はしましたが、でも相変わらずな彼女でした。

順位。
1:セべスチャン
2:中野さん
3:ヒューズ


男子フリー

柴田嶺

この方も始めてお名前拝見。
・・・ビールマンの貴公子・・・。ビール腹の貴公子はどこぞのおやぢ。
足が非常に上がる人です。女の子のするようなスピンをしますよね。
殿方がそれをするのがいいのか悪いのか・・・^^私には微妙に見えますが、技術的な点のことは分かりませんので・・・。
ジャンプが、女子の上位よりも大分しょぼい感じはしました。あと、手が棒。もう少し柔らかいといいのになあと。
でもお若いんですよね?これからに期待。

中庭さん

こないだの日米対抗で始めて拝見。
4回転があるので、これの精度が上がればかなりいいのではないかと。
織田君、高橋君とは大分差があるかな・・・とは思いますが、でも頑張れ!と思ってしまう何かがあります。

ダビドフ

ジャンプの回転速いです。ひゅんひゅん。
ステップは「おっと、おっと」って感じ・・・に見えました。

ポンセロ

ジャンプがイマイチー。ステップはとっても良かったです。
最後肩落ちてましたね・・・。

ライサチェック

放送の度に読み方が違うような気がするんですけど。ライザチェック???

よかったです!
ストレートステップシークエンスとかすんごい良かった。ジャンプもキレが良かった。
プログラムが非常にこなれてて、見ごたえ満点。
本当に見ていてわくわくしました。

点ももう、飛びぬけてましたよ。ダントツの1位。スンバらしかった!点が出たときは鳥肌が立ちました^^

順位。

1:ライサチェック
2:ダビドフ
3:サンデュ

でした。


ギルバート・グレイプ 感想

(2006-11-11)
これを今日YAHOO!動画で見ました・・・。もちろん、ただで。

太っ腹だぞ!YAHOO!
嬉しいぞ!YAHOO!



これのディカプリオがすごいぞって言うのはこれ見た人に直接聞いたり、いろんな感想見たりして知ってたんですが、ジョニデが主演だったとは全く知りませんでした^^

見得^^

アメリカの片田舎で、父の死後動く事さえままならないほどに太りまくった母親、2人の姉、知的障害を持つ18の弟(ディカプリオ)と暮らす、ギルバート・グレイプ(ジョニ・デ)の話。
町の食料品店で働き、弟の面倒を本当にこまめに見、毎日が同じように過ぎていく。
普通なら通り過ぎてしまうようなこの町に、車の故障で逗留する事になったベッキーとの出会いが、彼の生活を変えていく。

結構地味めな映画です。その分細やかな感じ。
ベッキーとの関わりよりも家族との関わりに時間が割かれているので。

もうね、泣けるほどいいにーちゃんなのよ!何処にでも連れて行って、周りからかばって。「何があってもにーちゃんが守ってやる」って。
ほとんど体格も変わらないのに、にーちゃんにおんぶしてもらうのが当たり前な弟。「にーちゃんが縮んだ縮んだ」と嬉しそうな弟。

知的障害を持つ弟の、表情といいしぐさといい、ディカプリオは只者ではない。この映画を最初に見ていたら、彼の印象はがらりと変わっていたと思う。
私は最初がタイタニックだったので、どっちかと言うと「アイドル」的な俳優さんだと思ってました。次が「ザ・ビーチ」(←これははっきり言ってめっちゃつまらなかった)、そして「ロミオとジュリエット」。
ロミオなんてもう男の人なのに、「美しい」って表現がぴったりなほど、びっくりな美少年ぶりだから、まさしく「アイドル」なんだな、と。
そんな印象がこの映画で180度変わりました。
何か今まですんませんって感じでございます。

ここのご家庭、おとーさんが首吊り自殺をなさっていて、にーちゃん、姉が働き、妹もバイトして頑張ってるのよ。おうちも古ーい感じで。
で、このおかーさん、ずーーーーっとソファに座り込んで、7年外に出ていない、と。一日中何か食べてるの。
お金を稼ぐ事も家事も全部子ども達がしてるのに、「ギルバート、もっとしっかりしてよ」「もっとちゃんと弟の面倒を見て」などなど。

