スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


弱くても勝ちます ドラマ感想

(2014-04-21)
何と見事な2カ月坊主となってしまった読書記録ですが、読んではおりますので、まとめででも^^書く予定。

さて、今シーズンのドラマ、興味のあるものを初回録って、見始めたところ。

今日は「弱くても勝ちます」を見てみました。

見ようと思った要素は、高校野球ドラマは外せないやろ!って言うのと、福士くんが出てるやろ!の2点ですかね。
図書館戦争で手塚をやってたのを見て、ちょっと気になっていたのです。あまちゃんにも出ていらしたそうですが、これは見ていないので何とも。

内容は、・・・結構アイドル系の方たちを揃えていらっしゃるようなので、正直内容はあんまり期待しておりませんでした。
が、想像を超えた面白さが意外(笑)

いや、ほんと、面白かった。

ニノのあの独特の、あのやる気内容で突然熱くなる妙なツボとか^^、なんとも言えない一筋縄ではいかない、食えないと言うか、いい奴じゃ全然ないんだけど^^嫌いになれないと言うか、独特のキャラがめっちゃいい。
間がいい。非常にいい。

有村架純ちゃん、ドラマでは初めて拝見すると思うんですが、めちゃくちゃかわいい!

薬師丸ひろ子も濃いわー。いい味出してるわー。校長も好きだわー^^
クビにされた監督もかわいらしいわー^^

相手方の監督も、融通効かないけど野球に対して真摯な感じが好きだわー。

野球部、まだちょっと面子の認識が出来ておりませんが(人の顔を見分けるのが非常に苦手なもので…)、福士くんはかわいいし、本郷奏多くんの変人ぶりがツボ。

あと、この子かっこいい子だなあと思ったのが中島くん・・・でしたっけ。ジャニーズの子なんですね。びっくり。

変人ぞろいの野球部面々。これがどう一つにまとまっていくのか、青志くんの腕の見せ所でございますね。いや、楽しみ。

「強くなれますか?」
「無理だ。でも弱いままで勝つ。幸い俺たちは頭がいい。それを考えろ。俺も考える。」←忠実ではありません。こんな感じのセリフだったと思われます。

このニノのセリフが妙にツボにはまりました^^

久方ぶりに、ルーキーズくらいはまれるドラマになるといいなと期待しつつ、いきなり2話を取り損ねた自分に絶望しております(大笑)バカバカバカ!!!!!!!!

急いで3話目から毎回録画にしましたが、1話を録った時、なぜ毎回録画にしなかった・・・自分!・・・絶望した!
スポンサーサイト


空飛ぶ広報室 最終回 感想

(2013-06-23)
ナイスサギちゃん!!

・・・な、回でした^^

あー・・・。もうほんと、ごちそうさま。恥ずかしくてのたうち回りたくなるくらい、幸せな終り方。

こんなに夢中になったドラマは何ぶりだろう、ってくらい^^

さて。ちょっと落ち着いておらんので、文も支離滅裂、勇猛果敢・・・あ、逆か。


とりあえず箇条書き。

「みんな集合ーーーー!」な、阿久津さんが最高すぎる。
「私の幸せは私が決める」な、いなぴょんが男前すぎる。そして最後の告白までわんこっぽい空井さん。
「くへへ」って笑う稲ぴょんがかわいすぎる。
「うちの・・・りかぴょん」な、空井くんの壊れっぷりがかわいすぎる。

りかぴょんの空井下名前呼びも聞きたかった。・・・あったっけ?

前半はでもさすがに、辛かった、な。関西在住なので、当事者ではないのですが、毎日毎日見続けた、あの映像の衝撃を思い出してしまいました。そしてまだ終わってないし、ね。
ちょっと泣きそうになりました。

でもやっぱり、サギちゃんが最高だった。鷺坂さんに惚れた。いや、空井くんも好きなんだけど!!ちょめ山さんも、槙さんも、ムローズナイトさんも!チャラ男も好きなんだけど!でも鷺坂さんが最高でした。うん。

ま、もしかして、空井くんの方が年下か????とずっと思ったくらい、稲ぴょんに懐きまくる「わんこっぷり」にときめきまくりでしたけれども!!役者さんの実年齢だと、ガッキーより6つも年上なんですよねえ?

