スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


キャットストリート 7SEED

(2005-11-30)


<ぴろろん蔵>

花男の後で、結構そんな間が開いてないからどーなん?そういうのって?と思ってましたが、これも面白いです。

昔天才子役と言われてたケイト。打算で近づいた同じ子役の奈子に裏切られ、舞台にも立てなくなり引きこもりに。そこからフリースクールとの出会い、フリースクールでの友達との出会いで少しずつ立ち直って・・。

この巻では心の傷から立ち直るための壁を乗り越えたとこ。話はここで終わりじゃないけどね。って言うか、ここからが始まり、みたいな感じです。

キャラがすんごい魅力的。話もちょっとスローペースかなと思うけど、そこら辺経過が丁寧に書かれて、いろんな事に無理がない。
ケイトがいいね!すごく好感の持てる主人公です。この巻のラストはすんごいかわいかったです。どうなっていくのかなー?芸能界にまた戻るの?

奈子はやな奴!ですが^^、これからまたちょっと立場変えて絡んできそうで、それもちょっと楽しみ。100パーセントやな奴じゃないって感じになってきたし。
私基本的にいじめられる話が大嫌いなんですよ。徹底的に悪意しかない、そういう子たちが出てくる話がだめ。現実にはムッチャいるだろうけど。悪意の塊。そういう人も。
でも、漫画では、最初やな奴、でも実は・・・みたいな、ベタだけど、100パーセントの悪人じゃないっていう展開が好きです。

いま自分が持ってる中で気に入らんのは「親指からロマンス」の主人公のねーちゃん。とことん悪意の塊。今のところ。
そもそもあの人出す意味って全くないような気がするんだけど・・・?必要なキャラじゃないよね?話に絡んでこないし。

話がそれた!(いつものことだ!)

これは今後がとても楽しみです。浩一が非常に好きですね^^
ぴろさんこれからもよろしくー!



<まみさん蔵>

痛いですねー。バトルロワイヤル(見てないけど)みたいですねー。・・・って最初からそんな感じか。ちょっと。
この方のマンガを読む際、痛いシーンを避けて通る事は出来ません。私が読んだ漫画にはみんなあった・・・。

初めて読んだ「巴が行く」では、ボディーガードさん??だったかな、の人がいきなり生首で現れたときにはべっくりこいた!確か別冊少女コミックだったのではなかろうか。当時雑誌で買ってたのよ。
うえええ!こんな少年誌みたいな(少年誌で本当にそういうシーンが出てくるかどうか知りませんが^^)シーン、少コミで書くのー?と衝撃を受けました。
でも話はすごく好きで、ラストもよかったんですよ。すごく。単行本は一旦売ってしまったので、今は文庫版を持ってます。

BASARAはもう痛い痛い痛いシーンばかり。それで13まで集めて耐えられなくて売ってしまって、また買いなおしました。
だって話しめちゃくちゃ面白いんだもん。大好き。ラストも泣いた・・・。

そして7SEEDS。面白い、少女漫画にあまりないタイプの漫画ですね。あ、でも今までも結構そうか。
同じSEEDでも大違い・・・。

最後の夏のチームが出てきました。選ばれる前の段階から、このチームは書かれてますね・・。選ばれた後まではまたたどり着いてないよ。

怖い世界だ・・・。本当に、怖い世界だよね。漫画ってファンタジーだと思うから、結構痛いシーンや怖いシーンも読めるけど、この人の痛いシーンはリアルなんですよ。痛みが伝わる。だから怖い。ファンタジーに思えない、リアルな痛覚を感じる・・・。怖かった・・。

でもところどころのエピソードがもうすごくやっぱり上手いなあって。見せ場の作り方が本当にお上手で、やっぱり怖いの苦手な私も先が知りたくて読んでしまう。
話作り、見せ場の作り、展開の引っ張り方、がとにかくとことんお上手なんだなあと思います。

ものっそありきたりな設定でも(この人のそういうマンガあんまり見ませんが^^)、きっとぐいぐい惹かれる書き方をしてくれる事でしょう!
この話もまだまだまだまだ長そうです。痛いシーンもまだまだまだまだありそうです。でも好き。でも読みたい。

と、いうわけでまみさんよろしく。

いやあ今日は新刊いっぱいで、お腹ポムポムですよ!
キャットストリート、7SEEDS、犬夜叉、月光庭園、パフェちっく、AMAKUSA1637、不思議遊戯・・・もちろん全部!私が買ったものではありません^^。

しあわし・・・。ありがとうありがとう^^マンガフレンズ!
スポンサーサイト


サンタさん

(2005-11-29)
サンタさんの季節ですね。

うちは男の子がいないので男の子の趣味嗜好は分かりませんが、女の子、うちの周りで人気なのはやっぱり「エンたま」。
うちのAぞうはこないだのすったもんだの末手に入ったものの、Bはまだなので、Bのサンタさんへのお手紙は

「サンタさんへ。エンたまがほしいです。オーエスオーエスオーエス」
と書かれてありました。

オーエスがサンタさんへのゲキなのか、はたまたプレゼントを不眠不休の突貫工事で作っているらしい小人さんへのゲキなのか、はたまた自分自身へのカツ入れなのか定かではありませんが、なんとも彼女の心意気だけは伺える手紙でした。

そして世のサンタさんたち、エンたまは入手困難を極めるため、ネットでチケぴの用につながるのを何度もトライしたり、朝も早よからおもちゃ売り場に並んで整理券をGETしたり、抽選にトライしたり・・・。涙ぐましい努力がこの時期続けられるわけですよ。他人事じゃないけどね。

うちは去年はAが「PSPが欲しい」とのたもーた為、サンタ@大熊はんは発売日、あっちの抽選券こっちの抽選券と3件ほど周り、やっと何とか1台GET!24日の子どもの枕元にそっとおいて置いたりしたわけですが。

今年!ひょんなことからAぞうにサンタさんクライシスが!
いやもう小学4年生だし、うすうすは・・・・?ってところもあったけど、まあ半々(半分信じてるけど半分疑ってる^^)くらいかなあと。
ところがある日、アマゾンで今「おうちのデカたま」(これも入手困難。バンダイ憎し!)がどんな状況か見ようとそのページを開けたところ、横フレームのマイページに「まだサンタさんを信じている子ども達へ」みたいなタイトルが!!
げっ!?と思い、すぐに別のページに切り替え、Bはでかたまの画像しか目に入ってないのでよかったのですが、A、ぽつりと「見ちゃった・・・」

後悔しても後の祭り。

薄ら笑い(強がりか!?)を浮かべつつ、目を真っ赤にしてショックを隠しきれないままとぼとぼとフトンにもぐりこんで、そのまま寝てしまおうとするから、「Aちゃん、信じてたらその子のうちにプレゼントはあるよ。信じなくなったらサンタはないんだよ。」と。

そんなことがあって数日後、ねこっちから「サンタ追跡プログラム」なるものを教えてもらい、そこのHPにアクセス。

これがまたすごいです。NORAD(北米航空宇宙防衛軍)のページなんですよ。・・・こういう事おおまぢでするところが好きだ・・・。

そこにはサンタさんの紹介なんかもついていて、たまたまAと一緒に見てたんですが、「おかーさん!サンタさん、いるじゃん!ちゃんとこんなページがあるじゃん!」とおめめをキラキラ^^。
もちろん100パーセント、鵜呑みにしたんじゃなく「信じたい」って気持ちがそうさせたんだと思うけど、ちょっとAが持ちなおしたようなので、これはこれでよかったな、と。
24日になったら本当に追跡してるらしいです。是非見なくては!

ところで私らの子供の頃、夜にサンタがこっそり煙突からやってきて、クリスマスプレゼントをツリーの下に置いておくなんて、絵本の中か外国の話でした。

我が家では会社帰りにおとーさんが近くのケーキ屋さんでケーキを買い(ちょっと有名なケーキ屋さんだったので美味しかったけど、当時ではノーマルな「バターケーキ」でした^^あっ!年代がばれる!)、デパートで私と弟のプレゼントを買ってきてくれる、そんな日でした。

プレゼントは今みたいに希望なんて聞いてもらえなくて、おとーさんが決めたもの。絵本の年もあったし、ぬいぐるみの年もあり、抱っこちゃん(あっ!!ますます年がばれる!!)の年もありました。弟にはゲッターロボの、何ていうんだ・・・?ビニール製で腕が飛ぶ奴^^とか、ロボコンの超合金でした。

でも希望は聞いてもらえないけど、楽しみで楽しみで、もう何もらってもすごくうれしかったのを覚えています。

今の子はそれ考えると贅沢だよなあ(笑)・・そうさせてるのは自分だけれども。でもサンタさんを子どもが信じるのが主流になったのは、いつからだったんでしょうね。
ちょっとそんなことを思いつつ、今年もサンタ@大熊は抽選券を求めて夜空を走るのでした^^

夢があって、素敵だなあと思いますけどね^^
願わくば、手に入れ易いものにして・・・!!


告白倶楽部

(2005-11-28)


これの1を何故買ったのか、分からない^^気がついたらうちに居た・・・。私を呼んだのだろうか(笑)

1は今手元にないので感想書けませんが、2まで出てることをごくごく最近知ったので^^今日アマゾンからやってきました。やあやあよおこそ。

絵はね、私の好みから言うと、もう一歩!って感じ。ちょっとつたない感じです。もうちょっとこなれて描きなれたっぽい絵が好きです。

話がね、かわいいね。もう砂はきそうに、初々しい感じがグーです。題名の通り、告白にいたるシチュエイションのオムニバス。もうこの何とも言えないどきどき感が好きです。
キャラも舞台も何の関係もないです。本当に、「告白」という共通点だけのオムニバス。こういうの、ありそでなさそだと思いませんか?

眠りの森へ
まあまあそつなくって感じ。かわいいけどね。

人魚の海へ
シチュはすごい好きなんだけど、もうひとつ!って感じ。女の子がもっと最初の不思議な感じが残るキャラにすればいいのに、とおもいました(笑)←単なる私の好みだ^^

ザ★告白倶楽部
これは普通ー。かわいいです。でもやっぱもう一歩!って感じ^^

りんごほっぺ
この巻の告白倶楽部の中では一番よかったですよ。こういうねー、心に思ってることと違う事を言っちゃうのがねー!

くはーーーっつ!!←変な人がいる・・!!

