スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


よつばと!

(2010-09-19)
よつばと! あずまきよひこ



<わた兄蔵>

よつばと、よつば「と」だったのか。初めて知った^^

翻訳家の小岩井おとーちゃんと、5歳のよつばがある街に引っ越してくる。
お隣は3姉妹が住む綾瀬家。
天真爛漫と言うにはあまりにも天然・・・??な、よつばとお隣さん達の話。

なのか^^?

こういう時間軸のはっきりしない、エピソードが次から次へと続く話は苦手・・・なので、9巻もあるし、途中で飽きるかな?と一瞬思ったのですが、全くの杞憂でございました。

めちゃめちゃ面白い!!この話。
面白いと言うか、好きだ(笑)。

キャラがすごくいいんですよね。もうほんまに。どの人もこの人も味がある。そして会話がまたいい。テンポがよくて、ぶふっ!と笑える。

会話が面白いからいいんだよなー・・・と、読んでいて、ふと、絵だけのページって言うのが多い事に気付く。景色とか、動きのスローモーション的なコマとか。
絵の行間と言うか(なんやそれ)、そういう間が素晴らしく心地よいんだと、ふと思いました。

淡々としていて、雰囲気が非常に優しいしね。なにより絵がすっごいうまいなあと。

そしてよつば。実際いたらこういう子は苦手かもしれない(大笑)
でもこの漫画ではもう何度笑わされたことか。妙な言葉遣い、子どもがするとなんか笑っちゃうって言うの、あるじゃないですか。そういう言葉の宝庫ですね、この子。

外見が外人っぽいのか?イラストでは緑色の髪の毛なので、そのままなら宇宙人だと思いますが(言動といい)^^。
おとーちゃんはモロ日本人だし(小岩井さんだしね)、おかーちゃん不在の理由とかが全く触れられていないので、謎のままです。いつか明かされるんでしょうか。
大体幼稚園も行ってないしな^^!

おとーちゃんがいいよねー。ノリがすごくいい。どこかトトロのお父さんと似てるところがあるわ。子どもとの関わり方が。

そしてお隣さん。こういう懐の深い家族ってなんかすごく好きだ。中でもすっとぼけたおかーさんが一番好きだ^^
大熊はあさぎさんがいいらしいですよ。・・・ジャンボと戦ってくれ。

やんだとかね、しまうーとかね、とらとかね、みうらちゃんとかね。みんな好きだわ。

いやー、この雰囲気には溜まらんものがある。わた兄、本当にありがとう^^
続き、楽しみにしてます^^

どーでもいいけど、ジュラルミン、うちのシュタイフのクマとすごく似てる。鳴くんだよー、うちのも。なんかジュラルミンに親近感を覚えるわー^^

あと個人的には自転車関係の話がすごい好き。ひげもじゃ・・・。彼もいい^^
スポンサーサイト


聖☆おにいさん マンガ感想

(2009-06-25)
聖☆おにいさん 中村光



パート先の方からお借りしました。3巻まで。
新聞だったか雑誌だったかで紹介されていて、タイトルは知っておりましたが内容はほとんど知らず。
「風刺が効いた」みたいな批評だったと思うので、もっとブラックなものかと思っておりました。

全っ然!ほのぼの系。めっちゃ面白いです。

イエスとブッダは無事世紀末も終えたことだし、下界に降りて二人でアパートをシェア、天界が2人の普段の仕事ぶりを現在日本円に換算した26万円(2人で^^)と言うお金が毎月振り込まれるので、それの許す範囲でまったりと暮らしている・・・と言う話。

目的を持って話が進んでいくわけでもなく、2人のお茶目な日々が書かれておるわけですが。

天界の人なので、日本の文化風習をイマイチ理解していないアウェイ感と、その割にミクシィなんかちゃっかりしてるなじみ具合のアンバランスさが面白おかしいのです。

二人に悪意が全くないのがまた魅力。神と仏だからね^^
ちょっとミーハーでネトゲもしてるイエス、お金に細かいブッダ。そんなところも魅力。

もっとキリスト教に詳しかったら楽しめるコネタがあるのかな?なんて思いながら読んでました。ほんまもんのキリスト教徒の方が読んだら腹が立つのでしょうか。
でも全然悪意を持って書かれてないし、めっちゃ愛すべき二人なんですけどね。