そして最高の上司ーずドラマの次はサイテー上司ドラマの模様。堺さん出るし、とりあえず見ようかな^^


ドラマ プチっと感想

(2011-10-21)
大熊はんはドラマ収集癖があります。
初回はとりあえず全部録っておいて、その中で面白いと思ったものをその時見ようと見まいと全話録画。コレクターと化すのです。

で、今回はとりあえず謎解きはディナーのあとでを、昨日大熊、下娘、わたくしで拝見いたしました。

原作は読んでます。

これがドラマ化されると聞いたとき、まず予想として、1時間1話とするとしたら、シュチュエーションをちょこちょこプラスしないといけなくなるから、意外と面白くなるんじゃないかって思ってたんですが、まさにそうでした。

思った以上に面白かった^^

原作だと、もうひとつ、「え?これで終わり?」みたいな物足りなさがどうしても残っちゃうんだけど、ドラマだともう一息、のところまでちゃんと描かれるので、「ちょうどいい感」がありました。

北川景子のちょいと抜けたお嬢様が非常に可愛らしかった^^

そしていろんな部分でいっそすがしがしいほどバカバカしく突き抜けてる部分も非常に良かった。中途半端が一番いかんよ、このくらいでないと。

面白かったー^^結構好き。

あと「家政婦のミタ」

これは2話目の後半を見たんですが、うーん・・・微妙。
あの松嶋菜々子に慣れるにはもうちょっとかかるかな^^

あれは一体何だ、アンドロイドか?ドラえもんの工場から来た家政婦ロボットか?
家政婦ロボット メアリー・ポピンズモデル・・・って感じですよね^^

正直面白いと思うかと言えば、「うーん?」って感じ。今のところは。でもインパクトはものすごい。

内容が私はこう、明るくてハッピーになれるモノが好きなので、いじめとか不倫(???)とかがテーマになってくるなら、あんまり見たくないかもなあ・・・。

ちょっとこれは様子見で。

あとまだ見てませんが、きっと見るであろうものは「科捜研の女」^^
このシリーズは下娘が大っ好きなので、録画したものを何度も何度も見るであろうと。私もきっと見さされるであろうと。

今回はこのくらいかなあ。

でも前回も全然チェックもしてなかった「勇者ヨシヒコ」と「荒川アンダーザブリッジ」がめっちゃ面白かったので、チェックしてないものが面白かったら、またそれはうれしいな^^


ちょこっとドラマ

(2010-12-01)
今期は何見てたかなあ?

大熊と下娘はめっちゃ見てる^^
ギルティ、Q10(これは録ってるだけでまだ見てないんだったかな)、SPEC、ドリトル、小田霧響子、医龍・・・。

私はこの中ではSPECだけかな。小田霧響子は見たり見なかったり。大熊たちは「ギルティとSPECが面白い!だからギルティも見ろ見ろ」とうるさいですが。

後は龍馬伝。そして今の時期の坂の上の雲。

龍馬伝は終っちゃいましたねー・・・。1年間しっかり見ましたよ。これは面白かった。中だるみもなかった。
最後は「こりゃいかん」から、以外とあっさり。お龍さんが土佐に行くいきさつとか(桂浜にはいましたけどね)、その後の簡単な説明とかあるかと思ったらなかった。

そして弥太郎。
あの死に様はちょっとびっくりと言うか、笑った^^

でも今回の弥太郎像がいいか悪いかはおいておいて、とにかく濃かった。ものすごいインパクトのある弥太郎だった。香川さん、すごいねえ。
でてる人がみんな非常にこゆくて良かった。

わたくしなぞは新選組好きなものですから^^、どうしても薩長=悪みたいなイメージがあるのですが(歴史は見方変えれば善悪は簡単に入れ替わるからねえ)、今回は幕府=悪だったので、新選組もあんまりどって事なかったな^^