まさに砂はきそうな、こういうのが何ともツボ^^
バス停で手をつなぐシーンが何ともかわいらしくていいです。

ネコノニオイ
これはね、5年ほど前に書かれたそうです。本人さん曰く50年前に書いたような、と。
私が見て、・・・そんな絵、変らないけどなあ、と^^←失礼なのか^^?
逆に、むしろ、こっちのが丁寧に綺麗な感じがするんですけど。またまた少数民族ですかね、私。

話はこの本では一番好きです。←これも問題か!?
雰囲気が一番いい。

ただ、猫の匂い・・・って実際かなり、くさいと思うんですけど(笑)ああ、トイレとかも一緒の記憶なってるからかな^^
後、高2と中2は、個人的に、微妙!ボーダーが個人個人で違うとは思うんですが、わたくし個人的には、高3と高1だったらオッケー。高2と中3でギリギリ何とか!って感じなんですよ。それももう卒業間近とかならなお良し。
同い年なら、中2でもいいんだけど・・・。

この微妙なボーダーは、すんごい気分の問題なんですけどね^^


ちゃんこダイニング若 塩ちゃんこ

(2005-11-27)
生協の共同購入で買って見ました。1580円くらいだったと思います。
内容はスープ400グラム(これを800の水で薄めます)、各200グラムのつくね、鶏肉、豚ばらです。

051126_160510.jpg


お値段ちょっと高めかな?と思います、んが、お店で食べる事を思えば安いのかな?
けちんぼな私でも清水から飛び降りるつもりで、エイ!と買えちゃう、ギリギリの値段です^^

ここにあとはお好みの具材をば。ドバドバと。
うちは肉食いです。スープも結構使います。市販の398円とかで売ってる、パウチのスープ(4、5人用)じゃちょっと足らない事もあります。が!
白菜をドバドバ入れたせいもあるかと思いますが、このスープは余った^^煮て食べるスープと、おじや用のスープを分けるご家族にはちょうどなんだと思います。うちは、おじやに具を煮るスープをそのまま使うので、ちょうどその分余った感じ。こりゃ結構ちゃんとした量だなあと。

お肉類も、調理例として白身の魚とか書いてあったけど、鍋に入れる魚ってあんまり好きでないので入れませんでした。その代わり豚肉の切り落としを200くらい足したら、肉食家族も大満足!
ただ、煮た鶏肉があまり好きでない私は、ついてた鶏肉も、やっぱりあんまり好きじゃなかったです。出汁用だな!出汁^^。大熊に食べてもらおう。

つくねは美味しかった!これはグー!豚肉も美味しかったです。

スープは塩味ということで、こってり系、濃い系が好きな大熊は「あっさりかあ・・・」とちょっと不満気でしたが、食べてみたら「あっさりしてるけど、味はしっかりしてて、これは美味しい」と。
あっさり好き、かつ塩味系が大好きな私には大満足。美味しかったよー。味はしっかりした味だと思います。薄くはない。でもあっさり。

足したの、あとはえのきと豆腐とうどん!お餅を足せばもっと良かったです。ちゃんこだし、好きなものなんでも入れればいいわけだから、いろんなの試すといいかも。

また生協でこれあったら買おうと思えるグーなセットでした。


エンたま 狂騒曲

(2005-11-26)
エンたま・・・。たなぼたGET・・です。

051126_123014.jpg


さくの怨念岩をも通す・・・って感じでしょうか。

エンたまはもう無理だ!でかたまがユータウンにあったってムーさんが言ってたから、でかたまが残ってないか探しに行こう、とユータウンに行きました。

ユータウンのおもちゃ売り場がどこか分からない!とりあえずベスト電機にあったような気がする、と言う事で2階に。
ベスト電機のおもちゃ売り場にはたまごっちの「た」の字もありませんでした・・。やっぱ無理じゃん・・と言う空気が濃厚なくま家。

一旦、のどが渇いたという娘Bのため自販機に移動。でも、もしかしたらたまごっちだけは入り口のおもちゃ売り場でなく、レジ前にあるかもしれない!と言うAの為(たまごっちは大概知ってる限り、どこの店でもレジ前にある)、ジュース飲んでるBと大熊を置いて、もう一度電気屋へ。
そしたら靴屋の前でSちゃんのママに遭遇。立ち話して、「たまごっちさがしてるのー」と言ったら、「下の雑貨屋さんに行ってみたらいいよ。こないだまた入るみたいな事言ってたよ!」との情報を!

急いで下に行ったけど雑貨屋が分からない!大熊がおもちゃ屋はあそこだ!と言うので行ってみたら、そこはユーストアのおもちゃ屋さんで、レジ前にでかでかと「エンたま売り切れ。入荷予定未定。予約も取り置きも出来ません!」ときっぱり書いてある・・・。赤たまは売ってるけどね・・・。念のため「でかたまないですか?」と聞いたけど、レジのおねーちゃんは「でか?・・・はい?」と^^
そしたら後ろのチーフみたいな男の人が「売り切れです!入荷予定もないです!」と、きっぱり。がくり!やっぱり・・な。

「でも雑貨屋さんって言ってたからきっとここじゃないよ!」と。「でもファンシーショップ屋だろ?(オリンピアは名古屋では結構有名なファンシーショップ屋^^)たまごっちなんて売ってないだろー?」という大熊ですが、「いや、Sちゃんのママが言ってたもん!」とオリンピアへ。

オリンピア、レジの奥(前ですらないよ^^)に、たまごっちが結構ずらりと。
「すいません!でかたまないですか?」「売り切れなんですー!」「入荷予定は?」「それも分かりません」・・・そうですか・・・。がくり×2・・・。
一応聞くだけ聞こうと「エンたまの入荷予定はありますか?」と。
そしたらやっぱりレジのおねーちゃん、「えん・・?た?・・ハイ?」って^^
そうか、20代のおねーちゃんには縁遠い話なのか!と初めて知るくまきち。そりゃそーか。

「エンジョイ・・たまごっちとか言う奴なんですけど」
「あ、それならここにひとつだけならありますけど」

あるーーーーーーー!?

何でエンたまがあるの!?
と理不尽な事を思いながら鼻息荒く!「見せてくださいーー!ふんがっ!」

だって手に取らないとなくなると思ったんだもん^^。
そして引っつかむや否や「ざぐーーーーーーー!これ!これーーっ!!」
A、急いで近寄ってきて、「あーーーーーっつ!!おかーさん!!これっ!これーーーーーー!!」
ひし!と抱き合う親子。
剣幕に押された大熊もいそいそと財布を出して「下さい!」


以上、ノンフィクションでお届けしました・・・。
うちはクリスマスにはサンタさんからひとつプレゼント、お正月にもらったお年玉からひとつだけ好きなものを買ってもいいと言っているので(残りは郵便ちょきーん♪)、「これはお年玉で買うことにするからね。それでいい?」と。もちろん「いい」というので、お年玉から天引きです^^

でもこの後ひともめ。だって・・・GETできたの一個だもんね・・・^^
でもね、Aは「だめ」と何度言っても、「エンたまが欲しい」と言い続けてたけど、Bはあっさり「じゃあ他のにするー」と「ウォーキービッツ」だの「わんこバッグ」だの目移りしてて、今持ってるたまごっちだってあんまりこまめにお世話してないのよ。だからもういいじゃんって。

でも目の前にエンたま見たら「ふうもー!」って。まあ・・そりゃ仕方ないか。でもないものはない。そしたら「サンタさんー!」とか言うから、それも無理!!と。またこんなふうに見つけたら買ってあげるから我慢しなさい!って。でも納得せず、涙ぼろぼろ流してすねまくってましたよ。・・・説得するのに30分かかった・・・。

でもねー、DSでもAが貸して欲しいって言うと、すぐ「貸してあげなーい」とか言うのが、今度立場逆転になって、そんな風に言われるのがどれだけ傷つくか、身に染みて分かったでしょう、と。
いい実地体験になりましたよ。

当分自分がしてきた事を、され返されてみるといいわ、と思ってしまいました^^だってホント、いぢわるだったもん、Aに対して。DS自分のだからと思って。
まあAは「一緒にやろ」とか言ってくれるけどね^^
やさしいおねーちゃんでよかったのお・・・。

ちょっとどうなるか分かりませんが、まだもう一個探し中ですので、情報あれば教えてくださいねーん。


余談:オークションで、エンたますんごい事になってて、15000円だとか、人気の色は30000円だとか。
だから、昨日の晩、その話をしてて「そういう風に要らないのに手に入れて、欲しがってて手に入らない人に高値で売りつけるって、悪い人だよ!そんな人をもうけさせたらいけないから、うちは定価以上では買わないよ」と話してました。
今日、偶然手に入れて、パッケージを見つめ、母「今これ売ったら15000円かあ・・・」父「30000円になるかもよ。」
「Aぞう・・自分の分はもう2、3ヶ月我慢したら、高く売れるかもヨーーー?」
いやあああああああああああ!!

まさに舌の根も乾かぬうちにとはこのことだあ!

鬼悪魔な両親に育てられるAぞうでした(大笑)。


よろしく マスター

(2005-11-25)


11月9日便のアマゾンからの荷物に入ってた3冊目ー。バラバラに紹介するにもほどがある^^!

この方は「目隠しの国」で知って、それから今連載中の「ペンギン革命」を買っております。





まず絵がかわいい。絵が好き。結構万人受けする絵だと思います。癖はあるけどね。
男の子も女の子も「かわいい」。

目隠しの国

触れるとその人の未来が見えてしまう「かなで」と、逆に触れると過去が見えてしまう「あろう」くん、二人に同じく未来が見える「並木」さんが絡んできて。
かなでは見える未来が不幸なものであるなら、何とかして変えてあげたいと思う。同じく未来が見える並木さんは、自分は見てるだけのスタンス。不幸が起こっても、それは仕方ないじゃん、な。最初お互いに反発するけど、必死なかなでを見ているうちに、並木さんも変っていく。
あろうくんは力のベクトルが違うだけでなく、力そのものの強さもダンチで、その力に段々取り込まれて・・。

かなでっちゃんとあろうくんのほのぼのカップルがめちゃくちゃかわいいです。そこにいたずらっ子(笑)の並木さんが絡んできて、魔のトライアングル^^
きしゃー!と闘う男二人とのほほんなかなでちゃんな図ですね。

後半ちょっとベビーな内容でもあるんですが、絵柄とほわほわした雰囲気に救われてる感じ。好きですねー。この話。

トチ狂ってBOでたまたま見つけてしまったドラマCDなるものを買ってしまったんですが、最初の2分くらいしか聞けなかった。

こっぱずかしかーーー!!

