スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


星の時計のLIDDEL

(2005-08-31)



引越しの時天袋から出てきました。

結婚した時かなりの量のまんがを処分。その時残した本当に好きな本の1冊だったんだなあと。半世紀前の事みたいに語ってますが^^いや、ほんと、結婚してから読んでないもん。天袋にいれっぱなだったから、そんな気分。結婚してもちろん半世紀たってるってわけでなくね。←いくつだよ!!

ハードカバーの重い本です。全3巻。こんな本を買えた私は金持ちだったのか(笑)?たぶん高校生くらいの時に買ったんだと思うんだけど。
それにしても寝て読むにはちと辛い・・・。

しんしんと進む話。淡々と、というよりしんしんと。
夜の静けさが似合う本。夢の話だからか?
夢にとらわれる話。夢が恋してるのか、夢に恋してるのか。

書き文字多し!!難解・・というわけではないのか、どこか哲学的。
別の漫画だったと思うけど、ある人が夢に出てくるって、「夢を見る人がその人の事を想ってるから」って普通はとるだろうに、夢に出て来る人が想ってるから相手に夢を「見さす」なんて不思議な考え方、なんて文を見たことがあるような気がします。
不思議に甘ったるい感じだよなあと。相手に夢を見さすって。

この本では恋をしたのはどっち?

子供の頃から同じ夢を見続けるヒュー。そのヒューに出会って恋する(もしくは囚われる)ウラジーミルとヴィ。
ヴィは彼からはなれて自分の道を進んでいく。ウラジーミルはとことん彼に付き合って、とうとう彼の「夢の家」を現実に見つける。夢に出てくる少女は100年も昔に生きてた少女だった。

オカルトでないですよー。

映画のようです。一つ一つのシーンが。空気が澄んでる。透き通ってて、キレイ。ラストも。キレイ過ぎて悲しくなるほど。

言葉の一つ一つが考え深い。言葉遊びみたいで面白いです。
絵もね、特別派手でも地味でもないのに、すんごい印象深い、奥深い感じの絵です。

きっと今の自分が出会ったなら買わないだろう本。
こういう難しげで、純粋なものが好きだった自分をちょっと思い出しました^^

アマゾンで3だけ買えないのは何でなんでしょうねえ?最終巻ないって問題じゃん!・・と思いながらくっつけて見ました^^。

近くの古本屋で3倍くらいの値段がついてたのは初版だからかな?普通にアマゾンで買える本だもんね。
その3倍の値段に一瞬ふらっと来たけど(きたんかい!!)、売りません。やっぱる持ってたい本だから。
ちなみに私のは1、2が4版で、3だけが初版です。なんか完結記念ピンナップカードなるものが3枚入ってて束になったままはさまれてるんだけど、裏に茶色いシミが出てて、すんごい年月を感じました。やーねー。

追記と訂正:アマゾンで買えるのは新品じゃないみたいだった。ユーズドの方が何で高いのかと思ってたら、新品はないのか!
納得。・・だから3がないんですね。・・失礼しました。
スポンサーサイト


S・A

(2005-08-29)



今はまってる漫画。まみさん所蔵。

はまりすぎて買ってしまいそうで怖い。ちょっとまて!待つんだくまきち!どうどう。

何がこんなに惹かれるんだか分かりませんが、ものすごく好きです。
話が分かりやすい。絵が癖はあるけど好み。あちこちにちりばめられた小技のセンスが好き。等々。

金持ちばかりの行く名門白選館高校で成績TOPの7人しか入れないクラス、通称SA(スペシャルエー)の7人の話。

この7人の金持ち具合がありえない(笑)!!いや、小市民なくまの範疇を越えているというだけで、現実こういう人達もいるんだろうけど、私にとってはもはやファンタジーの域だよ。そこがいい。
慧や光の非人間具合がありえない!!もはや超人。そこがいい!

何をやらせてもアンドロイドみたいにパーペキ(表現古くてすんません)な慧。なのに光にだけは違う。←そそられまへんか^^?
どんな事にも猪突猛進、一所懸命、体力なんかは超人。そして慧の気持ちに気付かない超人並みの鈍感さ。←そそられませんか?

私は思いっきりそそられます。

残りの5人、女の子が大好きな明(おなごです)、明に殴られるのが好きな(ちょっと違うか?)宙、ぽわぽわ双子の純と芽、その双子にぞっこん愛されてる常識人の竜。このキャラがまた濃い!いい!面白い!

話のノリもよく、毎回面白いです。コミックで読む分には。
やっぱ雑誌で毎回読んでる感じとコミックでまとめて読む感じとはどうしても違うからね。雑誌は読まないので分かりませんが。光の鈍さにいらいらする、という意見もよく掲示板では目にしますので。コミックで読む分にはなあ・・・あんまり気にならないけどなあ・・・。

明も大好きなんですが、明には宙でしょう・・・というのが公っぽいし、大多数の意見ぽいのですが、私はあえてそこを八尋、明でいかないものかと期待しております。
やな奴なんだけどね。八尋。でもああいうキャラ、好きなのよ(笑)
とことん少数民族ですんまへん。


最新刊の4巻もなめるように(やめれ)拝見させていただきました。面白かったー。特に八尋と明の話が。
でも唯に対する明の最後の処置は、不必要たっだような。ちょっと嫌味かな、と。そんなふうにコロコロ変えられてしまう唯のとーちゃんの立場は!?とか、ファンタジーと言いつつ常識な事を考えてしまったよ^^。まあいいけれど。八尋のせいだったならそうする事は「あり」だと思うけどね。


なぞと。これからもムッチャ楽しみです。光が気付く日は来るのか!?Xデーはいつだ!!を楽しみに^^まみさんよろしく。←人頼み!!