おまへがやれ

と思ったのは、きっと私だけではあるまい(笑)

閉塞感、投げ出したい、逃げ出したい、でも逃げられない。しがらみが多すぎて、大事だから、それを捨てることが出来ない。
そんなギルバートが旅から旅へ、自由にトレーラーハウスでおばーちゃんと旅をするベッキーと出会って、少しずつ、じっと今までよどんだ沼の底みたいに動かなかった生活が変わり始めて行って・・・。

おかーさん、最後は立ち直るんだけどね。
兄弟達がした、最後の後始末の仕方が本当に切なかったです。

最後はハッピーエンドかな。身はバラバラになってしまったのかも。でもつながりはちゃんと強いままで。
最初のシーンにつながるあのラストシーンは、本当にほっとしました。良かったなあと、心から思えるラストシーンでした。

いや、本当に良かった。いい映画でした。
こんなものをただでありがとう^^YAHOO!

にーちゃんなジョニデ、めっちゃめちゃかっこいいです(笑)いやいや眼福。

途中途中にCM(多分飛ばせない(笑))が入ります。それが気になる方はやっぱりDVDでの鑑賞がお勧め。
私は吹き替えでさえなければ全く気にならないので、楽しく拝見しましたよー。

その後「オズの魔法使い」を、同じくYAHOO!動画で子ども達に見せました。字幕だから途中で飽きるかな?と思ったけど、最後まで見て「楽しかった!」って言ってましたよー。

最初白黒で、竜巻に巻き込まれて世界が変わった時、パッと綺麗なカラーになる、背景なんてめちゃめちゃちゃっちいんだけど^^、それがおとぎの世界っぽくてそして絵本ぽくて、いーい感じなんです。
これも大好きな映画です。
子ども達に見せたいなと思ってたので、めっちゃ「もうけもの」でした。



うちの3姉妹 2 漫画感想

(2006-11-09)
うちの3姉妹 2



2、見ました。
チーちゃんが成長している!!当たり前なんだけど、ちょっと悲しい・・・^^人んちの子なのに(笑)!!

この中でもちょっと触れられていたように思いますが、長女は先へ先へ、って気持ちが大きいんだけど、次女以降はゆっくりゆっくりって気持ちが大きくなってくると思うんです。

長女はたっちできた!が嬉しくて、おっぱい離れたのがうれしくて、口が早いのが嬉しくて、オムツ取れたのが嬉しかった(取れたのは遅いですが)のに、次女はたっちが出来たら「もうあのかわいいハイハイ姿が見れなくなるのか」と悲しくなり、おっぱい取れたら「もうチュッチュと吸う姿が見れなくなるのか」と悲しくなり、オムツ取れたら(3歳半でしたが・・・)「あのかわいいオムツ姿が見れなくなるのか」と悲しくなり・・・。
親なんて勝手なものね^^

そんな事が走馬灯のように蘇る漫画です。
次女の話はちょっとうるりときちゃった。ちっちゃいのにね。しっかりする事を要求しちゃうんだよね。上の子には。うちの場合は長女にですが。
ふと離れて見た時、ああ、まだあんなに小さかったんだと思う時、ありました。だからうるりときちゃった。
・・・親なんて勝手なものね^^

この漫画の楽しそうな雰囲気が本当に好きです。でも楽しいんだよ!本当に。
何かテレビとか雑誌とかだと大変さばかりがクローズアップされちゃってるようで、それが嫌でそういうものをあまり見ませんが、でもこんな楽しい事が他にあるか!ってくらい、育児って面白いです。抱腹絶倒です。
大変じゃないなんて言いませんよー^^。もちろん。心配事は尽きないし、くそがきーーーー!!と思うなんて毎日だし。
でもそれ以上にプラスのことの方が圧倒的に多いと思うし、更にそう思うのも気の持ちようだと思うんですよ。

フースーチー3姉妹のこのママさんも、娘3人なんて、本当に大変だと思うんですが、でも心底楽しそうな漫画が書ける、このご家族が本当に素敵だなあと思います。

さて以下続刊なんでしょうか?
どんどん成長していくこの3姉妹を近所のおばちゃんのように、そして成長するのが寂しいばーちゃんのように、見守らせていただきたいと思います^^