癒される・・・。
さすがイエスとブッダ、侮れません。


ブリーチ 37 マンガ感想

(2009-02-14)
ブリーチ 37 久保帯人。



今回は面白かった!
1対1の戦いが1冊丸まる延々続いたりすると、うーん・・・もうちょっとまとめて読みたいなあ・・・なんて思ってしまうんですが、今回は色とりどりで飽きることなく読めました。

ただ、これって誰だっけ、これって前も出てきたっけ?と思うことしばし^^

全巻から続いた過去の話から現在の話へ。

過去のあんな時から藍染って悪い奴だったのに、現在に至るまでみんなが気付かなかったのはなんとか催眠のせいなのか。
この設定は最初に藍染を登場させた時から決まっていたのか、後付ではないのか?と、大熊は疑っております。

絵は相変わらずみょーーーーん・・・と細長い。いつからこんな風だっけ、10巻くらいから20巻台半ばの方が綺麗だったのに。ギンの足の小さき事。

クールホーンといわとびペンギンの戦いとか、イズルの戦いとか、昔みたいにテンポがよくて、ぶふ!と笑える部分が多く、面白かったー。雑魚戦だからか^^?メインの方たちが戦い始めたら、また1対1で1冊とかになってしまうのでしょうか。

まだまだ行きつく先が読めませんが、次の巻も楽しみです。


ワンピース 52 ブリーチ 36

(2008-12-11)
ONE PIECE 52 尾田栄一郎。




どこまで続くのだー^^
えーと、ケイミーが捕まって、それを助けに行く話。それにしても、何て大盤振る舞いな大物がザックザくの巻でした。
顔ぶれは美味しいのやも知れぬ。

海賊王ロジャーと行動を共にしていた人から、ロジャーの最後を聞く事に。

いやー・・・でもそんな事よりも、私は田中邦衛の方が気になったんですけど・・・。え?いましたよね^^??

BLEACH 36 久保帯人。



これまた話が長ーーーーく長ーーーーくなりそうな予感^^
話しは過去編へ。

真子が、ひよ里が、喜助が、夜一がまだ護廷13番隊の隊員だった頃。
危険分子として檻に捕らわれていたマユリを、浦原喜助が技術開発局につけ、天才といわれた新入隊員市丸ギンは藍染と出会う。

ある時、流魂街で次々と住人が蒸発するという事件が起こり、護廷十三番隊が調査に乗り出すが、その調査に向った九番隊の隊員たちすら消息を絶ってしまう。
すべての始まりはここにあった?

いやー、また話が気になるところで終わっているので、むきー!と言う感じですが、ジャンプ系はコミックがすぐ出るので、さほどストレスを感じずに居れるのがいいですね。
・・・その代わり巻数重ねても重ねても話が終わらないという、別の意味でのストレスが肩に重いですけどねえ・・・。

結局この護廷十三番隊の面々が大好きな私としては^^、その過去が分かるのは非常に美味しい展開。
マユリさん、あれって素顔なんですかい?

ギンがまだ幼いが故に黒さがギラギラしてて、こえーこえー。
ひよ里と真子のかけあいがめっさ相変わらずで、好きです。

絵が、微妙に変わってる・・・?妙にミョーーーンとしてるように見えるんですけど。
16巻から25巻あたりの絵が一番好きなんですけどねえ。・・・ま、話も一番好きなところだから余計にそう思うのか^^

さて、これも続きを楽しみにしたいと思います。・・・でも巻数は程ほどにね・・・?


家庭教師ヒットマン REBORN!

(2008-10-13)
家庭教師ヒットマン REBORN! 1~21 天野明。


<ゆかりん蔵>

1~21まで、下娘フレンズのゆかりんに貸してもらいました。ありがとう!ゆかりん^^
段々漫画友の会に子供が購入した漫画も入ってきて、いろんな漫画が読めて嬉しい^^みんな大きくなったのねえ・・・。

私、日常のエピソードがギャグタッチで延延続いていく漫画が苦手でございます。時間軸がしっかり話の筋にないと、読めないんですよね。
リボーンも実は最初のうち、そういう話の展開です。今回はランボがこんな事した、前回はビアンカがこんな事した・・・みたいな漫画で。

でも読んだ人がみんな「7、8巻くらいから面白くなってきた」と口をそろえて言うので、それだけを心の支えに、最初の巻のうちは「1日1巻」を目標にがんばっが読んでまいりました。
そしたら本当に、7、8巻くらいからいきなり私好みの話に^^あとはさくさくさくーーーーっと、一気に読め、また、「こんなところで終わってしまうんかいーーー!」なもどかしさまで味わえる事に^^

ただし、7、8巻から・・・と言うのは大人。子どもは1巻からめっちゃ楽しいらしく、うちの娘ーずも私が1巻2巻でうんうんうなってる間に、あっちゅー間に全部読みきってしまって、後からも何度も何度も読み返して楽しんでおります。・・・大人と子供のツボが違うんかいのう?