今回、薩摩は良くも悪くも「一筋縄でいかん」って言うイメージ。自国にどう有利になるかどんな時でも計算してる感じ。
長州がなんだかとってもスマートな描かれ方だった。中でもやっぱり高杉晋作がかっこよかったなあ。あの粋な感じがすばらしい。

弥太郎の「だいっ嫌いだった」は、壬生義士伝の斉藤一の「だいっ嫌いだった」に通じるところがあって、なんだかその言葉が非常に印象に残りました。
だいっ嫌いと言う言葉に含まれる、ものすごい強い気持ちが。

非常に面白かった。この龍馬伝は満足。

坂の上の雲、去年大熊が録ってたドラマと時間が重なっちゃって、泣く泣く諦めたのを、今年は頑張って録りました。・・・去年の分の再放送ね。
まだ4話までしか見てない。5話を見ないと今年の分が見れない!!追いつかないと!

これまた非常に非常に面白いです。
すんごい見ごたえのあるドラマ。NHKの、こういうどっしりとした力の入ったドラマがやっぱり好きです。

香川さん、またこれにも出てるね^^正岡子規。
日清戦争、日露戦争にかけての話。歴史の本で読んだ事のある人物がいっぱい出て来て、それが妙に嬉しかったり^^←知ってる知ってるー^^みたいな。

李鴻章とかね、袁世凱、東郷平八郎、乃木希典、高橋是清、小村寿太郎(といえば関税自主権^^)、夏目漱石、・・・。
面白い時代だったんだなあ・・・。でもこれから戦争戦争になっていくんだけどね・・・。

これ、平行して見てた龍馬伝と、最初の頃なんて、10年ちょっとしか違わないのよ。時代的に。
なのに、龍馬伝はやっぱり「江戸後期、幕末」なの。この坂の上の雲は「明治」なの。ものすごい勢いで変っていく時代だったんだと改めて思いましたよ。
そういう意味でも非常に面白い・・・というか、興味深いです。これもしっかり見て行きたいです^^

さて、民放の方では、私はSPECが好き。
戸田恵梨香、いい!この戸田恵梨香は最高に面白い!好きだー^^

最初は荒唐無稽のお笑い系話かと思ったら、確かに荒唐無稽だし、お笑い要素は満載ではあるけれども、意外に意外とハードな話なところがいい。

どういう落としどころにするのか今のところ読めない。大熊はライアーゲームみたいに2につなげるために、今回は明確には落とさないんじゃないかって言ってるけど、そんな感じも結構致します。

安田さん(@ONちゃん)がいい所に出てて、びっくり^^

そろそろみんなまとめモードに入って行くようなので、楽しみにしていきたいと思います。


今期ドラマ ほんのちょこちょこ感想

(2010-07-21)
今期ドラマはほんまに計ったように刑事モノが並びましたね。他社の動向とかはあんまり考えないのかな?最近刑事モノが受けがいいから刑事モノで・・・ってなノリなのかなあ?

とりあえず見てみたのは「崖っぷちエリー」

西原りえぞうさんが好きだから^^。
はじめて読んだのは裏ミシュランからですが、その後もちょこちょこ。あの絵で、あのパンチの効いた台詞で、でもってある時は涙ボロボロこぼれるほど泣かせる強烈さの虜に^^

と思ってね。見てみたんですが、渡辺えりこさんとか、陣内さんとかの強烈な個性に負けちゃってる感じだったかなあ。
見たのは1話だけですが、とりあえず続けて見ようと思うほどのインパクトはなかったですね。

ほんまに漫画みたいな強烈な半生を送られているようで、作りようによってはものすごく面白いドラマになるのに。ちょっと残念。

ネットで「面白い」と評判になったらまた途中からでも見ます^^

「ジョーカー」

堺雅人さんが好きなので見ました。
想像以上にヘビーでぐろかった・・・。初回の、子供に対するあの仕打ち。ちょっと娘達には見せたくないですね。

あのドラマの警察を全面的に信用するわけじゃないですが^^、でも法と規則としがらみの中で、ああいう事があっても不思議じゃないかな・・・と思ったり。
そしたらあんな「仕置き人」がいてくれるのは爽快であり。

