スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


KH覚書

(2005-09-29)
えーと、今日は昨日のディープジャングル続きから。
ゴリラ助けたり、ひょう?と戦ったり、一つ一つのイベント終わらせていきました。どーでもいいけど、このツタ伝っていくの、何度落ちた事か!!下のカバの池までヒューーーーっ!・・・また最初からだよ・・・。けっ。
本当にへたくそなのよーーーう。落ちる足場。普通のFFだと落ちないじゃん。道細くても。進めないだけで。
受験生の前では出来ないゲームだ。
落ちて落ちて落ちまくってますからな!

つらつらと思い返すに、ディスティニーアイランドでは、パオプの木に行くための岩から岩へのジャンプが苦手でリクとの競争に勝てなかった・・・。
トラバースタウンでは、2番街の靴屋の屋根の上の宝箱取るのが本当に本当に苦手だった・・・。同じく2番街の宿のベランダからも何度も落ちた・・・。
ワンダーランドではハスの葉っぱ乗るのが
こんちくしょう!って位苦手だった・・・。蛇口に関してはもう思い出したくもありません。トリックマスターもきらーい!
ディープジャングルではツタの足場から落ちまくりだし。
オリンポスコロシアムは足場はないけど、昨日ケルベロスに惨敗に次ぐ惨敗。こっから先の○○カップでも苦戦する事間違いなし!レオンとユフィのコンビニ勝てるのか!?わし!!
クラウドに勝てるのか!?わし!?
でも前回はハデスカップも勝ってるはずなんだけどなあ・・・・。おかしいなあ。

ここから先も覚えてる限り、アラジンではまるいでかいハートレスがジャカジャカ出てきて泣きそうになったなあ・・・。
アリエルの水中移動はもう今からやりたくなーい!!ぐるんぐるん回るアースラの「うほほほほー!」の笑い声なんて聞きたくない!!聞きたくなーいっ!!

こんな苦手ばっかのゲーム、ようやったなあ・・・と自分で自分をほめたいです・・・。←古い!
2も買うしね!アクション度がアップしてるとか言う怖いうわさも聞いたんですが、ごめん。私、1で既に

いっぱいいっぱいです!

これ以上は勘弁してえ!!

今日の覚書^^午前の部。←どーいう事やこらあ!!
午後はさくふうのお約束次第で進むか進まないか^^

ディープジャングルの鍵を閉める。クレイトンとカメレオンみたいのは弱かったわ・・・。でも滝をよじ登っていく所でまた何度も落ちてやり直しました。落ちるの、好きだとは言ったけどさ・・・。もう充分です・・・。

その足でケルベロス戦へ。待っててくれてありがとう、ケルベロス。ケアルが使えるようになったので、一回で倒せました・・・。長かったよう。
終わってからクラウドとの会話。ああ、もうかっこいいわっ!
ク「人を探してるんだ・・」ソラ「見つかるよ!僕も探してるんだ。」ク「お前の光か?」って会話がもうたまらんときめきました。クラウドが探してるのも光なのね・・・!←少女漫画入ってますからそっとしておいてあげましょう^^

鍵閉められるのは大分先なのか。ちぇ。何とかカップを勝ち抜かないと閉められなかったんだっけ!がっちょーん。ケルベロス倒したら鍵も閉められると思ってたよ!←一回クリアした人の台詞です・・。あほやな。

もう一回トラバースタウンに戻って(シドのおやぢにナビグミをつけてもらわないとその先の世界に進めません)、レオンと会話してシドに本もらって、魔法使いの家に来たところまでー。どーでもいいけど、8のスコールは好きだけど、このレオンはなんか違う人みたいで、いまいちです。ち!ティーダなんて思いっきり悪がきやしな!

セーブしたのは「100エーカーの森」。
英語版のプーさん、おっさんみたいな声やで!びっくりした^^
「ううんと、ううんと」が「THINK、THINK」なんだ(笑)いたるところでちゃんと目的の言葉を使う言葉やのう、と。日本語だと「あれ」「それ」って言う所でも、ちゃんと「あれ」が指す言葉使うよね。分かりやすくはっきりいう言語だなあと、日々楽しく聞いております。
こういうので英語のヒヤリングの勉強になるといいけどね^^ならんけどね(笑)
スポンサーサイト


今日も元気にキンハー

(2005-09-28)
朝からバリバリやりました。・・・バリバリ?

ワンダーランドからー。

証拠のを見つけるのに結構苦労しました。それにしても苦手は変わらんと言うか、成長しないというか、克服できないというか。同じ所でつまづく私。
証拠の爪?だっけかな。蛇口から棚にジャンプして飛び移るとこ。あれ、前回でも出来なかった記憶があります。何回も何回もやり直してあきらめたんだったか出来たんだんだったか。それすらも記憶にありませんが。とにかくものすごいやり直しましたね。出来なくて。
今回も同じ。これが出来なくて、何度やり直したことか!!これだけに30分くらいかかってるよーう。蛇口に降りてからまず邪魔なグーフィーとドナを下につき落として(ひどい!!)向き変えて微調整して・・。これで出来ないんだからやんなる。めそり。

結果的には出来たんだけどね。ああ・・つかれたっと。

後はまあ楽しく。トリックマスターは大嫌いだけれどもさ!届かないんだもん。
ああ、私、あの「不思議な部屋」の椅子に飛び乗るのがまたへたくそでさ!!びょんこびょんこ飛んでるのに乗れない。テーブルに乗るためにまず椅子に乗ろうとしてるつもりなんだけど、直にテーブルに手がかかる事の方が多いです。なぜっ!?
トリックマスター戦では、ソラ、椅子の周りで延々「びょんびょん」はね続け(乗れないから)、遠くで何度もドナの「ぎゃあ!」という断末魔が響き渡る・・・という戦いをしてました。ごめんよドナ。
でも何とか鍵閉めてワンダーランド、とりあえず終了ー。


次はオリンポスコロシアムです。
クラウド出たーーーーーー!!ぐはあ、かっこいい。
本編の(FF7の)クラウドよりこっちのクラウドがかっこよくてときめいた^^記憶がありますが、今回もときめかせていただきました。
通常版だとACの声の人と同じ人のはず。そっちもちょっと聞きたかったけどね。まあそんなに喋らんし。
あの陰気も陰気、顔の色まで真っ青なハデスに「陰気な奴」と形容されるクラウド・・・。どんな陰気やねん!
そしてあっさり負けるソラ。前回私勝ってたんでしょうかね???強いよクラウド!!

そういえばテストのタル壊し、前回ものすごい苦労して、まぐれで出来たような記憶があるのですが、今回は2回でオッケー。おっ!成長してる・・・?と思いきや。
クラウド戦であっさり負け(これは勝っても負けても話が進むのでどっちでもいいですが)、その後のケルベロスに1時間以上挑むも勝てず。

なぜえええええええええ!?