7巻あたりまで、主人公がどーも好きになれなかったのよねえ・・・。いかにも少年漫画によくいるタイプの主人公なんだけど^^
でも私が、「このツナが好きになれないから読み進められない」と言うと、大熊、あっさり「あ、お前の好きな2枚目タイプじゃないからだろ。ブリーチは主人公も2枚目だもんな」と。
・・・なんだ、タイプがどーとかじゃなくて、単に見た目だけの問題か(笑)
イヤでもそれは真理でございますよ。愛がなくっちゃ読めないよ。

大熊曰く「7、8巻くらいから、ツナも「ソラ@キンハーみたいになるよ」と言っていたその通り、ソラみたいになってきましたね。よかったよかった。

絵もとんでもなく綺麗になってきましたよねえ。上手い、綺麗、見やすい。

リボーンの謎はいまだ(21巻現在)明かされておりませんが、話はどんどん風呂敷が広がるばかり^^少年漫画のサガか。

ツナ、そして仲間達が、お互い相手を守るために戦うんですよね。これまた少年漫画の王道。ツナの仲間達が本当に、いいんです。
敵もいいのよ。キャラが。こういう作りって、なかなかに少女漫画には作り出せない世界。やっぱ少女漫画は基本が1対1だからね^^

恋愛色が、ブリーチ程度には欲しいなあ・・・と思うんですが^^殿方達にはそういうのはいらんのですかね。

未来編、めっちゃ楽しいのですが、もうちょっと大人たち比率が高くても良かったなあ。山本とか、大人山本をもうちょっと引っ張って欲しかった。あっさり子供山本と入れ替わってしまったのが、ちょっと残念。

ちなみに大熊は山本がいいとの事。私と上娘は雲雀さんがお気に入りなんですが、こんな趣味で上娘と私が同じになるとはびっくりでした^^下娘の趣味は不明。

それにしてもキャラがどんどんどんどん増え続けていて、そのスピードに追いつくのが大変です^^みんな濃いから結構いけるんですけどね。今のところは。

以外に以外と人死にが出ないのもいいです^^
今月だったか来月だったか、また新刊出ますね^^ゆかりんよろしく!←小5少女に頼る^^

今、某古書店で高価買取対象本なのが大いに納得できる面白さでした。でもまだまだ続きそうじゃのう・・・。がんばれゆかりん。


放課後ウインド・オーケストラ マンガ感想

(2008-09-13)
放課後ウインド・オーケストラ 宇佐悠一郎。



掲載誌はジャンプ・・・なんですよね?ジャンプコミックスだし。ただ、SQなんてマークのついたのは初めて見ました^^それじゃイカンだろ^^仕事柄・・・。

特技は気配を消す・・・な男の子が、中くらいの特に目立つ事もない高校に入り、そのまま何となく3年を過ごすつもりだったのが、あれよあれよと言うまに、廃部にされていた吹奏楽部に入部する事になり、それも行きがかり上部長になる事に!
個性的な面子も集まって・・・。

実績が出せないからと廃部になってしまった吹奏楽部を、何とか高校側に「部活」として認めさせる事、そして部としてコンクールへの出場を取り付ける、と言う話でした。

マンガの感想としては、絵が非常にかわいらしく、そして読みやすい!
後は・・・もうあまりにも身近すぎて、あんまり「マンガの感想」としては書けないです^^

上娘が中学に入り、吹奏楽部に入部してはや5ヶ月。やっと今度の校内文化発表会で、楽器デビューです。
この漫画では主人公と、彼が入部するきっかけになったかわいこちゃん(・・・死語?)がトランペットのパートなので、話はトランペットを中心に進んでいくんですが、まだまだ始めた所です。
トランペット、難しいんだねえ。上娘も楽器決めの時、音が中々出なかったと言ってましたよ。