私は基本的にストーリーのちゃんと進んでる話が好きです。しっかりラストが見えてて(私にも分かるって事じゃなくて)、そこに向かって話が進んでいく。
そうでない、今日はこんな事があった、次の日もこんな事があった、とーちゃんの昔の話、サブキャラの昔の話・・・なんて風にエピソードばかりが延延続いていって、話の「筋」はどこにあるの!?って言うのが苦手・・・です。
「っポイ」とか。最近「桜蘭高校」もそんな感じになっていってはいませんか?
これも両方とても人気があるので、面白いと思う人が多いって事だよね。・・・・少数民族のたわごと・・と聞き流してくださいまし^^


ガンダムSEED DESTINY 第45話「変革の序曲」

(2005-08-27)
タイトル見て改めて「序曲」なんですね。ほうほう。


この話の行き先がいまだ見えない・・・。いいのかこれで。
何というか、何と言えばいいのか。とにかく私の求めているものとは大きく違っている事だけは確かです。
次こそこうなるのかな?次こそ・・と思い続けて幾星霜。裏切られ続ける事に慣れた、というよりも、もうどうでもいいや、と半分思い始めてきた・・・かもしれない。
それでも「次こそは」とまだ思ってる自分がいることは知ってます。
けなげな私・・・(大笑)


OP。カガリが消えてネオになってた・・・。ムウと呼びたくないのは許してください。許せんのじゃ、やっぱり。説明もなくちゃっかりそこにいるのが。


今回、絵がいまいちでがっかり。顔おかしくなかとですか?変だよー。

戦いシーン、待ちかねた宇宙での戦いなのに、いまいち。
それにしてもビーム跳ね返す奴、あっちでもこっちでもみーーーんな持ってて希少価値なし。そんでもって手強かったんと違うのか?どいつもこいつもあっさり突き破って、意味なし。
前回のフォビドゥンのビーム曲げる奴の方が意味があって最後まで上手く使えてたような気がするんですが。


デストロイもね。量産型テストロイですカー?


レイ、きつーーーい。ルナに対して。邪魔なの?でも二人がくっついてるのは認めてるっぽいよね。
そしてゆらゆらくっつくシンとルナ。恋愛「ごっこ」と見えてしまうのが何とも。
でもこの出撃シーン。「君は守る」とか、前回のカガリとアスランのシーンに似てるのが悲しいかったです。あの二人の時はもう本当に、地団太踏むほど、床ごろごろ転げまわるほど好きなシーンだったのに。←おかしな人ですから・・・。
この二人だと死臭がぷんぷんして怖かったよう。本当に、2射目、打たれようとしてるとき手に汗握ってたもん。ルナが死んでまうーーーーー!って怖かったです。


今回初めてデスティニーがかっこよく発進するの見た気が致します。
レイのドラグーンも初お目見えですね。でもどう見てもレジェンドはプロビデンス。
デスティニーがピンクやらブルーやらキラキラしててやたらきれいでしたよ。女の子向け(笑)?
ルナもその射撃、ジブに向けてくれればよかったねえ。


レイがあそこで待ってるように見えたとき、顔が黒くて、ルナが成果あげずに逃げて来ないように見張ってるのかと思いましたがー^^
待ってたんですか?読んでた?ジブが出てくるの。黒いけど、さすがなレイでした。


アスランたちは何だか、うーん。
先週も書きましたが、なんか余裕あるよね、この人たち。考えるのは大事な事だけど、やっぱ一段階上から何でもしてる。
で、これから何しに行くの?情報収集って・・・あんた。この期に及んで。
オーブ軍になって。それで?
今はデュランダル、何も悪い事してないんだよね。ジブは悪い。そしてジブを打ったのも正しい。自分達の故郷壊されて、正当防衛といえるし。
で、今から何しに行くの?
この期に及んでそれが見えない。いいのかそれで。


とストーリーについてつらつらと語ってみましたが、今回の一番のヒットとショック。
ヒットはやっぱ予告でしょ!

悲しき涙、忘れるなハロ!!

・・・・ハロと来たかーーーーーー!さくふう、来週はハロがいっぱい出てきて大活躍!と信じてますですよ。いいのか!?ハロ!!
私は「今週のびっくりドッキリメカーーー!」ってAAの鼻面から「はーろっ!はーろっ!」とわんさか出てくるハロを想像してしまいました。・・・・どっちも間違ってます。特に後の人、年ばれますよ!

ショックは。
カガリーーーーーー!!指輪がない・・・。がっちょーーーん!極めつけ、メイリンに「あいつのこと頼むな」・・・って。アスラン、とうとう三行半ですか・・・?
そんなこと求めテナーーーーイ!!認めたくない!ミトメタクナーーーーイ!!
アスランと、カガリがくっついてるのが好きなんだよーーウ。めそめそ。これだけはちょっとショックで夜も寝られそうにないことないです。
ぐーーーー。


来週はちょっと絵がきれいそうでアスランがかっこよさそうで、もう、そこら辺だけ楽しみにしとこ。多くは期待すまい!く!←涙をこらえている。


フェリシモ第3弾 窓拭きモップ

(2005-08-24)
moppu.jpg




正式名称は「ママにキス 窓がすみずみまできれいになる快適モップの会」850円なり

TOP写真、新しいのを撮ればいいのにとり忘れたので、ちょっと汚れたモップです^^。

マイクロファイバー素材がさっと水を吸収、繊維残りせず窓はピカピカ。V字になってるから窓のサンもラクラクお掃除。

だ、そうです。ので!使ってみました。

窓、結露するこれからの季節にその真価を発揮するらしいですよ。今は結露の「け」の字もないので^^霧吹きで水気を足して(大笑)拭いてみました。
確かにきれいにはなりますね。ただ繊維残りはそれなりにすると思うぞ?雑巾で拭いた後程度には。そこをもう一回すくう様にこすると取れるので、まあそんなむちゃくちゃ気になるというほどでもないですが。


