スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


うちの3姉妹 マンガ感想

(2006-10-31)

<ムーはん蔵>

もうめちゃめちゃ笑いました、この本。
特に女の子をお持ちのおかーさんには絶対お勧め^^!

長女フー(5歳)次女スー(3歳)三女チー(1歳)の日常。

かわいいのなんの!!うちはもうこんなかわいらしい時期はとうの昔に過ぎてしまいましたが、でも非常に懐かしく拝見しました。

特にフーとスー。うちの娘Aと娘Bにかぶるかぶる!どこの長女と次女も同じなんでしょうか?
昨日は私が読むより先に娘Aがこの本を読んでいて、おおうけ^^!
「スーって娘Bちゃんみたいー!」って。そうか、おまへが読んでもそう見えるか(笑)!!

しかし当の本人、娘Bに見せると「Bちゃんはチーだもん!」と言い張る・・・。
そう、うちの次女さんはいつまでも「赤ちゃんでいたい」人なのです。近所の次女さんはかなり前から「お姉ちゃんになりたい」と言ってたし、娘Aのお友達で「下の子」がうちに来てくれると、非常に娘Bをかわいがってくれるし、下の子って自分より小さい子が好きなんだとばかり思ってたんですが、うちは全然違います。
お誕生日も、わずか4歳で「4歳になんてなりたくない。Bちゃん3歳がいい。Bちゃんはまだ赤ちゃんなの!」と言った人ですから・・・。

ま、そんなBはおいておいて^^
だって本見る限りこの次女とそっくりだもん。なりきり娘なところとか。
ちょうどこの漫画のスーは、「セーラームーンになりきると、セーラームーンと呼ばなきゃ返事もしない」そうですが、娘Bが同じ年頃の時は「ちゅわ」でした。・・・・ちゅわってなんじゃい。
でも「私はちゅわ」と言い張り、そう呼ばなきゃ返事もしないので、その時期はじーちゃんばーちゃんまで「ちゅわちゃん」と呼んでました・・・。当時のはさみには未だに「ちゅわ」と書いたお名前シールが!!れっきとした証拠!

061031_171212.jpg


今は「Bはうやや星から来たうやや星人。地球のチョコレートを食べつくすために来たの」とおっしゃってます。
大丈夫かこの不思議ちゃん・・・というか、電波ちゃん・・・?がくがく。

あと長女と次女の遊びに参加したいチー。これもまさに同じような事してた!娘B!
幼稚園友達と遊ぶ娘Aを追いかけて、自分も仲間・・・あり?もういない・・・^^なんて。

そして姉妹げんか!!周りの姉妹さん達は姉が勝つらしいんですよ。でもうちの姉妹げんかは絶対妹が勝つ。なぜかというと、上は下を叩けないからです・・・。
なので「Bちゃんが叩いたー」と言っては泣かされ、「Bちゃんが蹴ったー」と言っては泣かされ、「Bちゃんが髪の毛引っ張ったー」と言っては泣かされ。
最後は決め文句は絶対「Bちゃん大嫌い!!もう一生口きかへん!」です^^。かーちゃんその「一生」を何度聞いた事か・・。
でも姉が負けるなんてうちだけかと思ってたら、この3姉妹もそうでしたー!嬉しい^^
下になるほど凶暴に!!分かる!分かるわ!!

もう何もかも見ていて懐かしく、又かわいらしく、ただひたすら笑えて、非常に楽しかったです。
おとーさんもさりげなくいい味出してるよねー^^こんな家族は、ホントに素敵だと思います。

何か漫画の感想というよりは、うちの姉妹暴露みたいになりましたね。あり?
スポンサーサイト


ハロウィン USJ 061028

(2006-10-30)
年パス買って2年目、もちろんそれ以前にも何度か行ってますが、ハロウィンシーズンに行くのは初めて!念願のハロウィンです。

10月29日が下娘の誕生日なので、ちょうど休日だった去年、しっかり行く予定だったのですが、無常にも雨。ショーもパレードもないし、せっかくだから晴れた日にしようと、延期。しくしく泣かれたのがついこの間の事のようです^^
一週ずらして11月5日くらいに行ったのかな?そしたらわずか1週間でUSJはクリスマスになってました。いや、この時期も好きなんだけどね。でもちょっと惜しい気分。クリスマスのUSjは来た事があったから。

なので今年は晴れて本当に良かった。まあ欲を言えば29日当日が土曜だとよかったんだけど、ま、こればっかりはね、仕方ないか。

行きはギリギリ開園前に行けるかな?って言う時間に家を出たんですが、高速がこんな時間から渋滞!がッちょんもう30分早く出なきゃいけなかったかー!高速のUSJ出口も渋滞してました。
駐車場はもう止められたのが16番。・・・遠かった・・・・。

061028_094037.jpg

エントランス。かぼちゃー!

usj-9.jpg

まず行ったのはもちろんスヌーピースタジオ。うちはここだけははずせません。開園前に駐車場に入れられれば、ここ、5分待ちくらいで乗れるので、最高7連続で乗ったこともあるんですが、今回は出遅れたのでもう25分待ち。1回だけ乗って、とりあえず行った事のない「オズ」のエリアへ。色が綺麗だったー。
子どもがこの映画を見たことがないので、一回見せてあげたいなと思いました。

usj-11.jpg

イエローブリックバンドを見て。あっちゅー間にお昼近かったので、一旦外に出てピクニックエリアへ行こうと出口へ移動。

usj-8.jpg

これまたはずせないらしい・・・。

usj-5.jpg

usj-6.jpg

usj-7.jpg

ハロウィンの飾りつけ・・・でもところどころクリスマス用の飾り付けに変わっていて、いっぺんに変えるのが大変だから毎日ちょっとずつ変えてるかなかあ?と、いらんお世話な推測^^

今回のテーマは「USJでチープに遊ぶ!」だったのでお弁当持ち。ピクニックエリアに12時前に行ったらまだ席が空いてたけど、ちょっとしたらあっちゅー間に埋まってしまいました。
気候いいもんねえ・・・。暑いくらいだったけど。お弁当持ちの人が思ったより多くてびっくりしました。
うちは大抵シティウォークの近鉄かけいはんでバイキングを食べます。その方が美味しいし、量も満足できるし、飲み物やデザート込みだとかえって安上がりだから。
パーク内は個人的な感想ですが、味と量の割りに値段がべらぼうだと思うので、家族で行ったら中では絶対^^食べません。

パークに戻って2時からの「ソルシエ(ハロウィンのショー)」の場所取り。小1時間前に行ったので、待ってる間子どもがぐずぐず言ってちょっと大変でした。・・・キミら、もう幼児じゃないんだから・・・。


usj-3.jpg

usj-4.jpg

usj-2.jpg


こんなん。雰囲気だけでも^^
ちょっとおどろおどろしく、かぼちゃはやたらかわいらしく、結構よかったです。

これ終わって、もう一度オズのエリアへ。トト&フレンズって言う、動物ショーを見るために又しても小1時間並ぶ、と。こればっかはしょうがないねえ。
ショーは動物がかわいかった!鳥がめっちゃ賢くてびっくり。子供は大喜びだと思います。
ただドロシー役の外国人のおねーちゃんの言葉が分かりにくかった!!もう少し聞き取りやすい言葉で喋って欲しいなあ。

これ終了後、ムー家と合流。
ムー家目的のたこ焼きミュージアムへ。

usj-1.jpg


前行った「餃子スタジアム」みたいなのを想像してたんだけど、もっとこじんまりしていて、一つ一つのお店の中にテーブルがあるので、餃子スタジアムみたいにいろんな所のたこ焼きをちょっとずつ買ってきて、皆で分けっこして食べるって出来ないのが不満。
結局ひとつずつ、2軒だけ買って、1階の休憩所みたいなところで食べました。でももちろんテーブルもないし、すっごい食べにくかった!!
味はねー、別にまずくはないけど(たこ焼きでまずいの探すのが難しいよね^^)、好みからしたらどれもこれも柔らかすぎてベっちょりしてるのがいまいち!もうちょっと外側がカリっとしてる方が好きです。これだったら近所のスーパーのフードコートによく入ってるたこ焼き屋さんの方が安くてんまいよ。

結局それだけじゃ夜ご飯には全然足りないし、ちょっと食べちゃった後でバイキング行くのも癪だったので(笑)、結局マックをお持ち帰りして(席は満席だったので)、又してもピクニックエリアで。
さすがに真っ暗なピクニックエリアには、私ら以外だーーーれもいませんでした(大笑)

で、再びパークへ。
子供ら4人でじゃんけんして、Kりんが勝ったので、Kりん希望の「ジュラシック」から。
ムーはんと娘Aは最後まで嫌がってたけど、結局2家族もれなく全員でトラーーーイ。後半の娘Aのテンションがすごかった・・・。
やたら声が甲高く早口なの!!・・・熱が39度ある時並みのハイテンションだったよ・・・。恐怖のあまり逆興奮!?

で、お次は他の3人希望のスヌーピースタジオ。ペパーミントパティのスライダー乗ってー、ジェットコースター乗ってー、もっかいスライダー。2回目のスライダーが、締め切りギリギリでした。
で、乗り終わったらほぼ9時。お土産買って(何回も来てるのに毎回買うなよ^^!!)、ゆったりコーヒー飲んで。

usj-10.jpg


閉園時間30分以上後のパーク。さすがに大分閑散^^。

いっつも閉園時間までには、是が非でも出なきゃいかーーーん!とうるさい大熊のご意見で^^、9時ごろ出るんですが、駐車場がもう大渋滞!!出るのに30分くらいかかったこともあります。もちろんその後高速乗るまでも大渋滞。
でも今回はかなり中でゆっくりしてから出たので、駐車場も高速もスーイスイのスイダラスイスイスイーーー。

めっちゃ快適・・・。これからこの作戦で行こう・・・^^

今回も非常に楽しかったです。下娘B誕祭USJ、やっと行けました。

ちなみにバースデイプレゼントはDSポケモンパール(私の実家のジジババより)、デイジーラバーズのかばん(親より)、DSラブベリ(11月22日発売なので、AMAZONで予約中。大熊のおかーさんより)でした。
ふんとに今の子はゼイタクなっ!!←買ってるおまへが言うなっ(笑)!!

fuutan8-2.jpg



余談:下娘がお友達と約束してDSしたら、みーーーんな持ってるのは、そろいも揃ってポケモンパール
後でママに聞いてみたら、これまたみーーーんな揃いも揃って「お兄ちゃん(お姉ちゃん)が、ダイヤモンドが欲しいって言うから、下の子なんて問答無用でパールよ」って。

・・・どこの家も一緒だなあとしみじみ思った次第。
もちろん!我が家も娘Aが「ポケモンダイヤモンド」がいいと言ったので、娘Bは問答無用でパールでした^^ちゃんちゃん。



紅茶クッキー 大失敗!!

(2006-10-27)
初めて紅茶クッキーを作ってみました。こないだムーはんにもらったの食べたら美味しかったからー^^

061027_132618.jpg


見た目は普通でしょ?
しかしこれには落とし穴が!!

私が作るクッキーは、子どもの頃から母がずっと作ってくれたクッキーのレシピです。「分量が倍々だから覚えやすいでしょ?」の、言葉どおり、60、120、240グラムなんですよ。
一応メモした紙もあるんだけど、今日は別にいらないわーと、見もせずに作成。

最後にアールグレイのお茶葉を入れて。
焼いてる最中、ふわんとアールグレイのかほり・・・。うっとりわくわくしながら焼き上がりを待ち、焼き立てを一口ぱくり。

だーーーーーーーー!!

甘い!!あんまい!熔けるーーーーーーーー!!
なんでっ!?どうしてっ!?砂糖、120グラムだと多いと思って、80グラムにしたのに・・・・。

・・・・・・・あっ!!

