スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


デジモンアドベンチャー 無印

(2015-05-12)
10何年ぶりにデジモンを見ました。

上娘が幼稚園の時にポケモン、デジモンにはまっていて、私も一緒に見たりしてたんですが、個人的に、基本1話完結のポケモンよりも、時間軸に沿ったストーリーがあるデジモンの方が面白く、映画も見に行っておりました。「僕らのウォーゲーム」が好きだったなあ・・・。




で、今回「一挙放送でデジモンが見られるけど、一緒に見る?」と上娘に誘われ、1回分が8時間(笑)と言う、何だか「デジモン耐久視聴会」とでも言えそうな鑑賞会を3日に分けて、先ほど全話完結いたしました。


こ、こんなものが出てきいるとは!欲しい!けど高い^^!

長かったー。そうだよね、1年ものだったもんね。54話くらいあったんだっけ?

でも久しぶりに見たデジモンは、やっぱり今見てもめっちゃ面白かった。
一つの完結したお話として、ものすごくよく出来てる。出てくるデジモンも、見かけは「アレ」な奴が多かったり、やたらうんちが出て来たり(子供向けだからね^^)だけど、すごく良いキャラばっかで。

なによりも健気だよね。デジモンたちが。もう選ばれた子供たち一筋で。大好きで。

ヤマトなんてほんまにもう最後までうじうじいじいじしまくりだったけど^^、ヤマトのためにアグモンと戦う事までしたりね。ヤマトが黒い靄?を引き込んでもうホンマにうーじうーじしまくった時の、ガブモンのあの健気さには泣かされた!

子供たちのデジモンではテントモンが一番好きです。ばったもんの関西弁はまあ・・・あれですが^^、あのいるだけで緊張感がなくなりそうな、のほほーーーんとした雰囲気がいいですわ。

最終回。
ミミの帽子が飛ばされて、「むげーーんだいの」・・と歌が始まるあの場面はもう、見てた私、上娘、下娘3人同時にぶわっ!!!!とさせられました。あれは反則、いや、秀逸。

よかったー。本当に面白かった。よく出来たアニメだった。

この後の02も見てて、当時3歳くらいだった下娘がどこに行くにも「ワームモン」のぬいぐるみを持っていたのが思い出されます。←何故その選択か!?


まさに虫!!

大学生になった上娘、「何で私は選ばれなかったんだろう…。デジバイスが降って来なかったんだろう…」と、落ち込んでおりました(笑)

そして15年目の今年、なんと、この無印の数年後の世界の新作アニメが公開されるとか!!

それも6作・・・って映画かよっ!!!ひどい、でも楽しみ、でもひどいよ・・・。6回見に行けと?
あああ。どうなる事やら。
スポンサーサイト


おかーさんが京アニを見てみた

(2013-11-08)
下娘は「京アニ」というアニメ会社の作ったアニメが大好きです。
秋に始まった「境界の彼方」と言うアニメを毎週見てるんですが、うっかり2話を一緒に見てしまい。その絵の美しさにびっくり。




めちゃめちゃきれいなんですよ!端の端まで^^
アニメと言えば子供の小さい頃見たポケモンやどれみちゃん。大熊と一緒に見てたガンダムSEED以来でございます。これはちょっと真面目に見てみようと、子供が1話から録っていたので、1話を見、更にそれ以来毎週娘と一緒に見ています。

面白いです。絵だけじゃなくて細かい部分も非常に丁寧な作りで、見る度に感心。セリフの掛け合いも面白いし、何より最後の・・・なんて言うんだっけ、下娘が今いないから名称を聞けない!
エンドロールじゃなくて、アイカットじゃなくて、次回予告の後の一枚の絵!あれがもう秀逸で秀逸で^^毎回下娘と大笑い。

ゆるゆるで、かつ、その週の内容をあまりにも的確に表した一枚。あれはもう最高です。

で、「おかーさん、これ気に入ったなら、FREE見てみたら?」との下娘のお勧めに従って、春から夏にかけて放送してた、Free!と言うアニメを全12話(多分)、まとめて一気に見てみました。