木更津キャッツアイ 1 時効警察 1 DVD感想

(2006-11-08)
時効警察の1がやっと帰ってきたようなので(私のじゃないけど^^)借りてきました。カウンターに持って行こうと通りがかった棚に、1がひとつだけ残っていた木更津キャッツアイもついでに・・・。

両方ともほとんど前知識0の状態で見ました。
時効警察は「警察モノなんだろうな」←タイトル見たら分かるだろ!「オダジョー出てるしな」程度。
木更津キャッツアイは、今映画をしてるのかな?ズームイン朝を見てたら、やたら番宣で出てくるのでちょっと興味を惹かれて・・・。「にーちゃんずの友情物語???」程度。

結論としては、両方とも非常に軽い感じで面白かった!!リアルタイムの深夜時間に時効警察を見ていた大熊に言わすと、「1、2は、まーイマイチ。3からが面白い!」そうなので、2巻があったら是非とも借りてみたいです。
キャッツアイは、ああ、なーるほど!!キャッツアイか^^って。

時効警察



オダジョー頭が爆発しています。
それにしても、時効警察・・・。まさかこんな話だったとは!
時効を迎えた事件を、趣味で解決していく霧山(オダジョー)。
真相を明らかにした後は犯人に「善意で」自白していただき、納得した後には「この事は誰にも話しませんよカード」なるものにポンとはんこをついてその犯人に渡すという・・・。

なんじゃそら(大笑)!

いやもう会話のテンポがめっちゃいいです。トレンチとか、サイドの人達も非常にいい味出してるし。

ぼけの霧山と、それにぶんぶん振り回される三日月さん。このコンビは上田と山田のコンビ@トリックと、はります。そのくらいいいです。

犯人なんて、見てる側はほぼ最初から目星つけられちゃうわけなんですよ。だから犯人探しの面白さというよりはそこに至る過程の面白さ。会話の楽しさ、シチュエーションの楽しさ。
キャラがめちゃめちゃ面白いドラマです。

木更津キャッツアイ



これもキャラだ^^
出てくる人出てくる人、めちゃめちゃ楽しいです。

もう1話で余命「持って半年」と言われるぶっさん。病名は「何とかガン」・・・リンパがどーのと言ってたので、白血病とかでしょうか??
なのにテンポはもうめちゃめちゃ明るく。
みんなプーなのか!?プーばっかりか!?
バンビは学生って言ってたなあ。でも働いてるのマスターくらいで、後の人は何して食べてるんだあ?
毎日野球して、何かって言ったらマスターの店でビール飲んでたむろって、朝まで遊んでる・・・・ポイ^^

キミ達のお金の出所が非常に気になります。すねかじり・・・?

毎日が非常に楽しそうで、でもぶっさんに残された時間って言うのは限られてる。笑ったりけんかしたり、めっちゃコメディなノリのそんな姿さえ切なく見える、そんなドラマでございます。

面白いです!!


それにしてもこの二つ、DVD1本に対して収録されてるのが2話って

どーよ!?

と、心から叫ばせていただいて、本日のご挨拶にかえたいと思います。
・・・普通4話でしょーーー!?


ペンギン革命 4

(2006-11-07)
ペングイン革命 4 ←英語のつづりはこの読み方で覚えました・・・。



4まで来ましたよねー。
藤丸君大人気です^^
芸能ネタと恋愛関係が非常に上手く融合してる感じ。どっちも比重が大きくて、どっちも楽しめます。

涼がだんだんのし上がってきましたよー!キテマスキテマス。
今いい感じの綾織ともどこかで当たったりするんでしょうか。

へーーーんなライバル事務所みたいなのも気になりますが、涼の演技中に、ふっと出てきた女の子の方が気になります。

丘よう子って!?涼のおかーさんとか?←ベタ過ぎ?
藤丸のトンでもとーちゃんもいつかどこかで絡んできそうな感じ。

今回やーな奴だったカラス要くんも、マネージャーの金田さんも、結局心底悪人じゃなかったしね。こういうところは好き。
でももっと黒そうなのいたね!ナンバーズで!あの人とも戦い後にやっぱりやな奴じゃなかった、になるのでしょうか?
この人の漫画ではそういうものを求めてしまいますが。
どろどろは、いらん。ほーわりと優しいものが残ればいいのです。この人の漫画に望むのはそういうものなので、個人的にそうであって欲しいなあと思いながら、以降に期待^^