ケルベロスには勝ったぞ?前回。なぜ勝てぬー!
というわけで修行の旅に出るためケルベロス戦あっさり放って、ディープジャングルまで
やってまいりました。
ターザンと友達になったところでセーブ。

今日も指の腹が痛いです。肩も首も痛いです。ものすごい疲れます。この手のゲーム、このキャラじゃなきゃ絶対!しないね。ほんまに向いてません。でもがんばる・・・ぞ。えいえいおー・・・。←昨日より意気消沈著しい^^

どーでもいいけどソラをあっさりコテンパンにしたくせに、ケルベロス出た途端ヘラクレスに肩に担がれるクラウドの情けない姿には涙が出ました・・・。こっち向いてんのお尻だよ・・・。とほほ。


キングダムハーツ ファイナルミックス

(2005-09-27)



始めましたよー。何年ぶりでしょう。前したのは通常版。今度はファイナルミックスです。
特典映像がFF10-2の予告ムービーだと言うのが今となっては懐かしい・・か。何回見てもポップなFFだ・・・^^

意外といろんな事覚えてない。ので英語でもほとんど違和感を感じません。
カイリの笑い声が「外国人の笑い声だ」と思ったくらいか。←なんやそれ!
まあこれそんなに喋らないもんね。フルボイスではないから、ほとんど「ふきだし」だし。そこは日本語なので、そのまんまかなあ。
ちょこちょこいろんな言い回しが面白いくらいか。否定的な言い方が肯定的な言い方になってたり。そういうのは非常に面白いです。

ドナルドは思いっきりドナルドだった!!さすが本場の声(笑)!ギャギャギャギャ!(なんて表現すればいいのか分からない声だけど)って言いながら走ってくるところなんて「ドナルドだあーーー!」とうれしかったり。グーフィー、日本語版とほとんど変わらなかったよ。おお!これは日本語バージョンの人がすごいのか。

ディスティニーアイランドが思いのほかめんどくさかった。前回どうだったのか覚えてませんが、リクとのバトルに負け、ワッカとのバトルに負け、リクとの競争にも負け・・・。負け犬ソラでございます。がっくし。
久しぶりのアクションバトルはね・・・。って、私本当にFFしか!しないので、これが唯一の「アクション」と言っていいかと思うんですが(ほんまもんのアクションゲームって知らないぞーう)、右手の親指の関節が痛いです。○ボタンの連打に慣れてないの・・・。左手の親指の腹はもう皮がむけそうです。コントローラー右左そんなに頻繁に変えるのに慣れてないの・・・。わすが数時間でずたぼろです。あうち!!

これではペケボタンがジャンプなんですが、ペケってもう「取り消し」の癖がついちゃってるから、ソラ、全く意味のないところで飛ぶ飛ぶ!ジャンプジャンプ!・・・ごめんね。ソラ。もう少ししたら慣れる・・・かな?
後は宝箱見つけたら○ボタンの癖ついてるでしょ。このゲームでは「開ける」コマンドを選ぶと、ソラが「コンコン」って宝箱叩いたらぱかっと勝手に開くんだけど、つい○ボタンでガンガンガン!!と狂犬のように宝箱を叩きのめしてから「あ、違った違った」・・ばかり。ごめんね、ソラ。もう少ししたら慣れる・・・はず。

道の端っこに行ったら下におっこちちゃうのが苦手で、橋の上とかだとそろりそろりとしか歩けないんだけど、する事した後は無駄に高い所から落っこちるのが大好きです。階段あるのに元気に落っこちてます。ひゅううう!って感じがたまらん^^!

トラバースタウンも何だかもう仕掛けやら空箱がてんこ盛り。一回で済ませてしまおうとせこく考えて、取ろうとしたけど取れないのが結構あるのよ。ああ、そういえばハイジャンプ覚えてからとかいろいろあったなあ。また帰ってこなきゃいけないのね・・。まあいいか。
スコール(ここではレオンですが)やユフィやエアリス、シドに会えたよーん。シドがいいね!FFではこのシドが一番好きだ^^。腹巻きおやぢ。
スコールの口癖の「悪かったな」が「NO WAY」だったかなんだったか、あっさりしたもんで、何だかちょっと残念。どんな英語を期待していたというのか^^!?
でもあのスコールが101匹ワンちゃんの心配をしてるのが笑えた。大人になったのか(笑)

そんなこんなでトラバースタウンにさようならー!グミシップでワンダーランドに向かうのに、こんな最初の道中でグミシップのHPが赤表示になって、命からがらワンダーランドにたどり着いたなんて、恥ずかしくて誰にも言えない・・・(大笑)。
そういえば前回もグミシップは私は全く触らず。興味ないもん。最後までデフォルトの姿でしたよ。
大熊は「ホワイトべースもどき」とかすんごい凝って作ってたけどね!

そしてワンダーランド。いきなりアリス、裁判にかけられてます。それにしても女王はすんごい顔だ・・・。
裁判終わって、「犯人の証拠」探しに入る前で今日はとりあえずセーブしましたー。

しばらくやるっすよ!!


ガンダムSEED DESTINY 第49話「レイ」

(2005-09-24)
リアルタイムで見ながら書いております^^。見たその瞬間思ったことを箇条書きです。まとめる気もないです。だってどうまとめればいいんだよーーう!


アバンタイトル
アスランここで何故笑うのか?
「戦う」「勝つ」・・・そういう事なの?したいのは?

Aパート
曲はいいねー。
この曲だけでなんだか戦闘がかっこよく見える。さすがTMマジック!

なんだかもう、よーわからんけど、ザフトが悪いのか!?こうも容赦なく排除していいのか?AAが全く「いいもん」に見えない・・・。

レイの御託はもういいのよーーーーう!これでAパート終わり・・・!?レイの御託で?小手先の戦闘で?え?え?


Bパート
イザーク・・・(笑)。あんたもう・・・。

ミネルバ戦闘開始です・・。何のための戦いなの?何を守るための?なんだかもう本当に分け分からんぞーう。

そうだよ、イザーク、君は殴っていいです^^


メイリーーーン、いいラクス様ならいいのかーーー?そういう問題かーーー!?

いいシーン・・・だったのでしょうか・・。ネオさん。包帯巻かれてたあのシーン一瞬でムウさんに位置づけなんですね・・・。
ごめん、もう勘弁してえーーーーーー!!
こんなシーンならいらねえんだよーーー(涙)!!
SEEDのあのシーンは一体なんだったの・・・。

感動でなく、もう何ていうか、泣けてきたよ・・・。とほほ。

なんか出てきたよー・・・。やどかりみたいの・・・。
ジェネシスもどき・・・。


今までSEEDもさんざんク●アニメとか言われてたの目にしてきました。きったない言葉で大嫌いなんですが、まあそう思う人もありだろう。穴いっぱいあるしね。
でもそれはあくまで個人の好みか好みでないかのレベルだと思ってたんだけど・・・。
これはもうそんなレベルでない気がする。

なんなんですか?これは。


つれづれか

(2005-09-23)
結局10回くらい見ました。FF7AC。
10回泣きました。

最初「なっつかしー!」「何つーごつごつポリゴン」「3頭身ってレトロだわ」「何語しゃべっとんじゃー!分かる言葉で言わんかい」という感想だったダイジェスト版ですら見ただけで泣けるようになりました。
そのうち曲聞いただけで泣いてるかもしれません。

まさにパブロフ犬!!