面白いっ!
いや、これはいい。

最初、殿方の裸体のオンパレード(水泳アニメだからね)に、「どういう層狙い!?」と、ちょっとびっくりしましたが^^、絵の美しさはほんとに毎回だし、絶妙な間で笑える部分もあり、最後まで一気に引っ張り込まれる吸引力を持ったストーリーといい、「面白かった!!」と心底思えるアニメでございましたよ。

ストーリーは、小学生のころ、同じ水泳クラブの仲間だった4人がメドレーリレーで優勝。その後一人は水泳留学で外国に、二人は同じ中学に、もう一人は学年が違ったため、4人はバラバラに。

同じ中学に行った二人も、最初は水泳部に入ったものの、ある出来事がきっかけで水泳をやめてしまっていた。

そして同じ中学だった二人は同じ高校に進み、2年になったある日、学年の違った一人が同じ高校に入学して来て、「水泳部を作ろう!」と言い出す。

何とかもう一人水泳部に入ってくれる仲間を見つけ、また再び水泳を始めた時、留学していた一人と再会。彼は昔の仲間だった頃とは変わってしまっていた。

そこから元の仲間に戻っていく過程と言うか。あの時の想いを取り戻すための過程と言うか。

キャラクターがみんな本当にいい。かわいくてねー^^

最終回が、実に美しい。
今2期を想定したアニメが多いようですが、これは本当に綺麗に終わっていて、その潔さがいい。エンディングの歌がそれまでの週と違うんですが、そこでの場面が本当に幸せな感じでほのぼのしていて、不覚にもうるっときてしまいました。

これと同じ会社が作ってる境界の彼方のこれからも、非常に楽しみです^^

ちなみに下娘はまこちゃん派、上娘ははるちゃん派、私はりんちゃん派です^^
Free!を見終わった翌日の晩御飯はサバでした。・・・娘たちに呆れられました^^




宇宙戦艦ヤマト2199を見たぞ、と。

(2013-04-07)
大熊が録ってた「宇宙戦艦ヤマト2199」を見ました。

昔のヤマトは小学生の時に見てたー。めっちゃ好きだった。

ビデオとかまだそんなに普及してなかった(っつか、とにかく高かった!1本1万円以上とかしてた!レンタルでも何千円とかだった)ので、父にカセットテープを買ってもらったのを覚えてます。「さらば宇宙戦艦ヤマト」のカセット。・・・映画の「声だけ」が延々入ってるやつ^^3本セットとか4本セットで、めちゃめちゃ好きで何度も聞いてました^^聞くたびラストで号泣^^




そのくらい好きだった、ヤマト。うん十年ぶりに見ましたよ。

いやー、絵がきれいかった!!戦艦とか、細かくてカッコよくなってた。人間はみんなキラキラしてた(笑)おねーちゃんはみんな乳がえらくでかくなってた(大笑)・・・うーん、時代だ。

沖田艦長がキラキラしてなくて、ほっとした^^

話は元のまま、なんでしょうね。
守にーちゃんの行動は、昔どう思ったか記憶にありませんが、今見たら「それはどうだろう・・・」と思ってしまいました。貴重な戦艦と貴重な乗組員を無駄にしてるように思えてしまって…。男の美学ってものなんでしょうか。私にはちょっと理解できず。

ま、そんなことを思いながら、1話を見ました。

OPの曲がものすごく豪華・・・と聞いてたのですが、ささきいさおさんしかわからなかった(笑)!

ダメダメですな^^のんびり続きも見ていこうかな。

デスラー総統もキラキラしてたよ!!バスローブ着て高層階からの夜景をバックにブランデー傾けてそうだよ^^!ひゃー。


おおきく振りかぶって 基本のキホン

(2008-04-11)
とったどーーーーー!!

DVD特典の番外編ですよね。もう、これが見たいがためにDVD、最終巻だけ買おうかどうかめっさ悩んで、とりあえず保留していたんですが、そんなビンボーな私にこんな嬉しい救済措置があったなんて。
なんでBSiだったのかは知りませんが、まあいいや。ありがとうBS!

ストーリーは原作どおり。相変わらず非常に忠実に。
絵がちょっと雑い感じはしたけど、まあ許容範囲。

武蔵野面子オンリーの番外編。西浦面子は誰一人出てきません。
榛名と、加具山の話。榛名をうらやんで、僻んで、そんな加具山が、それでも野球が好きなんだと、思い至る話。

久々に見たOPにそれだけで感動^^
いやー、やっぱいよね、これ。大好きだよ。また1話から見たくなりました。久しぶりにキョどる三橋が見たい^^!