10代の乙女の頃なら聞けたかも(笑)小学生の子ども持つような旧乙女(心は現役)にはかなりきつい感じでした。
まだうちにあったかな?売っちゃったかな^^?

ペンギン革命

まだまだ序章って感じなので、面白いか!?って聞かれたら微妙・・・って答えてしまうかも。好きか嫌いかなら「好き」だけれども。

芸能界の話。人のオーラが羽根の形で見える女の子が(「見える」が好きやな^^この人。)ひょんなことからある下っ端アイドル候補?の男の子のマネージャーになる事に。
その男の子はプロダクションの社長??の意向で、女の子として学校へ通い、ばれたら首。そして女の子は今度は逆に男の子としてマネージャー業務に就くことに。さーてさて。

相変わらずかわいい絵柄とほわほわ感バリバリです。


そして、前振り相変わらず長いぞ!な本題^^
よろしくマスター

いつも前振り8割、本題2割ですんまへん。

主従のひとつですね^^これまた荒唐無稽なお話で楽しかったです。
今、本が手元にないので主人公達の名前を覚えちょらん!!

ちょっとクールな女の子が主人公。あるとき街で男の子とぶつかる。そしたらその男の子との間に赤い紐??(リボンかな。糸ではないよな?)が見える。それにしてもとことん「見える」のが好きなお人じゃ。
実は男の子は「トナカイ」で、世界にただ一人の自分のマスターを探してた。マスター=サンタさん!トナカイとサンタさんは他人には見えない紐で結ばれていると。
で、その紐で結ばれた状態(触れるとそうなる)にはもうトナカイはサンタさんに絶対服従。体が言われたとおりになっちゃう。
で、普段はクリスマスの時期にだけその主従関係になって、あとは離れて暮らす、と。その主従関係を解く方法は、トナカイとサンタさんが「ちゅー」するんだよ。

もしもーーーし、トナカイボーイのじーさん(トナカイ)とサンタさん、男同士だったではありませんか!!いいのか・・・?いいのか・・・。

まあまあそれはおいておいて。
またまたこれまた、トナカイくんがかわいいのなんのって。けなげ。もう一筋!って感じ。
女の子は最初クールでぶっきらぼうでとっつきにくい無愛想な女の子だったのに、段々笑顔が出てくると、これまたなんてかわいい!!

途中のお話、病気の男の子の願いをかなえようとする話。終わり方、ともすればご都合主義に思えるかもしれないけど、私はこれでいい。これが、いい。こういう終わり方が好きです。

女の子がね。いいんです。
私、基本的に「おりこうさん」「優等生」な女の子が主人公だと嫌なんですよ^^ひねくれててすんまへん。
例えば山田南平さんの書く話。あれって男の人はかっこいいけど、主人公の女の子のいい子ちゃんぶりが鼻について、どーにもこーにも好きになれない^^あと、片道切符シリーズの天ちゃんとかね。聞き分け良すぎてちょっと好きでないです・・。

筑波さんの描く女の子って、おりこうさん、に見えるかもしれない。奇麗事言ってる、いい子ちゃん、に見えるかも知れないのに、何故か鼻につきません。基準がどこにあるのかちょっと自分でも分かりませんが。
この人の描く女の子はもう文句なしにかわいくて、好きです。

これ、この本で終わってる単品かと思って買ったんですが、続き物っぽい???ですよね^^
えーえ、もうどんと来い!続き出ても買いますよー!


プルマンブレッド

(2005-11-24)
を、焼きました。1年ぶりくらい!?
大概良く焼くのはバタートップ(1.5斤)かロールパン。

理由は簡単。簡単だから^^
こねた後分割が要らない。一個まるっと丸めてベンチタイム。そのまま伸ばして折って、型に入れるだけ。シンプルオブシンプル!!
1次発酵に40分、ベンチが15分、2次発酵・・と、まあ時間はそれなりにかかるけど、実際手で触れる時間は2、3分ではないでしょうか。←ほんまやで!
あとはオーブンがやってくれます。ありがとうありがとう!

ロールパンは食べやすいから。
500グラムの粉でこねたら、半分ロールパンにして、あとはウィンナ巻いたりハムチ巻いたり、あんこがあればアンパンにしたり、いろいろしやすいからー^^。

このふたつ以外をしなくなって早1年。こないだまみさんとこで見た(食べてはいない。だって子供らが食べちゃったんだもん。)ムーさん作プルマンが美味しそうだったので、久しぶりに焼いてみようかと。

何でプルマン焼かないか、分かった!!
多分、型に油塗らないかんからだ^^!

バタートップの型はテフロンだから油塗らなくてもすっぽり取れるけど、これは油塗らないと引っ付いちゃうもん。

こんな簡単な作業をめんどくさがる奴は、上手いもん食う資格はないーーーー!!はあはあ。


で、久しぶりに焼いたプルマン。
・・・まあ色白。

051124_204956.jpg


テキストには200度32分って書いてあるんだけど、うちのオーブンは焼きの火力が多分弱いので、210度にして、35分にしたけど、この雪の様に白いお肌は一体何者??

ハイジの白パン!?

私はねー!小麦色のねー!・・・白ヤギのユキちゃんでなくガングロのおねーちゃんの肌を求めていたと言うのに。

ち!甘かったか。
今日ムー先輩にアドバイスもらったので、次回はガングロプルマン目指します!


焼けて早速味見ー。
はっきり言って、どれほどつたない腕であろうと、焼きたてほどうまいパンはない!!
耳から食べた^^耳大好き。
ちなみに市販のビニールに入ってる食パンの耳はものすごく苦手です。子どものように、中だけ食べて耳だけ残しちゃったり・・・するかな(笑)←いくつだおまへは!!

でも、焼きたてパンの耳は美味しいです。特に、ぱん教室の先生とこで食べる耳は、絶品。かりっと香ばしくて、病み付きです。
火力が違うんだろうなあ。もっと焼きが強い感じ。中はふわふわ外はカリカリなの。・・・ガスオーブンでないとだめですか・・・?ガスのオーブンレンジ作ってくれたら買うけど・・・。←無茶ゆうな!

今回粉はクオカ(←リンク^^)の「道春」を使ってみました。美味しいです!ふんわり。粉の味がする感じ。
教室の食パン用粉ももちろんグーなんですが、これはこれで味が違ってまたいいです。
ああ、粉って味が(風味?かな?)が違うもんなんだなあと実感。いろんな粉で試してみたいです。
もう一個、「イーグル」(これは安かった^^)っちゅーのも買ってみたので、また今度この粉でも試してみたいです。

あ、ちなみに焼いたのは2斤。しあさっての分くらいまであるかな・・・と思ったのですが、学校帰りの作とふうにむしゃむしゃ食べられ、食後のデザートにも食べられて、半分になってしまいました。
なので写真のパンも、綺麗な体のパンじゃないです^^。欠けてる・・・。 


平井堅 歌バカ

(2005-11-22)


今日つきましたよー。
一応発売日は23日になってるので、1日早く着いた、と。

こないだ悪口言った途端、ハウルもこれも発売日1日前につきました。
ので、潔く謝っときます^^。

AMAZONさん、遅いなんて言ってごめんなさい

予約した時は10周年ベストアルバムって感じのタイトルでした。今日着いて、封筒バリバリ開けたらいきなり「歌バカ」の文字がドカーーーン!
びっくりしました^^
そんなタイトルだったのね。

今日は昼間調子悪くてグウグウ寝てたので、夕方DISC1をデッキに入れてみました。

そういえばどーでもいいですが、うちのミニコンポには名前がついております。その名も「ダイユウサク」
大熊が独身寮に居た頃、有馬記念??だかで6万ほどもうけて(笑)そのお金握り締めてこのミニコンポを買いに行ったそうです。
結婚した時に、そして今年の3月にと2度の引越しにも耐え、リビングのテレビの横にドカン!と鎮座ましましてます、が。

寄る年波のせいか、4、5年前にカセットテープ(懐かしい響き!)デッキが壊れ、幼稚園のダンス用に借りたまみさんのカセットテープを飲み込んだまま動かなくなりました。
その節はごめんなさい。今もまだぱっくんちょとくわえたままだと思います^^

まあCDとラジオは使えるし(ラジオはほとんど聞かないけど)、いいかとそのまま使っておりますが、数年前からCDも怪しいのです。
スイッチを押すと自動でシャコーンとCDトレイが出てくるのですが、出てくるはずなのですが、気が向かないと出て来ない。
なので一回入れると2度と出てこないのではなかろうかとどきどき感が満載です(笑)。
でもそういう時は私は力ずくで開けますけどね^^手で開けちゃう。がしゅ!っとな。

そうしてやっと出て来てくれても、ボタン押さないのにさっさと勝手に閉まろうとするんですよ!!この人は。
なので取り出そうとのんびり手を突っ込んでいると、手ごとぱっくんちょとされそうになります!危険!!
食虫花にくわれる虫の気持ちが痛いほど分かります。

そんなどきどき感を味わいたい人は、ヴェルサイユ宮殿へいらっさい!・・・じゃなくて、くまきち家へ是非おいでください^^

話が大分ずれました・・・。
初回特典とのことでDVDも付いてるようですが、まだ見てません。
DISC1を聞きました。2000年までの分かな?