一番最初と2回目はリビングの普通のテレビで見て、後はパソコンで見てました。
意外や意外(そうでもないのかな)、何となく画面がパソコンで見た方が映画っぽい感じがしました。色調がはっきりしてクリアなのは普通のブラウン管のテレビの方なんだけど、パソコンの液晶画面だと微妙にぼけるって言うか・・・そのボケ具合が映画館で見た時っぽく思えたんですよ。
なんとなくね。個人的な感想で。

あと画面に近い所で見るからちょっと不思議な感じ。
最初字幕つかないので見てて、3回目くらいに字幕つきで見たら、これまた新たな感じがしてよかったです。
日常会話でない、独特の言葉が多いから(思念体とか)漢字で目に入ったほうがダイレクトに理解しやすい感じ。
「せいこんしょうこうぐん」って突然言われても「はあ?」って感じだけど「星痕症候群」って漢字を見ると、何となく分かるような気がしませんか^^?

あると見てしまうし、見てしまうと家事が滞るので(1時間半は動かなくなるから^^)手放しました(まみさんとこにお泊り)。
7も出してきてやろうかな、と最初のセーブポイントまではやったんですが、放置。やったらやったで面白いし、8年前には思わなかった部分も見えてくるんだろうなと思いつつ、微妙な感じで。

過去だしね。先はとても知りたい!と思うんだけど、過去はそれほど・・・こう何というか、やりたい知りたい!!という欲求に駆られないので、止まってるんでしょうねえ。
どっちかというと、KHやろうかなともくろみ中。
あれは未来じゃないけどね。パラレルだけど。でも何となくね、こっちの方をもう一回やろうかなという気にはなってます。
2も近々出るようだし、リハビリがてら^^あの程度でも私には苦手なアクションですから。

AC、ストーリーがない。絵だけ。って感想をあちこちで目にします。
まあそう言ってしまえばそうかもしれないけど・・・。私の感覚だと続編って言うよりEDの続きって感覚なので、そんな風には思わなかったですね。
まあこれは人それぞれ。

あと、思い入れが深い(と思われる)人ほど、いろんな部分が許せないみたい。これはね、でもものすごく分かる気がします。
7はあれはあれで終わってる話だからね。
その中でクラウドに辛い事が次から次へと起こって、どん底まで落ちて、でも仲間とかいろんな人との関わりで前向きになって、終わってた・・・はずなのに、2年もたってるのにまだずるずるしてたなんて!あのラストの前向きになったはずのクラウドは何だったの!みたいな、ね。

最近漫画の続編も多いから特に思うけど、綺麗に終わった大好きな話ほどいじって欲しくない、って気持ちは分かるよなあ。その後って勝手に補完してるから、実は君の思ってるのとは全く違うんだよーーーんなんて今更言われても、みたいな部分もあるし。

いろんな人の感想みて、ホウホウと感心させていただきました。YAHOOのBBSだと「よかった!」がほとんどだったけど、ブログの感想だと本当に人それぞれで、ああ、賛だけじゃないんだと当たり前のことに感心したりしておりました。
どーでもいいけどたまたまなのかなんなのか、ACの感想書いてあるところ、ガンダム感想も書いてあるブログがやたらと多かったよ!
そうなのね・・・^^

ところで「機動戦士ガンダムさん」って言う漫画がちょっと読んでみたいんですけど、アマゾンでずっと品切れだったのね。本屋行ってもないし、まあいいかあって思ってたら、今日アマゾンにあった。

500円強くらいの値段なんすけど。1500円の送料無料まで後1000円。ちょうどACのガイドブック?Vジャンプから出てるAC本があって1000円なんですけど・・・。計った様に(笑)。

どっちも見て見たい・・・けど、ないならないでいいかあって微妙な感じの本なんだよねえ。でも2冊買うと送料が無料になるよー・・・。
大熊はん、またぽちっとしていいですか^^?

アマゾンの手軽さは犯罪だ・・・!!私にとって。ぐう!


ガンダムSEED DESTINY 第48話「新世界へ」

(2005-09-18)
新世界には通天閣もあるでー。

ごめんなさい大阪人ぶりっ子しました。

48話。48話・・・・。ふう・・・48話。
って感じの48話でしたね。←どんなんや!!

SEEDの48話・・・。そういえば最後の戦いに向かう直前で、あっちでもこっちでちゅーしてたなあ・・・。何かすごい盛り上がってたなあ・・・。目が離せなかったなあ・・・。
と、過去を振り返ってもむなしいばかり。

何の興奮も盛り上がりもときめきすらない。

レイがクローンだってカミングアウトしたくらいですか。
それすらも何だかもうどーでもいいやってくらい、話が今をもって「何が言いたいのか」「何をしたいのか」が全く分からない。
はーはーふーんって、ただ見てるだけ。

2回で終わるんですよね。ああ、そうですか。
そう言えば次のアニメは見るかどうか分からないけど・・・というか、多分見ないと思うけど^^でもあの主題歌は好きだなあ。ノリがよくて。DESTINYもああいう主題歌が良かったなあ・・・と今更ながらに思いつつ、わたくしの挨拶にかえたいと思います。


感想すら書けやしない・・・。


来週の予告は「ジャスティス!!」だったけど、予告でご指名されたからと言って活躍するわけではないもんね。
私もようやく47回だまされて、ちょっとおりこうになりました。ほほほ。




アドベント チルドレン 

(2005-09-16)
2回半見たぞ、と^^。
昨日見たいろんな人の感想、やっぱこの「ぞ、と」口調がめっちゃ多くて笑いました。そうだよな!このDVDのHITはやっぱこの口調だぞ、と!

以下、ストーリーに関するネタバレはありません。


昨日夜に大熊が帰ってご飯食べてから「見たか?よかっただろ」という話になり、「やっぱみんなが出てくるところだよな!ここがいい」という話をしながらチャプターでバレットが出てくるところ出して、結局最後まで見てしまいました。
大熊、私、なぜかふう^^さくは寝てました。10時半くらいだったかなあ・・・。寝ろよ!!ちびめ!!