楽器の名前とか、吹き方とか、私も今まさに知って行く途中なので、めちゃめちゃタイムリーで面白いです。
トランペットは花なんだよね。上娘の楽器決めの時も言われてたらしく、トランペットになった子は「プレッシャー!」って^^

漫画としては非常に面白く新鮮で、また興味深く、読んでて楽しいんですが、個人的な理由で読んでて辛い部分もあり。
「中学生に上手さを求める審査員はいない」とかね^^

どうしても上娘と重ねてしまうから、上娘の部活が今、私にも納得できない部分があまりにも多く、大熊でさえ「子供達を自分の金賞の道具にするな」・・・って。
私も思いっきり、その言葉に共感してしまう現実があって、こんなマンガのような吹奏楽の取り組み方が出来たらよかったのに・・・と思ってしまうのです。それがちょっと辛い^^←ほんまにめちゃめちゃ個人的な理由ですな。

でも吹奏楽って言う、団体で取り組む部活は大変だけど、団体ならではの達成感も味わえるものだと思うので、この漫画も、上娘も、どっちも楽しみにしたいのです^^

まみさん、よー見つけたなあ。こんなタイムリーな漫画!


ROOKIES マンガ感想

(2008-05-26)
ROOKIES 全24巻 森田まさのり。



ドラマにはまりまくり、大熊が24巻大人買いして来た品^^
絵がちょっと劇画調と言うか、かなり男くさいので、綺麗目な絵の漫画がお好きな乙女にはちょっと入りにくいかな?とか思ったり。
私はこの人の「ろくでなしブルース」が大好きで、コミックも持っているので大丈夫ー。
しかし、最後まで持ってないんだよなあ・・・。今見たら30巻まではあった。こっから先を買い揃えたくてたまらない今日この頃^^

さて、ドラマの辺りまで、かなりドラマが原作に忠実に作られてるなあと。
ただ、6巻くらいかな?今までで。だとしたらここから18巻分、ワンクールで出来るとはとても思えず。どこまでするんだろう?はしょって最後までしちゃうくらいなら、キリのいい途中までの方がいいけどなあ。

原作の方ですが、これまた最後、かなりはしょってある感じ。後半作者が体調不良で休み休み連載していたようなので、その辺も関係あるのかも。
2度目の夏大。同じくらい丁寧に書いて欲しかったなあ・・・。甲子園はあれでいいから。
でもそしたら50巻いっちゃうか。あれはあれでよかったのかも。正直もっと見たかったって気持ちは持ちつつ、でも綺麗に終わってるから。
何でも「ちょっと物足りない」くらいがちょうどいいやね。←腹八分目^^

テンポがとにかくいい。いい具合にボケが入って、いい具合にいいシーンがはいって、その混ざり具合が何ともいえず心地よい。

最初の頃の、一人一人が野球部に戻ってくる辺りが非常に面白い。用賀第1との試合からは野球漫画かな。
すっごい、漫画なのに手に汗握って読んでしまいます。
搭子ちゃんが祈るように見守るシーンでは、こっちも祈るように読んでしまう。このどきどき感はたまりません。

笹崎高校との試合はほんまに面白かった。でもその後の目黒川との試合はそこまで満身創痍にしなくても・・・ってくらい、ぼろぼろ。見てるだけで痛々しい。
それでもあの必死さが、ニコガク。川藤のチームだよね・・・。

原作読んで、ドラマ、だいたい上手い事キャラあてたなあ・・・と思ったんですが、一番印象違うのはやっぱり安仁屋かな。
漫画の方がもっと、熱い感じがする^^もっともっと男くさい感じ。

でもドラマでは安仁屋に一目ぼれしたんだけどね^^!ドラマの安仁屋はあれでいい。
漫画の安仁屋もまた好きです。

搭子ちゃんとの関係が非常に微笑ましくてよかったー。
他の軽そうな女の子とは好きにしてるくせに、搭子ちゃんには「やらせてー」とか言うくせに、絶対それ以上手を出せない感じが非常にかわいかった。

それにしても、女の子の、制服に野球帽姿って、ちょっと恐ろしく破壊力ありませんか!?めちゃめちゃかわいいよね。搭子ちゃんが野球帽かぶってる姿にくらくら来ました^^
篠岡(@おお振り)の時も思ったけど。