違う!!120グラムじゃない!
・・・そうだ、砂糖が60グラムで、バターが120グラム、薄力粉が240グラムだったよ!私、何を勘違いしたんだか、バター60グラム、砂糖120グラムだと思って作っちゃった・・・。さすがに砂糖は多いと思って80グラムにしたけど、それでも多いんじゃん・・・。

すんごいショック。
このレシピ、何十回も作ってるのに、こんな失敗したの初めてです。
道理でまとまりが悪いと思った・・・(笑)←当たり前です。バター半分量しか入ってないじゃん。その時気づけ!自分!!

・・・・このたんまりのクッキーどうしよう・・・。子ども、紅茶クッキーでも食べてくれるかな・・・?とりあえず大熊に食べさせておくか^^

ちなみに正解のレシピは、
砂糖:60グラム(私は普通これから更に減らします^^)
バター:120グラム
薄力粉:240グラム
ベーキングパウダー:小1
卵:1個

です。すんごい素朴なクッキーです。おうちで、「かーちゃんが作るクッキー」^^
私は大好きでした。いろんな型に抜いて焼くのが楽しかったです。
で、その用具(タッパーウェアのシート、綿棒、クッキー型)を、すべて子どもが産まれた時実家から強奪してきたので、それを使って焼いてます。レシピも用具も2代目^^子どもらまで回せるかな?


Flower ~フラワー~ 10 マンガ感想

(2006-10-26)
FLOWER 10巻で完結です。
このくらいがちょうどいいよな・・・と毎回言ってますね。



中学の時、自らの不注意で脊髄を傷つけてしまい、車椅子生活になった葵が、お互い気になりつつもけんか仲間だった竜太との恋愛や、学校生活にいろいろチャレンジしていく話・・・。

こういう題材にありがちな押し付けがましさがないです。普通の恋愛物としてさらりと読める、そういうところが気に入ってます。
これを批判するなんて人間として失格!みたいな、押し付けがましさに満ちた話はどうにもこうにも苦手です^^。

さて、話はお約束の結末へ。うん、これはまあ1巻から読めていた結末なので、「ほうほう」と。
子どもじゃないんだから左右確認せず道路に飛び出すのは止めようよ・・・とかちょっと思ったけど(笑)、ありがちこの上ないけれどもまあ許容範囲で。
よかったね、な。

でもこっそり番外編の方が本編より好きでした^^この人、短編のが合うような気がする・・・。

中学の竜太が苦手で苦手で(大笑)、この漫画はダメかも!と思ったら、高校でかっこよくなって、ほくほく^^
そしたら大学で又微妙になっちゃったー!・・・と、竜太が好き!に成れなかったのが、この本を「むっちゃ好き」と言えない原因かな。

葵は嫌いじゃないです。普通。主人公的な子だな、と。
この話の女の子では、理沙ちゃんの方が好きです。おバカな所がかわいいじゃないですか^^北川さんは微妙だけどねー。

お姉ちゃんの番外は非常にかわいらしくて、話としては一番好き。

ただ、うーん、でも元からこうだったかなと思いつつ、男の人が非常に無表情なのが気になりました。何か考えてるっぽいアップが多くて、それがほとんど同じ顔。ううーむううーむ。
でも片道切符でも確かにこういう顔だった。武来くん。でも彼はそういう人だと思ってたので(なんやそれ)、ほとんど気にならなかったんですが、今回の竜太と北川さんは何だかとっても気になってしまったのでした。
こういうのって、気になりだすともう、気にならなかった頃には戻れないから・・・^^

この人の次の連載がコミックになったら買うかと言われれば、又微妙な感じなんですが、まあ話としてはまとまっていてよかったぞと。
褒めてんだかそうでないんだかよく分からない感想で失礼しました^^


今月1日より来月1日のが近いよ・・・って言う時に、朔日餅^^

(2006-10-25)
食ってます!食ってますけど、書くのをコローっと忘れてました。
ので本日はプチ食ネタで。

そのいち:朔日餅

今月は・・・10月は^^栗餅でございました。

061003_074940.jpg

相変わらず、んまそうに見えない写真でしつれーーーい。

栗!栗!秋の味覚は栗だね!
私はマツタケの100倍好き^^きのこ類が嫌いじゃないから、マツタケも食べたらそれなりに美味しいとは思うけど、何千円も出して食べる気にはならない。
エリンギ程度の大きさで、1パックエリンギ程度の値段(100円から200円)なら食べてもいい、程度ですか。私の中のマツタケの価値は。
何千円も出すなら栗のお菓子たっくさんの方が絶対いいー(笑)

これは食べた朔日餅の中では一番美味しかった!!ほんのり甘くて栗!!が濃厚で。
これはんまい!普通に売らないのかなー?

そのに:フロル

近所の私の大好きなケーキ屋さんが改装で3週間?程お休みでした。新装開店のチラシも入ってたようなのですが、私は見てません。
たまたまこないだお出かけの帰りに「フロル復活したか見て行こうよ!」と私。「見てどうするの!買わないよ!」と大熊。娘A「見るだけ見るだけ!」と、店の前まで行き、ちょうどその日開店だった、と。
店の前に出てる警備員さんに「駐車場が一杯」と言われたので、「じゃ、私、先に中へ行ってるわ!!」と飛び降りる私と娘A。

・・・・見るだけ・・・?買わない・・・?

それはおいておいて^^!

中は店の大きさ自体は変わらないので、大々的に変わった!という事はないんですが、明るくシャープな感じに。ショーケースがでっかくなってましたね。これがしたかったのね^^
個人的には前のこじんまりした、ウッディな感じの暖かいイメージの方が好きだったな・・・。ま、ケーキの味は変わらないしね^^

061021_152059.jpg


季節モノを買うのは私と娘B!はずせないよね!←要はイベント好きのお調子者。
左が私の食べた「ゴースト」って名前だったと思う。下はプリン?カスタード?と2層のスポンジでした。たっぷりのクリームが相変わらず軽くて美味しかった!
このかわいらしい入れ物はもちろん娘B@容器フェチのものに。
娘Aはレアチーズケーキ、大熊はモンブランでした。

そしたら開店記念にこんなものをいただきました。

061022_171441.jpg


これも美味しかったよーん。

そのさん:国境食堂

怪しいネーミングに前を通り過ぎること数年。こないだやっと勇気を出して行ったら普通のご飯やさんでした^^。
国境・・・まあ国境だわなあ・・・。

で、食べたのは大熊がとんかつ定食(大)。
出てきたのがこれ。↓
061005_115613.jpg


ちょっと分かりにくいですが、普通のお店でとんかつ、として出されるものより、ちょっと厚めのとんかつが

3枚

とんでもない大きなお皿に乗って出てきました・・・。定食なので、ご飯とおうどん・・・。ふふふ。

私が食べたのはあんかけおこげチャーハン。↓
061005_115244.jpg


これも大概でかいとは思ったけど、とんかつ定食と比べたら、インパクトはありませんでした・・・。
私は9割5分完食。お腹すいてたし^^、量としては何とか食べれたんですが、何が辛かったって、味が濃い!!こと。
最初のほうは美味しくいただけるんですが、半ば以降はもう辛くて・・・。

結婚式で「ものすごく食べる」と上司の方に言われたほど、大食いはお墨付きの大熊、とんかつ3枚定食を完食。
でもそんな彼でも「辛かった」とおっさってましたよ・・・。

肉体労働にいそしんでらっしゃる方、食べ盛りの殿方にお勧め。
ま、もちろん普通量のメニューもちゃんとありますので、ご安心を。
確か「二人で注文ひとつはご遠慮ください」とか何とか注意書きがあったような気がします。
・・・なかったら私ならそうしちゃうからね!


スピード DVD感想

(2006-10-23)
結局買っちゃった。DVD。絶対以前買ったんだけど!!引越しのドサクサで何処を探しても見つからない!押入れの中のダンボールも探したんだけど、見つからない!

えーい!と、アマゾンクリーーーーック!・・・買っちゃった・・・。これで出てきたら、ちょっと泣く^^



何度も見てますが、何度見てもバックンバックン心拍数の異常な増加で手に汗にぎります。
今回も肩こった!見終わって。すんごい力入れまくり。
だってこの映画、ほっとする瞬間がほとんどないと思いません?なので2時間弱力入りっぱなし。ああ、疲れた(笑)

でも爽快な疲れではありますけどね。ハッピーエンドだし。

あらすじは・・・。
有名な映画だし、新しくもないので。

落下が止まらないエレベーターと、止まれないバスと止まらない地下鉄の話。
うむ。簡潔だ。

いつの映画ですかね?94年?えーと、12年前。
うーん、若い!!
サンドラ・ブロックのかわいいこと!何より足!←セクハラです。
この映画の彼女はもう本当に、喋り方から何から、めちゃめちゃかわいくて好きです。
キアヌ・リーブスはねー。もう腰砕けそうにかっこいいです(笑)
恋愛適齢期の彼も、こないだ見たイルマーレの彼ももちろんかっこいいけど、やっぱりこのスピードの彼に勝るものなし!

それにしても、バス、踏み台みたいのがなかったら、あんな風に上向いては飛ばないのでは??とかちょっと思うところも多々ありますが(笑)、映画だし!あんな風に「キャー!」って喜べるのが国民性かなあと思います^^
だってキャー!ってなるより、「はあああああああ・・・!」って腰抜けそうになるような気がしません?

いやもう何もかもが大掛かりでいいですよね。最後の飛行機はもったいなかった・・・^^!

またデニス・ホッパーのいかれ具合が非常によかった。
ハリーは死んじゃったの?死んじゃったままなんだっけ?
それにしても「金!金!」って言う割には非常に素敵なお宅に住んでらっしゃるのに。やっぱり金より警察への復讐?恩給も出るのにねえ。

ピンチが途切れない!もう次から次へとこれでもかってくらい。それがテンポよく、うるさ過ぎにならず、非常に手に汗握る展開になってます。
何度見ても面白いです。家に置いておきたい1本ですね。

スピード2は、こないだテレビの洋画劇場で、吹き替え版で放送してたのをHDD録画してありますが・・・。でもこの1でのハッピーエンドが覆された状態で始まってるのなら、見たくないーーー!
サンドラ・ブロックは大好きなんだけど!・・・・このまま消しちゃおっかな^^

キアヌはマトリックスを見てないんですよ。正確には1は見たんですが、あまりのわけの分からなさに2と3を見てない状態。
2と3を見れば面白い!って思えるなら見ようかなと思うんですが、これも保留中。

今は時効警察(オダジョー)が見たくて毎週レンタル屋に行くんですが、必ず1がない!どういう事!?
いつか見れたらと思います^^


チューボーですよ! ゲスト:山本耕史

(2006-10-22)
昨日珍しく起きてたら、たまたまテレビで始まったチューボーですよ!

すんごい久しぶりに見ました。アシスタントが雨宮搭子さんだった時は毎週見てましたけどねー^^大好きでしたよ、彼女。ボケが。
今回は又かわいらしい方がアシスタントになってましたが、やりとり具合が彼女に似てる感じで、これまた面白かったです。堺さんの好みか^^!?