初回は流され、2回目は流されるシーンはありませんでしたが、全部行方不明でしょ?あの辺りの謎がいつ明かされるのかも楽しみです。

鹿賀丈史も奥深そうだ。マスターにりょうに、裏のありそうな周りのキャラにも興味津々。
同じく過去がありそうな錦戸亮君とブラックエンジェルスの結成か^^?
ひとつだけ不満なのは、杏がなんかやたらキャンキャンうるさいのがちょっと耳ざわり。そういうキャラなんだろうけど、もうちょっと何とかならんのか。

これ、9時台じゃなくて、もっと深夜枠にした方が面白いものが出来そうな気がするドラマですなあ。

あとは「夏の恋は虹色に輝く」

とりあえず初回は抑えておきました。前回の「月の恋人」は3回で挫折^^

普通・・・に面白かった・・・けど。
うーんでも、いろいろな展開がなんと申しますか、ステレオタイプな感じが。

無理かなと思って同じ場所に行くと、「ちゃんと」会えちゃう^^

そんでもって彼女は「海で大泣き」

甘ったれた台詞を、「偶然」ドアの外で聞いてしまい、思わずずかずか上がりこんで「平手打ちと説教」

そして言い終わってから我返って「いけない!夢中で・・・!」

お墓参りをするとやっぱり会えちゃう。今度は松潤が大泣き^^

更に「たまたま」空きの出た事務所の事務員に。

ちょっと昭和のかほり・・・。最近の月9は懐かししリーズなのか^^?

ま、それでも、松潤がかわいいんだよね。ああいうちょっと坊ちゃんでへたれな感じが上手いと思う(笑)
竹内結子も大好きなので、主役二人が好きなら見ちゃうかな?

出演者は豪華だよ。おとーちゃん、伊東四朗はほんまにあのちょっととぼけた感じに癒される。小松政夫が出てたのがまた笑えた^^

ま、レトロだろうがどこかで見たような場面があろうが、要は面白ければいいんです。これだけドラマがあって小説があって、見た事もないような展開を求めてるわけでなく。
面白ければ、見てる方は大満足なので(その点「月の恋人」は残念だった)、続きの展開に期待します。


ドラマプチ感想 龍馬伝 月の恋人

(2010-05-28)
やっと今週分見ましたー。ほんまに暇なかった・・。夜に見せてくれればいいけど、うちのテレビっ娘下娘が絶対テレビを譲ってくれない・・・。

さて、まず見たのは龍馬伝。

今週は面白かった・・・と言うべきか。
話が動いておりましたね。浮かぶ者あれば沈みゆく者あり。弥太郎はここからのし上がっていくのでしょうか。そして武市さんはね・・・。

このドラマでの彼の書き方はちょっとキツイ感じも致しましたが、最後の晩餐ならぬ朝餉の席での富さんとの会話は切なかったですなあ。ここに来て、やっと足元の大事なものを振り返る事ができたと言うのも何とも。

そして以蔵・・・。
逃げ回る彼を追うのは・・・あれは新撰組かっ!?ダンダラ模様ではなかったですが、あの羽織の色はまさしく!
えっ!?と思ってもう一度巻き戻して^^

ほんまのほんまの最後の1瞬。言葉もなく出てきた3人の、これまたインパクトの強いことと言ったら。
今までの追っ手とは全く色の違う、ふてぶてしいまでに落ち着いて刀を抜く姿のかっこいい事。一気にテンションが上がるのでした(笑)見惚れてしまったよ。
最後追っかけたのは沖田ですかね。髪型が^^