サンはうちのには少なくとも入りませんでした。太すぎて。一番太い場所に何とか入るもののごみが取れるのは真ん中だけ、角の方とかは全く無理でした。
ここってすごく掃除しにくいでしょ。だからここをこそ期待してたのに、ちゃんとできなくてちょっとがっかり。


網戸。これは期待半分。少なくともセールストークには「網戸もキレイに」なんてどこにも書いてないからね^^
網戸も掃除しにくいところでしょ。どうかなあって。
しかし、これは期待以上に落ちました。汚れがぽろぽろっと落ちるので、後で掃除機しなきゃいけないけど、まあまあ満足する仕上がり。

後は洗面所の鏡こすったり^^洗濯機の中蓋が汚れてたのでこすったり。あちこち面白がってこすってみましたが、お水を絞った雑巾で拭いても差し支えない所はどこでも使えますしきれいになります。
モップは取り外しオッケーで、石鹸とかで洗えますので使い捨てではないです。


評価。これも一つ二つあってもオッケーな、まあまあ使えるグッズではないかと。


私は基本的に使い捨てのものばかり買ってます。フォローリングシート(キッチンマット)とかアルミのガスレンジの下に敷くシートとか、換気扇フィルターとか。
こういう使い捨てのものって、スーパーやホームセンターだと「ぎんいろ!」とかでかわいくない。フェリシモのはとにかくかわいい。のでお気に入り。スーパーで買うより多少割高にはなるけど、月に数百円の贅沢くらいさせて(笑)。キッチンってそれなりに使う場所だから。

キッチンマットは汚れたら捨てられるので気に入ってますが、月750円は高い・・・かな?ちゃんと洗えるのを買うべき^^?これはちょっとお悩み中。


フェリシモシリーズ第2弾

(2005-08-23)
sakana.jpg



写真じゃ「モザイク・・?」って感じで何が何だかさっぱり分かりませんが^^(ならつけるなー!)、お魚焼く石です。なんてシンプルな説明・・・。


正式名称は「ママにキス お手入れラクラク 魚が美味しく焼ける石の会」です。・・・長いっちゅーの。値段は一袋550円なり。


これ買ったのは1ヶ月ほど前・・かな?
フェリシモでなくてもあちこちで売ってるよね。お店で見たことはあるかなあ?私が見たことあるのはベルメゾンとか、通販でいくつか見たような。


どんななんだ!?本当に水はいらないのか!?何より何回か使えるってことは一回一回変えないんでしょ?一番気になるにおいはどうなんだー!と、興味は引かれつつも手を出す事をためらっていたくまきち。
今回だめもとで!と手を出してみました。


ガスレンジのお魚焼きグリルにアルミホイルを敷いて、その上に一袋ザラザラザラアスランザラとまんべんなく敷き詰めるだけ。(ごめんなさいごめんなさい)


遠赤効果で外はパリパリ中はふっくら・・・と書いてありますが、水で焼くのと比べて「おお!これは間違いなく違う焼き上がりだ!!」と実感できるほどの差は私には分からなかったです。すんません。

個人的な感想ですが(注意書きとしては書いてなかったと思うので。ただ袋などとおの昔に捨ててしまったので定かでないです))、焼き上がりが早い、よく焼ける、と思いました。ので、水と同じ感覚で放っておくと、焼きすぎちゃうかも。←実際やった(笑)

実感できたのは後の手間。下の部分は軽くかき混ぜるだけでいいので洗うのは上の網だけでいいです。


これは楽だ!


そんでもってにおい、ですが、これ、はっきり言ってあんまり期待してなかったんですが・・・。
とんでもぎっちょん、におわん。
本当ににおわん。いや参りました。嘘でなかったんですね^^魚焼いた後のにおいが嫌いだったんですが、これは優れもの。


そんでもって、最後、汚れて取り替えるとき、植木鉢に入れると土壌改良剤になるとか。こりゃこりゃたまげた。便利なもんじゃのう・・・。


週に2、3回焼き魚するとか言うご家庭でどのくらい持つのか分かりませんが、せいぜい多くて週一くらいの我が家では当分まだまだいけそうです。
これで550円はお得と見ましたがいかに!?


フェリシモのお洗濯グッズ収納袋の会

(2005-08-22)
sentaku.jpg


・・・なんだ?正式名称分かったら追記します。
分かりました。「たっぷりポケットで使いやすいお洗濯グッズ収納袋の会」
・・・フェリシモのこのジュゲムのようなネーミングは何とかなりませんか(笑)

洗濯グッズを収納できるブツ。
付属のハンガーがついてるのでそこら辺につるせます。でかいです。思ったより大きくて、マチも広く、収納力がかなりあります。


見た目もかわいく、思ってたよりずっとよかったです。
うちの普通サイズハンガー10本くらい、子供サイズハンガー10本くらい、布団はさみ、洗濯バサミ、入れてもまた余裕あります。


洗濯グッズだけでなく、おもちゃや小物の収納にも使えそう。もう一個買おうかなあと画策中。
値段もあとで追記します^^値段はひとつ1300円です。


ガンダムSEED DESTINY 第44話「ふたりのラクス」

(2005-08-21)
期待していたのとは・・・ちょっと違ってた、というのが最初の感想ですか。
もっと期待してた、というか、期待してた方向と違う方向へ進む話だったんだよー。あり?って感じ。



もっと直接対決っぽくなるかと思ったけど、ミーアは早々に戦線離脱。そしてラクスの言った事って、彼女らしい言い方ではあるけど、この期に及んで疑問を投げかけられても・・・。それこそ混乱させるだけではあるまいか。
ミーアが偽者だってことは言う必要があったとは思うけど。
議長の広報部長としてのラクスの声と姿に惑わされないで、ってね。でもじゃあ本物はAAとオーブにいるよって。後は自分で判断しろって。もっと早い段階ならまだしも、この期に及んで?と思ってしまうのですよ。


用無しですか?ミーア。議長は全く責めず優しい言葉で戦力外通告ですか。優しい言葉なのに黒っぽい。黒っぽいけど来週のミーアはバカンスな場所でビキニだし^^ひどい事されてるわけでなく。じゃあ議長は白?
めざすのがデスティニープランだから黒?何だかこの期に及んで混乱中のわたくしでございます。
ただ戦力外を言い渡しシーンの議長の言葉はものすごく過去形だよねー。「君の事は皆忘れはしないさ」みたいな。優しげな声と笑顔でね。
絶対的な黒、と思えないだけに、ぞくぞくと怖さが這い登るのでございます。


レイの「本物ならすべて正しくて偽者は悪なのか?」発言は前回の「クルーゼの秘密」に当たる今回の謎解きの鍵的な発言?と思えますが、いまいち興味ないのでスルーで。←いいんか!!