つい見てしまったのはゲストが山本耕史さんだった事と(新選組!の土方さんですねー)、グラタンだったから。

いや、こないだ失敗したとこだったんですよ。グラタン。今までグラタンって「ハウスのグラタンミックス」でしかした事なかったんですが、娘Aが急に食べたいと言った事もあって、自分で作ってみようかと。

要はホワイトソース作りゃいいんでしょ?と。野菜は玉ねぎとハムがあったからこれでいいやって。クリームシチューはいつもレンジでホワイトソース作って、ルーを使わないので、「一緒一緒」と、レシピを検索する事もなく作成。

大熊曰く「・・・これは・・・焼きマカロニ!?」

ちっがーーーう!!グラタンなのよーッ!
結局リクエストした娘Aは何も言わず半分残し、ホワイトソースとマカロニが大好きな娘Bだけ全部食べてくれました。・・・彼女が「これはグラタン」とちゃんと認識して食べてくれてたかは、はなはだ怪しいですが・・・。

昨日のチューボーを見て、自分、チキンブイヨンを入れてないことが判明。本当にただのホワイトソースかけてただけでした。小麦粉と、バターと、牛乳。塩コショウ。・・・それだけ。

そりゃ味ないわ(大笑)!

マカロニ茹でて、バター塗って耐熱容器にそのまま敷いて、ハムと玉ねぎ乗せて、上からホワイトソースかけてチーズ乗せてオーブンで焼いたの。

グラタン。もしくはグラタン焼きマカロニだったわけだよーー!!

主婦歴11年。・・・いまだこんな事してる私です。

作ったベシャメルソールにマカロニと具を入れるんだよ!で、そのソースを耐熱容器に入れるのよー!そういえば「グラタンミックス」もそうだったような・・・。
子どもの頃おばーちゃん@大正生まれが作ってくれた、ばーちゃんのオリジナルの「ババグラタン」が、ゆでたマカロニを直接容器に入れてたから、それとごっちゃになってたんだ!

いやー綺麗に間違いが分かりました。今度ぜひリベンジしたいです。

で、なんか山本君がえらいでっかく見えましたが、あれは堺さんがちっさいだけなんでしょうかね。まあ彼はガタイもいいしね。

何といいますか、「テレ」のない人だなあと。普通の人が照れてしまうような事を素で出来る人。サービス精神が旺盛な人なんだろうなと。
あと、大熊曰く「八方美人ぽい」。うん、それもあってるような^^いい意味でね。多分いろんな人に優しいんだろうなと。そして女の人にも。
しれっと殺し文句が言える人(大笑)。もてそうだ・・・。でも「好きになられちゃうとダメ」なんだそうですよー!ある意味傍迷惑な人だ!

巨匠と山本くんとアシスタントの人の掛け合いがもうめちゃめちゃ面白い回でした。見ながら大笑いしちゃったよ^^
・・・巨匠もあの感じで「落として」欲しかったな・・・・

それにしても採点。
公式HPでは「ゴホッゲホゥ(笑)おいしいです。でもとろみがない」・・・まさにその通り!あのむせ方はすごかった(大笑)

小麦粉とバターの混ぜが足りなかったと見たが、如何!?



スキップビート! 14 マンガ感想

(2006-10-21)
スキップビート 14 仲村佳樹



いやー何処まで行くのかこの縮尺^^
登場人物が伸びる伸びる!1巻から久しぶりに読んでみたら、すんごいマトモに見えました。体の長さが。
好みからしたら、ちょっとあの頃に戻っていただきたいなあ。
背景もね。前巻収録の「ダークムーンごっこ」での、蓮宅の台所は・・・ありえない(笑)!冷蔵庫や棚もそうだけど、蓮より大きな鍋・・・!彼はあれで何を煮ているんだーーー!!がくがく。

ま、それは置いておいて。内容。
今回買うなり、私よりも娘が先に読んでました。私より楽しみにしてるもん!
そして夜寝る前(私の読書タイム)に読んでたら、大熊が「スキビ貸して・・・えっつ!!まだ読んでないの?」と2回ほど催促に来ました・・・。
ええ、家中でハマってます^^

尚が出てきたぞ!そんでもって本格的に絡んできたぞ!編スタート。

尚株が上がって、蓮株が下がってきたぞ編でも可。
今回尚がちょっといい奴になってきましたよね。今までやな奴路線まっしぐらだった彼に変化が!ま、やな奴だけど、微妙にかわいい奴だったんだけれども。今までも。
でもキョーコに対する態度の変化で、尚がちょっとだけいい奴に。嬉しいような、でもやな奴でいて欲しかったような、微妙な感じ。

対する蓮はねー。中途半端。まあそれが今の路線なのでしょうがないのかもしれないけど、付き合ってもいないのに独占欲だけは強いってのはいただけませんね。ちょっとあんた勝手だよ、とか思っちゃう。

本誌を買ってませんので(長期休暇帰省時のお楽しみで年3回だけ買いますが^^)アレですが、もうちょっと展開はテンポよくがいいな。今回も気持ちの変化はあれど、でも話はほとんど進んでませんから。

・・・いや、それでも面白いからいいんだけどね!
今回のツボポイント、娘Aと私一致で「キョーコ団子サル団子」に決定。
「ビーグル」に関しては、たまたま買ってしまった本誌で散々転げまわる程笑いつくしてしまったせいか、今回は笑えませんでした。ちぇ。何か損した気分^^。

さて、次巻も話は全く進まないに3000ハラタイラ賭けたいですが、でもそれでも楽しみにしてます。


会長はメイド様! マンガ感想

(2006-10-20)
会長はメイド様 藤原ヒロ



アマゾンで表紙とレビュー見て気になっていたんですよ。で、本屋に行くたび探したんですが、何処にも置いてない!なぜ!?
発売日、それほど前じゃないのに・・・。

と、言うわけで、欲しいDVDがあったので、お供にぽちっとクリック。先ほどペリカンが届けてくれました。
ところで私にはAMAZONNの「ペリカン」と「メール便」の区別が分からん!!
今回DVD1枚(1490円)とマンガ1冊、私てっきり「メール便」だと思ったんですが、ペリカンだったし・・・。
でも前これと同程度の大きさ薄さのものがメール便だった時もあるし・・・。謎!!
客としたらペリカンのが、そら嬉しいですよ。うちまで持ってきてくれるし、何より早い!!メール便だと下の共同ポストにポイですもん。漫画なら別にいいですけど、9000円近いゲームソフトなんかがメール便だと不安だなあと。
AMAZONの基準が分からん・・・という話^^

は、置いておいて、内容ですね。本の。

元々男子校だった高校で、初の女子生徒会長になった美咲。数が少ないために不遇な立場の女子の地位向上のため、そして「くさい!むさい!」イメージを払拭しようと、もともとの男嫌いも手伝って、男子に非常に厳しい会長となる。
ところがそんな彼女にも苦手な男が一人。男子にも女子にも人気があり成績も抜群の碓氷拓海。
そして彼女の人に言えない秘密、放課後「メイド喫茶」でメイドのバイトをしている事を、よりにもよってこの碓氷に知られてしまう。

最初この本の帯にびびりました。
「ご主人様おしおき・・・してあげます!?無敵の会長、バイトはメイド!天敵はセクハラご主人様!!」

・・・やっちゃった・・・?私・・・。

いやもうどうしようと思いましたよ^^!もしかしてこれって小学館お得意のえっち系!?
でも白泉だしなー。まさかそれはあるまいと恐る恐る読んでみると、大丈夫でした^^普通の少女漫画でした。娘にも読ませられる程度の。

ちょっとデジャブ~感じたのが、S・Aとアラクレ。主人公の喋り方かな?「何度言やあわかるんだ!」「○○しろ!」みたいな。
碓氷も何となーく、滝島や楽十のポジションだしね。
話がかぶってるとかじゃなくね。パターンとして、そう言うパターンな話って事です。漫画のカラーが。

で、そういう話、大好きです^^。

面白かったですよ。
絵もちょっとクセがあるかなとは思うけど、かわいらしく綺麗な感じで好感度高し。

そして碓氷は美咲さんに触りまくり。

これかっ!!←セクハラご主人様^^

なるほど納得。ジャロに電話しなくてよかったです。看板に偽りなし。

いやー、いろいろ突っ込みどころがないとは言いませんが、基本的な話の流れが好みなので、すがすがしくスルー。
・・・・飛び降りだけはありない!と思ったけどね^^。良い子のみんなは真似しちゃだめだよー。普通は死ぬから・・。

今回の好きだったのは「萌え萌えオムライス」に、ケチャップで書いた文字、でした^^
どーでもいいですが、じゃあ普通の客には何て書くんでしょうね?文字数そうたくさんは書けないだろうし。
ちなみに私は子どもに毎回アンパンマンとシナモンを書かされてましたが、ごほうびはもらえませんでした^^。ちぇ!

1話完結ものですが、まだまだ続いているようで2巻も出るみたいです。こりゃめでたい。楽しみに待とうと思います^^

昨日買ったスキップビートは明日にでも・・・。


日米対抗フィギュアスケート 06 キャンベル国際競技会

(2006-10-17)
あああー!見逃しかけたー^^!いやもうまぢで、

つうこんのいちげき

子どものお稽古のお迎えから帰ってきたのが9時20分くらい。ネットチェックしたら、YAHOO!のトピックに「日米対抗フィギュア」の文字が!!
しまったー!今日かーーー!!

慌ててパソコンのテレビを立ち上げ、HDD録画開始!織田君のラスト1分くらいでした。
後で名前見たら、大好きなジョニー・ウィアーと高橋君が既に演技を終えている事が判明。

ぬけがらですよ・・・。とほほ。

でも!拾う神はいた!まみさんにメールで「撮ってない?」と聞いてみたら、のだめを見てるから撮ってる、とのお返事!
ああ、まみさん、(笑)!←はた迷惑な!

今度見せてもらいに行きます^^

と、言う訳で、途中からの感想。

開幕戦、なんですね。
言ってるだけ?公式戦でなくお楽しみモノみたいなもの?
ここ1、2年じゃない?こんな対抗モノなんて。

でもアメリカと日本だけでこんなに美味しいものなんですね!
面子の何と豪華な事か!・・・充実。

男子はライサチェックしかまともに見れませんでした。
一回転んじゃったけど、でも文句なし!なすべりでしたね。長ーい手足で。大きな演技。
織田君のジャンプ降りた姿はもう本当に流れるようでうっとりなのですが、もうひとつが欲しい今日この頃。
高橋くんは今回見てませんけれども、彼は彼独特の色気があると思うんですよ。それが彼の魅力だから、それをどんどん磨いていけばいいと思うんだけど、織田君、綺麗以外のもうひとつ何かが欲しいな・・・と思ってしまうのです。
これからに、本当に期待。

続く女子見てても思ったけど、本当にこれは個人的な趣味の問題で、私はいろんな意味で「クセのある」演技をする人が好きなんだなあと^^

浅田舞さん。
この人は本当に、この年でなんて優雅な事か!本当に綺麗だと思います。
でも、私の好みとしたら「もう一声!」なんですよ^^
こう、心にときめくものが欲しいと言うか、ドキドキさせて欲しい・・。
それをくれるのは、安藤美姫ちゃんであり、浅田真央ちゃんであり。
その差がどこにあるのかちょっと口で言うのは難しいんですけれども。
・・・やっぱり「好み」としか言いようがないのかな?