どいつもこいつもクセのあるキャラがてんこ盛りで、相手チームにどんな奴がいるのかを見るのも楽しかった。
本当に、面白かったです。

いらん事しいで、結構野球部に迷惑かけまくりの川藤。
でもあんな先生がいたらいいなあ・・・と、ホントに思います。

今週もドラマないのか・・・。寂しいのう・・・。


BLEACH 1~27 マンガ感想

(2008-04-24)
ブリーチ 1~27 久保帯人。


<みーこさんちのわた兄所蔵>

名前くらいは知っておりましたが(映画館にもポスターはってあったし)、少年漫画でこれだけ巻数が出てると中々読む機会がないもの^^
ところが、みーこさんちの息子さんが持っているとの情報を得、どっさりと貸していただけたのでした。
ありがとうありがとう!わた兄!!

大熊は丸1日ほどで読み終え、「めちゃめちゃ面白い!!」とはまりまくり、今33巻まで出ているので、続きが欲しい!と言い出し(いつもの事よ・・・)、「待て待て!」と私が必死で止めておりましたが、読むのが遅い私もさっきやっと読了。
続き買いたい!病に私まで侵されてしまいました・・・。どうしたらよいのでせう・・・。←どーしょーも無い夫婦^^

王道!ですね。もう本当に。
少女漫画が、「ボーイミーツガール」と言う不動の骨組みに、作者ならではの脚色が見ものだとするなら、少年漫画も、基本の骨組み(少女漫画よりは種類はあるけど)にどう脚色するかで面白さが変わると思うんですよ。
これは「世界征服(じゃないけど^^)を狙う悪者から、とらわれの姫を助ける」みたいな骨組みに脚色した話だと思うんですが、これがまた面白いのなんの。

そして何より、めっさかっこいい!

これに尽きる。かっこいいのなんの。もう惚れまくりです。

コミックでまとめて読んだので、雑誌で連載を待ちながら読むのとはまた印象が違うと思うんですが、とにかくテンポがいい。今のところは^^。でもどんどん相手1人との戦いの時間は長くなっていきそうな予感・・・。これも少年漫画の王道か^^それとも宿命か。

幼い頃から霊が見える黒崎一護。そんな彼がある時死神だと言う朽木ルキアと出会い、死神の仕事のひとつとして悪霊(虚)を倒す際に、一護をかばって大怪我をおったルキアに、死神の力を与えられてしまう。
ルキアの体が回復するまで、死神代行として死神の仕事をするようになるが・・・。ってな話。

私がとろとろ8巻を読んでた頃、尸魂界に一護たちが行く事になるんですけれども、とっくに借りてた27巻まで読んでしまっていた大熊に、「このまま27巻まで尸魂界に行ったままなんじゃないのー??」なんて冗談で聞いたら、「ま、当たらずとも遠からずだな」とか言われ、うげっ!と思ったんですが。
ほんまに当たらずとも遠からずでした^^
20・・・何巻だっけかな。まで帰ってこなかったもんよ。

そして数巻をこっちで過ごしたあと、次の敵を倒すため、虚圏に乗り込んだ、所まで。27巻ラストで。
今度はあっちで20巻くらい過ごすんではなかろうかとドキドキしておりますが^^

さて。キャラがね!ほんとにいい。
まず一護がかっこいい。
名前の通り「護ろう」とするんだよねー。まずルキアを。仲間を。くっはー!これが少年漫画の醍醐味ではありませんか。
そのために強くなろうとする姿に惚れる!

織姫ちゃん。
かんわいい名前だ^^天然なんだけど、非常にかわいい。他の仲間みたいに戦う力は無いけど、それでも自分に出来る事を懸命にやろうとする姿が○。
虚圏編では織姫ちゃんがとらわれの姫に・・・。どうなるんだーーーっ!
一護ともどうなるのか、楽しみなような・・・。少年漫画だから、あんまり恋愛要素は無さそげだが!

でもこの漫画は結構雰囲気あるよね。そういうね。
恋次とルキアとかね。ギンと松本とかね。こっちも楽しみなんだけど、やっぱそういう描写は無いかもなあ・・・。雰囲気だけかもなあ・・・。←ちょっと残念そう^^

茶渡。チャドがまたかっこいい。すんごい、「男らしい」。最初の方のシバタとの交流がかわいかった。石田くんもお笑い担当しつつ、いい味出してます。

そして尸魂界。私は既に誰が何番隊とか覚えられません。
隊長副隊長、その他は雑魚、とかならまだしも。「俺は3番手」「僕は4番手」とか、もうキャラ多すぎ!
でもそのすべてがキャラとして立ってるってのがすごくない?