最後まで見て、でも泣けなかったなあ。ああ、もうああいう感動は最初の一回だけなのね、と。

さっきもう一回最初から見てました。

泣いてるよ、私!!(大笑)

一人じゃないと感動できないみたいです^^。


今日はもう一回、7のダイジェストを見てから。おとついこのダイジェスト見ても「なに?なんだって?何語?HA?」って感じだったんですが、今日見たら大分理解できました。記憶がよみがえってきたのかなんなのか^^
途中途中に入る電話のシーンも「ああ、こういうことね」、と。これはでも本編見た後でないと分からないね。

本編。
昨日BBSやら人様のブログやらで感想読んだせいもあり、いろんな、スルーしてた部分が見えてきて、これはまた面白かったです。
しかしほんまに不思議な重力の世界だ。面白かっこいいからいいけど。クラウドを空へ飛ばすシーン、あれ、どなたかが「たすきリレー」と書いておられましたが、どっちかというと「バケツリレー」に近いと私は思います^^

ほんであのでっかいモンスターは「バハムート」なの!?私てっきりオメガウェポンだと思ってたよ。体つきがそっち系じゃない?バハムートにしては肉付きがいいというか・・・(笑)
口からメガフレアはいてたからバハムートなんですね。ほほう!むっちりバハムー・・・ふうむーとですね。←10のバハムーが重量級だったのでこう呼んでいた^^

最後のひむろっちの曲は・・あんまりこの話にはあってないというか。バイクで走ってるクラウドの場面には合ってるけどね。クラウドのプロモですか?って感じ。あってもなくてもいいのでは・・。
でもなんかエアリスに会いに行くっぽい画面に見えるので(わたくしの心の目にはそう見える!)、これはこれ単体として、好きです。


クラウドの声、私個人的には微妙な感じで、まあ普通に話してたら別に気にならないのですが、戦ってる時の「うっ!」とか「ぐっ!」とかいう声がどうにもこうにも「清麿」に聞こえてしまうーーー!「ザケル!」とか続きそうでちょっと気になってしまうのでした。知らなければそれで済んだものを・・・。

対してエアリスはユウナ。これはもう・・・ユウナそのもの。まあ・・いいんだけど。かわいいし。

そして。押入れからごそごそと7を出してきました。
おお・・・・・・8年ぶりくらいだな・・・相棒。・・・って誰が相棒や。
これをやるかやらないか。いやあ・・・かなり、勇気がいるよなあ。最初のムービーだけでも見るかな・・・。これ始めて見た時は本当に、鳥肌立つほど感動したもんなあ。ムービーの綺麗さリアルさに。質感があるって言うか。ゲームって、こんなんなの?って。
初めてまじめにやって初めてクリアできた、私にとっては思いいれのあるゲームです、が。

机の上に乗せてにらみ合い中です。7のパッケージと。・・・・おばかさん・・・と言ってやってください。



どーでもいい事追記:冒頭ムービーのミッドガル、シンラの魔光炉??の「神羅」マークがどーにもこーにも某○ショナル乾電池のマークに見えて仕方なかたです。大熊もそう言ってました^^似てないかい?


FINAL FANTASY Ⅶ ADVENT CHILDREN

(2005-09-15)






今見たぞ、と

・・・はっ!!いかんいかん、まだ入ってる入ってる。ぶるぶる。

見ました!昨日着いたので今日万全の態勢で。

7をしてたのはいつだ?さくがお腹にいる頃?出てきてからかな?何となく、あかんぼさくが昼寝してる2、3時間のすきにゲームしてた記憶が・・・^^。
8、10、10-2はもう何度もやってるので台詞、ソラで言えるほどなんですが(やめれ)、7と9は一回しかしてないので、どんな話だったかさっぱり。更に古いんだもん。8、9年前でしょ?でもストーリーはあのゲームの続きの時代ということで、こりゃいかん!と前日にお勉強しました。なんて熱心な・・・。どうしてこの情熱が他にいかないのか^^
本棚の攻略本のところから「FF7 解体真書」なるものを引っ張り出してきて、ストーリー部分読んで。
昨日は特典映像として7のダイジェスト版がついてたので、子供が寝た後(夜中12時・・)それを大熊と二人で見ました。

なんて懐かしい!!3頭身?位だよね。更にごつごつがくがくポリゴン。うひょー!ムービーはそれなりに綺麗ですが、人間がやっぱり能面のよう。話がこれまた半分くらいしか覚えてない!!台詞聞いてても「何語ですかあ?」って感じ。「ジェノバがセトラでライフストリーム」・・・・←分かってない人がぶつぶつ言ってます。
こんなんで明日本編見て、大丈夫か?どーすんのよ!おれ!?

と、思いながら、朝一からマッサージ屋まで行って(コレは関係ないじゃん!!)、洗濯干して、トイレ行ってコーヒーお代わりしなくていいようにでっかい大熊コップになみなみついで、スイッチョーン!!

本編1時間半くらいです。ちゃんとした長さじゃん。アマゾンの詳細では収録時間が書いてなかったので(特典映像の収録時間書くなら本編の時間も書いてよ!!)40分くらいだったらどうしよう・・・?40分で4000円。10分400円。・・・高いのか安いのか。と、わけの分からない事でちょっとびびってたんですが、普通の映画並みでよかったです。

そして1時間半後・・・。画面見ながら涙ぼろぼろ流すくま子さん(仮名)

すっごい!よかった!

まぢ泣き。もうほんとに。よかったー。買ってよかった。大満足。感激感動ですが3万円の限定版はいらないです^^
メイキングとかちょっと見てみたいけどね。それだけ売らないのか。がっくし。

以下ネタバレあり。

昨日の晩、なつかしの7の画面見てて、大熊ぼそりと「こういう顔のがいいな。本編リアルすぎて」・・・なるほど確かに。
ゲーム画面のムービーシーンだと、もう思いっきり、アニメ顔!だもんね。気持ちは分かる。
違和感あるのかな?とちょっと心配しながら本編。

こんなん。ゲーム時のイメージ。
cloud.jpg


全くないです。ああ、もしかしたら8以降やってなかったらあったかも。でも10とか10-2の画面見慣れてたら、全く違和感なし。
それにしても映像、ものごっつ綺麗です。もう今こんなとこまできてるんだって。感動しました。

ストーリー。
ファイナルファンタジーでした。・・当たり前?
でもそこから逸脱してない、正統なファイナルファンタジーの世界。映画でない。漫画でない。あくまでゲームの映画版。
出てくる人たちの「んなことできるか!」みたいな驚異的な行動も、ゲームだもん。ありあり^^
しっかりしたつくりの話があって、ムッチャ濃いキャラたちがいて、バトルしながら話進めて、EDに導かれる。そのまま。
モンスターが出てきたり、勝利のファンファーレがあったり(この使い方には大うけ。最高だよ!泣き虫ロッズに「グッジョブ」進呈)、いろんな「ファイナルファンタジー」の部品に、それだけでときめきます。

クラウド!!めっちゃ神経質そうな顔でよかった。この人、ただかっこよくて強いヒーローではないもんね。考え方後ろ向きで、甘えんぼで寂しがりの癖に排他的。ふっ切れると強くてかっこいいんだけど。
すんごいアンバランスな人だから、線の細い、神経質そうな顔がナイスでした。女の子みたいな顔だなと思ったよ。
あのつんつん頭が以外や以外、つんつんしてるのに妙に柔らかそうで、どうなっているんだ!と触りたくなりました^^。