対するアメリカの女子。この3人はもう大大々好きな3人ですので、もうウハウハ(大笑)

エミリー・ヒューズはトリノではじめて見て、惚れました。かわいい!
「どーだ!?」なアピール力と、もう多少軸ずれてても力で降りてしまうぞ!なパワフルなスケート。解説の人も毎回「力をくれるような」と表現なさってますが、まさにその通り。
見てるだけでわくわくして元気になれるような、あふれんばかりのエネルギーを感じます。
・・・ジャンプは2回失敗しちゃったけどね^^でもそれすら「ご愛嬌」に思えてしまうキュートさでした。

美姫ちゃんー。
ああ、もう何だか、美姫ちゃんがぴょんぴょんジャンプを飛んでるだけで嬉しいですね^^・・・すでに孫を見るおばーちゃんのような感想ですみません(笑)。
でも本当に、何か一山越えた彼女のスケートは見ていて、わくわくします。ちょっとまだ「ああっ!転ぶんじゃないかっ」みたいなドキドキもありますけど・・・・って真剣孫見るおばーちゃんの感想だよ!
今回の彼女はそつなく、って感じで綺麗にこなしてました。今シーズンの「ジャンプの安藤」に、めちゃめちゃ期待してしまいます。

サーシャ・コーエン。
ガラスの、とか悲運の、とかばかり言われてかわいそう・・・。
もうこの人のスパイラルは絶品。ただただため息しか出ません。なんて綺麗に上がる足!・・・うっとり。
この人もジャンプを降りた時の「どーだ!?」なアピールが好き^^。
今回見ていて、この人だけはやっぱり途中から鳥肌が立ちました。ぞわぞわー!この人もすんごいパワーを感じます。

真央ちゃん^^
背、伸びた?縦に一段と細長ーーーく・・・。バレリーナのような体型ですね。
私、彼女が転んだのを見たのは初めてかもしれない。びっくりしたー!
本当に。この人の安定感はすんごいですもんね。失敗する気がしない。なので。
他のジャンプは相変わらずもう軽い!し、ぴょんぴょんはねたりしても何もかもが羽根が生えてるよう。
でも曲のせいもあるのかもしれませんが、去年のくるみ割りの時のようなはつらつさがない・・・。沈んだ感じに見えました。
殿方はどうだか知りませんが、このお年頃の女子が必ずぶち当たる壁の時期が、彼女にも来てしまっているのでしょうか。体型も、何もかもが変わっていく時期。上手く越えてくれればとちょっと心配になりつつ、でも何となく彼女なら、するりと上手ーくあっさり抜けてしまうんじゃないかという期待もしてしまいます。

キミー・マイズナー
彼女も今回精彩を欠いていましたね。ううーん、残念。
トリノみたいなパワーのオーラを感じませんでした。どうしたんだ!って感じ。
この子もかわいくて大好きなんだけど。他の2人みたいな「どーだっ!!」なアピール度は少ないけど^^、でも「陽」のパワーを感じさせる演技が大好きなのに。
ジャンプが本当に残念でしたが、でも最後の最後に見せた3連コンビには、彼女の意地を感じました。そういう気の強さは大好きです^^。


さて。で、今男子は織田君と高橋君が突き抜けてる感じで、他の方をあまり知らないんですが、今回の中庭君????←ちゃんと見てない^^、今度まみさんに見せてもらうのを楽しみにします。

女子は、3人!と言うなら美姫ちゃん、真央ちゃん、村主さんだと思うんですが、その中の一人がいなかった場合、次に位置するのはこの舞さんなんですか?中野さんとかじゃなく?
結構女子は「すごい」って言われてる人が多くて、誰がナンバー4なのか分かりません^^
個人的には中野さんも好きなので、彼女が出てくれたら又嬉しかったななぞと思いつつ、シーズンが始まるのを力いっぱい楽しみに待ちたいと思います。



ネバーランド DVD感想

(2006-10-16)


借りて見ました。

「ピーターパン」作者、ジェームズ・バリが、ピーターパンという作品を書き上げるに至った、とある一家との出会いとその関わり。

劇作家ジェームズは、公園でデイヴィズ家の4人の子供達とその母に出会う。母シルヴィアは、夫を病気で亡くした未亡人だった。
ジェームズが4人の幼いやんちゃな子供達との交流を楽しみ、一日のうちのほとんどを彼らのために費やすようになってしまううちに、妻との間に亀裂が入ってしまう。しかしその一方で、彼の頭に少年と妖精たちの新しい話が浮かび上がってくる。


ピーターパンをディズニーのアニメで見たのが大人になってから。実写版ピーターパンをDVDで見たのが去年?
子どもの頃は本すら読んだことがなく。
その程度の浅い知識で見ました。作者である「ジェームズ・バリ」の名前すらはっきり知らないまま。


感想。何だかとてもいいお話でした。
子どもと真剣に冒険ごっこが出来るジェームス!いそうだこんな人^^!
劇が大成功を収めた後、パーティー会場でピーターが「彼(ジェームズ)こそがピーターパンだ」と言いますが、まさにその通りだと思いました。

4人の男の子達が本当にかわいいです。それにしても息子4人!・・・・大変そうだ・・・(笑)。
出会った時のマイケル(一番下)のかわいいこと!何歳って言ってたかな?5歳だっけ。そのくらい。長兄ジョージですら探検ごっこや戦いごっこに夢中なお年頃。
そんなジョージが、母の病を機に、ある時ふっと変わるんですよ。しっかりものだけど、やんちゃな少年だった顔が、ふっと大人の顔に。
ジェームズが「君はこの30秒で大人になった」って。

この辺りで、男の子って不思議な存在だなあと思いましたね。何だか別の世界の生き物みたいです。
私には娘しか居りませんので、その視点から見てしまうんですけど、娘と母との関係って、何と言いますか。
もっとドライでもっと辛らつで、もっと密な感じがします。あくまで個人的な感想ですけれども。
男の子は小さい時は甘えん坊でやんちゃで手がかかって、でもある時ふっと手を離されてしまう(母視点ですが^^)、そんな感じがしました。切ないけど頼もしいような。

母(ケイト・ウィンスレッド)がこれまた綺麗な人なんですよ。この人は本当にお綺麗な人ですよね。タイタニックの時は奔放で、はちきれんばかりのエネルギーを感じさせるお嬢さんでしたが、この話では「母」の顔でした。実生活でもお母さんになってたのかな?
やんちゃな息子達に手を焼きつつ、もう愛しくてかわいくてたまらない、といった、お母さん。4人の息子達との家庭が本当に温かくて、だからこそ、ラストが悲しかったです。

そして、子供達相手に上からものを言うんじゃなくて、言葉を選びつつ、目を同じ高さにして接するジェームズ。
「どうして病気になっちゃったの?」「どうして死んじゃったの?」「どうして大人は嘘をつくの?」みたいな答え難い質問にも、正直に分かる範囲で、そして答えられない質問にはそのまま「分からない」と、答える彼の態度が非常に心に残りました。
「どうして死んじゃったの?」な質問には、見ながら「どうやって答えるつもりなんだろう」って真剣に思いましたよ。「お父さんの所へ行った」とか?「神様が決めた」とか?

彼の答えは「それは分からない」。

子どもの質問には、どんなものでも、「何か」理由をつけなきゃいけないと思ってた私には、ああ、そう言っていいんだ、と。妙に新鮮に聞こえました。下手に綺麗な理由をつけるよりも。何だかちょっと目からうろこ^^。

ラスト、公園のベンチに並んで座って、話すジェームズとピーターのシーンで終わり。
ただ静かに話す2人の会話で、ピーターの目に涙が浮かぶタイミングでうるうるし、ピーターの目から涙がこぼれるタイミングで、涙がポロリと。
心に染み渡るような、綺麗な綺麗な映画だと思いました。


それにしてもジョニー・デップ。イロモノ(失礼)じゃない彼を初めて見たような気がします^^
見る度にいいなあと思います。見る度に好きです。
今度は「海賊その2」な彼を見ましょうか(大笑)。DVD、もうすぐですよね?


ブロンズの天使 英国貴族御用達 マンガ感想

(2006-10-14)
ブロンズの天使 6 さいとうちほ。


<まみさん蔵>

駆け落ちしようとしたダンテスとナターリア。しかし足元のおぼつかない感じのナターリアを見、ダンテスはそのままみすみす不幸にしてしまうだろう彼女をロシアから連れ去る行為を断念。自分を憎むように仕向ける。
ダンテスを失ったナターリアは感情を失くしたお人形のようになってしまう。

って巻ですね!
相変わらず決闘だ!決闘だー!と言ってますが。どんどん火種はくすぶって。

それにしても結婚して子ども産んで(4人も!)、それでもこんな少女のような人もいるんですねー。これはもう一から十まで自分で育てなきゃいけない庶民でなく、周りの人が子どもの世話をしてくれる貴族だからというよりも、持って生まれた性格というか本能というか、そういうもののように思います。
そういうところにプーシキンもダンテスも惹かれてるのかなあ。
この人は本質的に「母」ではないんでしょうね。いくつになっても庇護欲をかきたてられる存在。

この巻のラスト、ナターリアを強引に扱った事に罪悪感を覚え去ってしまうプーシキン、強引に扱われたことにある種の満足感を覚えるナターリア。このすれ違いって、「風と共に去りぬ」を思い出します。
こういうシーンありましたよね?スカーレットとバトラーで。そこでお互いの誤解が解けていればあんなラストにはならないのに!
そしてこの漫画でもそうなっていくのでしょうか。

次巻かその次くらいで決着はつきそう・・・。
どういう終わりを用意しているのか、とても楽しみです。

英国貴族御用達 桜小路かのこ


<まみさん蔵>

かわいらしいお話4篇。
突っ込みどころはあるけれど^^、さらりと読めます。
絵がかわいいです。でもこの女の子、同じくまみさん担当の「南波あつこ」さんの漫画の女の子に似てるー。そんな事ないですか?
見た時「めっちゃ似てる!」と思ったんですが。まみさんの好みなのかな?それとも今よくある書き方なのかな?

それにしても「千夜一夜」で、いくら怪我させたからって男の家にほいほい着いて行って、上がりこむなよー!と、そんな事が気になる母くま子。
私が買ったマンガ含め、こういうシチュエーション多いんですが、ダメでしょ!世の少女達!こんな事しちゃ!(大笑)
いくら漫画でもダメなものはダメです。母は許しませんよー!←漫画の感想・・・・^^????


ぼくの地球を守って

(2006-10-13)
懐かしい・・・・。
リアルタイムで買ってました。大好きでした。
でも当時の私には、ラストがどうしても好きになれなくて、買ってしばらくして友達に全巻あげてしまいました・・・。

それ以来、何年振りですか?12年ぶりくらい?
本当に、その間一度も見てなかったので、いやー、久しぶりでした。


<ねこっち蔵>

今やってる続編も、まみさんが買ってくれてるので読んでます。話は面白いと思います。ただ、絵が・・・。やっぱりどうしても苦手。

そして久しぶりに「ぼく球」を読んで。
・・・何、この絵!!めっちゃ綺麗やん・・・と。
特に10巻以降くらいの絵がね、もう本当に綺麗ですよね。ああ、なるほど好きだったよな・・・と。

「綺麗」「好き」って言うのはもちろん非常に主観的なもので、「今の絵の方が綺麗じゃん」「好き」って言う方はもちろんいらっしゃうろと思います。私個人の感想なので、お気を悪くされた方がいらっしゃったらすみません。

と、言うことで。話。
大体のストーリーはもちろん覚えてるんですが、いろんな場面が新鮮でしたね。
そうだよ田村さんだよ!田村さん!こんな重要な人、ころっと忘れてたよー!いやー、この人好きだったよなあ^^

で、当時、私は輪くんが苦手でね・・・。正直嫌いでね・・・。
でも今、巻末見ても、当時から輪くん人気だったんだなあと。私、ひねくれてたんだなあと^^
でも今でもやっぱりあんまり好きじゃあないですよ。でも当時ほど嫌いだとは思わなかったです。
複雑な子だしねー。悪い部分にはそうなるだけの背景もあるしねー。

で、玉蘭。当時、そんなめっちゃ「嫌い!」と思った記憶はないんですが、今見たら「やな奴ー!」(大笑)
でも、いわゆる主人公気質だと思います。こういう主人公、多いもん。この漫画では「建前主義のお利巧ちゃん」を、いやな風に書いてますけど、それをそのままいい子ちゃんに書いてるものって多いですよー。だから主人公が基本的には好きじゃないんですよね^^
何かこの漫画でやな奴だからすっきり^^←ひねくれてる・・。

みんなの記憶の中で綺麗な綺麗な木蓮。その裏側のギャップが彼女の魅力でしょう!めちゃめちゃかわいいですよね。木蓮。
木蓮と紫苑の関係が、こんな風にお互いを誤解したままだって忘れてました。なので改めて読んで切なかったです。

「思いだした・・・。俺が狂ってから作ってたもの」の辺りからはもう、

だばーーーーーーーー!!←決壊。

ああ、やっぱりね、もう本当に、いい。
ここまでは大好きだーーーーーー!と叫んでみる^^

で、問題のラスト。
あー・・・当時ほどの嫌悪感はないです。今ならわりと普通に読めるかな。
何がダメって「小学生と大学生が付き合う」って言うシチュエーションが受け容れられなかったんです。
7歳差、だっけ。これが60歳と67歳の恋人^^だったら、全くノープロブレムなんですけど!
今の「ボクを包む月の光」の感想でも書きましたが、これもかなり微妙。だって輪くん、パパになったのいつだよ!?とか、そういうところが気になっちゃう。
もう、こういう事をどう思うかって、生理的なものだと思うので、受け付けないものはいかんともしがたい!