フィギュアスケート グランプリシリーズ第2戦 カナダ大会 シングルフリー

(2006-11-06)
今日もメモ片手にパソコン前にやってきました^^

昨日は、やってる時間がちょうど夕飯の支度時間だったので、ついてるテレビから「おおっ!」とか「ああっ!?」とか聞こえる度に「どうしたんだあ!!」「何があったんだあ!」と、油の前で(昨日はカツ丼)悶えておりました(笑)。

女子は見ながら食べてたんですけどね。でもきっちり今日全部見直しましたー^^

又しても目に付いた人のみ。

男子フリー

ランビエール

おおっ!見慣れたシマウマだ^^
男子は結果を先に知ってしまったから今日見たので、あれ、こんなにジャンプ失敗してるのに、1位なんだとびっくり。
他の部分はさすがにこなれててよかったけど、昨日上位だった人はどんなだったんだ!?・・・と思ってしまいました。

ソーヤー

男の人でこれだけ足を高く上げるスパイラルを始めて見ました^^スピンもね。
綺麗なのかもしれないけど、うーん、ちょっと微妙(笑)

高橋大輔

曲はいいですよね、好きです。←お前の好みかよ^^。
ジャンプ、成功は半分・・・ってところか。後半、ジャンプに入る前ですっころんだのにはびっくりしました。
あと、ダブルアクセルの時かな?非常に痛そうな転び方でしたね。びったーーーん!って感じの。
ステップはもう本当に、もう毎回うっとりと拝見しておりますが。
このプログラムがもっともっとこなれてきたら、非常にいいだろうなあと思いながら今回は拝見しました。
・・・それにしてもすんごいきっちり整えた眉だ・・・^^。

ジョニー・ウィアー

彼用のオリジナルの曲なんですって。まあ素敵。
もう後半バテバテなのが見てても分かりましたよ。つっかれてるなあ・・・へとへとだなあって。
完璧な彼に期待^^
いっつもショートはいいのにねえ。

順位。
1:ランビエール
2:高橋
3:ウィアー
4:ソーヤー

多分^^・・・それにしてもランビエールSP7位からですよ!!すんごいな。

女子フリー。

恩田さん

ジャンプの踏ん張りはお見事!スパイラルはイマイチぎこちなく見えてしまうんですけど・・・。?????
ほとんど失敗はないように見えましたが、なんだか「よっ!よっ!」って感じで、滑らかではなかったような・・・。足もイマイチ上がってないような・・・。うーん。

村主さん

この人は本当に失敗する気がしないですね。脅威の安定力。
そしていつもこの人しかしないような演技だなあと思いながら拝見。
スパイラルも本当に綺麗ですが、ストレートラインステップシークエンスとかは安藤美姫ちゃんのが好きだなあ。・・・って彼女見てましたね^^客席から。

キム・ヨナ

前半めちゃめちゃ軽くてよかったのに、後半であんな風にガタガタ来るとは夢にも思いませんでした。そのくらい前半よかったです。
疲れたのかなー?緊張すると疲れって本当に早くきますもんねー。すぐ息上がるし。
でもそういうのは場数で何とでもなると思いますので、今後の彼女にめっちゃ期待。

それにしても16歳、1年で5センチ身長が伸びたとか!!このコメントに色めき立つ我が家^^
なぜなら我が家の娘Aは幼稚園から延々最前列キープのプチサイズ。私も大熊も全く背が低かった過去がないので(今は普通。私161、大熊174)、娘が気にする気にする。「どうして私は伸びないの?」と。
昨日はこれで「16でも伸びるぞ!A!!5センチだぞ!A!」と大騒ぎでした・・・(大笑)。