やっぱ何と言ってもプレシャスジャンクがいい!もう、この曲大好きです。
私のベスト平井犬・・・もとい、平井堅は「瞳を閉じて」でも「楽園」でもなく、これ!プレシャスジャンク。
こういう曲また歌って欲しいなあ。

この人は声が好きなんですが、やっぱこのベストのタイトルにもあるように「歌バカ」な所が好きです。歌うの好きなんだろうなあって、見てて本当に気持ちよくうたってるように見えて、そういう歌い方する人が大好き。
ドリカムの吉田美和さんだっけ?あの人もそういう歌い方だよね。もう好き!が前面に出てる気持ちいい歌い方。

明日以降、最近の曲が入ってる2と、DVD見ますー。
うれしいなったらうれしいな^^。


もいっちょチョコ  「チョコレート効果」

(2005-11-20)
051120_170246.jpg



カカオ72パーセント。明治だったと思います。

こないだのカカオ70よりちょっと苦い感じ。
カカオ70は何というか、お菓子の味ですが、この72はわずか2パーセントの差なのに、後味がワインとかの後味に似てる。ほんのり苦味が残って、ちょっとお菓子とは一線を画してきたか!?って。

私が「あ、にがい」と思ったので、結構苦味はあると思います。でも好き^^すんごい、濃いチョコです。チョコというか、カカオ。
カカオ生で食べた事あるわけじゃないけどね^^。
カカオに近ければ近いほど、やっぱ「お菓子」から少しずつ離れていくような気がします。

言ってみれば「コーヒーのおつまみ」・・・・。なんやそれ^^

ふうは一緒にメルティキスを購入。これはこれで大好きな、美味しいチョコの味です。甘くてほんのり苦味が残って、王道のチョコ。
でもふうはチョコレート効果の方もバリバリ食べてた・・・。

その、苦いと言われてるハイカカオがますます食べたくなりましたよ!!ふうにも食べさせて反応を見てみたい^^!!

イトーヨーカドーにはなかったです。どこかで見かけられた際には私にご一報くださいませ!!


カレ・ド・ショコラ

(2005-11-18)
みくさんのブログでもちょっと話題になってた、カカオのパーセンテージが高いチョコが人気とのことで、今日たまたま生協で見つけたこれを買ってみました。

051118_194120.jpg


こり。
その名も「カレ・ド・ショコラ カカオ70」。分かりやすい・・・。森永です。名の通りカカオ70パーセントだそうですよ。
何種類かありましたが、ビターが好きなのでこれをチョイス。

そんな苦くないです。明治?ロッテ?森永?ちょっと分かりませんが、板チョコの「BLACK」ってあるでしょ。あれと同じか、あれよりは苦くないと思います。板チョコ買うならこのブラック買う事が多いです。
味は美味しいー!好きな味。コーヒーのお供にもってこいです。

これと一緒に、私と同じチョコ星人のふうのために、チョコバーなる100円の袋菓子も購入。
このカレ・ド・ショコラは258円もしたので^^、大人用だ!と思って。

で、子どものおやつにチョコバーとえびせん出して、私はパソコン前でこっそりこれを食べていたのに、自分らのおやつを食べた後ふうに見つかってしまい、「これ食べていい?」って。
「一個だけね!」と許して、かさかさ食べてる様子。子どもにはもっと甘いのでいいんじゃないのー?って思うんですけどねえ。ビターだからどうかなって。
しかし!「おかーさん、もう一個食べていい?」って。
「チョコバーもう一本出してあげるからそっちにしたら?」と言ったら「チョコバーはもういい。こっちがいい!」

・・・・・7歳児!侮りがたし^^

この味が分かるとはおぬし、通じゃな・・・。

ビター味が好きみたいですよ。ち!!

みくさんの言ってらしたカカオ99パーセント、ハイカカオなるものを是非食べてみたいですね。
普通のスーパーで売ってるんだろうか・・・。


アラクレ

(2005-11-17)
何だかえっらい時間がたってしまいましたが^^、11月9日アマゾン便に入ってた本。
そう、1冊しか紹介しておりませんでしたが、後2冊あったんです。

その1冊がこれ。アラクレ。



この作者さんのを読むのは初めてなんですが。

最近結構表紙買いしてしまう事も多く、当たるも八卦、当たらぬも八卦という感じなんですが^^、これは結構私の個人的好みとしてはHITでした。

どっかで「ごくせん」のパクって書かれてたけど・・・。やくざ出てくりゃパクって事もないでしょうよ!と思ってしまいました。何でも言やあいいってもんじゃないと思うんですが・・・。

えーと、母一人子一人で暮らしてた主人公の女の子、突然母が死んでしまって天涯孤独に!困ったてたその時、いきなり現れたじーさんが実は母方のじーさんで、引き取られたはいいけど、実家が何とやくざの組だった!と。

この辺がごくせんとかぶるのかもしれないけど、やくざの子分?何ていうの^^??達が、もうめちゃめちゃいい!一生懸命さがグー!

そしてこのやくざの家にいきなりはなじめない幸千恵さん、そのお目付け役??お付の人みたいなのに付いてくれたのが楽十。幸千恵が通う高校の生徒会長。あ、やくざの学校じゃありませんぜ^^!普通の高校。
学校ではめちゃめちゃ外面良夫さんで王子様的存在。でもところがぎっちょん。

こないだ書いてた「主従もの」ですね。こういうの大好きなんですよ^^。
男の人が敬語で話すのが好きみたいです。これがきっとツボなんでしょう。だから、S・Aの慧も大好きなんですよ。言葉が完全な敬語なのに、「俺」な一人称なのがもうツボにはまりまくり。慇懃無礼なのが好きなのかもしれません(大笑)
楽十(らくと)の一人称が何だったのか、今ちょっとこの本が手元にないので分かりませんが(ママさんマンガ友の会(←勝手に言ってる)のフレンズ達に回ってます)、帰ってきたら確かめてみようと思います。

面白いです。これから連載になるのか?単発でシリーズモノなのか?ちょっと本誌で買っていないので分かりませんが、楽しみな1冊ではあります。

もう1冊はまた今度ー。


ハウルの動く城 コネタ

(2005-11-16)
寒い!寒いわ!
パソ部屋には暖房がないので、私のパソ時間も少なくなっていきそうです。
ノートがほしいよう^^!

さて、昨日、ペリカン君が持って来てくれてすぐ一回見て、ご飯食べながら子供らと見て、今日お昼にもう一回見ました。
これだけ見ればDVDも本望じゃろうて。

コネタ1
ハウル、予約開始されてすぐに予約してたんですがね。どうしても欲しくてね。
来るまで心配だったのは、最近ちょっと遅めのアマゾンではなく^^、画面が赤くないか、ただそれだけでした。

怖くない?もう過去の話?私は実はこれが一番怖かったんだよう。千と千尋も大好きなので欲しいんだけど、中古でいくら安く売ってても、怖くて変えない。赤いのやだもん。
なのでハウルの画面がめちゃめちゃ綺麗で、うれしいーーー!!

コネタ2
ふうとさくのお気に入り。
一番ラストに出てくる、ニュー動く城。飛ぶんだもん!
お庭もついててね!あれいいなあ欲しいなあと3人で言ってました。

おとーさん、買うならあんなおうちがいいです。←言ってなさい。


コネタ3
ハウル、髪形変りますが、一番好きなのは、一番最初の金髪の時かな。あれをおかっぱにそろえたのはあんまり好きじゃないです。
おかっぱ好きなはずなのに!?おかしい・・・^^
黒髪もいいけどねー。黒が地毛なんですよね?

コネタ4
ソフィーの台詞で一難好きなのは「心って重いの!」ですが、シーンとしては「大好き!」って抱きつくとこです。
この時のハウルの「いてっ!」が、ハウルの台詞では一番好きかも^^


あっ!もうお迎えの時間だから行かねば!今日は短めでー。


ハウルの動く城

(2005-11-15)
こないだAMAZON遅い!と文句たれたとこですが、何故かこれは発売日一日前の今日届きました。入荷の都合?



初回のおまけとして、映画の一こまがキューブの中に入ったものがついてくるんですよ。絵柄は選べないそうです。

ソフィーばあさんだった・・・・・。

そりゃハウルが良かったさ。でもさ、私結構これに出てくるキャラは大抵好きだから、カルシファーでも、ヒンでも、カブでも、それこそ荒地の魔女でもゴム人間でも大喜びなんですが、よりにもよって。

ソフィーばあさん・・・。

ああ、無情。

051115_213556.jpg


まあいいんだけどさ。

で、昼前に来たので、お昼ごはんを食べながら鑑賞。

久しぶりに見たけど、やっぱ好きだわ。
で、これをあーだこーだ言う基準は、「よく出来た映画」「いい映画」かどうかでなく、本当に、単純に、「好き」か「嫌い」かだろうなあと思いました。


荒地の魔女って何でハウル追っかけてるの?とか。ハウルがちょっかい出して逃げたって言ってるけどどういうちょっかいなんだ?
で、なんでソフィーが呪われるの?ハウルとお手手つないでたから^^?
大体サリマンって何者さ?ハウルをどうしたいわけ?何で戦争してるの?カブって結局なんなんさ。・・・等々。
でも好きなんです^^。

原作読んで補えるものもあれば補えないものもあり。でも私は原作とはまったく別のもんだと思いますけどね。名前と設定ちょこちょこ借りただけの、全くの別物。
まあ分からない所は自分で補足しておきましょうって事か。

ハウルは出だしからたらし全開です^^
もう喋り方からしぐさから、きざきざきざ。でもソフィーと一緒にがっくん落ちちゃうんですよ。ハウルに^^
わかるーーーーー(笑)!!
最初の空中散歩のなんともいえない浮遊感。はい、落ちたー^^!

結構気安く触るでしょ?でも女の子のに嫌悪感を抱かせない触り方ってあると思うんですよ。ハウルはその極意を知っている、と見た。
後ろから「そっと」(←ここポイント!テストに出まーす!)肩を抱く、とかね^^。ちょっと耳元でささやくっぽく喋る、とかね。紙一重でセクハラですから。ご注意ください。

と、こんな風に(笑)ソフィーが一目ぼれっちゃったのはものすごく分かるんですが、ハウルは?ちょっといまいち分からないー。謎。
「僕には守るものが出来た。君だ」みたいな台詞が何で出てくるのか、ちょっと唐突に思えます。
ハウルが戦場で鳥になって何してんのかも分からないしねえ。何してるんでしょ?