でも当時よりは余韻残して読む事が出来ました。
当時は爆破のくだりからだーーーーー!!っと、もう盛り上がって盛り上がって、笛吹きやかんのように耳から水蒸気噴きそうなくらい感動して、ラストで、もう本当に、漫画のように見事にすっとーーーーーん!と。ええ、もう重力に引かれるまま、すっとーーんと、興奮が冷めてしまったんです。
そのくらい、嫌だった^^

でも今読むと、かなり余韻残していい風に読み終わる事が出来ました。
いい漫画だわ。設定もいい、話もいい、キャラもいい。そして絵がいい(笑)←まだ言うか!

久しぶりに感動させていただきました。ありがとうねこっち!


これが今の。


古畑任三郎 VS SMAP 10・9放送

(2006-10-12)
古畑は大好きで毎週欠かさず見てましたが、これは見てない!見逃してるー。
今年始めの3連荘も見逃したし、どーにも正月の古畑とは縁がないみたい。
更にこれ、あらかじめやるのは知っていたので見る気満々だったのに、当日その直前からのた打ち回るほどひどい頭痛で、放送時には又しても見れず!
・・・呪われてる^^?

録画予約しておいてよかったー。で、念願のVSスマップ、やっと今日見ました。

以下ねたバレあり。録画してこれから見ようという方はご注意^^



若いね!いつ?と思ったら1999年だとか?8年前!?自分何してた!?
娘Bが産まれたとこですかね。・・・時の経つのは早いなあ・・・。その娘、もう2年生ですからね。

木村くんはそんなに変わらないかな。ごろちゃんがまだまだ美少年な趣・・・^^。中居くんと草なぎくんもそんなには変わらないかな?
慎吾ちゃんが若い!そして細い(大笑)!
なーんだか彼はまだまだがきんちょの趣。

話は相変わらずな古畑節。面白いです。
これはSMAPであってSMAPでない・・・と言うか、架空のSMAPをSMAPが演じてる話で、それが又よかったです。
木村くん、かなり口悪いけどあれは演技ですか、それとも素ですか^^?
あと、彼がタバコぷかぷかかなり吸っていたのはちょっと好きじゃなかったです。ほんまもんの彼は知らんよ?少なくとも吸い方は堂に入ってるなあとは思ったけど。

かなりリーダーな中居くん。ものすごい真面目でいい人の草なぎくん。でも彼が自分の罪悪感のために出張ってこなければもうちょっと古畑もだませたのでは?と思うと残念。
罪悪感を感じるならあそこで我慢してこそなんぼでしょう!と思ってしまいました(笑)。

めたくそマイペースなごろちゃん。裏切り者くさくていいですよねー。でも絶対かれが裏切り者じゃあないんだろうなと。じゃあ誰が裏切り者だったんだろう?って。
私、実はこっそり「草なぎくんがタグとか付け直したりしたのでは?」と思ってました^^

大ハズレ。いっそすがすがしいほどに、外れましたが。

木村くんはキャラとして固定されてる感がありますね。モロに「ああいう」感じ。
頼りになる。絶対仲間守ってくれそう。表立ってね。
陰で守ってくれるのが中居くん。リーダーとして。そんな役割分担に見えました。

そして最後、古畑に目を付けられたのが木村くん。「語るに落ちる」って奴ですね。彼が「これは彼が作ったんじゃない!形が違う。」って言った時、思わず「ぐあっ!」と叫んでしまいました(笑)。
ああ、落ちた!やられた!って。
めっちゃ集中して見てましたよ。本当に面白くて。
ホワイトボードの計算からずっと、めちゃめちゃドキドキしながら見てたので、「ああっ!」って感じ^^
それにしても「ぐあっ」って何でしょうね・・・。のだめと張る奇声だよ・・・。

最後まで諦めない木村くん。「終わった」と結論付けたのは中居くん。この2人の分担が本当に良かったです。
そしてごろちゃん。もうめちゃくちゃいい。「人知れず」って自分で言うな^^!

戸田恵子さんが又よかったですよね。でも最後、わざわざあんな期待もたせる登場しなくてもいいのに・・・と思ったのは、きっと私だけではあるまい^^

古畑、またDVD借りてきて最初っから見たくなりました。

ああ、今年のイチローのも、もう一回してくれないかな・・・。←DVDは出てるのかな?


↑これかっ!!


イルマーレ 映画感想

(2006-10-11)
今、見て帰ってきました。ほやほやです^^。まみさんとムーはんと3人で。

本日レディースデイで1000円ー。うれしい。でも個人的にはこのくらいが妥当だと思いますよ。映画の値段。これでは元取れないんでしょうか?
この値段だったら「ちょっと見たい」でも行こうと思うし、家族でももっと気軽に行けると思うんですけど。
子供も連れて家族4人で見ようと思ったら、映画代だけで6000円弱かかりますもん。ちょっとねー。よっぽど満足できると確実に予想できる映画以外、中々見る気になれません。

irumare.jpg


さて。イルマーレ。
これ、元が韓国映画なんですね。大分後になってから知りました。最初は「キアヌ・リーブスとサンドラ・ブロック」が出るって聞いただけで「見たい」と思ってて、後で題名を知って、更に大分後で韓国映画のリメイクだと知りました。
そんなわけですので元の映画はもちろん見ておりません。

さて、内容。あ、以下ネタバレありまくりです。

研修医の期間を終え、新しい職場でドクターとして働き出したケイト(サンドラ)。自分が今まで住んでた湖畔の家のポストに次の住人のための手紙を残す。
そして次にその家に住む事にしたアレックスは、ポストの手紙を見つけるが、彼女の残した内容には疑問ばかり。不思議に思ってポストに手紙の返事を入れてみると、返事は帰ってくるが、彼女は2年先の同じ日にちに手紙を出したと言う。
そこから時空を超えた不思議な文通が始まる。


で、まあ自分達が実は過去に出会ってることを知ったり(キアヌの方は自覚を持って出会っている)して、だんだん相手を想うようになる2人ですが、時間の差のために中々会えない。
で、話は進んで、結論としては、ハッピーエンドで終わるんですが。
流れるエンドロールを見つつ、私の顔に浮かんだのは「にやーり」と言う苦笑・・・でした。

モーガンの立場はーーー!

だって彼、全然悪い人じゃないんですよ。ちょっとイラチなだけで。でも納得して一緒に暮らしてたんだし、少なくとも彼女の事は好きなわけだし。
それをもう最後なんて呼んでも無視!で、アレックス(キアヌ)のところに行っちゃって、モーガンのフォロー何もなし。
主人公達だけで幸せになっちゃってるよ・・・。

で、アレックスの彼女なんて、振るシーンすらなし。ええ、もう全く。フォローまるでなし。・・・彼女の立場は!?

あの新しい、設計依頼した家の立場は!?とか、ずっと住んでたのに、あのタイミングまで床板がガコガコするのに気付かなかったのか!?とか。
場所分かってるんだから、もうちょっと普通に会う手筈は出来たのでは?とか。謎は深まるばかり^^。

あと時間軸が非常に分かりにくかったです。見終わった後「ねえ、あの時って2006年だよね?」「違うよ!あれは2004年だよ」なんて3人で混乱しまくってました。
で、まあどの時空モノもそうですが、いとも簡単に歴史変えます。ええ、まあそうしなきゃハッピーエンドにならないから、その辺は別にこだわりませんがね。
でも、じゃあイルマーレに来なかったって事もなしになるの?どの時点で歴史が変わったことになるの?と、考えれば考えるほど分からなくなってき、最後にはまみさんの「そんな事考えてたら時空物なんて見れなくなっちゃうよ」との一声で、詮索終了^^

こう、なんというか、話にもやもやは残りました。すっきりした話ではなかったです。私の理解力不足といわれてしまえば返す言葉もありませんが。

でもね。
キアヌ・リーブスは文句なくかっこよかったし、サンドラ・ブロックもやっぱりめちゃめちゃキュートなんですよ!
この二人が大好きな私にとっては、「話がもやもやだろうがなんだろうが、DVD買ってしまうかもしれない!」なんて気になってしまうほど(本当に買うかどうかは知りませんよ^^)、いい感じの2人でしたよー。2人のシーンはもうどこもかしこもよかったです。


最後にまたしてもどーでもいい話。
・・・あんなガラス張りの家になんて住みたくない・・・。
お風呂とかトイレはどうなってるんだ・・・って言うのが、帰りの車の中での話題でございました。

そして時間は結構押してましたが、しっかりランチ^^フィールデイズにて。

061011_130005.jpg

061011_130136.jpg


こんな感じで、食後のコーヒーまたは紅茶とデザートがついて1350円でした。
あっさりとした感じで美味しかったです。見た目より食べた満足度は高し。

多分これより詳しいランチ情報とイルマーレ感想載ってるかも、な、まみさんのブログはこちら^^


壬生義士伝 DVD感想

(2006-10-10)
先週行ったら貸し出し中だったので、やっと借りられたのを見ました。

ドラマ版もあるという事で見てみたいなと思ったんですが、箱自体が2と4とか、えっらい中途半端な巻数しかなくて、謎。2と4だけどうせえっちゅーんじゃ^^

で、映画の方の壬生義士伝。



泣きましたよ。ええ、もう泣き通しでしたとも(笑)!

映画としてはよかったと思います。中井貴一がいいね。パッケージの絵を見た時点では「イメージじゃないかな?」と思いましたが、そんな事なかったです。
やさしげな情けなさげな所、剣を持つと変わる所、家族を思う所、お金もらってえっらい嬉しそうな所^^、どれもよかったです。
最後の場面でもずんと来ましたね。

そして斉藤!・・・って最近「斉藤!」って叫び通しやわ^^。
佐藤浩一なので、これまたイメージじゃないかなと思ったんですが。だって鴨じゃん。こないだ大河見たところの私から見たら芹沢さんに見えるー。
ああ、でも何だか斉藤さん、すっごいかっこよかったです。傍若無人な斉藤さん。
小説よりは幾分柔らかい感じはしましたが。
いっつも口への字な斉藤さんが、ぬいさんにちゅーされて、にやーって照れる所がめたくそかわいかったですよ。

沖田総司は山南さんだった・・・。これまた何というか、上記に述べた個人的環境のせいで、山南さんに見えて仕方なかったです。
「山南さん、月代似合わねえな!」って^^

あのにこにこーっといつでも笑ってる感じがね、そう見えたんですけど、でもやっぱりだんだん沖田総司に見えてきました。ニコニコしつつ、ちょっと腹黒い沖田総司にね。
でもなんかいっつも近藤さんと土方さんと何か食ってるなと言う印象でした。
もしかしたら食べてたシーンはすき焼き??くらいだったかも。でもあの印象は強烈!
だって近藤さん、生肉素手で鷲掴みですよ!で、鍋に入れた後その指舐めてますよ!