一押しはやっぱり王道かと思いつつも、恋次でしょう!
もう「かっこいい」しか言って無くてお前はバカかと思うんですが、だって本当にカッコいいんだよ!みんな。
特に恋次がルキアをかばいつつ戦ってるとこなんて、もうときめきまくりでしたとも!その後殴られちゃうのがかわいそうだったけど^^
ちなみに髪おろした方が色っぽいよね(笑)←世界一どーでもいいです。

剣ちゃん!剣ちゃん最高さ。朽木兄も最初は「こいつどうなん?」と思ってたけど、でもやっぱり「どうなん?」な奴じゃなくて、本当に良かった。かっこよかった^^・・・・妻帯者ってのがびっくりしたけどね!

藍染は最初から胡散臭かった・・・。いきなりあっさり死んじゃって、うそやろ!と思ったら、うそでした。やっぱりなっ(笑)!
市丸ギンも最初から悪役で、今も悪役だけど、藍染は好きじゃないけど、ギンはちょっと好き。怖いけどね!笑ってる目がこわいっつーの。優しげな関西弁がこわいっつーの!
でも「もうちょっと捕まっててもよかったなあ」「ごめんな」に、グッさり来ました。ええ、きちゃうんですよ。こういう不意打ちに。・・・よろよろよろ・・・・。←あっ!またか!

キャラ一人一人について語りたいけど、日が暮れるのでこの辺りで。
ああ、でもコン!コン、めっさ好きなのに、出番少なくて寂しいわ。

話は大熊が「最初の頃と違ってきてる」とか言ってて、きっと「後付」な部分がいろいろあるんだろうなあとは思いつつ、でも私、あんまりそういうのを考えて読んでないので、どの辺がそーなのかよー分かってません^^後で大熊にどの辺が変わってきてると思ったのか聞いてみよう。

それにしても面白い。ほんまにまぢで面白い。久しぶりに血沸き肉踊りました。あらよいよい。
みくさんがはまるのにおおいに納得。アニメの方は見る予定はありませんが、みくさん、原作読んでないなら原作もお勧めですよー!


おおきく振りかぶって 9 マンガ感想

(2007-12-25)
おおきく振りかぶって 9 ひぐちアサ。



もう今日、BOで見ましたよ。9巻。金曜に出たとこじゃん!びっくり。連休に堪能してさっさと売ったって事でしょうか。すごいなあ。

あ、私はちゃんと金曜に新刊で買ってますよー^^

さて。待ちかねた9巻。でもやっぱこれはまとめ読みしたいな。でもこの調子で行くと夏大会だけで50巻(大笑)、行きませんか?そんでもって、コミック出るのが年に2回だとすると・・・。がくがく。
死ぬまでに完結させてくださいね。

呂佳さんって大学生なん?お金なんであんなにないんだろう^^自宅生じゃなかったのか。
モモカンみたいな事はないでしょう?バイト代全部野球につぎ込んでなんて。

この二人の会話は結構ほのぼの。呂佳って、あんまり好きなキャラではなかったぽいけど、この巻ではよろし。
「野球部なんて馬鹿ばっかじゃん」・・・そうなん^^!?

しのーかのかわいさ加減にリキはいってる気がしました。
でもマネジャとの関係、いいよね。普通に喋ってるんだけど「仲いいねー!」って言いたくなる気持ちが分かります。
もしこの先色恋絡みになるんだったら誰とがいいかなー・・・。←どーでもよろし。

サッカーでの三橋がかわいいです。ぐー!

カントクの「オンナ」を匂わす発言を嫌う彼らがちょっと潔癖(とは又違うのかな?)でかわいかった。
でもカントクの過去を匂わす発言が花井ママから出ましたね。是非飲み会で聞き出して欲しいと思います。でもいつだ?飲み会。51巻か^^?