ロシェット

トリノで枯葉~愛の賛歌の人ですよね。あの愛の賛歌に乗せたスパイラルははっきり覚えてますですよ!きれいだったー。

ストレートライン、すんごい腕の動きがしなやかです。スパイラルも絶品。ジャンプもほぼ綺麗に決めて、見ごたえめちゃめちゃありました。
本日ダントツ!これは文句なしの1位でしたね。
得点が出た時の「うわーーー!」って言う歓声に、本当に髪の毛まで逆立ちました^^
ほんとにほんとに素晴らしかったです。

シズニー

出てくる姿が既にきれいだよ。「綺麗なおねーさんは好きですか?」って感じ^^
スピンは本当に絶品。
解説(実況??)の方が「麗しのシズニー」と仰ってたのが、まさにぴったりな雰囲気でした。
変な枕詞(情熱のステップ王子とかさー天下統一とかさー)は、いりませんが、この表現はナイス!と思って聞いていました。

順位。
1:ロシェット
2:村主
3:キム・ヨナ
4:シズニー

多分。

ロシェットの技術点が飛びぬけてました。
エキシビジョンも見たいです^^


グランプリシリーズ第2戦 カナダ大会 女子、男子SP

(2006-11-05)
BSでしかしてなくて、こっち(パソコン)で見ながら書けないので^^、一言感想で。

それにしてもテレビ朝日!いや、ABCなのか!?何で放送してくれないのっ!?テレビ朝日の放送時間をチェックして、新聞を上から下までなめるように眺めたのに、その時間「山村美沙サスペンス」って、どーーーよ!?そんなどーでもいいのじゃなくて(山村美沙さんファンの方すみません・・)、今やってるの放送してよー!と、地団太踏みました。
・・・関西だけ??関西はフィギュアスケート、そんなにみんな見ないの・・・?しょんぼりですよ。

気を取り直して。でもBSなら普段放送すらしてくれないようなアイスダンスとペアも見れたからいっか。

感想は目に付いた人だけ^^。女子シングル、ショートプラグラムから。

キム・ヨナさん。
この方のスケートをきちんと拝見するのは始めてかも。去年浅田真央ちゃんに勝った人ですよね。
姿かたちの雰囲気が真央ちゃんに似てるかもーと思って拝見してました。
ジャンプが軽い軽い。この辺は真央ちゃんタイプかな?と思ったんですが、全体見てると、村主さんタイプかも、と。こう何と言うか、雰囲気のあるスケートですね。
今回のSPは非常に美しかったです。

恩田さん。
・・・去年の安藤美姫を見ているかのよう・・・。ジャンプがもうことごとく決まらず、見ていて痛々しかったです。
彼女らしいパワフルな演技が見たかったな。ちょっと辛かったです。

シズニーさん。
んまー、ほんとになんて綺麗な体つき。綺麗な長い足、綺麗な長い腕。お顔も別嬪さんで。←何処のおばちゃんの感想ですか!
スピンは早くて綺麗。ジャンプが本当に惜しかったですね。
スパイラルの足の綺麗な事!ビールマンスピンもさすがにさすがな感じでスンバらしかったです。

村主さん。
ボレロで来たか!ちょっとびっくり。・・・何かいっつも私のイメージしてるのと違う事してくれる人です^^。
ちょっと固いかなあ?と思いながら見てました。
でも手堅く押さえたかな?という感じ。かなりいい位置ですよね。フリーが楽しみです。

順位は
1:キム・ヨナ
2:村主章枝
3:ポイキオ
4:アリッサ・シズニー

多分^^。

男子シングル、同じくショートプログラム。

ランビエール!!
どうしたんだ!?って感じでございました。
ジャンプがいまいちでしたね。スピンは相変わらず綺麗ですが、まさかあんな所でこけるとは!びっくりしました。
衣装は上のひらひらがイマイチよろしくないような気がいたしました・・・。シマウマのがまだ好き^^

ジョニー・ウィアー
あの紹介の時の「しなーやかーにーうたってえええーー」・・・だけは勘弁していただけませんか?テレビ朝日さん。
彼のスケートが「しなやか」だと言いたい・・・んだろうけど。いやもう、真剣勘弁。

細くなった?ように見えたけど。いや、元々細い人だけど。
彼は4回転がないのかな?でもジャンプも何もかも、手堅く抑え、かつ去年の彼とは全く違った雰囲気が非常によかったです。
今期も期待^^!