それにしても何度も何度も本当になめるように見た話なので(この話だけじゃなくて全話だけど^^)、「あらパンツをはくシ-ンがないわ」とか、「ブラとパンツで電話してるシーン、スリップ姿になってるわ」とか、そんなどーでもいい事ばかり気になるのでした^^
DVDの特典とはいえ、やっぱダメなんすかね。

榛名の「おっきいのうー」も、なかった(笑)
あのあたりがお茶目でかわいいのにー。阿部に対する、「あの」榛名の、意外な一面と言うか、そのあたりのギャップに私は落ちたのになあ・・・。惜しいね^^!←いや、そんなマニアなツボはあんただけだから。

大河も、宮下先輩も、かわいかった。なんか本当に愛すべきキャラてんこ盛りの話だよなあ。

こうやって、武蔵野って言うチームが出来た・・・ってそんな話でした。

いつか西浦と当たるよね?本編でどうなってるのか全然知らないんですが(アフタヌーンって雑誌を本屋でほとんど見ないんですけど?)、今から楽しみに待ちたいと思います。

え?一試合に1年以上かかるって?・・・ええ、10年後あたりまで気長に待ちますとも!
とりあえず5月に10巻出るしね!!年に2回出れば幸せ^^


↑これに収録^^



ガンダムOO 第7話「報われぬ魂」 アニメ感想

(2007-11-17)
7話。でもなんだか特に書くこともないようになってきました^^

スメラギさん乳出しすぎ。

背中丸いぞ中佐。

本当に、戦いではない。一方的過ぎて。ムテキング。こういう設定でも面白いのか????

そして同時多発テロ。・・・リアル過ぎて、現実世界と近すぎて、対処に共感できません。
でも、言ってる事はティエリアの方に理があるように思えます。ロックオンの言ってるのは、自分のやってること棚に上げた中途半端な奇麗事に思えますね。
最初からそういう覚悟でしてるんではないんか。と、ちょっと反感。

これ以上書き様がない^^SEEDの感想と長さの差がすごいですな。どんなに突っ込みどころが多くても、書く事はいっぱいあったしね。
このOOは今のところ突っ込みどころすらないんだもん。

とりあえず次回誰かさんと誰かさんが会うようで、BOY MEETS GIRLな話になるのか!?
そうなったらまたそういう楽しみ方もできるんですが、今はちょっと何を楽しみにしていいか、わかりませんでございます。
話がめっちゃ面白いわけでなく、ツボなキャラがいるでなく、メカがかっこいいと思うでなく、戦いシーンがかっこいいと思えるでなく・・・だからね。


ガンダムOO 第5話&第6話 まとめ感想

(2007-11-11)
いやー、先週、土曜日に娘2人連れて美容院に行って、帰って来たら6時半。ま、撮ってあるからいっか・・・とDVDレコーダー立ち上げたら、撮ってない事が判明。
ありり?←予約した記憶がないのに撮ってあるわけがなかろう^^

ま、いっか。と、私は今のところまあどっちゃでもって感じなので、別に良かったんですが、大熊はんはガンダムの番組はコンプリートしたいらしく、非常にがっかりされました。
・・・再放送を待って、5話だけ撮ってください^^どーせすぐやるって!大丈夫大丈夫^^

6話は家にいたのでちゃんと見て、そのあとGYAOで5話を見ました。

さて。未だに登場人物の名前さえあやふやだし、世界観もよく分からないままで見ているので非常にこう、スッキリしないんですよ。

前回のSEEDも確かに最初の方では「コーディネイターって何!?」「ナチュラルって??」なんていろいろ分かってませんでしたが、わりと最初の方で説明されたし、基本的にもっと世界観もシンプルだったので、分かりやすく、5、6話辺りではそれなりに面白そうって思えたんですが。←私は本放送でなく後でまとめ見してますので、余計そう思ったのかも。

大熊に(彼は撮れと言う割りには未だ1話も見ていない)「まだ話が面白くならないんだけど、いっつもガンダムってこんなもんなんかなあ。いつくらいに面白くなるの?」と聞いてみたら、「いや、面白いものなら最初から面白い」と断言され、ちょっと今後が不安に^^