ばーちゃんソフィーはいい味出してます。いきなり性格変わっちゃうのも笑える。「ありがとさん」って言い方が好き^^
とも、年取ると大胆になれるって言うのはものすごく分かるわ。若い娘さんなら出来ない事も出来るしね。身の危険とか、多分女の人にしか分からない、ある種の危機感から開放されると結構何でも出来ちゃうんじゃないかな^^?体の不自由さと引き換えにね。
ソフィーさんは押し込めてた自分の解放の仕方を実地で学んでいくんですね、きっと。

ソフィー、出だしは本当に陰気で地味な娘さんです。でも髪をカルシファーにあげてからのソフィーさんは、「可憐だ・・・」(BY五右衛門^^分かるかな?)とつぶやいてしまうほど、すんごいかわいいです。

マルクルの「待たれよ!」は、うちで真似しまくりです^^マルクルとハウルの関係もよー分からん。弟子なんだろうけど??
ヒンがかわいいーーー!一時期携帯の待ち受けにしてました。カルシファーもすきー。カブもすきー。

荒地の魔女もすんごいいいです。いい味出してるー。「いい男ねえ」・・・な、ばーちゃん大好きです。色気のあるばーちゃん。ラブリーだわ。

声は木村拓也は最初「また冒険を・・・」と思ったんですが、全く気にならず。つか、すごく良かった。優男声^^いい!情けない「この髪見てよお!」な、カマっぽい声もすごくよかったです。

対してソフィーは、私はだめでした。ばーちゃんなソフィーは最高!!これはすごく良かった。でも若い頃の声が、顔は若いのに若くなんだもん。おばちゃん声。私は気になって仕方なかったです。

そうして数々の???があっても、それでも見てて飽きないし、面白いし、絵は綺麗だし、曲もいいし、最後に幸せな何かが残るんですよ。やさしいものが。

私は大好きです。何度も見ます。今日2度目だわ^^


映画バトンなるものをいただいたので^^

(2005-11-14)
まめっちさんより。ありがとうー!
でも映画の趣味はすごくちがうかも・・・と思いつつ、早速。

◆所有している映画の本数は?

あんまり多くないかも?でも引越しのドサクサで出てないのもあるので、正確ではないですが、10本くらいではないかと。
子どもの含めたらもっとですが、とりあえず自分の分だけ。

◆最後に買った映画のDVDは?

今日発送されましたのメールが来たものでよければ^^「ハウルの動く城」です。
話としては???な部分も多々あれど、雰囲気と曲が好きです。
最後に幸せーーーな気持ちになれます。やわらかいものにちゅー!ってしたくなるような、そんな気持ちになりました^^



◆最後に見た映画は?

映画館では「チャーリーとチョコレート工場
これも大大大ヒット!!私のツボでした。





原作も買いました。こちらもお勧め。子供のうちに読んでみたかったな、と。なので娘二人には読ませました^^。

映画はこれもやっぱり幸せな映画です。笑えて、ちょっぴり毒もあって、最後はよかったね!でほわりとした気持ちになれます。

レンタルでは「恋は嵐のように



サンドラ・ブロックのラブコメとしてはまあまあ。ラストはいい意味でちょっと裏切られてよかったです。
アクシデントに次ぐアクシデント。よくもそこまで続くもんじゃ!でも笑えます。そして最後はちょっとだけしんみりです。ラブコメの王道。
楽しめました。

◆思い入れのある映画は?

な、何本でもいいのかな?
やっぱすぐ思いつくのは「アラビアのロレンス」、
あの雄大さと曲の良さにはまりまくりました。史実ですしね。一時期TEロレンスの書いた本まで持ってましたよ。読みにくい本でした^^



あなたが寝てる間に
サンドラ・ブロック。B級?との評価もあるけど、それでもいいです。ラブコメの一押し!みんな笑ってしんみりして最後にハッピーになってください!



あと高校の時はまりまくった(あ、年がばれる!)この2本^^
フットルース
ストリートオブファイヤー





好きで好きで4、5回、学校終わってから友達と見に行きました。多分他所の地方では、一本ずつでの上映だと思うのですが、何故か名古屋は2本立てが多くて、ちょうどこのふたつを2本立てで上映してたんですよ。

曲がねー、もうねー。フットルースは言わずもがな。ノリが良くて最高です。わかりやすーい単純明快なストーリー。誰でも幸せになれる(笑)ハッピーエンド、ノリのいい曲。こういうのがいいんです。

ストリートオブファイヤーはB級かも知れない^^でもこれもくさいほどドラマチックな曲と展開に惚れました。この映画のマイケル・パレがめちゃめちゃかっこいいです。

最後に邦画「ラブレター
中山美穂と豊川悦司。



キャスト見て、まあ軽いドラマなんだろうと思って見ましたが、とんでもぎっちょん。
淡々と進むストーリーですが飽きません。ひとつひとつのエピソードが懐かしいような、切ないような、なんとも言えない気持ちにさせます。
ラストはもう号泣しました(笑)
学生時代の回想シーンの柏原崇が、めっちゃいいです。なんだかねー。もうねー。触れるか触れないかくらいの関わりばかりで。それが数年たった現在で、ほのかな思いがやっと伝わる、でも。

これも欲しくて、でも新品は高くて、中古探すけど、なかなかないんです^^何度でも見たいです。

以上、かな?

◆バトン、回す人 5人

5人!?とりあえず、お暇があったら書いてね^^興味なかったらスルーでね^^のスタンスで、まみさん、ぴろろん、YUKAちゃん、みくさん!どうでしょう!?
後で伺いに行きます・・・。もちろん回すの無しで結構です!


ポッキー

(2005-11-14)
スーパーでグリコ商品300円以上買うとくじが引けるという事で、300円にしてみました。

pokkihako.jpg


空き箱すまん!(笑)

普通のポッキーじゃないのは、子どもらがポッキーをあまり好きではないからです。あ、でもふうは食べるかな。あんまり食べんかと思ってたけど、さっきメンズポッキーの方をバリボリ食ってましたな。
さくはポッキー嫌いなので食べません。

さくは好きなお菓子あげた方が早いけどね。ムーンライト、サブレ、プチチョコクッキーとプチラングドシャ。
ポテチ、カッパエビせんは出されれば食べます。以上。はや!

ので両方大人用に買いました。そして引いたくじでもらったもの。

pokki.jpg


大きさ比較用にビデオのリモコン置いてみました^^

これが欲しかったんですか?え?大熊はんや!!

これを持った親子は、あっちでもこっちでも子どもの頭ぽこぽこ殴ってました。もちろんうちもね。

で、ポッキー。メンズはビターなんですかね。普通のよりは少しだけ甘さ控えめって感じだけど。個人的な好みとしてはもう少しビターでもいいです。ほろ苦い感じ。甘さももう少し抑え目でもいいです。
でもそうなると、チョコそのものが好きでないとだめかもしれません^^。

黒五ブレンド。
「体にやさしい黒ごま」と書いてあります。ごま自体は確かに体にいいでしょうが、ポッキー食べてる時点で体に悪いような気がします^^
これ、結構ごま!!って感じ。ごま風味強いです。美味しいです。私は好きです。でも子どもは嫌いではなかろうか^^
さくに何か食べさせたら、砂はきますね。ざーーーーーーー!っと。

ごまの風味が好きで、もちろんチョコ好きのあなたにお勧め!結構ヒットですよ。


ホットギミックS

(2005-11-11)

<ぴろさん所蔵>

ありがとう!買ってくれて^^
早速読みましたよん。

えーと、コバルトのノリです。
1時間で読めます。ええ、もう。

文体はかなり微妙^^。前に同じく相原さんのノベライズ本「SO!BAD」を買って読んでみた事があるんですが、もう太文字の連発。

きゃ~!!どーなっちゃってんのお~~??
みたいな^^

他人様の日記とかならまあ好みだなあと思うのですが、小説をこの文体で読むのは痛い^^。
年食ってるからでしょうか・・・。あうち!

今回のこの本も、「あたしが、ゆった。」文体で、うっ!!?とおばさんは引きかけましたが(大笑)、何とか読めました。

話は分岐からです。猟奇とけんか?して、彼と婚約者(だっけ?)が家の前で抱き合ってんの見ちゃって、家帰って「あたしをおにーちゃんの・・・」・・・暗転(してません!)・・・。
で、もう一度踊り場に行った時、本編では猟奇と会えて、めでたしめでたしなんですが、この本ではもう会えなくて、猟奇はそのままフェードアウト・・・。

フェードアウトだよ!まさしく^^もう影も形もない。それはそれでええんか!?と思わんでもないですが、でもにーちゃんエンドもよかったですよ。
にーちゃんの押しが弱くて^^

本編の猟奇エンドも好きですが、このにーちゃんエンドも私の好みとしてはとてもよかったので、ちょっともったいない!って感じてしまいました。
マンガで読みたかったな。
でもこれは贅沢ですか^^。

まみさん達がまだ読んでないので^^内容を詳しくは語りませんが、でもどんな形であれ、こっちとくっついたらどうなったんだろうって知りたい気持ちを、作者側からの形として出されたのはすごく面白くていい事だと思いました。

選べるしね^^
猟奇エンドでもうハッピー!他は見たくないって思う人なら買わなきゃいいだけの話だし。

いや、面白かったです。良かったですよ。
ただ、個人的には、最初に書いたように、もう少し普通の文体で書ける人にして欲しいな^^と、思いました。

ぴろさん!ありがとう!!


チェリージュース

(2005-11-10)
と、言うわけで。何が「と」なのか分かりませんが。

↓で文句を言いながらもこれからも買ってしまうんですけどね。まだまだアマゾンで出荷待ちをしているかわいい荷物たちが・・・!!

11月に2つ、12月にひとつです。今のところはね^^・・・・今のところって・・・・・!!がくがく。

で、昨日届いたのはコミック3冊。届いたのは4冊だけど、1冊は娘に小遣いで買わせた(送料は取ってません^^。←これ取ったら鬼母をも越えてしまう・・・)「チャモチャモぷりてぃ」なので、感想は書けません・・・。
あちゃも(ポケモン)が主人公のパロディではないかと推測されます。掲載誌は「ちゃお」。
間違ってたらすんません。読んでないから(笑)



で、昨日買ったコミック、もちろん全部少女漫画で、内容知らないで買ったものもありますが、何だか己の嗜好をはっきりと認識してしまうセレクトでした・・・。

主従ものがふたつに兄弟ものがひとつ・・・。これに先生生徒ものが加われば、無敵のくま好みが完成するような気がしてきました。

って兄弟じゃないじゃん!これだと違うジャンルじゃん(大笑)
兄妹、か、姉弟ものですね^^失礼しました。

イロモノ・・・でしょうか^^?