高橋大輔くん。
・・・情熱のステップ王子・・・。ホント勘弁して・・・。こんな軽いしょうもないあおりが何で必要なんだ!!
毎回言ってますが。
スポーツ中継はNHKでしてくれ!!ほんまにもう。

彼は又一皮向けた印象。
このSPはもう、今まで見た彼の演技で一番よかったです。
見た目の印象がすっきりしたのも○だし、表情が非常によかった。自信にあふれていて、のびのび滑ってた。これはホントにいい!
そして演技が今までよりも大きく見えました。
ステップはね、もう絶品。この人のステップはいつもぞわぞわ来ます。技術だけでない、彼独特の雰囲気は誰にも真似できないと思う。
非常にいい演技でした。

順位。
1:高橋
2:ジョニー・ウィアー
3:ベンネル
4:ポンセロ

・・・多分^^

もうすぐ今日のフリーの放送が始まります。めちゃめちゃ楽しみです。
結果はもう出てるみたいですが(大熊が「出てる」と言ってたから、どこかで見たんでしょう)、私は見ません!見ませんよ!!放送で確認します^^
スケートのシーズンはもう楽しくて楽しくて仕方ないです。←幸せな人だよ・・・。


明治のチョコー!!

(2006-11-04)
朝(昼前・・・?)、テレビで、かつみさゆりが明治の工場を突撃するー!みたいな番組をやってました。
この「せやねん」という番組(多分)、毎回見てるわけではないですが、今回のかつみさゆりは、えっらいテンションが高くて、もう大爆笑。
ミスタービーンやアンガールズでは笑えない私もこういうのは笑えるんです!ムーはん!←私の笑いの師匠。生まれ育ちが関西でない私にはまだまだ修行が必要です。ミスタービーンやアンガは関西関係ないような気もするけどね^^!

で、其処に出てきたチョコチョコチョコ!!
見ていたのは私と娘B(うやや星人(自称)で、地球のチョコを食べつくすためにやって来たと言い張る。彼女の体の7割はチョコで出来ているはず。)、大熊。もう3人の頭には「チョコが食いてエ!」の想いが、噴出しのように飛び出ていたに違いありません。

番組が終わるや否や、いそいそと出かける用意をする3人組。番組を見ていなかった娘Aだけがのんびりと「何処行くのー?」と。
ま、見ていたとしても、彼女は元々チョコが大嫌いなので(笑)、私らとはテンションが違ってただろうけどねー。同じ姉妹でどうしてここまで嗜好が違うのでしょうか。

とりあえず、1時から予定があったため遠くには行けなかったので、近所の生協へ。目に付くものをぱぱっと買ってみました。

061104_162026.jpg


こんな感じ^^
・・・あり?明治じゃないチョコも混じってるぞ?

大熊が欲しかった「チョコカール 冬のココア仕立て」は置いてませんでした。残念!!
ネットで、発売してるのか、ここでも売ってるのかまでしっかり調べたのに^^!
発売は10月17日だったかな?関西でも売ってるはず!でしたが、この片田舎が悪いのか、生協が悪いのか(笑)

娘Bはチョコレート効果のミニアソートタイプが欲しかったらしいんですが、それもありませんでした。
63パーセント(多分)、72パーセント、86パーセント、99パーセントのミニサイズ4種類がセットになってる奴。
63パーセントから食べ始めてしまうとえっらい目にあう(誇張じゃありません)らしいですが、逆に99から食べ始めると、だんだん甘くなり63を食べた時には

あっま~い←さゆりちゃんがこう言ってた^^

と、うっとりするらしい・・・ってのが、彼女のハートにツボヒットしたみたいで、是が非でも99から食べてやる!と意気込んでたのに、がっかりです。

結局彼女は「明治 ショコライフ 北海道ミルク」を購入。ホワイトチョコです。ホワイトチョコが苦手な私達夫婦は、彼女がそれを手に取った時「それ白いチョコだよ!!ほんとにいいの!?」と念を押してしまいました^^
・・・自分が嫌いだからって、人まで嫌いだと決め付けるのは良くないデスネ(大笑)
4枚入りで100円弱。ちょっと食べたいときにはちょうどいいかも。
私も一口いただきましたが、クリーミーな感じのホワイトチョコ。