まあいいや。
5話「限界離脱領域」

ぴきーん!「な、何かが!」な巻。
二重人格なアレルヤ。何かトラウマを抱えてそう。

そしてサジ(?)達を助けるのに、地上からピンポイントであんな事できちゃうロックオン。
なんだかもう何でもありやな。
今回ガンダムと、他のモビルスールとの差がありすぎて、なんだかなあと言う感想。ガンダムが超人的すぎて。戦いが一方的過ぎて。

「あがれー!」な所はちょっと笑えました。なんかね。アンパンマンとかああいう世界っぽかった。

ティエリアの言葉にスメラギさんの「あなたはどうなの?」のつぶやき。ティエリアもトラウマありそうだよねえ。
のんびりのんびり一人ずつのお話をしてくださるのはいいんだけど、展開がもっと何かないと、どーにもこーにもホームドラマを見ているみたいです。

そして、エンディングを本編の終わりにかぶせるって言うのは嫌いじゃない。むしろSEED後半はその曲がかぶるだけで泣けた(笑)くらいだったし。
でも、こういう思いっきりボーカルの部分をかぶせてしまうと、台詞が聞き取りにくいし、なんだかうるさく思えて逆効果。
EDの曲自体は嫌いじゃないのに。

6話「セブンソード」

少尉が女だったのにびっくり^^なんとなく、少年だと思っていたので。

セツナ、近所づきあいあるんじゃん。

でてきましたね。コーラサワーにーちゃん。あれはあれでいいかも^^モノクロの世界に一人原色の彼。あまりにも淡々と進む世界だから、彼のようなテンションに頼りたい所。

カタギリさんとスメラギさんはお友達だったらしい。そしてまたしても「あの事件」。スメラギさんもトラウマ持ちか。そうしてこの人のお話もこれから用意されているんでしょうか。

「なんじゃこりゃあーーーー!」に同感。

武器が反則臭い。あまりにも優位すぎて。いくらたくさんの敵がいても、正面からガンガン打たれたって平気なんだもん。全く危機感がない。
最後に出てきた新しいオッちゃん(頼むからこれ以上の登場人物は勘弁)だけはかろうじて相手にはなりそうだけど。

このガンダムの無敵具合はこれでいいのか?
「ガンダムとは」な、思い入れもない分、非常に反感を持ってしまうんですが。うーむ。

6話目にしてまだよー分からないです。

どーでもいいですが今BSでしてる「ガンダムW」。これも大熊が撮っているので見ているんですが、これも「話がよー分からん」「いつになったら面白くなるのか」と言う感じで、今多分30話に届くか届かないか位の放送だと思うんですが、挫折しそうです。
雰囲気とか世界が特に似てるとは思わないけど、「話がすとんと落ちてこない」って言うのと、「どこが面白いのかよく分からない」っていうのが、私にとって、OOと非常によく似たところでございます^^。


象の背中 アニメ

(2007-10-31)
これはアマゾンのDVDトップセラーをつれづれ見ていて存在を知りました。象のなんとも愛嬌のある絵に「なんだろう?」と思わずクリック。



カスタマーレビューに「今ネットで見られる」と言う文字を見つけ、検索して、見てみました。

役所広司主演の「象の背中」って映画があるとは知ってたけど、これと同じものなのね^^!初めて知りました。
こういう「病気で誰かが死んで泣かせる話」が苦手で、この系統の映画は絶対見ない^^です。大熊がレンタル屋で「せかちゅー」を借りてきた時も頑なに見なかったし。
だからこの役所さんが出てる方も見ないです。

そんな私なのに、このなんともほのぼのとした象のキャラクターに妙に心惹かれて、思わず見てしまいました^^
アニメの第1話第2話なんて書いてあるから、30分くらいのものかと思ったら、何と1話4分弱!
曲を背景に、会話もナレーションもなく、ただアニメが流れていく、そんな作品でした。

全然悲愴な感じがないの。
(死?)神も妙にかわいらしく、悪意を感じない。ただ、やって来る事が自然だったんだなと思わせる気軽さで、ある日突然、象のおとーさんの前にやってくる。
死神がカレンダーにつけた丸印。これが×印じゃないところがいい。