さて。ダイチ。またおもろい子が出てきましたよー!笑える笑える。おばかさんで。

さて。阿部は相変わらず三橋とコミュニケーションをとるのに必死。大きな声を出さないよう、せかさないよう・・・。母でも出来んって^^!私だったら「はっきり言いなさーい!」パンパン(往復びんた)!だよ!阿部は偉いのう・・・。でもそれが報われているかどうかは不明。この辺りが阿部の不憫さを物語っておりますね・・・。

さて。崎玉との試合。なんだかちょっとなめてかかってる気がして不安。この先どうなることやら。
ぱっぱとテンポよく出るなら、1試合終わるまで我慢してざっとまとめて読むのが楽しそう。・・・おお振りでは到底無理だけれども!

それにしても、野球する子の親って大変なのね。
小学生の野球から既に大変そうだけど!休日に変わりばんこでお昼も作って(鶏肉2キロから揚げ作ったー!とか聞きますもん)、車提供して1時間もかかる小学校まで遠征するからって、おくり迎えして。

女の子の習い事ってこんな大変なのあまり聞かないので(せいぜい年に数回の発表会程度。自分の子さえ連れて行けばいい)、男の子の習い事って大変なんだなあと、他人事で思っておりましたが、高校入っても、ビデオ係りとかするのか!すんごいな^^

でもこのおかーさん達が楽しそうなのがまたリアル。
私も一度、息子さんが野球してるママ友に「大変だね。イヤだと思った事、ない?」と、素朴に思ったのでそのまま聞いてみた事がありますが、「だって出てるの自分の子じゃん。自分の子の姿見てるのはめっちゃ楽しい」と即答されたことがあります。
何でそんな「大変そう」ばっか思うの?って感じで言われて、目からうろこ。

楽しいんだよね。なるほど。花井ママ見てれば分かるか^^←そういうところが本当にいつもリアルだなあと思うのです。

次巻はいつかな。春くらいには出るといいな。

・・・ところで。アニメは全話録ったので、わざわざDVD買う気なんてさらされなかったんですが、なんとびっくり最終巻に「基本のキホン!」が収録されるとか・・・?テレビ未放送だって!?
なんとーーーー!!
・・・基本のキホンって・・・榛名の話だよね・・・?←榛名好き^^
あああ、どうしやう。買う気なかったのにー!しかもこの最終巻の発売日がうれしはずかし2月27日。奇しくも私の誕生日なのよっ!!
買ってもらえと。そういう事か・・・?あこぎな・・・(笑)。

せいぜい悩ませていただきます。


ワンピース マンガ感想

(2007-12-05)
ワンピース 48巻 尾田栄一郎。



まだまだ続きます。スリラーバーク編。
ワンピは空島編だけ、読んでてあまり面白くないなあ、と。アラバスタ編はあんなに面白かったのに、テンポも悪いし、長い連載だとこうなっちゃうのかと思ってましたが、また面白くなって来てます。
このスリラーバーク編も、長いんだけど、でも退屈じゃない。非常に楽しいです。(大熊が言うには、空島も、まとめ読みしたら面白いぞ、との事ですが、まだまとめ読みはしておりません^^)

どうしてこんな面白いキャラたちを思いつくんでしょうねえ。

結構人気らしいゴーストプリンセス、私も大好きです^^
ホロホロホロの攻撃がめっちゃ笑えるんですが(「生まれてきてすみません」ごっことか子供としたり^^)、今回、この技を破った勇者が一人。その理由がもうまた笑える!そんでもって技が効かない事に驚いたプリンセス一同がした行動がこれまた爆笑!

まだ回してないので、ネタバレ出来ないのがつらい^^

そしてさらわれたナミを救いに走るサンジ。気を失ったナミさんを見る度に「がびーーーん!」。アブロサムまで全く同じ行動で「がびーん!」・・・もう涙出るよ。笑えて^^

そーんな笑えるシーンばかりではもちろんなく。
今回はウソップが大活躍。そしてゾロの戦いがめっさかっこいい。侍とね刀をね・・・。おお・・・!

そしてまた、そんなかっこいい場面の後にはシンドリーちゃんのちょっとうるりなシーンもあって、もうこの配分が絶妙。
この1冊で、笑いあり涙あり興奮ありの大活劇を見た気分が味わえます。

ほんっとうに面白いです。
早速友の会に回しますね^^


プロフィール

くまきち

  • Author:くまきち
  • くまきち
    ゲームと読書と映画と、その感想を書くことを愛するそこら辺の主婦。基本的にはネタバレありです!ご注意ください。
    ブログ記事に全く関係のないトラックバックは削除させていただきます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。