大熊が同じく「ショコライフ 玉露」
すみません、玉露味と抹茶味は一体何処が違うんでしょうか・・・・?
抹茶味も大好きなので、美味しいは美味しかったです。舌の奥に苦味というか渋みが若干残るかなという感じだったので、大人向けかも。
・・・と、私は思ったんですが、大熊に言わせると「普通の抹茶味よりは苦くないよ。大分マイルド」らしいので、ご自分の舌で感じてください^^←役たたーーーーーーん!!

「ルック CAKE SHOP まろやかマロンモンブラン」
パッケージに惹かれてつい買ってしまいました。このパッケージはそそるよ!!
で、食べた感想・・・。・・・・・む?
ものすごく微妙な味わい。栗・・・。うん、栗だ。このちょっと固いのは。乾燥栗のかけらが入ってるみたいです。
栗は栗なんだから栗の味だしな。チョコもチョコだからチョコの味だしな。じゃあこの微妙感はマロンクリームか?
モンブラン・・・といえばまあモンブラン。でもこう・・・素直に「美味しい!」といい難い、微妙な味わいでした。
あくまで個人的な好みの問題でね!!

このシリーズ、もうひとつ「いちごショートケーキ」ってのがありました。生いちごは大好きだけど、いちごフレーバーのものが大嫌いなので、とりあえず避けておきました。誰か食べてみてー!ほんとにショートケーキなのーーーーう!?

そして最後に「明治 チョコレート効果 カカオ86パーセント」
これは前も食べたことあるけどね。まみさんとムーはんがギブした奴よ!私は結構平気ー^^
99は私もさすがにギブしたけどね!!

しかし今回はチョコライフ食べてー、ルック食べてー、最後にこれを食べたので(車の中で回し食べ・・・。お行儀が悪い^^!!ちなみに娘A一人は大好きな蒸しパン^^)、食べ順が逆でした。
・・・それでも私は平気なんだけどね。
大熊はかなり長いこと「苦いーーー!にーーーがーーーーいーーーー!」と叫んでらっしゃいましたよ。

私はこれの、ポリフェノールプラスコラーゲン(だったかな?)がプラスされてるのが欲しかった。
でもなかったけどね!!

これからスーパー行く度に探してしまいそうです^^


永遠の誘惑 10 のだめカンタービレ 16 まんが感想

(2006-11-03)
永遠の誘惑 10



もう10なんですねー。
絵の書き方?をお変えになってからどのくらい経つんでしょう?もう大分経つのかな?もうお慣れになったんでしょうか?

楽なのか何なのか・・・・。同じ絵が見開き2ページに何個もあったり、次のページにもその次のページにも同じ絵が・・・!ってザラだったけど、それがちょっとマシだったかな。
でもまだ気にはなりました。手抜きにしか見えない・・・。

絵は置いておいて。
話。大分展開が次の段階へ。
取り返しのつかない事をしてしまったマリエさん。非常に客観的には「睦月」が何もなかったにしろ、マリエさんに誤解されるような事をしてしまったのは彼だし、あながち責められないと思うけどなあ・・・と。
ま、だからと言って生理的に許せるか許せないかっていうのは別問題だけどね。

ドツボにはまってしまったマリエさん。最悪のパターンですな。
「最後」とか言ってたけど、ホントに最後になるんでしょうか?それにしても今回の八重樫の遣り口にはおぞ気がしました。きっしょ!

そして凪子さんと如月はどうなっていくんでしょうね?
どうしても刹那的にはなりますよね。女側が。だって10年後の自分達ってリアルですもん。40代後半の自分と20代の彼。
恐怖ですよねー。
それなら傷つかないうちに・・・って思ってしまう凪子さんには共感できます。・・・でもズルズルしてるけど^^

ラストが想像つかないなあ。少なくとも失楽園(見てないし読んでないけど^^)みたいなラストだけは勘弁して欲しいです。

のだめカンタービレ



面白かった^^!今回も。これも面白さがブレないかな。
オケの部分では音が聞こえてくるような書き方が好きです。

他の部分は「ぎゃぼ」なのに!!