・・・うーん、ワイルド。

「俗物」と斉藤さんにばっさり言われてた近藤さんですが、土方さんから介錯料プラス刀代をせしめたせこい吉村さんを見て、大笑いしてた豪放な感じの近藤さん像は結構好きでした。

方言がちょっと聞きづらかったかな・・・。字幕出ないからな・・・。←日本語です!!
ぼそぼそっと言われると、音が耳に入ってから脳で意味を理解するまでに、ワンテンポのずれがありました^^。

で、話。うーん結構変えられてたかな。いや、もちろん吉村像に関してはこれっぽっちも変わってませんが、それ以外のシチュエーションはあちこち変わってる気がしました。
ああ、でもそれは、私が字面を見て勝手に脳内映像化してたものと、ギャップがあっただけかもしれません。

まず入りは違う。
吉村さんを調べている新聞記者はばっさりカット。斉藤さんと大野千秋の思い出語りみたいな体裁になってました。だから大野千秋もこれから満州に行く所だったし。

人間を見るのに、原作読んでないと人物像はちょっと掴みにくいかなあと思ったり。次郎右衛門は特に。何か台詞が言い訳くさく感じました。演技がどーのじゃなくて。

いろんな場面で説明不足と感じたし(これはでも仕方ないかも)、場面場面がちょっと取ってつけたように感じる部分もありました。

と、原作で感動しただけにいろいろ不満もありますが、でも映画としてはいい出来のものだったと思います。キャストがいいです。ほんとうに。


最後に恒例どーでもいい事。
貫一郎におにぎりを作ってやる次郎右衛門を見つけ、「私がやります」と続きのおにぎりを握り始めた佐助。
おお、さすがに次郎右衛門と違って慣れた手つきだなあと感心して見てたんですよ。
次郎右衛門はでっかいまん丸に、ぺったんぺったん握ってたから。対して佐助は手を山のようにして、きゅ!きゅとご飯を転がしながら握る手つきが上手い、と。

でも、その握り方だと、おにぎりは三角になる様な気がするんですけど、出てきたおにぎりは次郎右衛門が握ったものと寸分たがわぬ、でっかいまん丸。

なぜっ!?

・・・・・と、気になって仕方ありませんでした・・・。ほんとにどーでもいい事ですみません・・・。


総司 炎の如く

(2006-10-09)
読みましたー。
秋山香乃さん、「歳三 往きてまた」「新選組 藤堂平助」についで3冊目。



総司の話・・・ですね。
確かに総司を追っている話ではあるんですが、彼だけがピカーと光ってる話・・・ではないような^^。
この人独特の淡々とした書き方も関係あるかもしれません。

丁寧で綿密な文章。でもどこか覚めた感じの。綿密なくせにさらりと進んでいくので、私はこの方の本では泣けませんね。うるりとも。
非常に涙腺はゆるい方だと自負しておりますが^^。私の涙腺のツボを刺激しない文なんでしょうね。

だからと言って面白くないわけでなく。非常に読みやすいです。分厚い本でも途中で退屈したことはないです。そして心に残るものがないわけでもない。

比較的「藤堂平助」とかで出てきた「キラキラしい表現」は少なかったように思えますが、やっぱり登場人物が男くさくないような気がします。何と言いますか、少女漫画に出てくる男の人たちみたいだなあと。
少女漫画好きな私が読むには全くノープロブレムですが、もしかしたら少女漫画みたいなものに縁のない殿方が読むにはちょと辛いかもしれません。

総司は今まで読んだ新撰組物の中では理想に近い感じではあります。
強い!
突き抜けた剣術、ひょうひょうとしつつ、いざとなれば冷酷な鬼になれる性格、そして最後まで生きたいと、戦って死にたいと思い続けた総司像って言うのは、今まで読みたいと思ってたものに近かったです。

病に倒れた悲劇の人じゃなくてね。強い沖田総司。好みとしてはもう一声!って感じですが^^

この本の土方さんはめっちゃ優しい・・・。不器用でね。必死でね。
近藤さんは・・・。微妙な。読んだ中では中の上って感じですかね。←どんな感じ・・・^^?
魅力ないわけではないけど、やっぱり心酔するまでの人には見えない。沖田以上に、納得できる(私個人の理想の、と言うより、事実として彼に惚れてついてった人達がいるんだから、惚れられる何かがあった筈、と思うんですが)近藤勇像って言うのにはなかなか出会えないです。
大河は好きですけどね。あの近藤さんなら私は納得。

そして沖田と同じくらい、もしくはそれ以上に私の印象に残った斉藤一。
「おんや」とか「あいよ」とかの台詞がナイス!
もうめっちゃ捉えどころない。で、強い。実は会津の間者で、近藤さんよりむしろきちんと時勢が見えてるくせに、新撰組に惚れて、そこで役目を全うしてる。
・・・さいとうーーー!
この人ほど本によって人となりが違う人もいないかと思うんですが、でもどの本でも濃い(笑)!最高だ・・・斉藤さん・・・。
この本ではそんな斉藤さんが珍しく不器用に、サンショウウオの黒焼きを総司に差し出すところが、もうかわいくてかわいくて仕方ありませんでした。

この人がもし斉藤さんの話を書いてるならぜひ読みたいとおもいました(笑)。ないでしょうかねえ?




ヴァンパイア騎士 4 飛べない僕らは空を見る マンガ感想

(2006-10-08)
基本的にネタバレありです。昨日この注意書き書くの忘れちゃった。

ヴァンパイア騎士 4 樋野まつりさん



これも今楽しみな本。好きです。
ずーっとテンション変わらず。ぐぐぐいっと上がることもないけど、下がる事もない。1巻から同じ満足度で読めてます。

謎々だらけで進んできましたが、ちょっと零の過去が見えましたね。それにしても弟(だっけ?)が突然出てきたのにはびっくり。これだけはちょっと唐突な気もしましたが・・・。

まり亜がしずかさんの関係・・だろうとは思ってましたが、まさか本人とは!純血種にはいろんな能力があるものだ・・・。あの元の体はどんな風に保存されてたんですかね。まり亜の体は自分の関係者のものなんでしょうか?それとも食べちゃった人の物なんでしょうか?

枢も、少しずつ本性発揮・・と言うか、本心を覗かせてきましたね。でもまだまだチラリズムなので、もどかしい感じです。えーい、もっとスッパリ見せんかあ!・・・という気は無きにしも非ず^^

零が優姫の血を吸うときのためらいが、あっさりないのが逆に今回はよかったです。
ただ、優姫が、本人に向って「あなたのために私は犠牲になるわ」と言っちゃうのはちょっとポイント低し。そういうのは秘めてこそなんぼじゃろう。・・・と思うのですがね^^
後で気付かせた方が美味しいじゃないですか・・・ねえ?←誰に同意を求めているのか。

いやいや、でも非常に面白かったです。買う楽しみ、待つ楽しみが味わえる、美味しい漫画です。


飛べない僕らは風を見る 山本修世さん



この方の出てるコミックは全部持ってます。ので、この本もずーーーっと探してたんですけど、なかなかなくて。
今日たまたま行ったGEOで見つけたので買ってみました。

最後まで読んで。
私、古本屋で買う本も多いし、だからどうとか思ったことないんですが、この本だけは「ごめん!!古本屋で買っちゃったー!」と、後悔してしまいました・・・(笑)
いやもう、本屋行く度に探してたし、アマゾンのカートにも入りっぱなしなのよー。だけど本屋にはどこにも置いてないし、アマゾンで1500円まで溜まる前に、今日たまたま見つけちゃったんです・・・。言い訳だな(大笑)
いや、何かすんません。なんとなく謝ってしまいます。この本のあとがきとか読んだ人なら分かってくれるかも^^いやー、特別な事が書いてあるわけじゃないんですけどね。

飛べない・・

双子の禁断の恋の話とはべっくらこきました。ああ・・・でもこの方はイロモノ似合いそうだな、確かに^^←褒めてます。
双子の禁断と言えば有名な「僕妹」がございますが、あれはアニのいきなりな躊躇のなさに「ちょっと待て!」と思ったもんですが、この話も以外にあっさり躊躇がない割に、不思議と「ちょっと待て」とは思いませんでした。
カラーの差・・・?
結局ハッピーエンドとも救いがないとも取れるように終わりますが、「僕妹」に感じた違和感は感じないまま、かわいらしい話だと思いました。この人らしい。
私はハッピーエンドだと思いましたしね^^

実際弟に恋をするなんて言ったら「げえ」と思いますが(笑。リアル弟が居りますので)、漫画の世界では全く平気です。だって別物だし。そういう意味での嫌悪感は、あんまりないみたいです。

階段から飛べ

これは好き。いい。非常にこの人らしい、告白倶楽部のノリのお話でした。
終わり方も「こうあるべき」な、非常にまとまりいい、かわいらしいお話でございました。

スキップ

いや、ホントに絵が古くてびっくりしました。
告白倶楽部の1巻の感想で「絵がもう少しこなれた方が好み」とか書いたような気がしますが、告白倶楽部の絵で「こなれてた」んだ!と知りました。
・・・非常に失礼な事書いてるかも^^でも今の絵も好きなんですよー・・・。

さあ、天使になりなさい

この時の絵ってかなり綺麗だと思うんですけど。ムラがあるのかな?だって、これが一番新しいのかと思ったら、スキップより前の年ですよ!?・・・信じられないですねー。

これは何というか、もう一声!
話としては嫌いじゃないけど、もうあと一歩が欲しかった感じ。
設定も中途半端、話も中途半端。キャラがよかっただけに残念。同じキャラで、別の話を作って欲しいくらい。

地図

これはもう半端でなく古い^^一番新しい「飛べない僕らは・・」の10年前です。絵が違うーーー。
不思議な話。今と全く毛色の違う話。嫌いじゃないけど、やっぱり印象にも残らない・・・感じでした。


君に届け 2 ハツカレ 9 マンガ感想

(2006-10-07)
君に届け 2 椎名軽穂さん。


<まみさん蔵>

出ました!マチカネタンホイザ。
この一巻では笑わせてもらい、泣かせてもらい、そしてほんわほんわした幸せなものをもらいました。
ええ、もうめちゃめちゃツボにはまりまくりのこの本。

1巻の終わりで、やたらかわいらしく、そしてやたら性格悪そうなお嬢さんが出てきて、ドロドロの予感?とちょっとドキドキしましたが、全くノープロブレムでした。
いや、ちょっとはドロっとと言うより、やきもきしましたが、それもいいスパイス程度で。

徹底して天然な爽子がいい!もう本当にいい!何て心がピュアピュアな子なんだ。
矢野と吉田が、一巻より尚いい。この子達ももう大好きだーー!と叫びたくなる今日この頃。
今回は風早くん、ちょっと表な役どころじゃなかったけど、でも要所要所でまっすぐナイスな助言。・・・ああ、もうほんとうにね、心が洗われるような漫画でござんす。

今回の泣きポイント:「もし又誤解が生まれたら、何度でも何度でも」ってところ。その前辺りからうるっときてたんですが、ここでぼたっと(笑)。いや、びっくりしました。あれっ?自分涙ぼたっと落ちるほど泣いてるよっ!って^^

笑いポイント:「どうやってうわさ流すの?独り言?」←龍!地団太踏みたいほどナイスだ!