おとーさんは仕事をやめてうちに帰り、子供たちと残された時間を過ごす。
そしてその日が来た時、大げさな別れも何もなく、本当に自然に、子ども達の寝顔にキスをして、おとーさんは死神の待つ船に向う。

「もしも僕がいなくなったら、最初の夜だけ泣いてくれ」って曲がね!もう本当に泣かせる。

2話ではおとーさんは雲の上から家族達を見守ってて。でも家族達は日常の生活の中でおとーさんのいない喪失感を感じてる。
そんな家族を見ながらおとーさんはほろり。

やさしいです。何もかもが。絵も色も風景も歌も。
台詞のないのがまたいい。カスタマーレビューには「字幕」とか書いてあったから、字幕があるバージョンもあるのかな?売ってるDVDにはあるのかな?

押し付けがましさがどこにもなく、ただただホロホロ涙がこぼれました。声は出ない。涙だけボロボロ流れてくる、そんなアニメでした。

出会えて幸せだったと思える、そして思ってもらえる人生だといいですね。ほんとにね。


ガンダムOO 第4話 対外折衝

(2007-10-27)
もう4話目か。
でもまだまだなんと言いますか、キャラの顔見せ的なお話。プロローグ。

これ、全50話ではないの?半分なの?
50話なら今の段階でまだ話、動かなくてもまあまあこんなもんかと思えるけど、半分でこのペースはいいのか?

今日も新しい黒髪のお姉さん登場。担ぎ出された何かの代表?でも側の茶髪のおねーさんはなんなん?侍女みたいなもんかと思ったら、こっちの方がえらそうだもんねえ?タメ口だし。
どういう関係なのか全く分からなかったので、もう少し説明が欲しいかなあ。

さて。こないだの顔にメッシュっ入った中佐。
「ガンダムを手に入れろ」って今からガンダム奪取か!そうかこれからか!
ここにソーマ???とか何とか言う、男だか女だか分からない「地球へ」に出てきそうなビジュアルの超人(?って聞こえたんだよ!)何とか出身の人が登場。
頼むからもうこれ以上の登場人物は勘弁。本当にわけ分からなくなってくる!

うーん、4話終わっての感想。
なんか・・・こう地味めな話だなあと言う印象。あくまで個人的な印象ですが。
話もいまいち何が起こるでもなく、見せ場があるでもなく、キャラが魅力的と言うわけでもなく(これまた個人的な感想です^^)、うーん?

ガンダムだからいつか面白くなるのでは!?と、期待しつつ、来週もテレビ前で待機しようと思います。


ガンダムOO 第3話 変わる世界 つれづれ感想

(2007-10-21)
まずは御託から入りました。グラハムさん。ちょっと呆けて見てたから(おお振りの余韻に浸ってた^^)、何言ってんだかよく分からなかったけど。←聞いてやれよ。

「ビームサーベルだと!?」・・・いや、どちらのガンダムはんも持ったはりましたけど・・・?一番メジャーな武器とちゃいますのん?・・と、それは違う世界のガンダムか^^。

メガネの人(ティエリア?)、最初見た時もっとカマっぽい人かと思ってたから、普通の人?でよかったとほっとしました・・・が。
ピンクのカーディガンはアリなんでしょうか。

3話「変わる世界」

「ライフルを失った」と、グラハムさん。でもあっちも「シールド」失ってるからどっこいでっせ。
自分で投げ捨ててたけどね。ところであれって自分で戻ってくるの?それとも使い捨てなの?・・・素朴な疑問。いっつも結構あっさり投げ捨てるよね。

「付着した塗料から・・・」・・ひき逃げ犯の車種特定のやうだ。

セツナにはミルク・・・。ふふふ。台詞も聞いたようなのがあるしね。

かつもく(何故か「かつの漢字が出ません)!!

喋り言葉で生まれて初めて聞きました。カタギリさん・・・。変なのは髪形だけじゃありませんでしたか。

いろんなキャラが出すぎて私の頭はパンク状態。もう誰が誰だか。

レイク何とかっちゅーおっさん、ガラカメ(ガラスの仮面)に出てきそうな髪型に目が釘付け。どーもこのガンダム、髪型が特殊な人が多いのか?