来週はもうちょっと出てくるのかな。龍馬と相対しておりましたね。

そして「龍馬!龍馬!」と叫ぶ以蔵。
その声の切なさと言ったら、これまたもう言葉もないほどで。

佐藤健、美味しいよねー^^
美味しい役をもらって、それをまたきっちり印象に残る姿に演じるのよ。
この以蔵にはやっぱり感情移入してしまいます。ここからを知ってるだけに、見るのが辛い。健くんがどんな風に演じてくれるのでしょうか。きっと涙無しでは見れまい・・・。

そして月の恋人。
シュウメイさん、マユの形といい目といい鼻、唇、そして輪郭。素晴らしく整っておるなあとしみじみ見た50分弱^^
少女マンガに出てくるそのまんまの顔みたい(笑)

篠原涼子と松田翔太のツーショットがいい、っつか、松田翔太が出てくると、彼一人ですんごいいろんな顔があって、非常に興味をそそられます。蓮さんに対する顔、シュウメイに対する顔、そして二宮に対する顔、どれも違う。
彼がこれからどう立ち回っていくのか楽しみ。

しかしやっぱりキムタクにはどーにもこーにもつかみ所が無くて、そそられない(笑)
来週はどうするかなあ・・・。そのうち再放送されるだろうから、その時にまとめて見てもいいかも、と、ちょっと思っております。


今期ドラマプチプチ感想

(2010-05-22)
ゲゲゲの女房、今週分をついさっきまとめて拝見。リアルタイムは無理だわさ^^。


図書館で7番目くらいだったかな。

お父さんが来る回。

元々お父さんの下調べ不足じゃろう!って言うのはあったけどねえ。どんな生活してるのかたいして知りもしないままで「食べっぷりがいい」ってだけで結婚させて。その言い分はないだろうと思いつつも、布美枝がしげるをかばう所では涙が・・・。ほろほろほろ。

太一くん(だっけ)の件では、「ほっとけばええ」と言うしげるの言い方が冷たいかどうかと言う点で、大熊と論争に(大笑)
私がしげる派、大熊が布美枝派。私も冷たいんかのう^^?

毎週楽しいです。大熊と共に拝見中。

ヤンキー君とメガネちゃんも続けて拝見中。これはリアルタイムで。めっちゃ好き!って程でもないけど、それなりに楽しく拝見。
相変わらずのばかばかしさが爽快で面白いです。どうなんでしょう、これから色恋に・・・は、ならんかのう?

ぴろろんが買ってくれたマンガの方も拝見しました。



ぴろろんが「2巻以降は買いません」と書いてあったので、どうかなあ・・・と思って読んでみました。
ドラマとはまた違ったものですわいな。これはこれでいいのかもしれないけど、やっぱり私はあんまりそそられず^^私でも2巻以降は買わないかな。

でも大熊が1人大受け。
やっぱ殿方受けする漫画なんでしょうか。ツボが違う気がするんだよねえ。女の子でも少年漫画にめっちゃはまる人はいるでしょうが(うちの上娘はこのタイプかなあ)、私のような少女マンガ脳な人間にはイマイチかもしれません。

ぴろろんが少女マンガ脳かどうかは分かりませんが(笑)

大熊はレンタルで借りに行きたいそうです。・・・借りてきいや。

新参者もリアルタイムで見てます。
これ、めっちゃ面白いと思うんですが、視聴率がさほどでないのが不思議。


最終回見てから読むかどうか決めよう^^

謎解きを軸に、毎回人情話の一話完結みたいになってますが、そろそろ本筋にかえってきそう。

これはもう阿部ちゃんに尽きるね。ぬぼっと、気配もさせず、チェシャネコのような笑みを浮かべて気付いたらこっちを見てる不気味なおかしさ。
いいわー。本当に。

犯人は誰。そして動機は何?三井さんがただのいい人ではなさそうなエピソードはあちこちにちりばめられているけど、どんな違う顔があったのか。
いやー、先が本当に楽しみです。

出演人が豪華なのも見どころ。

そしてとりあえず見始めた月の恋人。

第1印象は、「トレンディドラマ」でした^^
おっしゃれーなインテリア店が舞台なところといい、木村拓哉の役どころ、プリティウーマンみたいな高級ブティックお着替え大作戦。