たまに掲示板なぞで、実際兄弟がいるからそういう系は気持ち悪くて読めない、という意見も拝見しますが、まあそれはそれでそうなんだろうなと思いつつ、私個人的には、漫画の主人公を自分にあてはめてみると言う事を多分しないので^^、全く別世界の別次元の出来事として平気なんですよ。ファンタジーですね^^・・・素敵・・・。←危ないよ!
あ、弟おりますけどね。・・・・考えたこともない!!ぶるぶる。


しかし!もちろんだめなものはだめですけどね。
私は絵、ありき、なので、絵が苦手だとまず読めない。話が良くても。例外は川原泉さんくらいでしょうか。←ここまで突き抜けてくれるといっそ楽なのかもしれない・・・。中途半端に苦手なのがだめなのかも(笑)

読めたけどだめだったのが「罪に濡れた二人」・・・これはすごく読んでみたくて、仲間うち(ママさん友達)で買ってくれた人がいたので大喜びで読ませていただいたんですけど、全く受け付けませんでしたねー。
買った本人も「これはだめ」と途中で(それでもラストから2、3冊までは買ってくれたよね!ありがとう!)買うのを放棄。

分かりますともーーーーーーー!!

同じことの繰り返し。救いがない。主人公がどうしても好きになれない。・・・・・・・絵は綺麗なんだけど。



もうひとつ今話題??の「僕は妹に恋をする」
これも買おうとは思いません。この方の、この連載の一個前のを試しに読んでみたんですが、絵が微妙。そして何より話が・・・。ときめきも何もなく、軽い、というか内容がないよう(おやぢですんません)。
速攻BO行きで^^

なのでこの話も押して計るべし、なのかな?と。他の方の感想見てもねー、今の少コミを象徴するような内容だそうで・・・。きっとだめだ・・・。



こんなものまであるんですね^^!

↑この辺が、最近お邪魔させていただいてるまめっちさんの感想と似てるなあと^^

好きなのは「エデンの花」(ううう)、「そんなんじゃねえよ」「天使禁猟区」・・・今手元にあるだけだとそんな感じでしょうか。
昔持ってたので好きだったのは「東京のカサノバ」。ちいちゃんかっこよかった!!
微妙なのが相原さんの「親にはナイショ」・・・嫌いとまでは行かない、どっちかと言うと好きかもしれないけど^^、そんでええんかーーーーーーっ!と思ってしまった記憶があります。

書いててふと気付いてみると、相原さんってそういうのが多い・・・?晴天大晴は先生生徒だし、ホットギミックは主従ものと言えるかも^^

で、昨日買った「チェリージュース」
今日はこの感想のつもりだったんですが、前振り9割、感想1割になってしまった・・・。あり?



話の流れから推測できると思いますが(大笑)、きょうだいものです。どっちだったかな、姉弟だったか。読んだとこなのに覚えとけーーー!!

親の再婚で一緒に住む事になった同い年の主人公達が・・・って。乙女(姉)には好きな人がいて、その人と付き合ってて、南(弟)はすんごいもてて・・・。

ところでこれ掲載誌が「なかよし」なんですね。何でこんな漫画に出合ったかというと、下の娘が年長さんの一時期「なかよし」のキラキラふわふわ付録に惹かれて買っていたので、母として検閲していたんですが(ホンマか!?)、さすがに読めん!なかよしは!少女漫画好きと言っても限度がある・・・!

と思ってた私が唯一読めたマンガだったんですよ。あ、以外とこれなら読めるかも、と。
で、半年くらい読んでたんですが、娘が小学館の学年誌の「シナモン」の付録に浮気して、なかよしを買ってくれなくなってしまったので読めない!あうち!!
続きがちょっと見たいけど、そのためになかよし買うのもばかばかしいしなあ・・・と思ってた時たまたま行ったBOで、1、2巻発見。
これは神が私に買えと言っているのね・・・と、勝手に解釈しお買い上げ。
で、今月3巻が出たので続きは新刊で購入。

1巻辺りは結構微妙ですが、3巻は面白かったですよ。私の好み。乙女が自分の気持ちに気付いたっぽいとこで終わってます。南は前から好きだったぽい。←読んだのに「ぽい」たあ何ごとだ!

話は普通に。良くあると言えばよくあるけど、やたらと乙女の下着姿だの水着姿だのが出てくるのを除けば結構面白いです。でも「なかよし」の路線が見えない・・・(笑)
乙女と付き合ってる周君が、ちょっといまいちキャラ弱いかな、と思えるのが難点でしたが、この3巻では結構強引で私の中での株は上がりました^^

3は面白かったです。そんな長く続きそうもないので^^、しばらく買ってみようかと思います。


AMAZON

(2005-11-09)
今日はコネタで。

最近アマゾン、遅くないですか?前まですごく速い!という印象でしたが、遅いよ!!遅すぎ。

前にIPOD買ったときは昼ごろクリックしたら翌日届いたのに!

こないだ新刊の漫画を、発売日1週間前くらいに予約でクリック。発売日くらいに着くのかなあ?次の日かなあ?と思ってたら、2冊(同じ日に発売されてる)がバラバラにされた上、1冊は発売日から3日後、もう1冊は5日後でした。
遅すぎ!!うちは離島かーーーーーー!?

まあ新刊だし、入ってからきっと梱包に時間がかかったのね、と。きっとパートのおばさんたちが夜なべしてこつこつ詰めてくれたのよ。怒っちゃだめ。と。

でも新刊は予約してなんて2度と買わないぞと心に誓ったのでした。

そして今回。今回は新刊だけど、発売されてから数日たったものを4冊、どれも24時間以内に発送と書いてありましたのを確認してクリック。それが6日の夕方。

発送されたのは昨日(8日)の夜っすよ。
アマゾンでは丸二日を24時間以内というのかーーーーーーっツ!?

漫画だしね、別に切羽詰ってるわけじゃないから、ちゃんとつけばいいんだけど、いや、約束は守らないかんじゃん。24時間以内って書いてあるなら24時間で発送せえよ。

「通常」に含みもたせたるからいいんでしょうかね。通常じゃないことのが多いのは何故でしょう・・・。

いや、最近ですよ、ほんとに。ここ2,3ヶ月。前まで絶対24時間以内に発送されてたもん。←数々買ってる経験より^^


どうなってるんでしょうねえ^^?
以上今日のコネタでした^^


はみだしっ子

(2005-11-08)


またしても類似で絶版だそうです。
あ、はみだしっこはした方じゃなくてされた方・・・って書かなくても分かりますか^^。

何だかねー。もうねー。
でもきっと氷山の一角なんだろうな、と思ってしまう。気付かれなければやったもん勝ちみたいな。

線引きが非常に難しいんだろうなって。
エピソードが似てる、シーンが似てる。これはね、全く意図せず似てしまったって言うのもありだし。それを責める事は出来ないと思う。
でも前回の末次さんの、そして今回の名も知らぬ^^ミステリ作家の人の、これはねー、ちょっとねー。言い逃れは出来ないからね。

今回は、飛鳥部勝則さんの「誰のための綾織」と、三原順さんの「はみだしっ子」だそうです。
検証サイト見ました。ほんとに、こういうの見破る人ってすごいよな・・・。と、変な所で感心してしまう^^

前回はどっちも大好きなお話で、片方(盗作した側)を手元に大事に持ってるという立場で、事件を見ました。
したこと悪いと分かってるけど、それでも末次さんのエデンは嫌いにはなれない。ただ、エデンなんて知らない、スラダンが大好きな人から見たらすごく腹立たしい事なんだろうな、と。そんなふうに思ってました。

今回は作家さんを全く存じ上げなくて(原書房自体を知らない・・・^^)、はみだしっこ(盗作された方)が大好きだった立場から、検証サイトを拝見してました。

腹は・・・立たない、かな。うーん、でもこのミステリがもし賞なんか取ってたりして、そんでもって売れてたら腹が立ったかも(笑)
所詮そんなもんかもしれない。


はみだしっこは大好きで、もちろん全巻持っていて、何度も何度も読み返した漫画です。
前知識無しにこの小説見て、果たしてはみだしっこだ!と分かったかどうか、そんな事を知りたくなってしまいました。

比較された箇所を読んでいるうちに(もちろん字のみ。それにしても、この字だけを抜き出したこれを見て、元が漫画だと思うんでしょうか^^すごいうんちくたれ・・・もとい、理屈っぽい話やなと思うのではないでしょうか。)、はみだしっこがまた読みたくなってしまいました。

結婚した時大部分の漫画や小説本はBOに売ってしまったのですが、本当に大事な、大好きな本だけは実家に「置いておいた」のに、「捨てて行った」とじーさんに勘違いされ、勝手にBOに売られてしまった、あの中にあったんですよ・・・。

気がついたときにポツポツと買い直してはいたんですが、はみだしっこは今だ手付かず。でも今このタイミングで買うのもなんだなあ・・・と思うので、ウィッシュリストにでもあげておきます。

あれも、終わり方かなり微妙な感じじゃありませんでしたか?
確かマックス?が誤ってピストルで人を殺してしまい、4人で証拠を隠して。マックスは熱があった???何だか正気じゃない状態で、覚えていなくて。確か幼かったんでしたよね?
でもじわりじわりと捜査の手が伸びてきて、彼をかばう?ためにグレアムが「僕がやった」とほのめかすような所で終わってたような。
ちょっと古い記憶で曖昧ですが。

途中の裁判の話とかが好きでした。「陪審員たちは目に見えるものを信じる」って。駆け引きの^^
中学生くらいの時初めて読んで、陪審員制度ってものすごく問題あるんじゃないの?と思った覚えが・・・^^

その後の続編も、大判のX-DAYとかも全部持ってました・・・。好きでしたね、非常に。少女漫画らしからぬ所が。
あの頃の花ゆめってそんな感じでしたよね。思いっきり独自路線。
今は思いっきり少女漫画ですけど。

何だかそんないろんな記憶がポツポツ戻ってきました。こんな事で戻るのは全くうれしくないですが。


表面化してないだけでまだまだいろいろ出て来そうな、嫌な問題ですね。今までのはもういいじゃん、とは思いませんが、でもここから過去のいろいろを引っ張り出してきて、あれもあれもって言う事になるのは嫌です。悲しいです。

これから、を厳しくしていくのは、業界にとってもよいことだと思います、けどね・・。


プリンセスチュチュ 雛の章

(2005-11-07)






続いて雛の章です。DVDだと4から6まで。
これ見て、卵の章はジャブだったのね・・・、と。

話がどんどん変わって、どんどん深く、どんどん面白くなってきます。
卵の章の盛り上げも大概上手い!と思いましたが、この6巻の話、ラスト4話の盛り上がりは素晴らしい!!
そのまま行くのかと思いきやすんなりとは行かない、すいっと横道それたように思わせて実はもっと深く話が進む、こりゃこりゃ本当に、話がきちんと計算されて進んでいくから、どこにも無駄なく、最高です。

どの話も好きですが、一番は「23AKT マリオネッテ」。
ドロッセルマイヤーの歯車の世界に取り込まれてしまったチュチュ。彼の思い通りに動かないと、ここから出さないと言われてしまう。

この話で「るう」(プリンセスクレール)の過去も明らかになって、るうの話と「あひる」(プリンセスチュチュ)の話が最高に盛り上がるんですよ!