「ずっと立ってるよね・・・」「うん、よかった。私だけに見えるんじゃなくて・・・」・・・・・さーーーだーーーこーーーーー!!

「法一は琵琶の名手でー」・・・・さーーーだーーーーーーーこーーーーーー!!!

笑いポイントではありませんが、風早くんの「ずりー」にもかなりときめきドッキュん(笑)しました。

いや、本当に、一粒で2度どころか4度も5度もおいしいこの漫画が大好きです。
ところでどーでもいいですが、裏表紙の貞子・・・ちょっと娘Aに似ている・・・^^。そんなことない?まみさん。
表紙みたいな顔の時はもちろん思わないのに、裏みたいな顔になると「娘Aに似ている・・・」と思ってしまいます。髪形のせいかな^^

ハツカレ 9 桃森ミヨシさん。


<まみさん蔵>

9まで来ましたね。そして切りよく10巻で終了みたいです。本誌の方ではもう終わってるのかな?
・・これくらいがいいですね。うん。少女漫画としては実にいいペースです。

いやもうこれまた地団太踏みたくなるような「ちょっとずつ」がツボです。
で、どう?ちゃーちゃんとイブシ、上手くいきそうな感じ?どないどない?
・・・と、近所のおばちゃんのように微笑ましく見てしまいます^^

ちひろはねー、大分モノをはっきり言うようになって、そこが非常にナイスです。かわいいです。思った事を、ぽんとその場で言うのがね。

ハシモトくんは触るのが堂に入ってきた・・・。←変な言い方^^?
でもこう、彼女に触れるのにちょっと躊躇しなくなってきましたよねー。慣れてきた、というか。触っても許されるって分かってきたというか。

ちひろも経験値、上がってきてますが、ハシモトくんもね。そういう漫画なんだよねー。

この漫画も私は非常に好きです。
ゆっくりゆっくり、少女漫画の醍醐味を味あわせてくれる漫画の方が、私には合っているようです。

次回も楽しみにしてるねー。まみさん。


Shall We Dance? リメイク版

(2006-10-06)
私が借りたのはこれ。
日本版は見てます。娘Aが産まれる3日前に、母と映画館に見に行きました^^
破水した時のためにバスタオルを持って行ったのを覚えてます(笑)←そこまでして見るか!



話は日本版とまるっきり一緒。
多少アメリカンなエピソードは追加されてましたが、非常に忠実に、細かいところまで日本版と同じにしてあるなあと。

文化の違いがどんなかな?と思ってましたが。
社交ダンスなんて、日本じゃ特別な人しかしないじゃないですか。特に男の人なんて、「定年後の趣味」ってイメージ。
だからこそ普通のサラリーマンがのめりこんで・・・って言うエピソードが効いてたんだと思うんですが、アメリカだと誰も彼も社交ダンスは普通にするものだと思ってたので^^、サラリーマンがしても「特別」じゃないんじゃないかな?って。

確かに日本よりは一般的なんだろうけど、でもアメリカだって誰も彼もってわけじゃないんですね。
日本で言う竹中直人に当たる人が社交ダンスしている記事を見て「アッチ系じゃないのー?」なんて冷やかされるシーン、ああ、そういう偏見もあるんだ、と。

ただ、ダンス会場でかわいらしい燕尾服着た子供がいるのは、日本じゃありえないなあと思いました。

日本版じゃ役所広司に当たるリチャード・ギア。
役所さんは「ちょっとさえないお疲れサラリーマン」そのものでしたが^^リチャードさんは「ちょっと疲れてるっぽいけど、でもおっしゃれーなサラリーマン」でした。
ダンスを練習するシーンも、慣れない事におどおどしていたサラリーマンが、だんだん楽しそうに練習しだすのが、日本の40代50代のサラリーマンと言われる人達が普段見せないような表情で、そのギャップがよかったんですけど、リチャードさん達は普通に楽しそうに抱き合ったりして踊ってるのが違和感ないんですよ。
この辺は良し悪しじゃなくて文化の違いだなあと。

ジェニファー・ロペス。草刈民代さんに当たる人ですね。
雰囲気は全く違います。個人的には一番キャストに違和感を感じました。悪くはないけど。
それにしてもお胸もお尻もどかーんどかーん!な迫力ボディだと思って見てたら「ああいうスレンダーなタイプよりグラマーなタイプの方が」・・・みたいな台詞で、「スレンダー=ジェニファーさん」だったのにぶったまげ!
あれをグラマーと言わないんですか!かのお国では!!おそろしか国たい・・・^^。

めちゃめちゃよかったのは渡辺えり子と竹中直人と、年配の先生の役の人たち!もう、「よくもまあ」ってくらい、そのもの!
この3人にはめっちゃ笑わせてもらいました^^

奥さんはやっぱりアメリカンな、バリバリの奥様。自分で仕事もしててね。でもイメージが違うわりに違和感は感じませんでした。

日本では奥さんと、「なんとなく」、こう・・・通じ合って、再び寄り添って・・・みたいな感じだったと思うんですが、アメリカ版では「何となく」なんて許されません。
ええ、もう言葉で、態度で、どきっぱり表さねばならんのです。

奥さんの仕事場であるデパートに、蝶ネクタイ、リボンをかけたバラの花一輪持って、リチャードさん、突然登場。
「愛してるよ」の言葉と公衆の面前でのちゅー。
・・・・これが違和感ないのが素晴らしい・・・^^。日本人がどうあがいても出来ない芸当です・・。

話はそのまま。味付けがアメリカン。
面白かったです。両方好きです。
最後の「Shall We Dance?」のシーンは、でもやっぱり日本版の方が好きかな。
アメリカ版ではこの後に後日談も付きます。
日本版を面白いと感じた方にはお勧めですよ。


フライトプラン DVD感想

(2006-10-05)
こないだGEOで家族1本ずつ借りてきた、これは大熊が借りた分^^
ちなみに娘Aは「ミルモでポン」娘Bは「ピカチュウ」、私のは又明日にでも感想を・・・。

で、これ。
今日大熊が代休だったので、子供達を送り出して洗濯を干してから^^午前中に二人で見てました。



ジョディ・フォスターです。
でも彼女の出た映画って見たことあるかなあ。あんまり記憶にないです。

夫を突然の飛び降りで亡くした主人公(ジョディ)と6歳の娘。夫の柩ごとニューヨークへ帰ろうと、ベルリン発の飛行機に乗る。
乗って間もなく、主人公がうとうとした隙に娘が消えてしまう。機内を捜しても見つからない。客室乗務員に詰め寄り、機長に直訴し、乗客を全員座らせた上で乗務員が探すが、やはり見つからない。
周りの客も誰一人娘を見たものが居らず、客室乗務員は「その席(娘の席)は空席だった」と言い張り、発地のベルリンからも乗客名簿に娘の名前がないとの返事。
更に夫が亡くなった病院まで問い合わせたら、「娘さんも一緒に亡くなってます」との返答が!
確かに自分と乗った娘は何処に!?主人公の妄想なのか?!

あらすじ見たら面白そうですよね?確かに、どんどん追い詰められていく主人公のくだりは、緊迫感も充分で面白かったんです。

だがしかし。
終わりよければすべてよし・・・って言葉がありますよね?
逆を言えば、終わりがダメダメなら、台無しなんじゃ!ってのも言えるのではないかと。いやほんと、

こんなちゃぶ台返したくなる映画、久しぶりに見ましたよ!!

終わった時の大熊と私の感想。
なんじゃこりゃ!

力技の解決。力技の納得・・・。ええんかこれで。

主人公、もうめちゃめちゃ暴力的です。(多分)何の罪もないアラブ人に「お前が犯人だー!娘を返せー!」と詰めより、殴りつけ・・・。
そのアラブ人は周りの人たちに冷たい目で見られ・・・。これでいいの!?
もう暴れる暴れる。
犯人には消火器で殴りつけ、共犯の乗務員にはぐーで殴りつけ・・・。
周りが「妄想」と決め付け捜索を中断してしまった後は、トイレ上部から機械室??に入りこみ、全座席の酸素吸入器??をドバーと落とし、機内の電気を停電させ・・・。客はパニックだよ!
いいの?そこまでして許されるものなの?いくら娘を探してるとはいえ既に自分が人に危害加えてるじゃん・・・。

その後まだ探してない貨物室に自ら乗り込み、娘がいるかとそこに収納されてたベンツのフロントガラスぶち破り中を探し・・・。←もちろん娘はいない。

いいの!?ねえいいの!?

何だかもう・・・すごい映画でした。
で、最後、とりあえず犯人はいて、娘も無事見つかったものの、じゃああの人は?あの事は?ねえ何もなしでいいの?って、事後のフォローがほとんどないんですよ。

あのアラブ人はなんだったのさ!関係ないなら謝らんか!・・・とか。ほかにもいろいろ。
普通、一番最初に機内に乗り込んだ客の事を、客室乗務員、そんなに覚えていないものなんでしょうか?席に座ってたのも、そんなに見てないものなんでしょうか?周りの客だって、誰も見てないなんて、そんなのあるかい!!
で、最後にそういう説明もあるのかと思ったら、全くなし。
じゃあただの間抜けな乗務員と間抜けな機長・・・ってだけの事だったの??

・・と、なんともはや。見終わった感想は「はあ!?」ってな映画でございました・・・。


ただ、映画の中の娘と下娘の年が近い母として、半狂乱になって探すのだけは共感できました。娘がいなくなってしまうなんて、恐怖以外何物でもないですよ。
娘が学校に行ってる間に見てましたが、むしょうに「ぎゅう!」ってしたくなりました。その辺りは本当に怖かったです。だから無事に見つかったのはよかった・・・。
でもそれって映画の感想じゃあないですよね^^


もくもくファーム その2 手づくりウィンナ教室

(2006-10-04)
さて、バイキング食べた後はお楽しみ、手作り体験です。

豆腐(9月から11月)、ミルクパン、ウィンナ(ボイルかスモーク(9月から11月))の中から選ぶんですが、やっぱ「楽しそう」且つ「皆が好きそう」と言う事で「手づくりウィンナ教室」にしました。
ボイルかスモーク(期間限定)で、どっちも出来たんですが、ボイルの方が時間が短いのでボイル。小さい子もいるし^^。

061002_124225.jpg


ここにて。
雨が既に結構な降りでしたが、室内体験モノにしておいてよかったー^^

061002_125442.jpg


最初にセッティングされてる状態。みんな、待て待て!どうどう。

061002_131005.jpg


ミンチをこねますこねます。
しかし!この時のポイントは、「温かくしちゃだめだめ!」
コネコネしてると手の温度で暖まっちゃうので、なんとここで氷投入
結構な量だった!こんなたくさん水分入っていいの?ってくらい。

ちなみに今回私はカメラ係兼現場監督(全く役立たず)で、触っておりませんが、みな、ここであまりの冷たさにヒーヒー言っておりました^^
分かる!分かるよ!!私もついこないだ冷凍のミンチでハンバーグ作ったとこだもん!しばらく放置してたのでもう溶けてると信じて手を突っ込んだら、・・・氷だった・・・。でも突っ込んだ手を引っ込めるわけにも行かず、泣きながらこねたので、あなた達の痛みは分かるわっ!!と心で叫びながら

「ここでコネが少ないとバサバサになるー!こねろ!こねるんだ!」と、愛の激励を(笑)

061002_130446.jpg


最後に白い脂身のミンチ??をざっとあわせて(これが粗挽きのプチプチになるそう)、コネは完了。
次にウィンナ製造マシーンが登場。先っぽにはヤギの腸が^^触ったねこっちに寄ると「湯葉みたい」だったそうです。

豆知識:腸の太さで名前が変わるウィンナ。ヤギの腸だと「ウィンナ」、ブタの腸だと「フランクフルト」、牛の腸だと「ボロニア」なんだって!・・・間違ってたら誰か指摘してください。確かこう言ってたと思う^^

061002_132855.jpg


これこれ。ウィンナ製造マシーン、ニュルニュルくん!←私が勝手に命名しました。
手馴れてないので2人一組がよろしいです。カチカチ搾り出す人と、出てきた肉を整える人と。

これでカチカチ分が無くなるまで長ーーーーーーいのを作って、はしを結んで一本にします。
で、くりくりネジって小さい物を作ります。

061002_142445.jpg


茹で上がった試食分。20分ゆでたら真っ白いウィンナ完成。

めちゃうま!!