女の子がみんなめっちゃかわいいので、とりあえず3話も録ってみるけど、ここでイマイチと思ったらもう見ないかも。
篠原涼子、かわいいよねえ。いくつになっても。さばさばしてて、今回の役どころなんて本当に合ってる。
北川景子もいいよ、かわいい。あんなにつれなくされちゃってるのに^^おばかな感じもかわいらしい。

そしてリン・チーリン。
レッドクリフで拝見したときは、さほどアクティブな役どころでないので、ただ「綺麗な人だなあ」って。
今回のドラマはほんとうにかわいい。それにしても何じゃあの足は。ありえない細さ長さ。同性であっても見惚れてしまう美しさでございます。

正直、松田翔太が主役だった方がいいのになあ・・・と言う気がします。個人的な好みの問題で。

ロンバケ、リアルタイムで見て。ラブジェネ見て、ギフト見て、ビューティフルライフ見て、眠れる森見て、グッドラック見て。こないだのミスターブレインも。これ以外にもいっぱい見てるし、基本キムタクの出てるドラマは好きなものが多い。

今回のドラマだって、いつものキムタクだ。
でもなんか・・・なんだろう?しっくりこない。何じゃこいつって思っちゃう。

軽くいくには若くなく、渋くなるにはまだイマイチって感じなのかなあ。

ストーリーも感情移入できるタイプの話じゃないし、かといってめっちゃ面白いって話でもなく、続きが気になるような謎があるわけでもない。
どーもどっちつかずな感じがもやもやしてしまうのでございます。

それでも3話までは見るって気にはなってるんだから^^、それなりなのか、な^^?


今期のドラマあれこれ。

(2010-05-03)
ドラマは見たり見なかったりですが、今は私にしては良く見てるほう^^

まず大河の「龍馬伝」。風林火山からの流れでつい見てしまっている時間帯・・・と言っても録画して平日の暇な時に見ますが^^
風林火山は「そこそこ」、篤姫は「めっちゃ面白かった」、天地人は「普通」、そして龍馬伝は今のところ「結構面白い」です。

「そこそこ」の次が「普通」だったら、多分もう見なくなっちゃうと思うんですが^^、上手い具合に「そこそこ」「面白い」「そこそこ」「面白い」と交互に来てるので、次もきっと見てしまうことでしょう!「江」でしたっけ。



龍馬伝は弥太郎が濃いくていいよねえ^^
この人昔「小早川秀秋」の役してなかったっけ?その印象が残ってるわ。

勝海舟のしゃべり方が早口すぎて何を言っておるのか分かりません・・・^^。龍馬は最後をどうもっていくのかも楽しみに見ていきたいと思います。
福山雅治、最初はどうかなあ??って感じでしたが、すっごいはまり役。いいです。なんか。

あと生まれて初めて見ている連続テレビ小説?NHKの朝の奴。
朝のあんな忙しい時間に毎日見るのは不可能ですので、土曜の再放送枠を録って見てます。大熊と一緒に。大熊も非常にはまっているらしい。

今まであえて「見よう」と思うようなドラマもなかったので、この時間のドラマはスルーでしたが、今回タイトル見た時に「どんなんだろう?」って興味を惹かれました。
やっぱこのタイトルが秀逸だと思います。



最初の方は見てないなあ。どこから見たっけ。見合いが決まったくらいから。
今のところは茂のひどさに私は怒り心頭でしたが(笑)、こないだの自転車のシーンには思わず涙が・・・。
きっと作ってる側にしたら「思うつぼ!!」であろう・・・^^。

まさにあめとむち。普段ひどいジャイアンがたまにいい事をしたら「すっごくいい奴!」に思えるのと同じことではないかと思うのですが(笑)、でもふみえさんが報われると嬉しい。本当にかわいらしいよね。一生懸命で。

さて、今週からはちょっとずつ茂の漫画に運が向いてくるのでしょうか。これまた楽しみだー^^

そして「新参者」。
東野圭吾の原作は未読。図書館で予約してもすんごい人数だろうなあ・・・。



阿部ちゃんがめっちゃいい!!あの神出鬼没な出現の仕方といい、人を食ったような、どこかチェシャネコにも通じる笑い。
そして何より「間」。彼の「間」は本当に笑える^^

台詞回しもすごくいい。面白い。

今のところ毎回毎回人情話になってますが、これから核心に迫っていくんでしょうね。
来週はげげげくん(違うやろ)の回かな?