ラスト、チュチュを取り戻すために「ふぁきあ」が叫び、チュチュがグランジュテでこっちの世界に戻ってくるシーンが、もう最高にドラマチックでした。ぞわぞわきました。

そして2番は私を号泣させた(笑)「24AKT カラスと王子」。
大ガラスを封印していた5つのかけらが王子に戻り、大ガラスが復活。からすの呪いにかかった王子は自分の心臓を大ガラスに差し出そうとする。
その時のねー、るうがねー。もう、切ない!!すがり付いて。行かせまいと。でも王子は振りほどいて行ってしまって。
「私の心臓をあげるから!」ずっと自分は愛されない、誰からも愛されないカラスの娘だと思ってて、王子に自分を愛させるしかないと信じさせられてきて、でも最後は自分を犠牲にしちゃうわけっすよ。

このシーンはもう涙ぼろぼろ^^・・・泣いた!


卵の章では、悲劇のヒロインはみゅうと(王子)なんですよ^^。いや、ホントだって!
悪者はるう(クレール)。それを助けるのがあひる(チュチュ)とふぁきあ。

るうは王子の愛を得ようとするんだけど、それは偽りの愛で、チュチュが王子に向けたほんまもんの愛に負けちゃうわけですね。

で、雛の章。
ここでうって変わって、悲劇のヒロインはるう(クレール)。誰からも愛されないと思い込まされてるカラスの娘。
悪者はみゅうとーーー(王子)!
チュチュが卵の章で最後に彼に戻した「愛する心」のかけらが、実は大がらすの血で汚されたものだった!と。

前章でははかなげな美少女な風情だったのに、この章では途端に怪しいダークな王子。そんでもってたらしだ!!^^
踊る踊りも繊細な王子様な踊りから一転、ロットバルト。
いけにえにしようとする女の子に対して「僕だけを愛して、それ以外は憎んで。そして君の心臓を僕に」と、たぶらかす、心臓を指し示す指のやらしいこと(笑)

前章でのラストは上記に書いたとおり、みゅうととあひるのハッピーエンディングなんですが、この章では違う所がミソ。
いや非常に面白いつくりです。その辺が上手い!と思う。

話でなくて気になった事は、あひる姿のあひる。ちゃんとお尻にばってんがあるのが気になる・・・。そんなの書かなくても(笑)
そんでもって、あひるが鳥のあひるの姿に戻るシーンはもちろん着てた服がぶかぶかになっちゃうんですが、必ずと言っていいほどパンツが飛ぶんですよ^^。いや変身するアニメは数あるけど、パンツまでしっかり書いてあるのを見るのは初めてです^^
製作者の並々ならぬこだわりが感じられます・・・。感じていらないですか。そーですか。

後6巻の特典映像に、プロモーションがついてるんですけど、かなり本編と雰囲気違っててびっくり。もっとアダルティ(笑)な感じです。
本編も実はすごいダークだしシュールだし、ちょっと大人っぽいなと思うんですが、絵とかで上手くごまかされてる感じがするんですが、これは違いました。
ふぁきあとあひるのシーンとかも、えっ?って思うくらい大人っぽいです。4人のかかわりが本編よりかなりアダルティ^^。
チュチュへの変身シーンも「ハニー!フラーーーッシュ!」って感じで、あひるの体つき自体がもっとえっちっぽくてびっくりしました。
本編ではどれみちゃんのお着替えちょい大人!って感じだからね。ちょっと微妙だけれども。

どれみちゃんといえば、ちょうどこれを始めて見たとき、子どもらと一緒に毎週「お邪魔女どれみ」を見ていたので、話し方といい、ボケと言い、あひるがどれみちゃんにかぶって仕方なかったです。声優さんさえ一緒かと思ってた!違ったけど。
主人公にありがちな親切の押し売りと言うか^^そういうところまで似てるー・・・ってこれはこの手のアニメの主人公にはデフォルトかも。あひるとどれみちゃんは許せる範囲だけどね^^。

ラスト、そうなるべきなラストです。ハッピーエンド。王子様とお姫さまはお話の中へ。
あひるは・・・・・。この辺微妙ですが、いつかふぁきあの書く幸せなお話の中でまた女の子に戻れるといいなあと思うのでした。

ねこ先生は念願かなってご結婚あーんどご出産おめでとうございます!


この話を見るきっかけっていうのが本当に、思いっきり偶然だったんですが、出会えてよかったと、思えるアニメです。
少女漫画が好きで、バレエ漫画には目がないというあなたに!
だまされたと思って是非!はなまるつきのお勧めです!


プリンセスチュチュ

(2005-11-04)







平和でのどかな、中世風でもある金冠町が舞台。主人公はあひる。鳥のあひる。
寂しげで、でも綺麗で王子様のようなみゅうとに惹かれて、謎のじーさんドロッセルマイヤーに人間の女の子、そしてプリンセスチュチュにしてもらう。
みゅうとは実は昔、ドロッセルマイヤーが書いたお話の中の王子様。ドロッセルマイヤーはとうの昔に死んでいる。お話の中でみゅうとは大ガラスを封じ込めるために、自分の心臓を砕いてしまう。
ある日金冠町に突然現れたみゅうとはふぁきあに拾われるが、心臓(心)がないため、感情のない人形のような存在。
そんなみゅうとに笑って欲しくて、砕かれ粉々になった心のかけらを探し出し、みゅうとに返すのがチュチュの役目。
「後悔の心」「寂しい心」「怖いと思う心」「慈しみの心」一つ一つ心が戻るたびに感情も戻るが、同時に苦しみだすみゅうと。
心を返すことはみゅうとを苦しませる事だったのか・・・・?ただ笑って欲しかっただけなのに。・・・あひるはチュチュである事をやめ、もとのあひるに戻ろうと一旦は決心するが、心を戻す事が悪い事ではない、そしてみゅうと自身が心を戻して欲しいと願っている事に気付き、また心を探し続ける。
そして最後の心「愛する心」をみゅうとに戻そうとするが、カラスを従え真っ黒な衣装のプリンセスクレールが現れて・・・。


って感じっす。分かりにくいですか。説明へたくそですみません・・・。


絵がね。まず最初に拒絶反応起こすところはここですね、と断言できます。ええ、もう、大昔の少女漫画のような絵です。
まばたきで台風が起こせそうなまつげ。伏せたそれの太さは、ゴルゴ13の眉毛並みです。誇張じゃありません。本当です。
私も最初見たときはその絵に拒否反応が・・・。

でも好きなバレエ素材だし、見ていくと・・・。ある人物に一目ぼれ。これがはまるきっかけだったのでしょうね。

みゅうとなんて最初ははかなげーで、ふぁきあの言いなりで、華奢で吹けば飛ぶようでお○まさんみたいで、正直ちょっときしょかったんですよ。かわいらしい女の子みたいな線の細い男の子キャラってものすごく苦手なもんですから・・・。
ふぁきあはみゅうとへの執着が異常な、ただの危ない人だったし・・・^^

でも話が進んでいくうちにそんなことはこれっぽっちも気にならなくなっていきます。
とにかく話の作りが秀逸!うまい!バレエという素材の使い方、そしてそのバレエのテーマと音楽の使い方がもう最高に上手くて、盛り上がりが素晴らしく、感動できます。

一つ一つ心が戻って感情が戻っていくみゅうとに、不覚にもときめいたりね^^最初きしょいとまで言ってたくせに^^!!
鳥の姿のあひるに弱味を見せちゃったりするふぁきあは、それ以降もう心拍数うなぎのぼりのかっこよさ!惚れちゃいます。

全6巻のうち、1から3巻が前半、卵の章です。
心のない人形のみゅうとに心を戻し、最後は愛の心をクレールから勝ち取ったみゅうととあひるが踊ってハッピーエンド。
この前半最後の13話は副題が「白鳥の湖」で、あのドラマチックな曲がどれだけ見事に盛り上がりに使われてるか!もうウルウルしてしまいました。
・・・熊哲の白鳥の湖でもウルウルしたけどね・・・。いや傑作だよ。←これは関係ないですね^^

最後の最後のちょっと悲しいシーンがあったりね。エデルさん・・・うう!

これだけで話としてはとても綺麗に終わってはいるんですが・・・。でもドロッセルマイヤーのお話は終わってないんです。ふふふ。

この卵の章の話のまとめ方は王道だなと思ったんですよ。まんま白鳥の湖。オディール(クレール)に惑わされかけた王子をオデット(チュチュ)が愛の力で取り戻す、ってね^^
でもここにはロットバルトがでてきてませんねー。
と、言うことで続きの雛の章です。
雛の章は借りてきてからまた書きます。一回は見てるんだけどね。
いやあ、もう、ホント、手元においておいて何度でも見たいんですが、いかんせん高すぎる。7140円ですよ。1巻。全6巻。さーて、おいくら^^?
そろいで1万円弱にしてくださいよ・・・。とほほ。


ところでこの金冠町のシュールな事!動物が当たり前のように服着て普通にいるんです。学校にも街にも。
2話で出てきた「ありくい美ちゃん」なんてもう最高だよ。見かけはまんまアリクイ。それも結構リアルな^^細い口から長ーーーい舌をしゅーしゅーさせながら「みゅうと、私のパートナーになりませんこと?」とか言うわけよ。みゅうともまた何の不思議もなく「いいよ」とか言っちゃったりして。
綺麗にトウで立つありくい美ちゃん。リフトはもちろんみゅうとが上さ^^
「わに子」さん、とかね、やぎ先生だったかな、とかね。チワワが普通に男子生徒たちと雑談してたりね。

シューーーール!!・・・素敵だ。この世界観はたまらなく好きです。

そして忘れちゃいけない、このシュールな世界一番のキャラは、なんと言ってもねこ先生!もう彼が最高。彼無しでこの話は成り立たないと言っても過言ではないです。

そう!私が一目ぼれしたキャラは、何を隠そう(隠してないじゃん)、彼なのです。

公式HPのねこ先生の結婚についての講義は必見です。是非ごらん下さい^^


ブロンズの天使

(2005-11-03)

<まみさん蔵>

話が面白くなってきましたよー。さてさて。

これは思いっきり史実が元なので、結論は決まってるし分かってるんですが、この方の描かれるいろんなエピソードが面白く、飽きません。

それにしてもお貴族様って・・・^^。
毎日あんなふうにパーティーで踊り狂っていらっしゃるんでしょうかね。まあそこでの人脈作りその他もろもろ、そこが仕事場でもあるのかもしれませんが。

ダンテスさん、肖像では全く色男に見えないんですけど(笑)あんなにおもてになったんでしょうか。
ナターリア(リヤ?だっけ?)さんは、前巻の感想の時にも書きましたが、漫画に劣ってないです。肖像で見る限り、ものすごいかわいらしい人です。8頭身?10頭身だっけ?とにかく顔ちっちゃくてねー、そりゃーあんな人がいたらもてるでしょう!
それに人妻なんて関係なさそげな人たちばっかですからね^^・・・お貴族様って・・・!