レクイエム、は怖かった。もういきなり首都狙いだったね・・。小物だと思ってたジブ、こんなものを隠し持っていたとは。
地球にユニウスセブンが落ちてきたときの描写よりも怖かった。こんな事が出来てしまうんだ・・・。人が人に対してここまで恐ろしい事ができてしまうんだって。非常に見てて怖かったです。


イザークは。いつもこんな場面の出くわしてる気がする。守りたくて守れない。でもそれでも自分に出来る事を必死にしようとしてる彼に好感。


レイは情報早いですね。非常に詳細な。「ジブを逃がした自分達の責任」という。シンは逃がしたのは・・とAAとジャスティスを回想。責任転嫁?ともいえるし、でもそういう考え方もあるじゃんとも思ってしまう。現実にオーブは匿ってて、確保することなく逃がしてしまったんだから。
大熊言うには「射撃の下手なルナのせいだろ」って。もちろんそういう考え方もある(笑)


ミネルバ羽ついてたね^^


AAもやっと宇宙に上がります。ああ・・・これを待ちかねて幾星霜。やっと!宇宙だーーーー!・・・って、もう終わっちゃうじゃーーーーーん!!がくり。

「自分の出来ることを必死にする」って言うのがAA側には欠けてるような気がして(特に「必死に」っていう部分。ちょっと一段高いところから余裕持って、いろんな事してたように見える)、いまいち気分的に味方として見れなかった(笑)けど、今回のラスト、久しぶりにアスランあつかったっすね!

どーでもいいけど、ネオさん、なんの違和感もなくムウポジションにいらっしゃいますね。

ただ、「弱ければ叶わない、後悔が怒りに変わったとき、再び目覚めるものは」という言葉にちょっとひっかかり。
じゃあやっぱり力なのか?って取れませんか?

本編ラストの議長の余裕の笑みが気になる・・・。実はあの人、レクイエムに匹敵するもの持ってそう・・・。怖いよーーー。


ガンダムシードデスティニー 43話「反撃の声」

(2005-08-13)
ああ・・・・。何でカタカナやねん。がくり!
帰省中のじじパソからこんにちわ。変換がうちのと全く違うのでよーわからーーーん!しくしく。

気を取り直して。

つらつらと見てました。気付いたところだけ。


今週のに御言葉はなんと言っても、

わたくしはラクス・クライン

ですわ



に、けってーーーーい!ですわ。


えーと、前半。相変わらずの回想王アスラン。何だか「間違い探し」の気がしてきました。この場面での回想として適切でないものを探せ!・・・みたいな。そんな事ないですか?
シード43話のカガリぎゅうとか、今は関係ないのでは?


なんて思いつつ。ずっと戦闘シーンなのに。何だかいまいちだわーなんて思いながら、背もたれにしてた布団に半分埋もれて見てました。


私がその布団からガバ!と起きたのは、さあ何処でしょう?なんて分かりますネー?

アスラン種割れキターーーーーー!


ホントにホントにわかりやすーてすんまへん・・・。

よーーーしゃよっしゃよっしゃ!と、ムツゴロウ撫でをしてやりたくてたまりませんでしたね。
「私にもスカイグラスパー貸してーー!!」と叫びたかったです。


ああ、これを待ちかねて幾星霜。でも・・・せっかくガバチョと起きあがったのに一瞬で終わってしまいました。しょんぼり。


ムウさん・・。ああ、あなたとうとうご自身で認めてしまったのね。そこに至までの過程はちゃんとクリアにされるのでしょうか・・・・。っつか、ムウさんと分かった時点で何かさめた。がっくり。そうじゃないでいて欲しかったから。
喜んで見てらっしゃる方のが多いでしょうに、こんな少数民族な感想でごめんなさい・・・。


あとはー・・・。
うーん、アスランが一生懸命語りかけてたのが「がんばってるなあ・・・」と。最後血みどろでどびっくりしましたが。
種割れと同時に傷まで割れましたか。ぱかっとな。


ところでユウナ・・・。もしやあそこで下敷き・・・?それで終い・・・?
いや・・・嫌いなキャラではありましたが、それはあまりにご無体な・・・。


かがり、男前なてきぱきど。撃墜してもいい!って・・ちょっと男前すぎませんか?とちらりと思いました。


キラとラクスはいるだけでラブラブ光線出しまくり。あらまあまあ。ぎゅうするかがりの居ないアスランは可哀想。メイリンはねえ・・・。どうなっちゃうのかねえ・・・。


そしてラスト、演説するかがりは格好いい。割り込むミーア。その前の涙はなに?
そして「いくよ」で再び電波ジャック。キラがなんかしたんですかね。確か彼の趣味はハッキングだとか何とか・・・?


でもラストのラクスの出てくるところすんごいかっこよかった!!
ぞわぞわぞわってきた!よっしゃー!ラクスきたーーー!!