三浦友和も怪しい~。ケーキ屋の店員も怪しい~。草刈民代も怪しい~^^でもあの刑事も怪しい。
さてさて、どんなどんでん返しが待ってるのか。原作はドラマが終わってから考えたいです。

犯人が三浦友和で、実は傘でゴルフの素振りをするのが趣味だったとかはないか(笑)←あるわけないだろっ!

あと大熊が「チームバチスタ」。
これも今のところ初回しか見てないけど、時間がある時に見たいなあ。



「タンブリング」も録ってあるだけで見てない。とりあえず見て、見続けるのか止めるのか取捨選択しないと。


原作は漫画なの?

さらに「ヤンキー君とメガネちゃん」。




原作がマンガであるのは知ってます。が、未読。
初回から見たかったんだけど、確かヤッターマンと時間がかぶってたんじゃないかな。そっちを上娘が録ると言うので、諦めて、2回目から見ました。

正直、「1回目録ればよかったーーーー!ヤッターマンなんか借りて見ればよかったじゃん」と言うのが本音。
いやー、マンガちっくで、めっちゃばかばかしいけど、でも面白かった!いいわ、あのノリ。好き。

メガネちゃん、めっちゃかわいい。あの子はメガネをした方がかわいいかもしれない^^。
これからちょっとチェックしたくなる女優さんです。

大熊に寄るとゼブラーマンに出ていらっしゃるとか?・・・でもさすがにゼブラーマンはそそられないなあ・・・。


東京DOGS 第1回ちらっと感想

(2009-10-22)
今クールは、何個か見ようと思ってたドラマがあったはずなんですが、どれを見ようとしてたのかもすっかり忘れ(大ボケてますか?)、1回目をことごとく見逃してしまったので、今から仕切りなおそうかと思案中。

とりあえず東京DOGSは1回目を録れました^^
下娘が「リアルクローズ」の今週の回をたまたま見ていて、「次から録っておいて」と言われたので、これは録る予定。
あとは「おひとりさま」と「サムライなんちゃら」を録ろうかなあ。大熊は「仁」が見たいそうなんですが、今の時期、土日(金と月が入る時も)のゴールデンタイムは私がスケートを録っているので、リアルタイムで見ない限り無理でしょう。

さて、東京DOGS。刑事モノコメディ。・・・あぶない刑事みたいなものか・・・???程度の前知識で。

1回目、うーん・・・、めっちゃ面白いとは思わなかったけど、つまらないとも思わなかった。とりあえずプロローグと言うか、予告編を見た感じ^^。

ただ最初のマフィア(やくざ?)を捕まえる所とか、かなりちゃっちい感じ。このやくざはこの回限りじゃなくて、このドラマの軸みたいなものではないのか。ならもうちょっと、しっかりしたつくりで見たかったなあ。

コメディだからシリアスドラマよりも細部が薄くていいわけでないと思うので、キャストはかなり豪華な顔ぶれなのに、安っぽい作りがとても残念でした。

キャラも顔見せって感じ。立ち位置はこんな感じで・・・って。
小栗旬が1人で頑張ってる感じがしました。なんとなくね^^もうちょっとこなれてくると、めっちゃかわいいキャラになりそうだ。
どーでもいいけど、小栗くんはこのくらいの髪形が一番好きです。すっきりかっこいい。