ティファ。7の硬いムービーでもすんごい胸でしたが、コレでもすんごいです。肩こりそうだ・・・。←余計なお世話!
予告で聞いた喋りが「なんじゃこりゃ!」ってくらいぎこちなく聞こえたけど、本編では自分でも意外なほど気になりませんでした。これはこれでいいかもって。ティファにはあってるように思えました。


しかし!この話のMVPは何と言ってもレノとルードでしょう。もう最高だよ、この人たち。めちゃくちゃ好き。愛すべき人たちだ。いい!ないす!!
社長も、全く食えないところがすんごいいいです。駆け引きめっちゃ上手そう。ただのいい人にはなりえない。気が抜けないけど信頼できる、そんな感じ。だからタークスが心酔してるんだよねー、きっと。

敵方の3人組はねー。もうイッチャってて素敵でした。特にカダージュの、プチンと切れそうな神経質な声と喋りはうまい!!と。
この3人めちゃめちゃ強いじゃん!
最初この3人とクラウドの戦いの時、「クラウドよわ!」と思っちゃったもん。いいのか主人公!?って心配するくらい。
最後まで頑張ってて「むっちゃしつこくておりこうだったで賞」進呈。

途中のモンスターとのバトルで、一人、また一人って7のメインの面子が出てくるの。
バレット!!ビンセント!ユフィ!シドのおっさん(歳はバレットの方が上らしいですが。おっさんだよ。腹巻してるもん^^)、レッドⅩⅢ、ケットシー!もううれしくて懐かしくて、このシーンだけでうるっと来た。←早すぎです。

話は多分半分バトルシーンだったと思います。だってファイナルファンタジーだもん。
アニメ的であり、マトリックスのようであり、スピード感がすごくあってかっこよかったです。1キロ上空から落ちても死なない人たちですが^^


こっからは少女漫画好きのたわごととしてくださってもよろしいですが、この話、明確な公式のお二人、ではないんですね。スコールにはリノアのような、ティーダにはユウナのような。
いや、クラウドとエアリス、なのかもしれないけど。エアリス、ゲーム中盤で死んじゃうし。生き返らないし。
幼馴染のティファがいて、この二人がそうなってもおかしくないシチュエーションだし。
ゲーム中、あまりに古い記憶過ぎて、この二人(クラウドとエアリス)がそんな濃い絆だったかどうか、覚えてないんですよ。ティファはクラウド好きそうだよなあと思った記憶はあるけど。
でもキングダムハーツでもクラウド、エアリス探して放浪してたんだよね?最後会えてすんごいうれしかったよ、あれは。何か言えるわけでもなく、うつむいたままのクラウド。それを優しく覗き込むエアリス。ああ、この二人ムッチャ好きだよ。

今回のこの話でも、エアリスはずっと、クラウドの前向きになれない原因でもあり、彼を吹っ切らせる要因でもある。すんごい重要な位置にあるんだよね。ずっとずっとそばにあって、包んで、守ってる。そんな感じ。クラウドも彼女に囚われたまま。「許して欲しい」と思ってる大きなものだし。

傷ついたクラウドの夢の中?で、助けてくれるのはエアリスだけど、彼女、彼女の初恋の人でありクラウドの親友でもあったザックスと一緒にいるじゃん。
私を大泣きさせた、ラストでもザックスと行っちゃうじゃん。・・・それは「クラウドはまだ生きなきゃいけない。こっちの世界には来てはいけない」って事なんだけど、でも「もう大丈夫だね」って言う台詞はものすごく複雑です。私がいなくても、に聞こえない事もない。心の耳がそう聞くのを拒否してますが(笑)

ティファは、彼にとって数少ない心を開ける子だし、甘えられる大事な人ではあるだろうけど、エアリスとは全く違う存在だと思うから、この二人がそうなる事はないだろうなあ・・・と私は勝手に思ってるわけですが。でもそうなるとエアリス死んじゃってるから・・・。悲しいわけですよ。
前を向いて生きてはいけるけど、全部がよかったねになれない。
せつないっすね・・・。


だから、それでも、ラストはよかったね、で、切ないね、で、悲しいね、で、でも幸せだね、な、終わり方だと思うんですよ。


泣けました。本当に良かったです。ありがとうスクエニ!またFF12で手のひらの上でくるくる躍らせていただきます^^


20日追記^^:まだ見てるか!ええ、結局5回くらい見ましたか。その度に、一人で見てたら100パーセント泣けます。ええもう。何度でも。
いろんな感想で、リボンを全員ちゃんとつけてる(レッドだけ未確認)とか書いてあれば確認し(笑)、チョコボは出てこないけど看板はあると聞けば確認し、そんな暇な事してます。たのしいっす。

いろんな不思議はあるけどね。いろんなブログだのBBSでこれはどうなんだこれは一体何、この台詞の意味は?なんてものすごく細かくコメントされててみんなよく見てるなあと感心。
そんな不思議を見つつ、私の一番の?はあまり触れられてないのでこそっと書いておくと、高速(?)が二股に分かれてて、カダージュと残り3人が分かれちゃうじゃん。でも後結局合流するじゃん。まあクラウドは上から降ってくるんですが^^
・・・普通高速が二股に分かれるって、行き先が違うから分かれるのでは?併走するなら二股に分かれる意味ないじゃん・・・・・。とものすごく庶民的且つどーでもいい疑問を抱いておりますです(笑)
あの後分かれるんですかね?←まさしくどーでもいいよ。

どーでもいいパート2:個人的お気に入り

一番のお気に入りシーンは、ティファがクラウドを責める?とこ。「重い?だって仕方ないよ。重いんだから。」ってたたみかけるティファ達のバックで「どどどどうする、俺たち」「行った方がいい?」みたいにおたおたしてるレノとルード^^。最高だよ。

子供を助けようと抱っこしたレノの○にずぼっと・・なシーンも好きです。

シリアスなシーンも好きなんだけどね!何だかこういうシーンばかり頭に残るわ^^

好きなカットはシエラ号でみんながくるとこ。カダージュとの戦い中、でも「一人で戦わせてあげよう」ってみんなが見守る船をバックに、クラウドが一瞬ニヤって笑うとこ。この一瞬の顔がめちゃめちゃかっこよくてクラウドのシーンでは一番すきー。

社長も大好きです。「気づけよ、親不孝もの」で、ぽい!のシーンがこれまたかっこいいー!

また追記してたら笑ってください^^



PLUTO

(2005-09-14)


<YUKAちゃん所蔵>


さてさて、コレが回ってきたとき、アトムのリメイクと聞いて、どんなもんかと思いました。
「みんなで漫画を回し隊」(すんません勝手に言いました^^)で回ってる漫画はジャンルばらばらではありますが、まあ8割がたいわゆる「少女漫画」なので、また毛色の違う漫画が回ってきたなあとも思いました。

手塚治虫といえばアトムにブラックジャック。私の世代だと子供の頃アニメをみた世代でしょうか。私らよりもうちょっと上になるのかな?