次回二人のラクス、とても楽しみざんす。
待ちに待った宇宙ですか?ほんとにもう・・・。地球長すぎ。はやく宇宙に出て欲しかった。ガンダムはやっぱり宇宙で戦ってこそなんぼでしょう!・・って私個人の希望ですが^^
でもやっと!!やっとかー!
44話・・・。涙。


君の黒い羽根2 君の白い羽根2

(2005-08-12)







末次由紀


この方の本は最近私が買う限り余りはずれがないので買うことにします。
これはシリーズもので短編集。一話完結。


黒い羽根、が悪魔もの。白い羽根、が天使もの。
どっちも人の「死」にまつわる話になってしまうので、重い・・。どう転んでも良かったね良かったねでは終われないからね。


黒い羽根。
つらつらと。内容詳しくは書きませんが^^


いじめられて自殺した女の子の話。黒い羽根ではこの話が一番好きかも。やな奴いっぱいだけどね。でもいい子がでてくると救われる。
この子の「ホイミ!」がめちゃめちゃかわいかったです。このホイミの使い方がうまいなあと思いました。場面の見せ方がうまい人だよね。

後2編は・・・最後の話で天使が出てくるところが好き。これも場面が綺麗。事故の話は普通・・・でした。

まあ全体的に普通の読めるけど、エデンとか100パーセントみたいに「好きー!」とは思えず。「死」メインに出てくるからもあるだろうけど。


白い羽根


最初の話。これが何処かで「電車男のパクリ!」と責められてた奴かなあ?と。その時はこの話を読んでないからそんな似てるの?そっくりなの?そりゃいかんかもなあとかのんきな感想でした。
で、実際読んでみて。

・・・似てるか?うーーん?電車で助けようとする、電話をかける、ってシチュが?まあありがちって言えばありがち?モチーフにしましたって言われればそうかなあ程度で。
私モチーフとパクリの線引きが分かりませんので何とも。
でも話の流れ自体全く違うし、そこだけではないですか?似てるの。この話だけ見たら全く思わなかったと思う。電車男読んでてもね。私はね。
ゲーマーな男の子と天使の関わりがすっごいよかったです。
白い、の中では一番好き。


次はー・・・。ちょっと一回読んだらもう良いです。子持ちには辛すぎる内容じゃよ・・・。ママの顔怖いよう・・・!がくがく。


最後の話、私はこっちのが似てると思いました。題忘れちゃったけど、片道切符のどっかの巻に入ってた話と。
でもまあよくある話と言えばそうなの・・・か?
ただ、参考にした、全く意図せず似てしまった、意図的にパクった、の線引きって難しくないですか?
「空に太陽がある限り」と「いきにやろうぜいきによ」とかね。あちこちで「パクッタパクッタ」と叩かれていらっしゃるのは見ましたが、主人公のキャラが似てるだけじゃん。話の筋似てないじゃん。・・・と私個人としては思ったしね。
そして、似てる!と思う方にはどこもかしこもが「パクった」と見えるのだろうし、そこはもう受け取り側の主観だしなあ。

と言うわけで、この話は私も似てる!話の筋も前半似てる・・ような?と思いましたが、天使の使い方と後半がすごくよくって、私は好きな話でした。

読んだ方が判断して下さいませ。


マーガレット

(2005-08-11)
↓花ゆめに続いて帰省中の暇つぶし第2段。マーガレット17号です。

マーガレット買うのなんて何年ぶり!?結構短い期間だけど一時期買ってました。いつだっけな。花ゆめは中学から高校まで買ってましたけどねー。マーガレットは多分一年も買ってなかったのでは?なので時期が特定できんとです^^。


表紙めくっていきなりのカラーページが「もて水着テク!!」
「オールマイティの男子もてを狙うのなら」・・・・・男子(だんし)・・・。懐かしい響きだ^^


なんというか、レベルがぱかっと別れた雑誌でした。前半は普通に読める。きれいな絵。読みやすい話。ああ、この辺が売れてるのね、わかりやすい。
後半は・・・絵が・・・。稚拙というか何というか。話も「はあ・・・」って感じで。
対象年齢花ゆめと同等だよね・・・?でも私にはマーガレットの方が年齢層低め?と感じました。でもその割に変に女の子の胸強調したり、エッチ臭い漫画があったり。何かちぐはぐな雑誌。対象をどんな層にしてるのか謎。
花ゆめのが雑誌としてまとまってると思いながら読ませていただきました。


パフェちっく
ああ、綺麗な絵だ。読みやすい話だ。好きなんだけど、コミックで読んだら本当に気にならないとは思うけど、雑誌でみたら同じ様な展開・・・に見えてしまう。ちょっとまんねり?落としどころが分かってるなら良いけど。


学校のお時間
なかよしっぽい絵だなあ・・・と何となく思いました。別にマーガレットでもいいんだけど。話はまあまあよくあるパターンで。それなりに続けて読んだら面白そう。絵が私はちょっと苦手だなあ。


ハツカレ
これも安定してる、綺麗な見やすい絵と話。いぶしがどんどんパワーアップ。チロとしては自分はちゃんと分けて接してるつもりなんだろうけど、はしもと君から見たら気が気でないと言うところで^^かわいいです。これもまだまだ終わりそうにないのう・・・。好きな話なのでそれで結構でございますが。


ブロンズ
そういえばこれの前の「絶愛」が載ってる頃買ってましたよ!!マーガレット。いつ頃でしょうね^^
これはあらすじブックがついてたのでまじめに読んでみました。・・・よくもここまで暗い話を・・・。マーガレット英断か(笑)!?思いっ切り浮いてます。


おとなりはペケペケ
芸能人の男の子と、普通の高校生の子がくっつく話・・・。だと思う。女の子は男の子のマネージャーに片思いしてたんだけど、失恋。だんだん芸能人の男の子と仲良くなって・・・みたいな。
絵も見やすくかわいらしく。ちょっと興味を引かれました。