対してやたらうるさい感じの水嶋ヒロ。無精ひげで髪もぼさぼさ。小栗君とのキャラの対比としてこういうキャラが収まりがいいんでしょうが、今回はする事なす事言う事、すべてにおいて考え方が甘ちゃんと言うか、なんでそんな風になるの??みたいな納得できない言動が多くて、ただうるさいだけのキャラになってしまっていたのが残念。明らかに怪しい登場をした女の人を、あそこまで無関係と思える根拠ってなにっ!?とか^^

もうちょっと言動に納得できるようにしてくれれば、とってもとってもいいコンビニ見えるのに。

柏原さん・・・違った!三浦友和は犯人と関わりがあるとかではあるまいな(笑)

小栗ママンとか、同僚の刑事たちとか、面白そうな人たちがたくさんいるので、これからの回に期待します。

ゆきちゃん、だっけ?
あんまり拝見した事がなかった女優さんですが、口調が乱暴なのがかわいい感じ。
小栗くんといい感じになるといいのに^^


ブザー・ビート 最終回 とりあえず感想

(2009-09-21)
見たゾーーーー!!
見た・・・けど。・・・ん??

終わった直後の、正直な感想は「うぬぬぬぬ??」って感じでしょうか^^

あれって、莉子さんの夢はどうなったんでしょう??あんなにして、今生の別れのように涙涙の別れをして、携帯まで切っちゃって、やっと手に入れた本番直前のリハであれって・・・。おい。
私には寮???のおばちゃんにも「頑張ってる」と言われた半年の期間を台無しにする行為に思えてしまったんですが、そのフォロー・・・なかったです・・・よね?

あんな中途半端にしちゃっていいのか?あれでいいの?
もっとちゃんとスッキリする話でよかったのに。

最後の試合、最後、莉子が駆けつけるのも予定調和。最後、直輝がブザービート決めて優勝するのも予定調和。
そう、ありきたりでいいんだよー!「ん???」なんて思わせずに、気持ちよく終わらせてくれよー!

莉子も半年(1年じゃなかったのか?)かけた努力が報われた舞台があって、同時進行で直輝の試合もあって、それでよかったんじゃないのか。

菜月さん、結局スッキリするフォローはなかったかな?
当たり前のように横にいる姿にはムカムカしたし、「私じゃダメかな?」なんてお前が言うな!って感じでしたが、でも最後の「ちっ!」には思わず笑ってもた^^
最後まで強がりなあの姿は、やっぱり嫌いじゃないなあ。

うつさんも予定調和通りに現れて、もうちょっとこの展開が早かったら、違った風にもなれたのに。ま、この2人はこれから、でいいのか。あんまりあっさり出来上がっちゃったら興醒めだしね。

川崎さんはいい人で終わったのがよかった^^
でも途中のごり押し展開がどん引きだったので、最後まであんまり好きにはなれませんでした。

秀治くんと麻衣さんは最後まで本当にかわいかったなあ・・・。
カツ丼最高ですよね。

莉子さんは黒髪の方が絶対いいです。・・・ま、個人的な好みの問題ですが^^。あの髪形あんまり好きじゃない。前の方がかわいかったのに。化粧もちょっとケバくなってたしね。

で、最後の叫ぶの。あれは、マンガとかでも非常にありがちな、韻を踏んでる(なんやそれ)シーンではありますが、公式戦で・・・と思うと、違和感ありあり。バスケ、よー知らない私は、あんな場面で、あんな風に叫んだら顰蹙なのでは・・・?と思ってしまうのですが、どうなんでしょう。

とまあいろいろ、ん???な部分を書き連ねてみましたが、まあでも・・・面白かった・・・かな?私には8回頭までが最高でしたが(笑)←分かりやすい^^

最後は綺麗に終わって、よかった・・・のかな?

ラストシーンで下娘がのたもうた事。
「お母さんの前でちゅーまでしちゃって。テレビ入ってなくて、よかったね。」だそうです^^。


プロフィール

くまきち

  • Author:くまきち
  • くまきち
    ゲームと読書と映画と、その感想を書くことを愛するそこら辺の主婦。基本的にはネタバレありです!ご注意ください。
    ブログ記事に全く関係のないトラックバックは削除させていただきます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。