私がアニメで見た記憶があるのは「リボンの騎士」と「メルモちゃん」。メルモちゃんは今でも歌を歌えます。「メルモちゃん、メルモちゃん、メルモちゃん、が持ってる、あーかいキャンディあーおいキャンディしっ、てる、かい^^♪」・・・ああ、歳がばれる。

リボンの騎士はよほど好きだったらしく、うちには8ミリテープまでありました。10分くらいの。もちろん無声で。当時としたら結構高かっただろうに、親ばかですねー!←お前が言うな!!
ブラックジャックはアニメの記憶はないのですが、漫画ではほとんど読んだような記憶があります。


そして。手塚治虫を言えばアトム。・・・なのに。私、アニメを見た記憶もマンガを読んだ記憶もないのです。キャラクターはメインは知ってます。アトムとウランちゃん。お茶の水博士。・・・と、いっつも怒ってる骸骨みたいなの。←なんだそれは!!
でもそれだけ、です。自分でもちょっと不思議。
2、3年前新しくやってたアニメもどれみちゃんだかナージャだかと同じ時間帯だったような・・・?ので残念ながら見てません。

そんな、ほとんど、下敷きにしてるアトム自体を知らないままでコレを読ませていただきました。


面白い!!


原作と比べる事が出来ませんので、コレ単体の感想ですが、めちゃくちゃ面白かったです。
重いテーマでまだ謎だらけの現在ですが(2巻まで読みました)。出てくる人物がみんなとても魅力的で、人間とロボットの共存する世界が不思議でもあり、ひきつけられます。
ロボットと人間が共存・・・ちょっと前に見た「イノセンス」を思い出したり、清水玲子さんの書いたジャックを思い出したり。樹なつみさんのOZとか。
ロボットが人間らしくなる事を求めていったら、最後は人間になるの?どうなんでしょうね。許しあえない人達もいて。SEEDのナチュラルとコーディネイターみたいだなとも思いました。

浦沢直樹さんの書かれたマンガは「20世紀少年」「MONSTER」「MASTERキートン」「YAWARA」「パイナップルARMY」を読んでます。全部自分のと違いますが^^。どれもみんな、とにかく話が上手い。ぐいぐいひきつけられる力があります。
この漫画にももちろんそれをすごく強く感じます。コレからがとてもとても楽しみです。

・・・よろしくYUKAちゃん^^


それにしてもアトムむちゃむちゃかわいいね!彼の存在感が大きくなって、今後が楽しみです。


ふらの牛乳プリン

(2005-09-13)
siyouzenn.jpg


ムーはんがまとめて注文してくれて、今日手にました。

6個入り1680円。ネックは送料。北海道からなので、送料が何と1100円。1680円のもの買うのに送料1100円・・・・。自分ひとりだったら絶対買わない^^!!
なのでこういう機会を作ってくれてムーさんありがとう!!

スプーン持って、食べる気満々なのは娘Bの手です。

ものは昨日ついたのかな?でも今日しかもらいにいけなくて、賞味期限が今日までだよ?との心配なーんて。はっはー!
うちがこんなもの食べ残すはずがないじゃああーリませんか!!

siyougo.jpg



あっちゅー間にホレ、このとーリ^^
コレ、もらってから30分後の光景です。・・・6個入りだよおっかさん・・・。倍あっても今日中になくなること請け合い!←自慢になるかっ!!

とろとろです。舌触りは最高。最初の一口のなめらかさととろとろ優しい味わいは最高です。
一個分としての量は決して多いとは思いませんが、大人にはちょっと甘めだと思います。ので、最後は特にカラメルが濃く残っちゃうという容器上の理由もあり、最後のまで食べると結構「甘!」と思ってしまう。
コレは好みかなあと思うけど、私個人的にはもう少し甘さ控えめが好きです。
後容器がやっぱり細くてちょっと食べにくい・・・。最後らへん、スプーンで書き出す作業が結構面倒です。そこまでして掻き出すなって?・・・すんまへん^^

甘すぎると言いましたが、子供には大好評。プリン大好きなBぞうには大うけ。なんと
クリスマスプレゼントはコレにして」だってさ。6個全部自分で食べたいそうです。・・・・そこまで好きか^^

プリン苦手なさくも、何とか一個弱食べられたので、美味しいのはおいしいようです。カラメルが苦手なので底の方がだめだったみたい。カラメルなかったらAも一本食べられたかも。

ふらのプリン試食会場から中継でお送りました。
現場からは以上です!スタジオの綾小路さーーーん!←誰やねん


チャーリーとチョコレート工場

(2005-09-11)







昨日の最終で見てきました。もうどうなる事かと思いましたがね!まぢで。
6時50分の回が最終で、いろいろアクシデントがあり駐車場に入れたのが40分過ぎ。切符を買ったのは45分過ぎてましたよ。ああ・・・よかった。真剣遠いけど、もっと遅くまでやってる(確か8時20分とかの回があった)ムービックスにしようかと思ったよー。

近所のこの映画館新しくなったということで・・。まあ綺麗、かな。トイレとかは綺麗でした^^廊下鏡張りは勘弁。ただでさえ明るくないんだから私もう少しで、劇中のウィリー・ウォンカ氏ばりに鏡に激突する所でしたよ!!
劇場内は椅子が大きくなってたグー。飲み物ホルダーもついて、全席背中に荷物を引っ掛けるフックや傘置きもありました。TOHOシネマズやムービックスみたいな段々にはなってないのがちょっと残念。初めからそういう風に作られてないからそこまでは改装できなかったのか。
前から4列目だったので、前の人は全く気にならないけどちょっと首が上向かないといけなかったかな。そんなに混んでなかったのに何で4列目?だって7、8組くらいだったと思うよ?受付のおねーちゃんが席決めちゃう方式だから、いいのはいいけど、ちょっと?でした。

さて本編。


星!5つですーーーーー!

もうめちゃくちゃ面白かった。想像以上に面白かった。これいい!最高!DVD出たら絶対買います。映画館でももう一回見たいくらい。

えーと私は原作本こないだ買いました。子供の頃には読んでません。子供の頃読んだ大熊が「面白い」って言ってたので。
今はふうぞうに読み聞かせながら自分も読んでるので、チャーリーが切符手に入れて、ウォンカさんの工場に入ったところまで、しか話の内容を知らない状態で見ました。
結果オーライ。おかげさまでウォンカ氏の工場の中の様子をチャーリー達と一緒にびっくりしながら見れたから。

以下ネタバレしてます。


出てくる人たちがまた、いい!!ジョーじいちゃんなんて、もう想像してたそのまま。挿絵そっくりなんだもん^^だからすんごいよかった。
後のねー、オーガスタスとか4人の子供たちも。
お金持ちでいけ好かないベルーカ(原作本では『イボダラーケ』)なんて綺麗な子なのよ。だけどその意地悪そーーーな顔つきの上手い事(笑)!
チャーリーがね、これまたすんごいかわいい子だった。本編中でも「いい子」なんだけど、本当に、表情とかがかわいくて、4人のお年寄りが溺愛するのがよく分かる!って。
おとーさんとおかーさんは気が弱そうで、でも人がよさそうな。これまたグー。

チャーリー役の子はジョニー・デップと「ネバーランド」で競演してるとか。是非見て見たいと思いましたよ。


そして!ジョニー・デップ!!この人のは「パイレーツ・オブ・カリビアン」「ショコラ」「シザーハンズ」の3つを見てます。
その度に全く違う。見るたびにイメージが変わる。その度に大好きになるのですが、今回も本当に、最高だよ!今はもうこの役の彼が一番好きです。めちゃめちゃいい!