千秋の「心中あだな」には爆笑。・・・ポッター隊・・・素敵。

今やってるドラマは見てませんが、意外に意外と好評なようで、DVDが出たら機会があれば見てみたいなと思いました。
それにしてもこれの番宣を見たらしい大熊。のだめの惨憺たる自室が放映されていたらしく、彼の中では「片付けられない女」のドラマだと定着してしまったようです。
そしてタイトルは「めだかカンテーレ」・・・ちがうよ、おい!


そしてこっそり朔日餅。
・・・・食いました。んまかったけど、先月の栗の方がもっともっと美味しかった・・・。
そしてこんな所に何故こっそり書いてるかというと、・・・・写真撮る前に食っちまって写真がないからです・・・。
あうち!!ブロガー失格!!←今まで合格だった事があるのカッ!!ええっ!?


DEATH NOTE ーデスノートー テレビ版 前編

(2006-11-02)
やっと見ました。
テレビでやってた時もちらちら見てはいたんですが、娘Bが怖がる怖がる^^。
脱衣所といえる場所がせまいので、お風呂上りにはいっつも居間でお召し物を着る娘Bさん。「(テレビの画像が怖くて)居間に行けないよーーーう。パンツはけないよーーーう」と、洗面所で半泣きでした(笑)
なので録画はしてあったので、かわいそうだし切りました。
乱暴者のクセにすんごい怖がりです。娘Aから見たら、あんたの方が恐怖だよ・・・。

で、やっと今日見ました。



DVDはまだ出てないんですかね?
テレビ版なんて表示がついてましたが、映画と違うんでしょうか??
うーん、謎です。

キャスト、月が藤原竜也って最初イメージ違うなあと思ったんですが、違和感なかったです。
もっと冷たい無機質な感じのイメージだったので、藤原君じゃあちょっと甘すぎなのでは?と思ってたんですけどね。いやいや。

Lがよかった!L!これはそのままーー!妙な立ち居振る舞いといい、きろっとした目といい、ムッチャはまってて、よろしいです。

もっと前半からミサミサが絡んでくるのかなと思ったら以外にスルーで肩透かし。ほっそいほっそいミサミサは、でもこれまたイメージどおり。かわいいです。

あとはまあ・・・。あ、でもレイもそっくりだったかも。かなり細かいところに凝ってるなあと。

話は、字が多くて読むのに他の漫画の10倍くらいかかる原作を(あだち充漫画なら50倍^^)、さらりとなでたな、という印象。
ん?なんで?と思うところもないではないですが、でも意外にそれが上手い事いってて、分かりやすくなっててよかったかなと。
ポイントの絞り方が上手いと思いました。

原作はずっとコミックが出るたびに借りて読んでたので、最初の方の記憶がどーもおぼろげなんですが、詩織さんって殺してないよね?殺してた???ああ、記憶があやふやだ。あんなシーンだったかな、と。
もう一回貸して下さい、ねこ様^^。

後半、明日公開か。
もちろん映画館行ってまで見る予定はないですが、思ってたより面白かったので、興味がわいてきました。
ラストも漫画と違うようですし。
マンガのラストは・・・・うーーーーむ!という感じだったので、この映画の方が面白いかも、とこっそり思っております。

漫画、Lが死ぬまではめっちゃ好きだったけど、Lが死んだ後がいまいちだなあと個人的に思っておりますので、映画はラストまでLとの一騎打ちっぽくて、かなり心そそられます。
どんなラストを用意してくれているのでしょうか?

ところで後編のテレビ放送はいつですかね(笑)?←DVD、せめて借りんかっ!!


プロフィール

くまきち

  • Author:くまきち
  • くまきち
    ゲームと読書と映画と、その感想を書くことを愛するそこら辺の主婦。基本的にはネタバレありです!ご注意ください。
    ブログ記事に全く関係のないトラックバックは削除させていただきます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。