欲情Cマックス
何かしらんがどろどろっぽい話。
びんぼーな主人公は近所の金持ちのうちに使用人として働くことに。そこの一人息子とどーのこーの。←ここまではソーバッドみたいだよねー。
これに主人公の弟が「好きだ!」とか言い出して。実は兄弟ではなかったけど、何とびっくり金持ちの息子の方と兄弟だった、と。どうなるのかちょっと気になるけど、でもどろどろは嫌だなあ・・・。微妙な感じ。
絵は濃いけど綺麗だと思います。


純愛カロリー燃焼系
昔「なかよし」であった(ちなみに私が買ってた頃です・・・・何十年前だよ!!)ハウツーモノみたい。「ここで私が使った卵シャンプーの作り方を紹介するね!はあと!」みたいな^^
うんちくたれの弟が、ジョギングの仕方からお風呂の入り方からカロリー計算までしてくれます。・・・便利な弟じゃ。
それなりに楽しく読めるのでは無かろうかと。


チェリー
コマの書き方が独特。雰囲気も独特。絵は読みにくいほど個性的ではないけど、話、ここまで全く分からない話も珍しいのでは?
読み終わった感想は「・・・・・」。最後男同士のちゅーで終わってましたが、そういう話なの?それすら分からず。???????


ウロボロスの輪
原作付きのミステリー。話は「ほうほう」程度。
絵がすんごい、古い・・ってわけでもないかもしれないけど、目が昔の少年漫画みたいだなあと思いました。


ラブ・モンスター
絵は決してうまくない、訳ではないのでしょうが。感想は「なんじゃあ!こりゃあ!」
男女の体格差、あり得ない。イエティが小学生の女の子だっこしてるみたい。←雰囲気で分かって・・・!
そんな華奢な女の子のくせに胸とかぼよんぼよんしてて妙にいやらしく、私は嫌悪感をもちました。生理的にうけつけん。・・・すんません、この方の描く絵は嫌いです。


ミックスベジタブル
一番最初で分けた「読める前半」「読めない後半」はウロボロスで分かれるんですが、これは後半では唯一「読める」部類でした。
絵が綺麗。私の好み。男の子もかっこよく。ただ話がちょっと薄め・・・?まあそれはこれからの展開でどーとでもなるかな?と、優先順位こそ高くはないけど私のウィッシュリストにちょっと上げときます(笑)


月のしっぽ
絵がダメだ!話はしっかり読むと面白いのかも・・・・・よ?


この家できみと
これはまあまあふつうに。でもあんまし記憶にも残らず。


恋する勇者達
・・・絵が稚拙・・・。


新アタックナンバー1
「なかよし」かと思っちゃいました。対象年齢はこの雑誌であってますカー?



と、まあ好き勝手に書きましたが、本当に私個人の雑感なので、その辺りはご容赦下さい。


もう一冊くらい買ってみようかな^^・・・←まだ買うか!!


花とゆめ

(2005-08-10)
雑誌。普段は1冊も買いませんが(コミックでまとめて好きなのだけ読むから)、帰省中は何となく暇つぶしに買ってしまいます。これで新しいの開拓したりね^^
なんて研究熱心な私!!
このまめさを他の事に・・・。言っても詮無いことなのか・・・。


と言うわけでつらつらと感想。
連載漫画ばっかなのでよく分からないの多いですがね^^←意味無いじゃん!


フェロモマニア
いつものテンション。面白かったです。
今回は出産ネタでした。この出産ネタは結構リアル。普通に読めました。
しかしおまけのブックカバー・・・。ほとり(変換でず)の恰好はまだ許せるが、けいし(変換でません・・)の半裸は勘弁。一体どんな人がこれをブックカバーに使えるというのか、これを考えた人と膝をつき合わせてとことん議論してみたい。


V・Bローズ
絵が・・・いまいち、かな?話はまあ「ほうほう」と言う感じ。それ以上でもそれ以下でもなく。


学園アリス
さくも食い入るように見てました。好きみたい^^
とてもかわいらしい○○シーンがあって(仲間内で買ってる人がいるのであえて書きませんが)、ほのぼの。個人的に「かくかくしかじかつのしかー」なコマが好きです。買ってから見てみて下さい。


スキップビート
仲間内で買ってる人がいるので・・・って私だーーー!!
ダークムーンのドラマ真っ最中です。蓮が、以前ローリイに指摘された「濃い恋愛が表現できない」という点で詰まってるみたい。というか、それをちょっと抜けた所みたいです。ホストのような色気ばりばり^^。
でもいきなり一面バン!!な、蓮の顔はやっぱり長いです(笑)。インパクトありまくり。


しゃにむにゴー
絵が特別受け付けないわけでもないのに、読めませんでした。途中から入っていくのがちょっと難しそうな漫画。


親指からロマンス
思いっ切り学園モノ。少女漫画だ。←そりゃそうだ。
絵はまあ・・・普通だけど、かわいらしい感じで。ちょっと続きが気になる。


妖精標本
多分買うのであえて読みませんでした。でもこれも途中から読むにはものすごく排他的な漫画だよな・・・と思いました。


エス・エー(じーちゃんのパソコン、変換がめんどくさいのでこのままで)
こういうパターンが続きすぎるとちょっとマンネリかなと思いつつ、でも好き。光にぶすぎ!でもお約束で現れる慧がいいです。好きです。早くコミックでまとめて読みたいなあ・・・。8月19日なのでまみさんよろしく^^。


シュガープリンセス
・・・どうしちゃったの・・・?と愕然としたこの漫画。「花ざかり」を全巻持ってる私には衝撃。花ざかりも確かに後半絵が崩れてきてるなあとは思ってたけど。でも絵の崩れよりも作者のやる気のなさが伝わってくる方が気になったなあ。
じゃなくて、これ。この作者は絵、ありきだと思うんですよ。話よりもまず絵。だってきれいだったもん。カラーも綺麗な感じで。うまいなあって思って、その絵に惹かれてたのに。
・・・主人公の女の子の顔はなんじゃ!?平ぺったくて宇宙人みたい。画面が白いのは・・・、まあ昔からと言えばそうかなあ?でも話がなんかすごく変なとこで終わってて(そこ、明らかに途中だろ!ってとこ。引きですらなく)、ページ数も明らかに少なくて、もし?落としたの?って聞きたくなるような。
やる気無いんですかね。なんか・・・。変な漫画でした。