ウィリー・ワンカ氏。
もっと何というか、プラスのイメージに振り切れたおじさんだと思ってました。←原作未読のイメージですよー。
もしくは能天気な変人。
この映画のウィリー・ワンカ氏はもっと複雑。プラスというよりはマイナスに傾いてるかも。結構毒の部分が強いなと思いました。
変人は変人だけどね!エキセントリックな。でもちょっと気が弱くて対人恐怖症的。心に「甘いもの」と「親」に対するトラウマを持ってる。

工場の中はもう・・。夢の世界。異世界。子供が大喜びしそうな世界。いやもちろん私もトリコになりましたが^^。
色のあふれた谷間。草も木も、全部お菓子!滝つぼから流れる川はもちろんチョコレーーート!!ふう、隣で画面に釘付け。彼女が映画に入ったらきっと、オーガスタスのようにチョコレートの川にぼちゃんでしょうよ!
そして秘密基地のような新製品を開発してる開発室(部屋の名前はおぼえてませんー)。薄暗くて見たこともない機械装置がいっぱい。いろいろ見て回りたくて仕方なくなる。
何より受けたのはリスの部屋!訓練されたリスたちがいい胡桃と悪い胡桃を選別しながら皮を見ていく。この部屋が出てきたとき「リス!!」ってびっくりしちゃった。だってりすだよ!?←しつこい^^
こんなとこに出てくるなんて思わないじゃん。
胡桃をこんこんって叩いていい実か悪い実かを選別。ベルーカがリスに捕まって、頭をこんこん。「からっぽだ!」でゴミ箱行きのシーンには本当に大笑いしました。

このベルーカ、自分がにっこりすれば何でも買ってもらえる、手に入れられると信じてる女の子なんですが、コレも大熊と二人で「ふうそっくり・・・」と。帰りの車ではウンパルンパの歌よろしく「ふうのわがまま♪そうさせた犯人は誰だー♪甘やかしてバカ娘にしたのは大熊ー♪」と歌いながら帰ってきました・・・。この母もアホです。

そしてこれも余談ですが、真後ろの席の外人さん、笑いすぎだよ・・・。それも大きな声で。楽しい映画なので、別にいいんですが、「どうしてここで笑う!?」と私らが全く理解できない所でも大笑い。・・やっぱ笑いのツボが違うのか?

本編戻って。
もひとつめっちゃよかったのがウンパ・ルンパ!原作では「ウンパッパ・ルンパッパ人」となっていて、服装や髪形もちょっとイメージが違う感じですが、そんな些細な違いなんて全く気にならないほど、もうコレがいいキャラなのよ。いっぱーい出てくるんだけど、それがまたみんな同じ顔で。一人の子に何か起こる度にどこからともなくわらわら出てきて歌う!踊る!!それがまた・・・。もう、笑わずに居れようか。
彼らの族長と話すウィリー・ウォンカ氏がまた最高でした。


話は原作に忠実に進んでいくのかな?原作半分未読なので私には分かりませんが。ガラスのエレベーターも?
お話は悪い子たちにはそれなりのお仕置きがあって、いい子にはご褒美があって。でもそれだけじゃない。最後にもう一エピソードがあって、誰もが幸せに、それが過剰でなく、足りなくもなく、見てるこちらまでもが幸せになれる、そんな映画でした。


おすすめです!!



ガンダムSEED DESTINY 第47話「ミーア」

(2005-09-10)
・・・総集編は41話でしたっけ?それだって40話過ぎての総集編?とちょっとあきれたものですが。

先週の予告がいかに総集編くさかろうが、でもまさか「47話」でするわけがない、と。信じてた私があほでした・・・。

プチ総集編・・・でしたね。話は進んでないとはいえないけれど。ははは・・・・。


もうこの話が終わるとは

思えない



ここまで戦わないならガンダムと言わないで下さい。ときめもパラレルガンダム・・・とか?
同人ガンダム、とか?ははは。


ラストのラクス、こわい顔でしたねー!そのままEDはいって、「次回ガンダムSEED DESTINY、『ラクス出撃』!その怒り、はじけさせろ!ラクス!!」とかくるのかと思いましたよ。
あのハート付きのピンクのザクでさー。種3つくらいはじけさせちゃってさー、「ぱーんぱーんぱーーーーん!」。
「あれがザク!?」「は、はやい!!」とか他の人に言わせちゃってさー。「いつものラクスじゃない・・・!」ってキラがおびえちゃってさー・・・みたいな事を私と大熊で喋っておりました。


ほか・・・はもう記憶にあんましないです。
ミーアの回想、ここであれだけの時間さいて持ってくるんだから、何かすごく重要な、もっと核心つく内容が含まれているんだと信じてました。・・・信じてた私があほでした・・・ね。
はじけるミーアの喋り、そしてザフトの皆さーーーん!の前で歌う、しな作ったミーア。大熊と二人出た言葉は同じ。「・・・・きも!」


来週、そう、あるんですよね、ああ、来週。
一応、見ます。もうここまで来たら「毒を食らわば皿まで」。今までこのことわざがこんなぴったりくる場面に出会ったことなかったよ。
最終回まで見て、最終回まで感想書きます。


今回こんな毒はいてますが、来週とかに「アスランカッコいー!」とか言ってても石投げないでね^^


角煮

(2005-09-09)
私は知る人ぞ知る肉食人種なので(決して髪が金髪だとか、腕や胸にもじゃもじゃ毛が生えてるという事はございません)、肉の料理は大抵好きです。
焼き肉とか!ステーキとか!・・・・大好きですけど、これはまあちょっと特別な日に外で食べる料理と言う事で・・・。・・・うっとり。
だって外で食べた方が美味しいんだもん。