「ガンダムが出た!?」
・・・出たって・・・。お化け?イエティ?・・・カッパ?

セツナの「俺に触れるな!」は、「俺に触れるとやけどするぜ・・・」ではなく、何かのトラウマなんですかね。これから出てくるのか。

さて。次回「対外折衝」
まーた意味ありげな白髪の新しい人出てきますよー。序盤であんまりキャラ増やさんといてー!←もちろん把握出来ないからです^^。いまだ主要4人もいまいち・・。←おいおい。

「政治とは、彩り変わる、万華鏡」・・・なんてポエマーな^^このセンスが素敵^^

ま、正直今の段階では面白いとはあんまり思いません。ガンダムだから見てるけど。
でもこれから何かが起こりそうな期待をしつつ、多分フルで見ちゃうと思いますけどね。


おおきく振りかぶって 第25話「ひとつ勝って」 最終回

(2007-10-20)
終わってしまい・・・ました。がくり。

長い試合が終わって。「・・・、で。」な後日談。原作そのまま忠実に。

漫画と言う止まった絵を、アニメと言う動く映像にした時、その情景や心情が非常に上手く、そして考えられて、何よりも愛情をこめて形作られていたように思えました。今回に限らずね。この25話全体通しての感想。

とりあえず人気らしいからアニメにしとこか的な、形だけの作りじゃなかったのが非常によかったです。原作を損なわず、よさが本当に活かされてました。
それは最終回見てしみじみ思ったこと。

さて、その翌日。・・・倒れたの三橋だけ。あの雨の中のあの試合でみんな元気やのう^^
そして会話が「高校男子の脳内は食い気ばっかかい!」な内容で笑えました。お腹がすくのねえ。成長期の上にそれだけ動いてるからね。
おかーさんは大変だ!

阿部の「嫌われてる?・・・いやいや」な描写が最高。

そしてルリちゃんからのメール。口ではいろいろ言うけど、気遣いの出来る優しい子だよなあ。

阿部のメールにまさしく「キモくビクつく」三橋。あれは挙動不審にも程がある。阿部、哀れ。

そしてみんなが三橋のうちに来て、三橋と会話する阿部。
努力する阿部、そして空回りする阿部。・・・不憫なり・・・(涙)!

それにしてもめっさ美味しそうなカレー^^カレー食べたくなりますな。
あのー・・・阿部の弁当は、幕の内デスカ?なんなん、あのデカさ。

そして昨日の試合のこと。
あんなに必死に、あんなに頑張ったのに、罪悪感しかないのか。それしか頭にないのか。
もう三橋がかわいそうでかわいそうで、頭ギュー!としたくなりますね。もう母の気持ちになってしまう。
同世代だったら「うざ」と思ってしまうのかもしれませんが、私は母なので^^大丈夫だよ!と言ってあげたくなります^^

田島の西浦選んだ理由聞いた後の阿部の台詞に「ひい爺さんありがとう」がなかったですね^^さすがに不謹慎だからか。

そして総評。
ここはアニメの作りの勝利。漫画でも充分感動的だったけど、アニメで私は泣けた!
もうなんと言ったらよいのか。

帰りしな、ちろっと振り向く阿部。気にしてるんだよねえ。言葉きついけど^^それが三橋に伝わってないのが不憫なり。

みんなを見送って家に入る三橋。ちろっと涙出てるのがかわいい。

「修ちゃん、ありがとう」
ここも泣けた・・・!

もう今日のBパートは、じわじわ泣けました。幸せな三橋に泣けた。

本当に面白い、本当に好きな漫画です。続きはいっぱいあるそうだし、まだまだ続くみたいだから、気長に次を待ちましょう。きっとまたアニメもしてくれるんじゃないかな?

ああ、本当に良かった。
この楽しみがなくなるのが本当に寂しいです。



そういえば利央とにーちゃんの話はなかったですね。
続きはどうなってることやら。
ところで今本誌では何回戦くらいなんでしょうねえ^^


プロフィール

くまきち

  • Author:くまきち
  • くまきち
    ゲームと読書と映画と、その感想を書くことを愛するそこら辺の主婦。基本的にはネタバレありです!ご注意ください。
    ブログ記事に全く関係のないトラックバックは削除させていただきます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。