言ってみれば不倫もの、なんですが。その言葉にうごめく泥臭さを感じないのは少女漫画だから^^?
ナターリアさんも言ってるように、夫であるプーシキンが、恋を経て結ばれた恋人でなく、あくまで保護者だから?

一人は結婚して子ども(それも4人!?)もいるし、もう一人は伊達男で浮名流しまくりなのに、もっと計算づく、とか駆け引きみたいな泥臭さがありそうなものなのに、それが全くないからでしょうか。
ほとんど高校生同士の初恋のやうです。もう周りが見えないくらいお互いがお互いに夢中で。純粋すぎて危なっかしくて。だからでしょうか。

この巻はお互い自分の思いに気付いて、やっと気持ちを確かめ合う所までなので、読んでて非常にときめきました^^。このプロセスがいいよねー。一番幸せで。
ここからはね・・・。最後が悲劇であれば、この幸せな時が切なくて読み返せなくなること必至ですね。

教会で懺悔するナターリアさんを引っ掛けて、欲しかった言葉を言わせたダンテスさんの、してやったりな、うれしそうな顔が一番よかったです。

先を知ってるだけに、ここから先が楽しみなような読むのが怖いような・・・。複雑^^


あなたが寝てる間に

(2005-11-02)


サンドラ・ブロック、ビル・プルマン。
毎日せまいブースの中で電車の切符を売るルーシー。駅で会う、エリートでハンサムなピーターにずっと恋してるものの、声もかけられず。
ある日アクシデントでピーターが線路に落ち意識不明。それを助けたルーシーは、病院で看護婦の早とちりから、彼の家族に「ピーターのフィアンセ」と紹介されてしまい・・・。

ラブコメの中ではもうピカイチ。私の中では永遠のナンバー1です^^。
最初レンタル屋で借りて見たんですが、どうしても欲しくて店を探して探して見つからず、「ネットショッピング」なるものにやっと目覚めた去年(笑。遅い!!)、アマゾンで見つけて即購入。1890円だったよ。↑今見たらもっと下がってた・・・。あうち!!

買ってからも何度も見てます。

誤解された最初に言ってればね、話は終わったんだけどね^^そしたら映画にならないし、ずっと片思いしてた彼の側にいたいって気持ちもあるしね。
でも話そう話そうとする度にどたばたと、ホント、コメディのタイミングでいろんな事が起きてなかなか話せない。もうこの辺はめっちゃ笑えます。

ピーターの家族がもう最高。めちゃくちゃ仲がよくて暖かくて。両親にも死なれて一人ぼっちだったルーシーが、この家族の中にいたいと思う気持ちが本当に痛いほど伝わってきます。

1週間昏睡状態で、その間にルーシーとピーターの家族のふれあい、そしてピーターの弟のジャックとの関わりが進んでいって。
ピーターの目が覚めるんですが、当然ルーシーなんて知らない。でも家族は「あなたの婚約者よ!ああ、かわいそうに。記憶喪失なのね」と。
ピーターもわけもわからずそういうもんかと。この辺の混乱したピーターがまたかわいいのなんの。

でもその頃にはルーシーが好きなのはジャック。ジャックもまたルーシーが好き。でもお兄さんの婚約者。さてさて。

この話のビル・プルマン(ジャック)に惚れました^^優しくて、でも皮肉屋。声がちょっと嗄れ声で、でもそこがまたいい。
インディペンデンス・デイの大統領だったんですね。後で知ったわ^^

サンドラ・ブロックもこの映画で惚れました。もうなんてかわいいんだ!飾り気のないかわいさ。美人なのに、かわいい。
この人ナイスバディだと思ったんですが、劇中で「ペチャパイ」発言が。
HA!?
サンドラ・ブロックでペチャパイならアメリカ人はみんな叶美香か?と思ってしまいました^^
別の映画で下着姿で仁王立ち(笑)するシーンがあるんですが、めっちゃ色っぽくない!色っぽい格好なのに!シーンとしても別に色っぽいシーンじゃないけどね。
きれいなのに色気を感じさせなくてかわいいなあと。

この映画で好きになって後で「スピード」を見たんですが、また惚れ直しました。足に^^←変態か!!

ストーリーは最後になって真実を告白。ピーターの立場がちょっとかわいそうですが、まあでも彼の不倫相手も出てくるしな。結構自業自得か^^
結婚式の始まりの儀(何ていうんだ?)で、花婿の付添い人であるジャックが「異議あり」って言うのがまたいいです。
ここからのルーシーの告白、本当のこと、今まで話せなかったことを皆に話すんですが、ここがねー、もうねー。何度見ても涙。ほろほろほろ。
「話せなかった。愛してしまったから」と言うルーシーに、すかさずピーターのおやぢが「俺をか!?」

グッジョブ!おやぢ!!

そんなやりとりに笑ってしまいつつ、「みんなを愛してるから、話せなかった」で涙。笑い泣き・・・。はたで見てたらきしょいよ・・・^^

最後はまあまあ王道、ハッピーエンドで終わるんですが、ジャックがルーシーにプロポーズするのに家族総出で付いてくる^^父母妹ばーちゃんじーちゃん名付け親まで(大笑)
皆が目をキラキラさせて見守る中でプロポーズ、チューで、ハッピーエンド。

ものっそ幸せになれます。お勧めです。
優しくて暖かくて楽しくてしんみり出来て、そして最後にほわんとなれる、一押しの映画です。

お暇があったら是非ご覧下さいませ。

あなたが寝てる間に、のあなたってピーターなんだよね。何だか笑えてしまう。なぜ^^?


ホットギミック 最終巻

(2005-11-01)

<ぴろさん所蔵)


いやー、終わりましたね。相原さんの本の中では最長?

これはもう、あるべきところに納まった、と。言ってみれば王道な終わり方で安心。

梓エンドはなかろう、と。凌か猟奇か。(変換ミスではありません^^)
凌エンドだったら猟奇をねー、どう納めるのかが大変そう。頭いいしお金持ちだから^^海外留学とかね、に、しちゃうしかないんではなかろうかと。
猟奇エンドだったら凌はまあおとなしく身を引いてくれるので、終わり方も綺麗にいったのではないかと。しかし。

出家には驚いた。これはなんだーー!そこまで突き抜けちゃうとは思ってなかったので、ちょっとお口あんぐりになってしまいました。
そこまでしちゃうと不憫すぎる・・・。凌好きなのに^^。

お話としては猟奇とくっつくのが一番丸く納まって幸せだろうなと思ったけど、どっちも好きだから凌でも猟奇でもよかったです。
これは私にしたらものすごく例外的なことなんですが。基本的にどっちが好きでも、どっちも好きでも、主人公とくっついて欲しいのはこっち!って結構きっぱり思って読んでしまうので、どっちでもいいやってあんまり思えないんですよ。

相原さんの話は大概好きだけど、SO BADがちょっと(私の好き基準で)落ちるのは(持ってるけど^^)、「れんたま」が好きだったからです。次男よりもね。←分かりやすいですねー。
ピーチガール(持ってないけど)も終わりがすごく好きだったのは、とーじよりもカイリが好きだったからです^^←なんて分かりやすい!!

ホットギミックはどっちとでも納得出来たろうなと思ってしまうので、今度出る、あ、今日か^^、ホットギミック文庫バージョンもちょっと楽しみです。
凌エンド。・・・画期的。少女漫画で別エンドの小説化なんて初めてでは?いやー、面白いことしてくれますねー。

どっちも満足させようとの出版社の色気?←どっちも買わせようってね。
どっちの人にも幸せになってもらうおうとの作者のサービス?

とりあえず私は読んでみたいので、ホットギミック担当のぴろさんには昨日メールでおねだり(やめれ!)しておきました^^。買ってくれるって。やったー!楽しみに待ってます。

凌とだとものすごいほのぼのした二人になりそうですよねー。にーちゃん、すんごい大事にしてくれるだろうし、初もプレッシャーを感じることなくほわんほわんしていられそう。それはそれで幸せだろう!

猟奇とだと・・・波乱万丈これからもありそー^^あのお姑さんですからね。たとえ分かれたってさ。
猟奇に対してもびくびくしつつ、プレッシャーの中でも幸せなんでしょうね。横暴で自己中だけど初が大事なのは確かだからね。いろんな事からも守ってくれることでしょう。

いやー、面白かったです。相原さんの話はどれも好きです。何回も読み返してしまう^^
空に太陽がある限り、がえらい中途半端な終わり方だから、続編読みたいですね。ポツポツ描いてらっしゃるみたいだけど。1冊にまとまるのはちょっと先になりそう。

ところで梓エンドも要望があれば考えるとか書いてましたね^^どこまでサービス精神旺盛な人なんだ(笑)
まさしくマルチエンディングのシュミレーション方式だねー。アンジェとかのジャンルを何ていうのか知りませんが^^まみさん教えてください。アンジェもこういうEDなんだよね?←よく知らないで書いててすんません^^



れんたまはこれ^^








プロフィール

くまきち

  • Author:くまきち
  • くまきち
    ゲームと読書と映画と、その感想を書くことを愛するそこら辺の主婦。基本的にはネタバレありです!ご注意ください。
    ブログ記事に全く関係のないトラックバックは削除させていただきます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。