幸福喫茶3丁目
これもシンプルでかわいらしい、花ゆめらしい絵柄と拝見しました。
少女まんがー。
口数少ないブアイソな男の子がかっこよく。←たいがい好きやな、私も。こういうタイプ^^。


ゴールデンアイず
これは私ダメでした。受け付けず。
絵がダメ、話もダメ。手書きの書き文字みたいのも読みにくく。すんません。リタイヤ。


まなびや3人吉三
主人公の女の子があんまりかわいくなく見えてしまい、ちょっとダメかも。方言話す女の子って今まで無条件に好きだったけど、これはちょっと浮いてる感じ。うーん?なぜ?絵はこの人きれいなんだけどねえ。


ゲームラッシュ
これも途中から入りにくい感じの話なのでちゃんと読んでません。絵はそれなりに好きっぽい。でも話はあんまり好きっぽくなかったです。


以上つらつらと。それなりに面白く読めました。又帰省した時にでも買ってるかも知れません。いつだよ(笑)!!お正月ですね。

非常に個人的な雑感なので、個人的に好きでないモノについてはご容赦下さい。


実はこっそり今日マーガレットも買ってしまったので、又近々こっそり書いてるかも知れません^^


ガンダムSEED DESTINY 42話「自由と正義と」

(2005-08-07)
一週おいて続き来ましたー。
結構期待してました。
面白くない事はなかったです。なんて微妙な言い回し・・・^^。
DESTINYになってから感じる事が多いのですが、話のつくり、ヘタ?いや、前のSEEDの話の作りが上手いとは思わないけど、それでもちゃんと、盛り上げるとこは盛り上げて、こう「ぐわし!!」と胸倉捕まれるみたいなときめきがあったのに、今回それが本当にない。
シチュエーションとしてはそうなってもおかしくない要素はあちこちにあるのに。私の「ツボ」が変わってしまったのかどうだか分かりませんが。
こないだの「黄金の意志」、だっけ。あれももっともっと盛り上げられそうなのに。「暁の宇宙へ」(タイトルあやふやですが)みたいに、私を号泣させられる要素はてんこ盛りにあるはずなのに。・・・スルー。
今回も。私を地団太踏ませるくらいなときめきの要素は山ほどあるはずなのに、不発・・・と感じました。


とりあえずアバンタイトル。
メイリンに担がれてアスラン登場。メイリンは好きでやってるとはいえ、そういう使い方はして欲しくないですね。だってメイリンはアスラン好きなんだもん。ここまで明々白々な事実に気付かないって言うのはちょっと・・・・不自然では^^?でもアスランならありかも、とちょっと思ってみたりはする(笑)
どーでもいいけど、メイリンオーブ服に合いませんね。ださ・・・。
メイリンが、でなく。私はもともとオーブ服、好きでないので特に^^かっちりした形のが好きなので、誰が着ても「・・・いまいち!」と思ってしまいます。
勿論一番好きなのは赤服・・・・ってもういいですか、そーですか。


ネオ逃がして。飛行機まであげちゃって。
このまま「ムウさん」でなく、でも違う形で共闘して欲しかったです。・・・もうムウさん、だけどね。「不可能を可能に・・・」まで出ちゃいましたよ。ち!!


本編。
戦闘シーン比較的多かったのに、あんましときめかなかったなあ・・・。何でだろう。

「カガリ!」と叫ぶアスランはちょっと好き^^

お手手つないで登場のストフリとジャスティスは笑った・・・。
ラクスのパイロットスーツ初めてですね。「乗っていただけですから」そうでしょうとも!!あなたがそれでガンガン戦えちゃったらキラじゃなくてあなたが最強ですから!女王様だよ。



ああ、でもキラはかっこよかったな。カガリとシンの戦い、期待した割にはいまいち。でもキラとシンの戦いはやっぱりかっこよかったです。ラクスが着艦した時、すかさず行こうとするアスランにさっと助けに寄り添うメイリンは本当にかわいいと思います。メイリンかわいいんだよ。好きなんだよなあ。


アークエンジェルとミネルバの一騎打ちみたいのもかっこよかった。絵的に向かって行くとこ、マリューさんとタリアさんの、アマギとアーサーの対比がよかったです。


しかしここからが又いまいち。
ドムのジェットストリームアタック・・・。使うこと自体は別に・・。あまりパクリだ!とは気にならない、知ってる台詞とかがあったら面白い、と思えるのですが、私は。
ただ、何となく前作は一応元となる話があって、それを下地においてなぞった、って認識だけど、今作はもう思いっきり、なぞったというより美味しい所だけをとりあえず使ったらうけるんちゃう?なノリでただ行き当たりばったり、パロディの感覚で使ってるような所が気になります。
もっとかっこよく見せてくれよ!!雑魚相手に「ジェットストリームアタック!!」とか言われても、「こんなばかばかしい所に!もったいない!!(けちんぼの血が騒ぐ)」と思ってしまいます。


そしてラクスと対峙するアスラン。ラクスの言葉とかはいいです。アスランが悩むのも必要だと思います。でもこの描写、ちんたらしすぎ。無駄に長い。「早く乗ってよ!!」ってちょっといらいら。
ううーん、いまいち。もっともっとかっこよく、スパッとできるのに!!書き方へたじゃん!←・・・・アスランかっこよく書いてよって意訳してくれて全く構いません^^


ユウナをグーでなぐるカガリ、おっとこまえで大好きです。おっけー!何かカガリがカガリらしくなってきたぞ!!