家で使う肉はやっぱり豚肉と鶏肉が多いです。鶏肉は大熊とよくけんかになりますが^^彼はね、絶対「もも」派なの。私は基本的にはどっちでもいい派。
で、買い物行くじゃん。大抵どこでも「むね」のが安いでしょ?で、まあ用途っちゅーのがあるから、から揚げするならやっぱ「もも」がいいかなあと思うんですが、煮るなら「むね」でもいいじゃん。いや、むしろ「むね」がいい。
揚げた脂身ってかりっとして美味しいけど、煮た「べちょっむにょっ」とした脂身が何より嫌いなので・・。私は。
しかし大熊はんは「いや!とりは脂身が美味しいんだ!脂身がなくてぱさぱさした肉は大嫌いなんだあああああ!」
バトルに次ぐバトル。きっとこのバトルは死ぬまで続くでしょう・・・。まあ大抵私が勝つけどね。だって作るの私だもん。

で、豚。豚肉の味が好きです。肉で一番好きなのは豚かもしれない・・・。炒めても煮ても好きですが、何よりすきなのは角煮、です。だからブロック肉が安いと「かっくにー♪かっくにー♪」とスキップしたくなります。・・・しませんけどね。


で、レシピがね。
私が結婚した時持ってきた料理本にはまず塊のまま炒めて、焼き色つけてから水で、しょうがとかねぎとかと一緒にゆでる。その後取り出して油を軽く落として酒としょうゆと砂糖で煮る。以上。
時間はかかるけど、簡単でまあまあでっしゃろ、と思ってました。

次に何かの本で見た、最初にいっこ分ずつ切ってから焼き目をつけて、それからゆでる。後の手順は一緒、と言うのを試して見ました。これはこれでグー。


そして最近、久しぶりに作るから、と最近はネットでレシピを探すので、ネットで探して見ました。そしたら焼かないでいきなりゆでる、と書いてあってびっくり。
だって最初にまず焼き色つけて味を閉じ込めるっていうのが当たり前だと思ってたので。えっ!?いきなりゆでちゃうの?って。
でももちろんやって見ましたよ^^そしたらね。

とろとろーーーーー!

いや、今まで作った中で一番美味しかった。なんたるさんたる。味もしっかりしみて、何よりやわらかく。
最初に炒めると、炒めないのに比べてやっぱ硬めになるのね・・・。
まあそれは好き好きだけど。
歯ごたえあるのがいい人は炒め方式で。
とろとろがいい人はゆで方式で。

同じ料理でも変えてみると面白いと言う事を発見しました。


皆々様の角煮はどっちですかー?


闇の城 風の魔法

(2005-09-08)



<まみさん蔵>

対象はどこくらいの歳?ヤングアダルトって事はティーンエイジ?
高学年から中学生から、なのか?もうちょっと上か。

いやあ、私が読んでも充分読み応えがあり、話の内容も面白かったです。途中で飽きることなく一気に読めました。

ジャロードの一人称とケイトの一人称が一章ずつ交互にくる書き方なんだけど、それが長くなったり短くなったり。短いと緊迫感が出て、面白くも上手い書き方だなあと思いました。

ただちょっと気になったのは、ジャロードとケイトが好きあう感じが唐突に感じました。急に「好きだ」でちゅーかい、みたいな^^
後、主人公はやっぱり好きでない・・。私こんな事ばっか言ってるな(笑)。何か最近のヤングアダルト向けのお話の主人公は「かんしゃくもち」「自己中」がデフォルトなのかい?と思ってしまいました。

キャラではマッチョがいやだったー!きったねー!女の子たちは嫌いじゃないです。ハナとかターシャとかジェシカ。非常にどこにでも居そうでかわいいじゃんって。

キャラは人それぞれだと思うけど、話の流れはとてもいいです。読みやすく、飽きさせず、面白い。情景とかが細かくて、頭に浮かびやすい。
ほんと、一気に読みました。面白い本をありがとう、まみさん!


ガンダムSEED DESTINY 第46話「真実の歌」

(2005-09-03)
えーと、46話、だよね?
46話?・・・・よんじゅうろくわ?・・でいいの?こんな事してて、いいの?これに一話使っちゃっていいの?

そして何よりも恐ろしい。来週、47話、ですよね?全50話の、47話。
あの予告の、背筋が寒くなるような、

総集編くささは何ですか・・・?

がくがくぶるぶる。

Aパート、特に何も言うことなく、ってより、え?もうAパート終わっちゃったの?まぢで?短くない?って、真剣時計見てしまいました。
薄くない・・・・?

アバンタイトルでアスランとメイリンが生きてたかもしれないっても一瞬で仕舞い。・・もっとこう・・・使いようがあるのでは?

歌は今更ですが、慣れない事はないです・・が、でもやっぱりガンダムの曲と違う。曲としては好き。でもガンダムの曲とは違う。
これ単体で聞いても、絵が浮かばない。
本当にもう今更ですが。・・・残念だわ。いろいろと。
終わりよければすべてよし・・・って言葉もあるのにね・・・。


Bパート。いまいち話の必然性が見えない・・・。

ものすごいするっとムウさんポジションにいるネオ。そんなするって受け入れられるものなのか、どちらも。
たぶんどんな説明されてもわたしは納得できないけどね。前の死んでしまったムウさんが大好きだったわたしとしては。

着せ替えラクスちゃん。ははは・・・。
ラクスに甘い?ラクスの言いなり?なキラくん。はは・・・は。

てっきり狙ってるの、あのグラサンのおねーさんだけだと思ってました。すんごい数いるのに。いろんな角度から狙っていたのでは??????

戦うアスランはかっこいいですが。でもそれだけ。飛んでマス飛んでマス。無駄にオーバーアクションなあなたが好きです(大笑)

きんきらきんので来るのはオッケー何ですか?

くるくるミーアちゃん。かわいそう・・・。これはかわいそうでしたね。最後の自分の写真をラクスに見せて、ラクスが「明るい優しい顔」と言ったのがすごくよかったです。
きっと憧れてたラクスに、なりたくて仕方なかったラクスにそう言われたのは彼女にとって少しは救いになったのではないでしょうか。

この時のキラの顔が・・・こわい。・・こわくないですか?

対するアスラン、このシーンでやたらベビードールの回想が長いのはいかがなものか。せめて雨のシーンを長くしましょうよ・・・。
でもぼろぼろなくアスランが、これまた彼らしくてちょっと、好き。←はいはい、もういいから・・・。

そして予告になるわけですが。
これ、どう終わるの・・・?っつか、まだこの段階で誰と誰がどう戦うのがさっぱり分からん・・・。


今日久しぶりに中島美嘉の「FIND THE WAY」を聞いたんですが、もうこの曲が流れたシーンってどれもこれもすごく重くて痛くて切ない感じで、曲を聞くだけで走馬灯のように(笑)だーーーーーーって、絵が流れるんだけど。今のではないですね。こういうのが。
曲が悪いんでなくてね。なんだかね。・・・あーあって感じ。
もったいない・・・と思ってしまう。いろいろと。


プロフィール

くまきち

  • Author:くまきち
  • くまきち
    ゲームと読書と映画と、その感想を書くことを愛するそこら辺の主婦。基本的にはネタバレありです!ご注意ください。
    ブログ記事に全く関係のないトラックバックは削除させていただきます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。