いや、もうまぢでんまい!こりゃたまらん!
スモークしてないので皮がぱりっとしてなくて、皮までやわらかい。歯の弱い人もオッケーよ^^
じゅ!と肉汁が出てきて、本当においしかったです。

でも次はスモークがしてみたいなー。皮までぱりっと。スモークすると茶色いウィンナですよー。

お土産に、一グループひとつずつブタのマークの保冷バッグ(結構かわいい)と保冷剤、個別のビニール袋がもらえます。
一人分、思ったより多かったです。お土産もたっぷり。
ま、うちみたいにウィンナ大好き一家ではあっちゅー間になくなっちゃいましたが。

2人だと3150円、それ以上は1人1260円で出来ますよー。

で、もうぼちぼち帰る時間なので、お土産ターイム。
ブタのテーマ館で娘Aにブタ模様のメモ帳、娘Bにはガラス細工の蚊取りブタ(・・・なんやそれ)を買わされ、下の入り口のショップで「豆穀米」と「ボロニアソーセージ」と「スモークタン」を買って帰りました。
もっと買いたかった!あれもこれも欲しかった。パンもめっちゃ美味しそうだった・・・。
でもここはどれもがお高めなので、いっぱいは買えませんでした。

で、どんぶらこと帰宅。

いやー楽しかったですよ。ほんとに。
又行きたいです。今度はスモーク体験。その後は豆腐もしたい^^!

で、翌日、自分用に「豆穀米(2合分、360円くらい)」を、白米1合分水増しして(笑)炊いて、一食ずつラップして冷凍しておきました。
うちはとにかく白米好きなので、毛色の違うご飯、みんな食べてくれないの。
私は炊き込みご飯も五穀米も十穀米も、麦ご飯も発芽玄米も大好きなのに!
子供達にはいつも大不評なので、もうここは割り切って、こんな風に自分用にだけ炊いて、冷凍保存方式にしてます^^

プチプチして美味しいですよ。でもやっぱりちょっとお高め^^。

061003_123833.jpg


もいっちょ、昨日のおつまみ。酒もないのに^^

061003_184654.jpg


スモークタン。まさにべろ^^!薄くスライスしてレモン汁かけてもいいと書いてありましたが、薄くスライスしてそのまま食べました。
これまたんまーーーい!!

で、お土産はあと残す所「ボロニアソーセージ」のみ。
いつ開けるか、皆の目が鋭いです。・・・明日にはないかも(笑)


もくもくファーム

(2006-10-03)
もくもくファームへ行って来ました。子ども会にて。

行くのは2度目ですが、前回はまだ子どもが一人の時だったので・・・何年前や^^

天気は曇り。雨の確率は前日の予報で20パーセントでしたが、三重の天気はノーチェック^^。←アーホー!

そしたら昼ごはん食べた後からかなりの降り。
傘は一応持っていったものの、20パーセントだし、と、バスの中に置いて行ってしまったので、非常に困りました。

061002_110433.jpg

入り口ー。

入り口は「もくもくショップ」。お店です。・・・ふふふ、やるのう・・・。ちなみに入場券買わなくても、入り口のチーズケーキやさん(ヨーグルトの量り売りも)、焼き豚やさん、蕎麦屋さん、野菜なぞ売ってる所、そしてこのもくもくショップで買い物は出来ます。

入園料は一人400円。

061002_110606.jpg


お店を抜けて階段を登ると、ブタグッズのお店が!中でモノクロぶー(@サンエックス)のグッズにつかまりそうになる娘を引っぺがすのが大変でした。・・・・モノクロぶーなんて何処でも買えるじゃん!

店の入り口にもかわいいブタの足跡。
そして。

061002_110727.jpg


そこら辺にブタがいます。決まった時間にショーを見せてくれるブタさんですが、お暇なときにはそこら辺で。

061002_111142.jpg


この方は「すももさん」。あくまで「すももちゃん」ではないです。「さん」だという意思表示がはっきりと。
触られても平気。寄って来るでもなく逃げるでもなく、悠々としてらっしゃいました。
おはぎちゃんとかおそまつ、かどまつとかいろいろ居ったぞな。

ここで20分ほどブタと戯れ、目指すはお昼ごはん。バイキング!

061002_112909.jpg


奥っかわの建物です。
手前はなんだっけ?パンとか焼くところだっけ?工事してました。

061002_112919.jpg


道々こんなものには捕まらずに居れない子供達。
ウラ!ご飯食べに行くんじゃあ!

061002_114717.jpg


バイキング。私、ここのバイキングはめちゃめちゃ好き。どれもこれも美味しそうです。私の取り方が下手で美味しそうに見えず、申し訳なし。こういうセンスがないんですよ・・・。

品数は70種類?とか何とか。結構たくさん。
そして、バイキング大好き娘(とだんな)と一緒に暮らす^^とバイキングへ行く事も多いのですが、大抵廉価なバイキングは揚げ物ばかり。コロッケ、鳥のから揚げ、フライドポテト・・・。お腹がいっぱいになる前に飽きちゃう。後でもたれるし。
でもここのは、煮物(でもご家庭では作らないような一工夫したもの)も多いし、お野菜も多いし、お豆腐はすんごいでっかい手作り豆腐。自分の欲しいだけすくって持って行くんですが、これ又んまい!!
そしてハム類3種、ウィンナも3種、ピザ2種、パスタ3種。
どれも平日にもかかわらず人も結構いらっしゃったので、次から次へと出て来てました。

大人1890円、小学生1050円、幼児630円。

豆穀米がめっちゃ美味しくて、お土産に買ってきました。2合で360(多分)。さっき白米1合足して、3合として炊いて、1食ずつラップして冷凍しておきました。私専用ですから^^

デザートは7、8種類くらい。キナコプリン?とか、ぜんざい、ぶどう、なしのシロップ漬け、焼き菓子が2種くらい、芋ようかん。あと自家製ヨーグルト。
それもこれも優しい味で美味しかったです。

で、食べ終わったら体験教室!手作りウィンナに挑戦です。

ついさっきブタと戯れておきながら・・・。そちらも悪よのう・・・。

続きは明日書きます^^。




プチ ハロウィンネタ

(2006-10-01)
10月ですね!ハロウィンですね!・・・と言う事で・・。

万聖節イブ、日本で言うお盆みたいなものだそうです。亡くなった方が帰ってくる・・・今調べました^^
私の知識では、子どもが仮装して「トリックオアトリート!」とご近所さんを練り歩き、お菓子をもらうアメリカの習慣・・・というイメージでした。

ま、どっちにしろキリスト教徒でないので関係ないっちゃないんですが、クリスマス(ケンチキ食べて、ケーキを食べて、プレゼントがもらえる日)やらバレンタインやらアメリカ独立記念日やら(←うけつけ^^!!)、イベントなら何でも乗りたい人間ですので。

でもここまでいろんな飾り付けとかを、普通のご家庭でもするようになったのは最近ですよね?
ふふふ。私みたいな(↑参照)人間が多いということですかね^^・・・違うかも・・・。

で、今年は娘Aもフレンズと仮装して、お友達の家を5件くらい回ってお菓子をせしめる計画を立ててますよ!お面とか作るの上手な子は作ってね^^
・・・それ用のお菓子買ってこなくっちゃ。

今までハロウィンはお店のディスプレイやらお友達のうちやらで鑑賞するだけだったんですが、今年は娘AもBも何か知らないけど盛り上がってるし、せめて玄関でもそれらしくしようかな・・・と思い立って買って来たのが、これ。↓

061001_161303.jpg


ママイクコで買いましたー^^157円なり。下に敷いてるハンカチは子どもが学校へ持って行ってるものです・・・。色がいいかなと思って。

ゴルア!やる気ないにも程があるア!!

いやー、ちょっと見たんだけど、近所のママイクコにはあんまり種類がなかった・・・。それに、基本的に整理整頓が苦手なので、あまり大きなもの、それなりの値段のものを買いたくないんですよ。
仕舞って置く場所を確保するのも嫌だし、気軽に捨てられないのも嫌。それこそ毎年使い捨てくらいの気持ちで飾れるものがベスト^^
で、見てたらね・・・これくらいしか^^予算は1000円だったんですけど(大笑)
もうちょっと他の雑貨屋さんも見てみたいなと思いました。小さいものをちょこっとふやしたいなあ。
・・・なんてもたもたしてるうちにシーズン終わっちまうだよ!

シーズンもの、飾りを見るのは大好きなんですが、上記理由でうちはほとんど飾りません。実用的でないものを置くのが苦手。
だから飾り物は置いてないはずなのに・・・。なのに家の中が混沌としているのは何故・・・?

素敵なおうちだなあって思うおうちは、片付いていて且つこういう決して実用的とは言えないシーズンモノも、さり気なーく、邪魔にならずセンスよく置いてらっしゃるんですよね・・。

センスも片付けの才能もない私は、見るだけにしておくか、やっぱりその場限りで邪魔にならない程度のものを置くくらいにしておいた方がよさそうです^^

そして昨日食べたサーティーワンのハロウィンサンデー。↓

060930_204012.jpg


550円だったかな。中のふたつのフレーバーが選べるんですが、私と娘B、何から何までかぶっていて、結局全く同じものを食べました。・・・・親子だなあというべきか^^

中のフレーバーは「パンプキンプリン」と「トリプルチョコレートパッション」。
プリンはプリンだった!めっさプリン。食べたら「プリーーーーン!」と叫びたくなるくらい。
トリプルチョコはめっさチョコ。食べたら・・・もうええって^^?
ほっぺおちそうー!大好きな味でしたよ。

今月のフレーバーは、このパンプキンプリンと、マジカルミント(ビターチョコにミント、ぱちぱち弾けるポップロックキャンディ)だそうです。
ビターチョコは大好きなんだけど、ミントがだめ。ミントは何食べても「歯磨き粉食べてるみたい・・・」と思ってしまうのです^^。なので、こっちはパスしました。

美味しかったですよー。こうもりのチョコとかかぼちゃのクッキーとかついてて、かわいかったです。

でも、娘Bが気に入ったのは中身じゃなくてカップの方。
この人はもう赤ちゃんの時から容器フェチ。わざわざ遠く梅田まで遠征して「餃子スタジアム」に行った時も、プリンのビン(スイーツもあった・・・。そしてガラスですよ!ビン。1時間くらいどんぶらこと帰ってこなきゃいけないのに^^!)を持って帰ってきたくらい。
なので今回も買う前から「このカップ持って帰るからね!私のね!おかーさんのもね!」と何度も念を押して(あんた以外誰がいるか(笑)!!)、綺麗に水で洗って持って帰ってきました。

で、今はこんなん^^。↓

061001_161317.jpg


こういう事を許すからセンスないのかもしれないですけどね。ま、本人がしたいならいいかっ・・て。


プロフィール

くまきち

  • Author:くまきち
  • くまきち
    ゲームと読書と映画と、その感想を書くことを愛するそこら辺の主婦。基本的にはネタバレありです!ご注意ください。
    ブログ記事に全く関係のないトラックバックは削除させていただきます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。