レイはますます黒く。フェイスの権限思う存分使いまくりです。自分のしたい事、ギルのために!!
いっそすがすがしいほどのその力の使い方、アスランに教えてやってよ!!
ルナマリアに「邪魔」だってさ。・・・・・ルナかわいそうだよー。彼女も不幸になって欲しくないよー。



ただ今回、ラスト20秒。←計りました^^


アスラン・ザラ


ジャスティス、出る!!



これでかけつけ3杯ご飯が食べられます。ありがとうありがとう。

EDにのせて(やっと)出たジャスティスのかっこいい事・・・・!!

この20秒のときめきで1週間は大丈夫!!

ごめん、オチはそこで。



ちびミルクシュー

(2005-08-05)
tibi.gif


なるものを購入。

デザートランキング1位だか2位だかって見たのかな?
その言葉と「送料無料」の2文字に惹かれて。


ネットで購入する事は結構ありますが、この送料ってのが馬鹿にならない!確かにそこのお店に行くことを考えれば、よっぽど近い所以外はたとえ同じ市内であっても、手間ひま考えたら送料の方が安くつくことも多いので、一概に「高い」ばかりではないけど。
でも2000円弱くらいのもの買って送料750円って、何だかとっても損した気になりませんか?私はとてもなります^^


どうしても欲しいものなら仕方ないけどねー。でもアマゾンみたいに1500円以上で送料無料、くらいにして欲しいなあ。
5000円以上、とか、下手したら10000円以上お買い上げの方送料無料・・・って、無理!!そんなにお菓子買いませんから!生もの5000円も買ってどうするんだ!!
近所の方お誘い合わせの上ってことでしょうか。

前置き長くなりましたが、欲しいものは数あれど、この「送料」がネックでなかなか買う気にならないので、「送料無料」って言うのはものすごく魅力的なのです。


12個入り。1800円。今ネットで確かめたら1710円になってました。・・・・90円損した!!←せこい!!


クロネコのクール便で、冷蔵できます。解凍の手間がないのも魅力。その代わり日持ちはしません。
皮はしんなり。中にクリームが入ってて、ビニールでパックしてあるので当たり前ですが。ビアードパパとかのカリカリのシュー皮が結構好きなので、皮に関してはなんとも。食感はそこらのスーパーで売ってるパックに入ったシュークリームのしっとりした食感。

中のクリームですが、これは確かに濃厚。かといってくどすぎず、「あ、これは美味しい」と思いました。
濃厚さが口に入って後から来る感じ。でも食べ終わっても残るようなしつこさはないです。これはやばい、いくらでも食べられてしまう^^

娘Bは1個食べて「もう一個食べていい?」って。2個食べさせたんですが「もう一個」と際限ないのでストップ。10時くらいだったんだよ、宅急便が来たの。
「3時になったらまたあげるから、今はだめ!!」って言ったらブーイングされました。
私もとりあえず食べて、まず一口では「あれ?別に普通じゃん」と思ったんですが、↑上記の通り2口目で「あ、結構濃厚だ」食べ終わって「これは結構美味しい」と、もうひとつパクリ。
3つ目も欲しかったけど、鉄の意志で我慢しました。


1710円で送料無料だったらもう一回買っちゃおっかなと思う美味しさでした。
それに送料750円とられるなら買わないけど^^
ま、これは味云々というより私がせこいからで。


余談ですが、ホントは今日来るのわかってたから、Aフレンズでもお呼びして・・・と思ってたのに。ご存知の通りふうがあれなので断念。
今回はうちで食べちゃいますね^^
また買って、日が合えば是非ご賞味ください。


ブロンズの天使

(2005-08-03)


<まみさん所蔵>


ほんま、人様の本ばっかで勝負してすんまへん・・・^^。

で、ブロンズの天使。プーシキンの話なんですが。
プーシキン、名前だけはかろうじて聞いたことがある程度で、どんな本や作品を書いていたのかは全く知りません。私の知識なんぞこの程度ですが・・・。


ロシアですね。舞台は。この辺りの時代は大好きです。ロシアの宮廷が華やかなりし頃。「ロマノフ王朝」とかね、「双頭の鷲」「イースターエッグ」等々・・私のツボをつくポイントだらけ。

で、漫画のほうですが。これの1巻くらいは実はあまり興味を引かれませんでした。なぜ!?舞台も時代も好きそうなのに。
しかし2巻3巻と進むにつれ、私の興味ゲージはぐんぐん上がり、今はもう大分、かなり、好きな本になりました。続きが本当に楽しみです。

登場人物は実在とはいえ思いっきり少女漫画なのであれですが^^ちらっと調べてみたら、意外意外、ナターリアは肖像画の方が少女漫画みたいなくらい、こりゃ又キレイかわいい。びっくり。9頭身美女だそうです。・・・いるよなあ・・・本当に、そんな人って。
殿方たちは見ないほうがよろしいです。漫画は漫画、実物は実物です。特にダンテスさんはね・・・。がくり!
なんてね。

でも実物のが美しい殿方って見たことないですね^^女の人は実物でもキレイな人は本当にキレイだもんねえ。


調べてしまったのでラストも分かってしまったのですが、でもお楽しみ加減は変わらず。作者がどう味付けしてくれるのかがとても楽しみです。
でも3巻でもうラストへの伏線は出そろってますしね。どのくらいだろう、全6巻くらいだろうか。

というわけでまみさんよろしく!


ちなみに好きなシーンは夜中に廊下でナターリアが超かわいい告白をされるシーンです。めちゃめちゃかわいいね!殿方がね^^!(3巻)


プロフィール

くまきち

  • Author:くまきち
  • くまきち
    ゲームと読書と映画と、その感想を書くことを愛するそこら辺の主婦。基本的にはネタバレありです!ご注意ください。
    ブログ記事に全く関係のないトラックバックは削除させていただきます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。